PHPを使った仕事には何がある?仕事内容や年収、将来性を解説

PHPは汎用性が高く、さまざまな開発現場で使われます。そのためPHPエンジニアにキャリアチェンジを考えている方もいるのではないでしょうか?PHPエンジニアの将来性や平均的な年収、キャリアパスなどを解説していきます。

Offers」は、時代の変化や環境にあわせてスキルを磨きたい、そんな人にぴったりのサービスです。「副業・複業」で、本業では経験できない、新しい環境/開発スタイルを経験しよう!

→「Offers」をもっと詳しくみる!

PHPとは?

PHPは正式名称を「PHP: Hypertext Preprocessor」というWebのシステム開発に特化して開発されたサーバーサイドのスクリプト言語です。フレームワークやライブラリが充実していたり、MySQLなどのデータべースとの相性も高いという特色があります。また、スピード感のあるWebサービス・Webサイト開発に適した言語であると同時に、複雑な処理にも対応可能な汎用性の高さが魅力の言語です。

公式HP:PHP

PHPを使う仕事には何がある?

PHPエンジニアにはどのような仕事があるのでしょうか。代表的なものを紹介します。

Webアプリケーションの開発

PHPエンジニアの仕事の中でも最も割合が多いのが、Web関連の仕事です。会員制のWebサイトのログインをはじめ、問い合わせフォームの設置など、Webサイトを見たら便利に使用できる機能を付属させることが可能です。

また、SNSやCMSのサイトを構築することもできます。有名なサービスで言えば、FacebookやWordPressは、PHPによって開発されています。他のシステムとのAPI連携や広告配信など、Webに関してはとにかくできることが多いのがPHPという言語の特徴です。

ECサイトの開発

アマゾンや楽天などの商品を購入するようなECサイトも、PHPで構築できます。会員情報の管理、商品の購入や予約、オンライン上での決算処理などが可能です。おすすめ商品の広告を自動でピックアップしたり、レコメンドなどのマーケティングに関する機能も追加したりできます。

そのためBtoC企業からECサイトの作成案件なども多く、ハンドメイド商品の販売など、自分でショップを作る際にもPHPは便利です。

ゲームの開発

ゲームといっても家庭用ゲーム機からPCゲームまでさまざまです。PHPを使って開発ができるのは、主にブラウザゲーム(Webブラウザ上でダウンロードすることなくプレイできるゲーム)でしょう。ユーザーの管理など、バックエンドの処理に携わることも多くなります。

ゲーム開発においては、3D技術やUI設計などが求められることもあります。また、家庭用ゲーム機などでは、C系言語が使われることも多く、案件を獲得するにはさまざまなスキルを向上させる必要があります。

企業の業務用システムの開発

社内の管理システムをPHPで作成可能です。社員の情報や役職、部署などの管理システムの開発や、社員の共有掲示板の開発が行えます。契約書や請求書の保管や仕訳、給与計算など、社内業務の多くがPHPで作成可能です。

在庫の管理や消費期限の管理などが自動で行えるようになるため、事務の業務負荷を下げることに貢献します。

PHPエンジニアの将来性

現在はWebサイトを利用する人が多いためPHPの需要も大きいですが、将来的にはどうなるのでしょうか。PHPエンジニアの将来性について解説します。

CMSの開発など案件数が多い

CMSの最大手であるWordPressは、PHPによって作成されています。世界のWebサイトの約40%がWordPressで制作しており、国内ではカカクコムや楽天、海外ではニューヨークタイムズがWordPressで自社サイトを構築しています。

WordPressはオープンソースのため、導入コストが安く、自由度が高いというメリットがあり、今後も自社サイトをWordPressで作成・運用する企業は多いでしょう。

そのため、サイト作成や、サイトに新たな機能を付けるといったカスタマイズなどの案件は、今後も増える見通しです。

出典:Usage statistics of content management systems|W3Techs

既存のシステムの保守・運用のニーズも高い

WordPressやFacebookなどの大手企業をはじめ、世界中で多くの企業がPHPを使って自社のWebサービスを開発しています。こうして作られた既存システムやサイトにおいていきなり他の言語に切り替えるという可能性は低く、保守・運用もやはりPHPで行うため、必然的にニーズは今後も高くなることが予想されるのです。

そのためPHPエンジニアの需要は将来的にわたっても安定すると想定されています。

PHPエンジニアに求められる知識・スキル

PHPエンジニアになるためにはどのような知識やスキルは必要なのでしょうか。具体的に紹介します。

プログラミングスキル

PHPの案件でも難易度に差があります。Webサイトのフォーム作成や検索機能など、機能の追加は比較的簡単に行える案件も多いですが、Webサイトを一から開発したり、ゲームを制作したりするなどの案件は難易度が高めです。

Webサイトやアプリの開発まで1人で行えるレベルのプログラミングスキルがあると、PHPエンジニアとしての需要も高まるでしょう。

また、より高度な機能設計をする場合、PHP以外のJavaPythonなどと組み合わせることも必要になってきます。PHP以外の言語についても習得を検討しましょう。

サーバーやデータベースに関する知識

PHPを扱う上では、サーバーやデータベースを扱う知識と技術も必要です。特にLAMP環境が構築できることは、採用条件にも記載されていることがあります。

LAMP環境とは、「Linux」「Apache」「MySQL」「PHP」の頭文字を合わせたもので、この4ツールが扱えるとWebシステムを構築するのに便利です。

社員の情報や会社の資料を扱うデータベースに関しては、環境だけでなくセキュリティ課題を解決できる知識や、データを分析できる知識もあると良いでしょう。

Webアプリケーションの開発に関する経験や知識

資格や技術があっても、現場で働くにはやはり、開発経験や経験に基づいた知識が必要になってきます。PHPエンジニアの募集要項でも、Webアプリケーションの開発経験やエンジニアとしての実務年数を求められることは多いです。

実際の現場は、他者とのコミュニケーションや情報共有、起きた課題に対する解決策やマネジメントスキルが必要になってきます。こうした現場でしか得られないスキルは持っていると重宝されます。特に大規模開発の経験やチームリーダーの経験は、キャリアアップにおける重要なスキルです。

コミュニケーションに関するスキル

多くの開発現場では他者とのコミュニケーションが発生します。

具体的には、他のチームメンバーから仕事を引き継いだり、要件を整理したりといった作業です。また、システムエンジニアやサーバーサイドエンジニアと連携をとってシステムを完成させることも多いため、円滑なコミュニケーションをとれるスキルは必須となります。

さらに上位工程を担当して、クライアントと直接話すようになれば、クライアントからの要望を聞き出すヒアリング能力やプレゼン力、クオリティやスケジュールの調整能力も必要です。

PHPエンジニアの平均年収

PHPエンジニアはどの程度の収入を得られるのでしょうか。平均年収を解説します。

スキルや実務経験によって年収に開き

求人検索エンジン「スタンバイ」によると、PHPエンジニアの編集中央値は575.1万円で、最大掲示年収は1,499万円です。しかしこれはあくまで平均値であり、実際には300万円以下のエンジニアや、海外では年収2000万円を超えるエンジニアも存在します。

年収に差が付く理由は、エンジニアが持っているスキルや実務経験によるものです。開発工程の最初から最後までを担当できるフルスタックのスキルや、他言語スキル、コンサルやマネジメントなど、エンジニア以外のスキルを持っているとキャリアアップがしやすく、収入も上がりやすくなるでしょう。

また、未経験者や1年未満のエンジニアは重要なポジションにつきにくいため案件が安く設定される場合があります。しかし、大手企業での開発経験や専門領域での実務経験があれば、より重要な案件やポジションにアサインしやすいため、年収が上がる可能性は高まります。

出典:プログラミング言語別年収中央値を発表|BIZREACH

PHPエンジニアのキャリアパス

PHPエンジニアとしてキャリアアップしていくためにはどのような方法が考えられるでしょうか。キャリアパスの方向性や転職について解説します。

即戦力となれるスキルを身に付ける

PHPエンジニアのキャリアパスとしては、プロジェクトマネージャーやプロジェクトリーダーなどがあります。現場で起こる問題の解決やエンジニアのフォローなどのマネジメントスキルが主な仕事です。開発案件のマネジメント職には、現場での開発経験やスキルがあった方が有利になります。

PHPエンジニアから他のエンジニアへの転職やマルチエンジニアを目指す場合は、PHP以外のプログラミング言語のスキルが求められます。また転職においては新卒採用とは異なり、現場で即戦力になれる実践的なスキルが重要です。

未経験から転職は可能か?

サラリーマンなどの一般職からエンジニアになることは可能でしょうか? 結論から言えば、未経験からでもPHPエンジニアになることは可能です。ただし未経験の場合、方法は限られます。

前提として、PHPのスキルは必須です。またそれを対外的に証明できると採用につながりやすいでしょう。「PHP技術者認定試験」などのPHPのスキルを客観的に証明する資格や、自作のサイトなどがあれば、実力をアピールしやすいです。

Offers Jobsでは未経験者を募集している求人案件を掲載する事もありますので、そういった案件に応募する所から始めてみましょう。

PHPエンジニアとして活躍するために

PHPエンジニアとして将来にわたって活躍していくために、どのような工夫が必要かを解説します。

働き方を明確にする

PHPエンジニアとしての働き方にはいくつかの種類があります。大きく分けると、社内エンジニアとエンジニアの派遣会社、フリーランスの3種です。

社内エンジニアの場合、収入が安定しますし、キャリアアップもしやすいでしょう。重要な役職にも携われる可能性も高く、企画から参加できるといったメリットがあります。

エンジニアの派遣会社に就職する場合、一つの仕事先にとらわれないために人間関係や職場環境の悩みが少なくなること、色々な開発現場で経験を得られることが挙げられます。

フリーランスの場合は働き方に自由が利くかわりに、報酬が自分のスキルや営業技術に依存します。

どの働き方が良いかを自分の中で明確にした上で、キャリアの方向性を決定しましょう。

転職サイトや副業求人サイトを活用する

エンジニアにとって最も難しい課題は、求職・営業活動です。こうした活動に時間を割くほどに作業時間が短くなってしまうため、特にフリーランスの場合は報酬の減額につながります。

また自身で求職活動を行う場合、条件面の交渉などを自身で行わねばならず手間が掛かります。自分の働き方や条件に合わない会社に就職してしまうリスクも付きものです。

こうした問題を解決するために、転職サイトやマッチングサイト、エージェントを上手に利用しましょう。営業活動に掛かる時間が短くなりますし、条件を比較した上で応募する求人を選べるため好条件の就職先が見つけやすくなります。

まとめ

PHPは主にWebの開発に用いられます。WordPressをはじめPHPを使って自社のWebサイトやサービスを立ち上げている企業は多く、将来的にも需要が続く見込みです。

PHPのスキルを高め、実戦経験を積んでキャリアアップを目指しましょう。その場合は、PHP以外のプログラミング言語やマネジメントスキル、統計学の知識なども学ぶことで、複合的なキャリアを目指すことが可能です。

Offers」は、時代の変化や環境にあわせてスキルを磨きたい、そんな人にぴったりのサービスです。

いくつもの転職媒体を使って、企業を探し回るのはもう終わり。「副業」から始まる新しい働き方を実現します!

本業では経験できない、新しい環境/開発スタイルを経験しよう!



この記事をシェア

関連記事


副業・フリーランス

プログラミング

インタビュー

デザイン

お金

採用・組織

グルメ