副業でJavaを生かした仕事をしよう。プログラマーの稼ぎ方

効率よく副業で稼ぎたい人は、Javaを使ったプログラミングはいかがでしょうか。IT業界は今後ますますの成長が期待され、仕事量も豊富です。これからを見据えてスキルアップしたい人は、今あるプログラミングスキルを有効に活用してみませんか?

Offers」は、時代の変化や環境にあわせてスキルを磨きたい、そんな人にぴったりのサービスです。「副業・複業」で、本業では経験できない、新しい環境/開発スタイルを経験しよう!

→「Offers」をもっと詳しくみる! かんたん60秒で副業を始めてみる

副業で人気のプログラミング案件

会社員の副業が増えてきたなか、特に注目されているのがプログラミングです。数ある職種の中でも、あえてプログラミングが人気を集めるのはなぜなのでしょうか。

会社員の副業が増える背景

会社員の副業が増加したのは、国による副業の容認が大きく影響しています。

これまで副業がタブーとされていたのは、厚生労働省が作成した『モデル就業規則』に『許可なく他の会社等の業務に従事しないこと』という項目があったためです。

しかしこの項目は2018年の改正で、『労働者は勤務時間外において他の会社等の業務に従事することができる』という文言に差し替えられました。このため、多くの有名企業が社則を変更し副業を認めるようになったのです。

国が副業を解禁したのは、日本社会が抱える『少子高齢化』や『長時間労働』といった問題に取り組むためでした。

しかし副業が解禁されたことによって優秀な人は、仕事を続けながら新たなスキルを得たり、副収入を得たりといったメリットを享受できるようになり、積極的に副業を行う人が増えてきたのです。

副業向きなプログラミングの仕事

プログラミングが副業向きと言われるのには、以下のようなメリットがあるからです。

  • 好きな場所・時間で仕事に取り組める
  • 人材不足で求人が多い

プログラミングは在宅での仕事が可能なため、本業が終わってから、好きな時間・好きな場所で仕事に取り組むことができます。

依頼されたものを期限内に納品する、という形式が多く、進捗管理や受注案件も自由に決められるため、ダブルワークの負担も少なくなります。

またIT業界は現在世界的な人材不足です。圧倒的な売り手市場のため、単価が高く割の良い案件が多数見つかるでしょう。

Javaを使った副業を始めよう

プログラマーとして働くなら、Javaは大きな武器となります。Javaを使った副業について見てみましょう。

Javaの必要性と将来性

Javaは、世界的にも使用者の多いプログラミング言語です。OSを選ばない汎用性の高さが評価され、1995年の登場以来現在まで、多くの現場でシステムやアプリ開発に使用されてきました。

ほとんどの人がスマホを持つ現在、インターネット世界はさらに拡大すると見られており、Javaを使いこなせるプログラマーは、さらに活躍の場が広がっていくと考えられます。

Java案件はどんなものがあるのか

Javaを使った案件の代表的なものを見てみましょう。

  • 業務システム
  • アプリ開発
  • ゲーム開発

業務システムの代表的なものとしては、運送会社や金融会社などのシステムがあります。いずれも多くのデータを持ち、情報管理を必要とするため、もととなるデータベースをJavaで作成します。

アプリ開発ではAndroidやWebアプリなどの案件があります。特にAndroidはそれ自体がJavaで動いているため、スマホアプリ等の案件は多いです。

このほかJavaを使ったゲーム開発も見られるなど、Javaを使った案件は豊富といえるでしょう。

講師業という選択肢もあり

Javaをある程度マスターすれば、初心者向けのプログラミング講師として働くこともできます。講師と言っても、Skypeで指導したりWeb上で講義を行ったりすれば良いため、在宅での就業が可能です。

プログラマーの副業の稼ぎ方

Javaプログラマーを副業とした場合、どのように仕事を選べばいいのでしょうか。ここではプログラマーとしての稼ぎ方を見ていきましょう。

自分でアプリを作るか、仕事を請け負うか

プログラマーとしての稼ぎ方には、自分でアプリを作る方法と請け負った仕事をこなす方法があります。

自分でアプリを開発した場合、収入源は有料課金と広告収入になります。ただし現在はよほど優れたアプリでなければ儲けにはならならず、広告収入がメインとなるでしょう。

この場合1クリックは微々たるもので、まとまった稼ぎを得るのは難しいです。確実に収入を得るなら、数ある案件から選んだ仕事を請け負うのがベターです。まずは初心者歓迎の案件から応募し、着実に実績を積み重ねていく必要があります。

知識やスキルが必要な分、高報酬案件も多い

プログラマーは専門知識やスキルが必要になるため、1件当たりの単価は他の在宅ワークよりも高く設定されています。難易度の高い案件なら数十万、数百万というケースもあり、上手くいけば本業を辞めてフリーランスで働く人もいるほどです。

副業できるプログラミング案件の探し方

副業としてJavaプログラマーになるなら、受注できる案件を探さなければなりません。スキルがあっても仕事がない、ということがないよう、クラウドソーシングの利用をおすすめします。

リファラルを活用しよう

従業員の知人・友人を伝って採用する方法をリファラル採用と言い、近年一般的な採用手法となっています。

これは、雇い主となる企業側だけでなく、エンジニア側にとってもお互いの知り合い関係から案件に発展するので心理的安全性が高い、ミスマッチが起こりにくいといったメリットがあります。

副業を初めて行う人は、自分の人脈をたどって案件に巡り合うとスムーズに始めやすいです。

クラウドソーシングサービスを活用しよう

クラウドソーシングサービスとは、『発注者がオンライン上で不特定多数の人に業務を発注するサービス』です。作業者は案件を見て応募し、条件がマッチすれば仕事を請け負うことができます。

プログラミングはいろいろな案件がありますが、初心者なら比較的簡単なホームページ制作から始めてみましょう。簡単な案件から実績を積み上げたら、単価の高いWeb制作やツール制作にも手を出せるようになります。

クラウドソーシングでは実績が大きくものをいうので、経験を積みながら徐々に単価の高い案件にステップアップしていきましょう。

まとめ

プログラミングは在宅ででき、案件単価も高いため、副業を考えている人には最適です。特にJavaは汎用性も高く、スマホアプリにも活用できるため、ぜひ習得したい言語です。

プログラミングは敷居が高いと感じる初心者は、スクールや勉強会などを積極的に活用して、地道に知識を積み上げていきましょう。

すでにマスターしている人は、クラウドソーシングサービスを積極的に活用し、スキルを副業に活かしてみてはいかがでしょうか。

Offers」は、時代の変化や環境にあわせてスキルを磨きたい、そんな人にぴったりのサービスです。

いくつもの転職媒体を使って、企業を探し回るのはもう終わり。「副業」から始まる新しい働き方を実現します!

本業では経験できない、新しい環境/開発スタイルを経験しよう!



この記事をシェア

関連記事


副業・フリーランス

プログラミング

デザイン

インタビュー

お金

採用・組織

グルメ