フリーランスとしてJavaを使って活躍したい。案件の特徴や相場

フリーランスとして働き始めた方や、これから働き始めようとしている方の中には、さまざまな不安がある方もいるでしょう。ここではフリーランスとしてJavaを使って活躍したい方に向けて、案件の特徴や相場について解説していきます。

Offers」は、時代の変化や環境にあわせてスキルを磨きたい、そんな人にぴったりのサービスです。「副業・複業」で、本業では経験できない、新しい環境/開発スタイルを経験しよう!

→「Offers」をもっと詳しくみる! かんたん60秒で副業を始めてみる

Javaのフリーランスの案件の特徴

そもそもJavaとは、Sun Microsystem(サンマイクロシステム)社によって開発された、プログラミング言語のことを指しています。プログラミング言語にはさまざまな種類があり、Javaもその中の1つであるということができます。

Javaは、金融系の管理システムや生産管理システム、Androidアプリケーションの開発業務などで使用されることが多いプログラミング言語となっています。そんなJavaを使って開発をおこなうフリーランスの方の案件に関してですが、いくつかの特徴があります。

案件が豊富

Javaを使って開発をおこなうフリーランスの案件の特徴として、まず、案件が豊富という点を挙げることができます。Javaは、前述した金融系の管理システムや生産管理システム、Androidアプリケーションの開発業務だけでなく、さまざまな開発に用いられるプログラミング言語であります。

さらに、他のプログラミング言語との共通点も多いため、種々の開発業務に使いやすいという特徴があり、汎用性が高いことでも知られているプログラミング言語であるということができるでしょう。そのため、ほかのプログラミング言語と比べても需要が高く、したがって、案件数も豊富にあるのです。

案件の期間は長く見込む

Javaを使った開発は、大型案件であることが多く、短期間で終わるものは少ないのが特徴です。そのため、Javaを使った開発をおこなう案件を獲得しようと考えている方は、案件の期間を長く見込んでおくのが良いでしょう。

高難度の基幹業務が多め

Javaは、2000年代から、企業の基幹システムやWEBのオープンシステム開発において多くの実績を残してきています。主なJava案件の分野としては上記に加えて、スマートフォンアプリの開発がありますが、複雑な業務仕様に対応しなくてはいけないことも多くあります。そのため、Java案件では高難度の基幹業務が多めであるといえるでしょう。

在宅には向かない?

在宅で仕事をおこないたいという方も多くいるでしょう。しかし、Java案件は大規模なプロジェクトに携わることが多いです。個人で開発できるものの案件は少ないので、在宅には向いていないといえます。なお、案件のなかには小規模なAndroidアプリの開発案件であったりと、在宅でできるものも存在するので、在宅勤務の可能性がゼロではありません。

Javaのフリーランスの単価はどのくらいか

Javaのフリーランスの単価はどのくらいかということに関してですが、単価は一定ではなく、それぞれの経験年数によっても異なっていきます。単価はスキルを考慮して決められることが多いですが、そのスキルをはかる方法として、採用担当者は実務経験を参考にしていることが多いです。

単価の相場は70万円

案件掲載サイトによると、Javaのフリーランスの単価相場は70万円となっています。

経験年数によって単価が異なる以外にも、案件の規模も単価に大きく関わっています。Javaは比較的大型案件が多く、案件数も多いため、ある程度条件を絞って探すのも良いでしょう。

出典:Javaの求人・案件募集

Javaのフリーランスの単価に影響する要因

Javaのフリーランスの単価に影響する要因には、Javaを使った開発に携わってきた経験年数やスキルがありますが、具体的にはどのような経験を持っていることが関わってくるのでしょうか。また、Javaのフリーランスに求められるスキルや経験というものも存在しています。

Javaのフリーランスの単価に影響する要因を満たしているかどうかで、単価も変動してしまうので事前に確認しておくことが良いでしょう。フリーランスになりたいという方は、紹介する要因をチェックして、自分に足りないところがある場合は、意識してその経験を積むのが良いでしょう。

Androidの開発経験やフレームワークを使った開発経験

Javaのフリーランスの単価に影響する要因の1つに、Javaを使った開発の経験の有無がありますが、具体的にはAndroidの開発経験やフレームワークを使った開発経験があると良いでしょう。

Javaの案件には、上記の開発経験がいかせるものが多くあり、また、それらの開発業務の需要も高まっています。このような需要に対応できる経験を積んでいることが単価アップにもつながっていくでしょう。

Javaのフリーランスに求められるスキル・経験

Javaのフリーランスに求められるスキル・経験としては、Javaを使った開発に携わってきた経験があることは重要ですが、それ以外にも、JavaだけでなくOSやネットワーク、データベースなど、周辺の知識に関しても兼ね備えていると採用される確率が高まるでしょう。また、Scalaなど、需要が伸びているけれど、使えるエンジニアが少ない分野や、JSPやServletといったサーバサイド技術も学んでおくとより良いです。

5年以上の経験年数がある方は、案件単価も高くなるので、フリーランスとして十分活躍できる可能性も高まります。今後はスマートフォンアプリの開発の需要も高まるとの見方もあるので、そのようなアプリケーションの開発においてアピールできる実績を積んでおくのも役に立つでしょう。

歓迎要件の例

必須要件以外にも、持っているとより良いとされる歓迎要件があります。歓迎要件としては、プログラミングスキルだけでなく、開発ベンダーの管理経験が求められることもあります。これは、単価の高い業務の場合、開発ベンダーのマネジメントやエンドユーザーとの調整までおこなわなくてはいけないことがあるからです。

また、Spring frameworkやPlay frameworkなどのJavaフレームワークを習得していることも歓迎されるでしょう。フレームワークを習得しておくことで開発効率を上げることができます。会社に雇われている際には活用することは難しいですが、フリーランスの場合は習得していることで応募できる求人も多くなるでしょう。

まとめ

Javaの案件の求人数や単価は今後も堅調に推移するとの見方が強いです。アプリ開発に関連する知識を蓄積したり、新たなフレームワークを学習することで市場価値の上昇を目指しましょう。

Offers」は、時代の変化や環境にあわせてスキルを磨きたい、そんな人にぴったりのサービスです。

いくつもの転職媒体を使って、企業を探し回るのはもう終わり。「副業」から始まる新しい働き方を実現します!

本業では経験できない、新しい環境/開発スタイルを経験しよう!



この記事をシェア

関連記事


副業・フリーランス

プログラミング

インタビュー

デザイン

お金

採用・組織

グルメ