副業と複業の違いとは?複数の仕事でキャリアを作っていく流れが拡大

『副業』と『複業』の違いをご存じでしょうか?本業以外のビジネスを行うという点においては同様ですが、それぞれの意味に明確な違いがあります。二つの用語から複数の仕事でキャリアを形成していくことへの理解を深めていきましょう。

Offers」は、転職せずに収入を増やしたい、そんな人にぴったりのサービスです。なかなか収入アップが難しい会社でも、今までの経験やスキルを他社で活かしつつ、効率的に収入を増やすことができます。

→「Offers」をもっと詳しくみる!

副業と複業の違いは?

インターネットを用いて働く場所が増えたことから、現代人の働き方は多様化しています。その中で『複業』という言葉が浸透しつつあります。副業と複業のそれぞれの意味の違いについて、まずは見ていきましょう。

副業は本業以外の仕事の総称

『副業』は、本業以外の仕事の総称です。

例えば、会社が終わった後に飲食店でバイトをするのも副業ですし、家でWebクリエイターとしてデザインやライティングの仕事に従事するのも副業です。株式や不動産などの資産運用も副業と言えるでしょう。

副業とは、『本業』としての仕事があることを前提とした用語ということです。

複業は複数の生業を持つことを強調した表現

一方の『複業』は、文字通り、複数の仕事を掛け持っていることですどちらの比重も大きく、片手間にやるようなものではない場合に、複業という言葉を用います。どちらかを『本業』としてメインに置くのではないのが大きな特徴です。

ランサーズが公表している『フリーランス実態調査 2018年版』によれば、複業を行っている人は増加傾向にあり、今後も増加していくことが予想されています。

フリーランス実態調査 2018年版

副業が事業経営なら、兼業と表現する場合も

これまで紹介した二つの言葉以外にも『兼業』という言葉があります。

兼業は、本業以外にも『事業』を行うことです。例えば農家以外の仕事で収入を得ている農家を『兼業農家』という言い方をします。『農家』という事業を兼業として行っているということを表しています。

複業という表現が広がる理由

昨今では副業という表現をせずに、複業という言い方が徐々に広がっています。その理由について解説していきます。

副業はネガティブな印象を持たれがち

副業という言葉に、ネガティブな印象をもたれてしまうこともあります。

前述したとおり、副業はとても広義的な意味を持っていて、株取引なども副業に含まれることがあります。株取引は損を出してしまうこともあり「ギャンブル」という認識を持っている人も少なくないのです。

また、副業を利用した詐欺が増えているのもその一因と言えるでしょう。副業を禁止にしている企業も、日本では少なくありません。

キャリア形成のイメージを込められる

対して『複業』というと、どちらも本業として、しっかり取り組んでいる場合が多いという印象があり、ポジティブさが際立っています。

まったく違う業種に着手することで、一方の業務からは得られないノウハウやスキルを習得するために行っている人もいて、キャリア形成というイメージが先行しているのが要因でしょう。

キャリア以外にも、新たな人脈の獲得など、将来を見据えた上で行っているというイメージをもたれることも多いのです。

複業を成功させるコツ

複業を始めてもうまくいかずに、短期間でやめてしまう人も少なくありません。複業で成功して利益をあげるためには、どんな点に気を付ければいいのか、ポイントを解説します。

好きなことを仕事にする

ポイントの一つ目は「好きなことを仕事にする」ことです。

好きなことを仕事にすれば、興味を持って仕事に取り組めるでしょう。結果、スキルアップやキャリアの蓄積がしやすくなります。つらい状況に陥った時に、ストレス度も低く、継続できる可能性が高くなるでしょう。

報酬の高さやお手軽さで業種を決める人もいますが、長期的な視野で考えた場合、好きなことを仕事にした方が継続しやすいと言えます。

セルフコントロールは不可欠

複業は、1本の仕事をこなしていくよりも難易度の高いタスク管理やスケジュール管理を行わなければなりません。そのためのセルフコントロールは不可欠です。

複数の業務をこなす場合、どこかでスイッチを切り替える必要があります。複数の作業を同時進行で進めていこうとすると、結局能率が悪くなるのです。そうならないために「この作業は何時間で終了させる」と決めて、切り替えていきましょう。

自分自身をしっかりとコントロールできなければ、複業を続けていくことはできません。時間の価値をより高められるよう工夫し続けることが重要です。

まとめ

政府の推奨もあって、会社以外にも仕事を持つことができる環境が整いつつあります。最近では副業だけではなく、複業という言葉も出てきました。複業は片手間ではなく、どちらも本腰を入れて行い、キャリアアップにつなげていくことが重要になります。

複業には自身が興味のある分野を選んだ方が、続けやすい場合があります。やりがいを感じられますし、追い込まれた時にあまりストレスを感じなくてすむからです。

自身の時間やタスクをしっかりと管理し、作業をうまく切り替えることも、複業を行う上で大切なポイントになります。

Offers」は、時代の変化や環境にあわせてスキルを磨きたい、そんな人にぴったりのサービスです。

いくつもの転職媒体を使って、企業を探し回るのはもう終わり。「副業」から始まる新しい働き方を実現します!

本業では経験できない、新しい環境/開発スタイルを経験しよう!



この記事をシェア

関連記事


副業・フリーランス

プログラミング

インタビュー

デザイン

お金

採用・組織

グルメ