副業で行う経理代行とはどんな仕事?受注方法や必要な資格をご紹介

経理代行は、女性に人気のある事務系の副業です。時間に縛られずできる魅力的な副業ですが、経理代行はどんな仕事なのか、どんな人に向いているのか、必要な資格があるかや、どのように仕事を取れば良いかについて、まとめました。

Offers」は、転職せずに収入を増やしたい、そんな人にぴったりのサービスです。なかなか収入アップが難しい会社でも、今までの経験やスキルを他社で活かしつつ、効率的に収入を増やすことができます。

→「Offers」をもっと詳しくみる!

経理代行とは

会社の日々のお金の流れを記録していくのが経理の仕事です。その経理の仕事を、会社の代わりに行う仕事が経理代行業です。具体的には、仕入や買掛金の管理といった仕入にまつわる経費の仕分けや、給与や税金の計算、預貯金の管理などを行います。

簿記の資格を持っている人なら資格を活かせますし、経理事務を経験したことがある人にとっては経験を活かして働くこともできる仕事です。

どんな資格が必要か

会社の経理の仕事は、税理士や公認会計士のように、国家資格が必要な仕事ではありません。しかし、簿記の資格を持っていた方が仕事を得やすく有利でしょう。

簿記とは、会社のお金の流れを記録・計算して、会社に利益が出ているのかどうか、預貯金などの蓄えがあるかを明らかにすることです。また、資格の有無だけではなく業務経験があるかを問われることも多いため、まずどこかで経験を積むことが必要になるでしょう。

どんな人に向いているのか

経理代行に向いている人は数字を扱うことが好きな人や経営感覚を持っている人、締め切りを守れる人でしょう。

経理は数字を扱うのが仕事です。そのため、数字を見るのが好きで、細かい計算が苦にならない人に向いています。

また、経理の最終目的は決算です。今期いくら利益をあげたか把握し、納付すべき税額を計算する必要があります。良い経理担当者には、会社の社長と同じような経営感覚を持っていることが求められます。

そして、決算を行うには、決算の前に在庫の棚卸しや各種帳簿の締め作業が必要です。各種帳簿の締めの前には、伝票を整理し、仕訳や記帳は済んでいる必要があります。決算報告や、税務の確定申告などは期限もあるので、各種締め切りを守って仕事ができる人でなければいけません。

経理代行をするメリット

固定の会社勤めとは違い、様々な点において融通が効きやすい副業の経理代行という働き方ですが、具体的にどんなメリットがあるのでしょうか。

自宅でできる

経理代行のメリット1つ目は、通勤しなくても自宅で仕事ができるということです。

経理の経験や資格があっても、子育てや介護などにより決まった時間の出社・退社が難しい人にとって、自宅で仕事ができるというのはとてもありがたいのではないでしょうか。また、副業として経理代行を行う場合であっても、自宅で仕事ができるため、通勤時間がかからず、時間を有効に使うことができるというメリットもあります。

好きな時間にできる

経理代行のメリット2つ目は、好きな時間に仕事ができるということです。

本業がある人の場合、日中は本業があるので時間の確保するのは困難でしょう。ですが経理代行なら、依頼された仕事を早朝・夜間・休日などの時間を使って行い収入を得ることができるので、時間をより有効活用できるのです。

キャリアアップの道がある

経理代行の仕事は、日々会社に出入りするお金の流れを帳簿に記録していくことが主な仕事です。では、経理を行う目的は何かというと、会社がちゃんと儲かっているのか、預金や現金は十分にあるのかといった、会社の財務状況や、経営状態の良し悪しを判断するためのものだと言えます。

つまり、経理代行の先には、会社の経営や税務があるため、経理の経験を積むことで、経営や税務関係へのキャリアアップがしやすいです。また、経理の仕事が好きで経理に関するプロフェッショナルを目指したいと思っている人は、税理士・会計士・中小企業診断士を目指し、資格を活かして仕事をすることも可能でしょう。

経理代行のデメリット

メリットも多い経理代行の仕事ですが、デメリットもあります。どういったものがあるのかしっかり把握しておくことで、事前に対策しておきましょう。

経験を問われる

経理代行を依頼する企業の中には、資格だけでなく、過去に経理の仕事をした経験があることが必須条件として挙げられているケースもあります。

実務経験がないことが企業にとって不安材料になることがあるため、簿記などの経理に関する資格はあるのに、実務経験がない、あるいは少ないことが、仕事を受ける上でネックになる場合があります。

経理代行の仕事の探し方

副業として行う経理代行の仕事を探している場合、現在主流となっているのは『クラウドソーシングを利用する』、『経理代行の専門業者に応募する』、『求人サイトで探す』という方法です。

何れの方法にしても、仕事は直接会社でやりとりするのではなく、パソコン上のやりとりになるため、クライアントが自分に合っているのかを、事前にしっかり調べることも大切です。後にトラブルが無いよう注意しながら、様々なサービスを活用しましょう。

クラウドソーシングを利用する

最近では様々なクラウドソーシングサービスがあり、経理代行に限らず様々な仕事が在宅で可能になってきました。企業だけでなく、個人がクラウドソーシングに経理代行を依頼することも増えているため、以前よりも在宅や副業で経理代行を行いやすくなっています。

インターネットで『経理代行』で検索すると、関連した仕事のあるサイトが出てくるので、まずは複数のサイトに登録して、どんな仕事があるのか確認してみましょう。

経理代行の専門業者に応募する

『経理代行』や『記帳代行』といったキーワードで検索すると、企業が行う経理業務を代行する会社のホームページが出てきます。経理代行が得意で、定期的に仕事を請け負いたい場合、経理代行の専門業者でホームページを開設している業者に応募してみるという方法もあります。

検索キーワードに地名を入れることで、近くの代行業者を調べることもできます。

求人情報サイトで探す

最近では、求人サイトの中にも請け負いで経理代行を募集している場合があります。『経理代行 求人サイト』と検索するとたくさんのサイトが出てきます。自分に合ったものをチェックしてみると良いでしょう。

まとめ

経理代行の仕事は、細かい数字を見るのが得意で、納期をきちんと守れる人に向いたお仕事です。経理の経験を積むことで、税理士・会計士・中小企業診断士などへのキャリアアップも可能なので、資格を活かしてその道のプロフェッショナルになることも可能です。

特に、以前経理の経験があり、簿記などの資格を持っているにも関わらず、外に出て働くことが難しい人や、副業をしたい人にとって、時間に縛られずに在宅でできる経理代行の仕事はとても助かるのではないでしょうか。また、様々なクライアントがいるため、探し方を1つに絞らず、幅広く探してみることも、自分に合った仕事を見つけるポイントになるでしょう。

Offers」は、時代の変化や環境にあわせてスキルを磨きたい、そんな人にぴったりのサービスです。

いくつもの転職媒体を使って、企業を探し回るのはもう終わり。「副業」から始まる新しい働き方を実現します!

本業では経験できない、新しい環境/開発スタイルを経験しよう!



この記事をシェア

関連記事


副業・フリーランス

プログラミング

インタビュー

デザイン

お金

採用・組織

グルメ