フリーランスのSEOコンサルタント。仕事内容と必要なスキルの紹介

ネットメディアが当たり前に存在する近年において、SEOという技術は必須のものとなっており、それに伴ってSEOコンサルタントの需要も増えています。そこでこちらでは、フリーランスSEOコンサルタントの仕事内容やスキルなどを紹介します。

Offers」は、時代の変化や環境にあわせてスキルを磨きたい、そんな人にぴったりのサービスです。「副業・複業」で、本業では経験できない、新しい環境/開発スタイルを経験しよう!

→「Offers」をもっと詳しくみる! かんたん60秒で副業を始めてみる

そもそもSEOって何?

まずは、SEOとは何か、ということからお話しします。基本的なことですが、大切なことですのでしっかり押さえましょう。

SEOの意味と目的

SEOとは、『検索エンジン最適化』という意味を持つ言葉です。現在インターネットを利用するほどんどの方が、googleなどの検索エンジンを使って目的に合ったサイトにアクセスしています。

そのため、検索エンジンの上位に掲載されることが、アクセスアップを狙う上で極めて重要な施策となっているのです。SEOは、検索エンジンで上位を狙うための技術として重要な位置を占めています。

メリットとデメリット

SEO対策の最大のメリットと言えば、コストパフォーマンスの良さでしょう。広告のように、広告費を払って宣伝するのとは違い、知識さえあれば今すぐにでも出来る対策なのです。対策が功を奏し、上位に継続的にランクインされるようになれば、安定した収入が見込めるようになります。

そしてアクセス数が増えることによって、質が高いユーザーが集まりやすくなり、結果的に作ったメディアは一つのブランドとして、高く評価されるようになるのです。

こうやって見ているとSEO対策は良いことづくめに見えますが、そうではありません。デメリットとしてまず『即効性に欠ける』ということが挙げられます。

SEO対策を施しても、その効果がすぐには現れないため、多少の辛抱が必要です。また上位に検索されるには、緻密に計算された記事が必要になるため、人的なコストがかかることも挙げられます。またアクセスの多いキーワードなどは競争率が高い為、上位に掲載されることが非常に難しいことがあります。

また検索エンジンのアルゴリズムは変化するため、常に研究を怠らないように心がけ、変化があればそれに対応する柔軟性が必要になってきます。

SEO対策のポイント

SEO対策の基本的なところはおわかりいただけたかと思います。そこで次はSEO対策のポイントを解説します。

最も大切なことは、『ユーザーが欲しいと思う情報が入っている』ことです。たくさんの情報を幅広く浅くまとめるのではなく、一つの情報をピンポイントでまとめることが大切です。

またキーワードを適切に選ぶことによって、ユーザーが欲しい情報を見つけやすくなります。また文章のわかりやすさや表示の早さ、スマホやタブレットでの見易さなども重要です。

またオリジナル性のある記事であることも大切です。専門性の高い情報が網羅されていたり、このサイトでしか知ることが出来ない情報が掲載されているなど、個性が光るサイだと、評価も上がります。

検索サイトに上位表示されることは、もちろん良い事です。ですが、これが最終目的ではなく、あくまでも通過点に過ぎないことを忘れないことが大切です。

SEOコンサルタントの仕事内容

SEOの意味や目的などを理解したところで、SEOコンサルタントの具体的な仕事内容の解説に移ります。

クライアントのサイトへ集客をサポート

SEOコンサルタントは、自信が持っているSEOの知識を基にして、クライアントサイトへの集客をサポートします。クライアントサイトに問題があれば、それを指摘し、修正します。

問題改善のための調査分析や戦略の立案

SEOコンサルタントは、クライアントサイトのアクセスアップのために、まずはクライアントの要望や顧客ターゲットの調査をなどを行い、分析する必要があります。

SEOコンサルタントとは、単純にSEO対策を施せばよいということではなく、クライアントのウェブマーケティング全般を見ていく能力が求められるのです。

フリーでSEOの仕事をする利点と必要スキル

SEOコンサルタントの仕事をするには、SEOを専門とする企業に勤めるか、フリーランスで活躍する方法があります。ここではフリーランスでの方法に絞り、フリーランスでSEOの仕事をする利点と必要スキルを解説します。

仕事も選べ通勤の手間が省けるのが利点

フリーランスの最大のメリットはやはり自由さでしょう。SEO企業に勤めると、自分があまりやりたくない仕事などを任されることがありますが、フリーランスの場合は、嫌なら断ればいい、という一面があります。

純粋にやりたい仕事だけ選んだり、稼げる仕事を中心に選ぶことも可能です。このようにフリーランスの場合は、仕事を選ぶ基準も、個人の裁量で決められるのです。

場所を選ばずどこでも開業が可能

フリーランスの場合ですと、自宅で開業することも可能です。この場合は、通勤時間も無くなるので、時間の無駄を省けます。このように自分の好きな場所で仕事ができるというのも、フリーランスの大きな魅力です。

身に付けるべき知識とスキル

SEOコンサルタントは、クライアントサイトがアクセスアップするための戦略を、あらゆる方面からサポートするのが仕事です。そのため、SEOコンサルタントとして活躍するには、最新のSEO対策に精通していることだけではなく、ウェブマーケティングの知識なども必要です。

またウェブサイト構築のために必要なプログラミング言語やアクセス解析の知識など、幅広く持ち合わせていると、活躍の幅が広がります。特にフリーランスの場合は、自分で仕事を見つけてくる必要があるので、高いコミニュケーション能力は必須です。クライアントの信頼を勝ち取るためには、知識と信頼性が重要な要素です。

SEOのフリーランスが心掛けたいこと

SEOのフリーランスとして長く活躍していくために必要なこと、日々心掛けたいことについて見ていきましょう。

日々のデータ管理と目標達成度の確認

フリーランスというのは、すべて自分で決めることが出来ますが、それは言い換えれば『すべて自分の責任で行う』ということでもあります。

そんなフリーランスに欠かせないのは、やはり日々のデータ管理です。特に複数のクライアントを持っている場合には、クライアント別にSEOのデータを管理し、目標がどの程度達成されているのかを把握し、今後の計画に役立てていくようにします。

競合のチェックと中長期的視点で時間を使う

最初の方でお話ししたように、SEO対策というのは、長期で施策することで、少しづつ結果が現れてくるものです。そのため、SEOは中長期的な視点で対策を練る必要があります。

まずは競合サイトのチェックです。競合サイトがどのようなサイト作りをしているのかなどの分析を怠らないことが重要です。状況が変わっていく中で、その時に最適なSEO対策を施すためには、日々問題点を探り、改善していく意識が大切です。

またインターネットの状況というのは日々変わっていくので、常に向上心を持って、新しい知識を吸収するようにしましょう。

まとめ

現在のウェブサイト作りには欠かせないSEO対策ですが、SEO対策をどのようにすればいいのか、理解していない企業が、今でも多く存在しています。SEOコンサルタントは、そんな企業のために、SEO対策をアドバイスし、競合との差別化を図るための仕事なのです。

Offers」は、時代の変化や環境にあわせてスキルを磨きたい、そんな人にぴったりのサービスです。

いくつもの転職媒体を使って、企業を探し回るのはもう終わり。「副業」から始まる新しい働き方を実現します!

本業では経験できない、新しい環境/開発スタイルを経験しよう!



この記事をシェア

関連記事


副業・フリーランス

プログラミング

インタビュー

デザイン

お金

採用・組織

グルメ