バックエンドエンジニアの仕事とは?内容や将来性、求められるスキル

システム開発は、ユーザーの目から見える部分も担当するフロントエンドと、ユーザーには見えていない領域を担当するバックエンドの仕事があります。バックエンドエンジニアの仕事内容や年収、キャリアパスについて解説します。

Offers」は、時代の変化や環境にあわせてスキルを磨きたい、そんな人にぴったりのサービスです。「副業・複業」で、本業では経験できない、新しい環境/開発スタイルを経験しよう!

→「Offers」をもっと詳しくみる!

バックエンドエンジニアの主な仕事

エンジニアの職種にはいくつもの種類があります。その中でもバックエンドエンジニアとは、サーバーやデータベースの構築、ショッピングサイトの精算処理など、一般ユーザーの目には見えない機能を構築する人材のことを指します。

バックエンドエンジニアどのような仕事があるでしょうか。主な仕事を解説します。

サーバー構築

ユーザーのデータや精算情報、ページ内で使うファイルなどを保存して場所の確保は、Webページを制作する上で欠かせません。これらのデータを保存しておくサーバーを構築するのも、バックエンドエンジニアの仕事です。

サーバーを設置するOSの選定やセキュリティ設定、サーバーソフトウェアのインストールなど、サーバー構築に関する作業を担当します。

サーバーの性能によって、ユーザーエクスペリエンスは大きく変化します。ユーザーからは見えにくい部分ですが、Webサービスには欠かせない重要な仕事です。

データベースの構築

データベースの構築のバックエンドエンジニアの重要な仕事になります。例えば企業の持っている顧客情報について細かく管理し、必要な情報があればすぐに引き出せる仕組みを作っておくことは、営業やカスタマーサポートの仕事に直結します。

またデータベースは企業の持っている重要な情報が詰まっています。そのため外部からの不正アクセスを防ぐセキュアコーティングの知識が求められます。データ量が増えていくにつれてデータベースの処理が重くならないように改修していくこともバックエンドの仕事です。

システム開発と運用

バックエンドエンジニアはシステムの開発も手掛けます。システムの要件に合わせて適切なプログラミング言語を選択して、ユーザーだけでなくシステム運営側も扱いやすいシステムを作ることが仕事です。

またシステムをリリースした後に、システムのアップデートやメンテナンスといった運用・保守を行うのもバックエンドエンジニアが担います。

バックエンドエンジニアと他エンジニアで異なる仕事内容

バックエンドエンジニアの仕事は、フロントエンジニアやサーバーサイドエンジニアと比較されることがよくあります。各種の仕事との違いについて解説します。

フロントエンドエンジニアとの違いは?

Webサービスやアプリケーションに携わる両者ですが、役割が大きく異なります。

ショッピングサイトを例に挙げて解説します。フロントエンドエンジニアの仕事は、ユーザーが商品を選択するためのボタンや検索機能の作成です。一方、バックエンドエンジニアの仕事は、ユーザーが商品を購入する際の支払い処理や、ユーザーが検索した結果を出力するといったシステム作りになります。

どちらもWebサービスやアプリケーションを提供するためには欠かせない仕事です。

サーバーサイドエンジニアとの違いは?

サーバーサイドエンジニアとは、プログラムの実行やデータベースの管理などを行います。文字通りサーバー側のシステム開発や管理を担当するのが、サーバーサイドエンジニアの仕事です。バックエンドエンジニアの職務と大きな違いはありません。

両者の呼び方は担当する分野によって区別されることがあります。バックエンドエンジニアは主にWebの領域のみで使用されますが、サーバーサイドエンジニアといえば、Web系、企業の基幹システムやIT系など、バックエンドエンジニアよりも広い範囲で使われます。

バックエンドエンジニアの平均年収は?

次に、バックエンドエンジニアの平均年収について解説します。バックエンドエンジニアを目指す場合の参考にしてください。

スキルや経験によって差がある

バックエンドエンジニアの平均年収は600万~700万円です。

特に勤務形態によっても異なり、企業に常駐する場合はおよそ700万円、自宅で稼働する在宅型の場合はおよそ600万円が平均値のようです。

在宅型の方が常駐型と比較すると低い値ですが、日本の平均年収と比較すると高い水準にあります。

また、スキルや経験によっても年収に差が出てきます。サーバーの構築しかできないエンジニアとデータベースまで扱えるエンジニア、さらに機械学習を使ってデータの分析ができるエンジニアでは仕事の専門性や範囲が大きく異なります。色々なことができるエンジニアほど報酬も高額になりやすいのです。

企業が扱っているシステムの規模や重要性も報酬に影響を与えます。規模の大きな企業ほど扱うシステムやデータベースも大きくなり、バックエンドエンジニアの重要性は大きくなります。バックエンドを重要視する企業ほど、システム開発に投じる金額も大きくなるため、バックエンドエンジニアの報酬も上がりやすいのです。

出典:バックエンドエンジニアの平均年収や仕事内容を解説!|A-STAR

年収を上げる方法

スキルアップとできる仕事の範囲を増やすことが、収入アップにつながります。 例えば、扱えるプログラミング言語が増えれば、その分アサインできる案件も増えるので、報酬も得やすいでしょう。Web系だけでなく、IT系のシステムも開発・運用できるようになれば仕事の幅も広がります。

フロントエンドの開発スキルを身に付けるのも有効でしょう。フロントエンドの仕事ができるようになれば、フロントエンドとバックエンドの仕事の両方が1人でこなせるようになるので、1人でWebサイトを管理できる人材として、高く評価される可能性があります。

バックエンドエンジニアの需要と将来性

バックエンドエンジニアの将来性について解説します。IT業界市場全体の規模や、今後エンジニアとして生き残っていくためには何が重要なのかを見ていきましょう。

エンジニアの需要は高まっている

経済産業省が2019年に公表した『IT人材需給に関する調査』には、IT人材は2022年には約32万人の不足し、2030年には約45万人ものIT人材が不足するとの報告が書かれています。IT人材は今後も売り手市場が続きエンジニアの価値が高まることは疑いようもありません。

大企業から中小企業まで、多くの企業が自社のWebサイトやアプリケーションを活用している現状、バックエンドエンジニアがWeb業界で果たす役割も大きいものになっています。

出典:T人材需給に関する調査|経済産業省

IT業界市場の規模は年々拡大

総務省が2020年に発表した『メディア・ソフトの制作及び流通の実態に関する調査』によれば、通信系コンテンツの市場規模は2018年で約4.0兆円であり、2014年時点と比較しても約1兆円以上伸びていることがわかります。

AIの活用や通信技術の発達に伴い、IT業界の市場も拡大していくことが予想されます。そのため、IT業界で働くエンジニアの需要もますます高まっていくと言えます。

出典:メディア・ソフトの制作及び流通の実態に関する調査|総務省

市場が求めるスキルを持っているかが重要

今後のIT市場で生き残れるかどうかは、求められているスキルを持っているかどうかで変わってきます。例えば、今後ますます需要が高まるであろうPythonJuliaといったプログラミング言語を扱うスキルや、ミドルウェアのスキルを持っていると、今後の市場では有利に働く可能性が高いでしょう。

IT技術は急速に発展しています。今後エンジニアとして生き残っていくために、IT 技術の進歩についていくため、日々のスキルアップを 心掛けましょう。

バックエンドエンジニアのキャリアパス

バックエンドエンジニアのキャリアパスについて解説します。 将来的にどういったキャリアを目指すのか参考にしてください。

ITコンサルタント

ITコンサルタントとは、企業が経営や目標で抱える問題に対して、ITの観点から解決策を提案する職業のことです。経営戦略に沿ったWebサイトの運用やITツールの提案などを行い、企業をサポートします。

ITコンサルタントになるには、ITの知識はもちろん、顧客や企業のニーズに合ったシステムを導入するためにもコンサルティングを行う業界についての知識や経営知識が必要になります。求められるスキルが多い代わりに、希少価値が高く報酬も高い職種です。

プロジェクトリーダー(PL)・プロジェクトマネージャー(PM)

PL(プロジェクトリーダー)はシステムの導入やプロジェクトの管理を担う職業で、PM(プロジェクトマネージャー)はプロジェクト全体の責任を負う立場の職業です。

PL・PMはシステム制作の進行管理や人員の采配を担う立場であるため、システム全般に関する知識が必要です。そのためPLとPMは、エンジニアからキャリアチェンジできる職種の一つです。

PL・PMを目指すためには、エンジニアとしての知識だけでなく、進行管理ができるマネジメントスキル、メンバーと接するためのコミュニケーションスキルが求められます。プロジェクトで発生した遅延や問題に対し的確に対処する課題解決能力も重要になるため、普段からメンバーや周囲としっかりコミュニケーションをとり、情報を把握できる能力も必要です。

セキュリティエンジニア

セキュリティエンジニアとは、企業のデータベースやシステムを外部からの脅威から守るセキュリティ業務につくエンジニアのことです。セキュリティは企業の情報を守る重要な職種であり、年収も一般的なエンジニアと比べて高く設定している企業も少なくありません。

セキュリティエンジニアは サーバーやOSに関する知識のほか、ネットワークに関する知識や、最新の脅威に関する情報収集スキルが必要とされています。セキュリティエンジニアからさらにホワイトハッカーやセキュリティコンサルタントなどの上位職を目指す人もいます。

フルスタックエンジニア

フルスタックエンジニアとは、開発から運用まで、システム開発業務の全ての行程を手掛けることができるエンジニアのことです。分野にとらわれず幅広い業務に従事できるため、企業からの需要も高く、平均年収も一般的なエンジニアより高めに設定されるケースが多いです。

バックエンドエンジニアからフルスタックエンジニアになるためには、バックエンド以外の行程をこなせるようにならなければなりません。フロントエンドでの実務能力と、プロジェクト全体を俯瞰的に見られる幅広い視野が必要になります。

バックエンドエンジニアに求められるスキル

バックエンドエンジニアにはどのようなスキルが必要なのでしょうか。必要なスキルや知識を具体的に紹介します。

プログラミング言語のスキル

バックエンドエンジニアに必要なプログラミング言語にはPHPPythonRubyなどがあります。

データベース設計を担当するなら、SQLなどのデータベース言語も扱えると良いでしょう。

もっとも言語にも流行り廃りがあります。近年ではGoPythonの需要が高くなっています。需要の高い言語は案件も多くなりますので、その都度のトレンドを確認しながら習得すべき言語を検討しましょう。

フロントエンドの知識

バックエンドの業務はフロントエンドと密接な関わりがあります。オンラインショップサイトで例えるならば、商品の購入ボタンはフロントエンドの業務ですが、会計した際の処理や買い物かごの中身を管理するといったシステムの設計はバックエンドの仕事です。

よりユーザビリティの高いシステムを開発するには、フロントエンドの仕事についてもある程度理解しておくことが求められます。

ミドルウェアの知識

ミドルウェアとは処理を行うアプリケーションと実行するOSの中間に存在するソフトウェアのことです。サーバーを統括するLinux、Webサイトとサーバーの間で総合的な管理を担うApacheなどがミドルウェアに該当します。

システムのバックアップや監視、Webサーバーなどの構築といった業務があり、バックエンドの業務の一環として知っておかなければなりません。

バックエンドエンジニアに必要な資格

バックエンドエンジニアとして働く上で、持っていると有利になる資格を紹介します。 バックエンドエンジニアのを勉強する上では、以下に紹介する資格取得を目指すのも良いでしょう。

PHP技術者認定試験

PHP とは Web ページに動的な機能を生成できるスクリプト言語です。問い合わせフォームや検索機能といった便利なシステムを、ユーザーに提供することができます。

このPHPのスキルを認定する試験が『 PHP技術者認定試験』(一般社団法人BOSS-CON JAPAN主催)です。初級から上級まであり、上級の合格率はかなり低く、それゆえに保有していることで自分のPHPに関する確かなスキルをアピールできます。

PHPはバックエンドだけでなくエンジニア全般で使える言語です。仕事の幅を広げるためにも、資格を取得しておいて損はありません。

PHP技術者認定試験

Oracle認定Javaプログラマ

Javaはいくつもの資格がありますが、その中でもおすすめなのが日本オラクル社が開催している『Oracle認定Javaプログラマ』です。

Javaのバージョンアップに合わせて試験の内容も改定されるため、常に最新のJavaに関する技術を取得することができます。ブロンズ・シルバー・ゴールドの3ランクがあり、ゴールドランクはJava言語のスキルだけでなく、設計から実装までの総合的なスキルを測ります。

Javaは大規模開発に向いているためため、 大企業の基幹システムでも使われていることが多い言語です。エンジニアとして就職活動をする上でも、当資格は有効に働くでしょう。

Oracle認定Javaプログラマ

Linux技術者認定試験

LinuxとはOSの種類の一つで、大規模なシステム開発やロボットに組み込まれるために使われます。そのため、エンジニアの採用要件にLinuxを扱うスキルを求められることも多く、エンジニアとしては所持していると有利に働く技術です。

『Linux技術者認定試験』は、Linuxに関する知識を証明することができます。

Linux技術者認定試験であるLIPIC(Linux Professional Institute主催)は、世界共通水準で認定されており、180カ国・地域以上の技術者が受験しています。レベル1からレベル3までの難易度に分けられ、さらにその中でもセキュリティに関する試験や仮想化技術に関する試験など、細かくジャンルが分かれています。

自分がエンジニアとしてどんな業務に従事したいかで、受講試験を判断しましょう。

Linux Professional Institute

まとめ

バックエンドエンジニアはユーザーに直接見えない裏側のシステムを開発するエンジニアのことです。データベースの管理やサーバーの構築など、ユーザーが便利にWebサイトやアプリを利用するために、バックエンドエンジニアは重要な役割を果たしています。

人手不足とIT市場の成長によって、今後もバックエンドエンジニアの価値はさらに高まっていくでしょう。将来的なキャリアップのためにも、フロントエンドの知識やマネジメント能力などを獲得し、仕事の幅を広げていくことが大切です

Offers」は、時代の変化や環境にあわせてスキルを磨きたい、そんな人にぴったりのサービスです。

いくつもの転職媒体を使って、企業を探し回るのはもう終わり。「副業」から始まる新しい働き方を実現します!

本業では経験できない、新しい環境/開発スタイルを経験しよう!



この記事をシェア

関連記事


副業・フリーランス

プログラミング

インタビュー

デザイン

お金

採用・組織

グルメ