Webマーケティングの相場は?施策によりコストが異なる

インターネットの普及に伴って、企業が重視しているのがWebマーケティングです。あらゆるWebサービスをうまく活用してマーケティングを展開した場合、費用相場はどのくらいになるのでしょうか。Webマーケターの働き方や業務内容とあわせて考察します。

Offers」は、時代の変化や環境にあわせてスキルを磨きたい、そんな人にぴったりのサービスです。「副業・複業」で、本業では経験できない、新しい環境/開発スタイルを経験しよう!

→「Offers」をもっと詳しくみる! かんたん60秒で副業を始めてみる

Webマーケティングの仕事内容

Webマーケティングとは、最も望ましい形で品物・サービスを提供するために必要な、『Web上の販売促進活動』です。

すべての施策はWeb上で管理されるため、実際の効果が数値で把握できるという特徴があります。集客効果や宣伝効果が一目でわかりやすく、紙媒体のマーケティングと比較して、戦略も立てやすくなるでしょう。

Webマーケティングには、どのような販促活動が含まれるのでしょうか。

Webサイト制作から販促関連など幅広い

Webマーケティングでは、必要に応じたWebサイト制作など、あらゆるWeb上の販促活動が含まれます。

中でも重要なポイントと考えられるのは、以下の四つの手法です。具体的な手法と併せて、確認しておきましょう。

集客 SEO施策、広告、SNSの活用
接客 LPO(ランディングページ最適化)、EFO(入力フォーム最適化)、Web接客ツール
再訪問 メールマーケティング、リターゲティング広告など
効果測定 アクセス解析

まず集客では、『SEO』を意識したサイト作りが求められます。SEOとはサイトを検索エンジンの上位に表示させるための施策です。多くのユーザーは検索上位のサイトから訪問するため、検索にひっかかりやすくすることは、マーケティング戦略上大変重要です。

この他、来訪者が直感的にサイトを利用できるよう体裁を整えたり、リピーター獲得のための広告やお知らせを送付したりなどすると、販売上の好循環が生まれます。

また、SEO施策や宣伝広告の後には、アクセス解析等を適切に行い、実際の効果を確認することも忘れてはいけません。

 目的は売上げアップ

Webマーケティングの最終目標は、顧客の購買意欲を促進し、売上げを向上させることです。

商品が溢れている市場では、何もせずに物やサービスを提示しているだけでは、顧客の購入意欲は上がりません。まずは適切なWebマーケティングによって商品を他者と差別化し、販売チャンスを逃さないことが重要です。

適切なWebマーケティングによって、集客から購入までがスムーズになれば、販売のサイクルが安定します。特別な宣伝広告を打たなくても、自然と物やサービスが売れる仕組みが確立されるでしょう。

顧客の獲得が成果となる

Webマーケティングの端緒となる『集客』は重要ですが、より大切なのは来訪者に『顧客』になってもらうことです。

そのためには、来訪者が「使いにくい」「欲しい情報が無い」と感じないように工夫し、顧客を定着させなければなりません。

Webマーケティングでは、集客しっぱなしで終わらせるのではなく、来訪者のニーズにあわせた改善を重ねていくことが売上の好転に繋がります。

Webマーケティングの相場

Webマーケティングの内容は実際の費用や時間が見えにくく、明確な金額の提示は「実際の相談を受けてから」というケースがほとんどでしょう。

Webマーケティングの相場について考察します。

数万円〜数十万円と開きがある

Webマーケティングの費用は、簡単なものなら数万円、手間や時間がかかる物は数十万円以上です。

例えば、2000文字程度のコンテンツの作成のみなら1~5万円程度で収まります。ところが、マーケティング戦略に則ったHPの作成については、ページ数によっては100万円以上というケースも珍しくはありません。

加えて請負会社によっても費用相場は異なるため、同じ工程でも費用には大きな開きがあるでしょう。

施策の難易度、規模と費用は比例

Webマーケティングにかかる工程は多く、施策の難易度が高く規模が大きいほど費用は高額になります。

具体的には前述したHPのフル作成のほか、大規模な広告やSEO施策を行った場合などは、20万円以上かかるケースがほとんどです。また、解析データを分析して改善を行う場合も、『サイトそのものを改善する』『SEO施策に注力する』などの選択肢があり、費用の振り幅は大きくなります。

Webマーケティングの費用を考える際は、工程の煩雑さや規模に比例して金額が上がると覚えておきましょう。

フリーランスマーケターの働き方

Web上に商品を売るための仕組みを構築するのが『webマーケター』です。主な仕事はWeb上での作業となるため、フリーランス向きの仕事の一つといえるでしょう。

フリーランスマーケターになった場合、どのような働き方があるのでしょうか。

業務委託

フリーランスのWebマーケターとして安定した収入を得るなら、最も容易なのが業務委託の仕事を請けることです。

近年はIT業界全体が人手不足のため、Webマーケターとしての案件を見つけるのは難しいことではありません。業界に伝手の無い人でも企業と個人をマッチングする求人サイトに登録すれば、条件に叶う仕事がみつかるでしょう。『自分で仕事を探す手間が省ける』『高額で好条件の案件が回ってくるケースもある』といったメリットがあり、フリーランスが効率よく働くには最適です。

ただし、業務委託は事前の契約内容がすべてです。不利な条件にならないよう、事前に契約内容をきちんと確認しておきましょう。

クラウドソーシング

Webマーケターとしての実績がゼロの人は、クラウドソーシングサイトで実績を積むことをおすすめします。

クラウドソーシングサイトとは、企業が不特定多数の人に業務を外注する、新しい業務形態です。やりとりはすべてWeb上で行われ、企業と個人の希望がマッチすれば契約が成立します。

クラウドソーシング上でやりとりされる案件は幅広く、未経験者可という案件も少なからず見つかるでしょう。ただし、クラウドソーシング案件の多くは、相場よりも低単価です。

案件を探す際は「報酬よりも実績や経験を積むため」と割り切って、数をこなすことに注力してください。

まとめ

Web上で商品やサービスを販売するには、Webマーケティングの知識が不可欠です。実績や博識なWebマーケターの需要は高く、フリーランスとしても安定した収入を得られるでしょう。

ただし、Webマーケティングの範囲は広く、マーケティング知識に加えてWebの知識や解析技術も必要です。仕事の切れないWebマーケターを目指すなら、将来のキャリアを見据えたスキルや知識の習得をおすすめします。

はるうさぎ

大阪のIT専門学校を卒業。現在は名古屋の中小企業にてWEBエンジニアとして働いており、色々な勉強会へ参加し、人脈を常に広げている。

Offers」は、時代の変化や環境にあわせてスキルを磨きたい、そんな人にぴったりのサービスです。

いくつもの転職媒体を使って、企業を探し回るのはもう終わり。「副業」から始まる新しい働き方を実現します!

本業では経験できない、新しい環境/開発スタイルを経験しよう!



この記事をシェア

関連記事


副業・フリーランス

プログラミング

インタビュー

シニアレベルを2名採用!現場の負荷を軽減した採用活動、その打ち手がOffersだった

700万ダウンロードを突破し、コスメの口コミアプリとして急成長を続ける「LIPS」。これまで正社員や業務委託問わず、各専門性をもったエンジニアが集うことでグロースを続けてきた。そんな同社のハイス...

インフラとフロントエンドの3名を採用! Hotspringが考える採用方針と旅行サービスの未来とは

旅行予約サービス『こころから』を運営するHotspringは、今後の旅行業界の変化を見据えたプロダクト開発を推進している。これまでリファラルやTwitter採用を行ってきた同社が、なぜOffer...

フロントエンジニアの採用に成功!複業採用の秘訣はコンシェルジュの伴走と、独特な1on1にあった

AIチャットボット市場で圧倒的なシェアを誇る「HiTTO(ヒット)」を展開するHiTTO株式会社。今後さらなる顧客満足の向上に向けて、自社プロダクトの強化を加速していく。そこで重要になるのが開発...

専任CSメンバーがサポート。わずか1ヶ月半で、採用難易度の高いリードクラス2名の採用に成功!

女性限定コミュニティに注力する株式会社SHEでは女性の「自分らしい生き方」の実現を目指し、クリエイティブスクール「SHElikes」に加え、美容領域「SHEbeauty」や金融領域「SHEmon...

デザイン

お金

採用・組織

グルメ