プロジェクトマネージャの必須スキルとは。伸ばし方についても紹介

プロジェクトマネージャには必要なスキルが多くあり、いずれもプロジェクトを成功させるために大切なものです。現場で活躍するには、具体的にはどのようなスキルを身につければよいのでしょうか。プロジェクトマネージャの必須スキルと伸ばし方を解説します。

Offers」は、時代の変化や環境にあわせてスキルを磨きたい、そんな人にぴったりのサービスです。「副業・複業」で、本業では経験できない、新しい環境/開発スタイルを経験しよう!

→「Offers」をもっと詳しくみる! かんたん60秒で副業を始めてみる

プロジェクトマネージャに必要なスキル

プロジェクトマネージャはプロジェクトの全体を管理するため、多くのスキルが求められる役職です。必要なスキルを以下に紹介します。

コミュニケーションスキル

プロジェクトマネージャは様々な場面で、的確なコミュニケーションが要求されます。

正しい指示や情報を伝えるためにコミュニケーション能力は不可欠です。メンバーに間違った情報や知識を伝えてしまうとプロジェクトの失敗につながるため、コミュニケーションスキルはプロジェクトの成功に大きく関わると言えるでしょう。

コミュニケーションスキルは業務を円滑に進め、プロジェクトを成功に導くためには欠かせないスキルです。

部下育成のためのスキル

プロジェクトは多くのメンバーが様々な業務を遂行します。成功を収めるには、プロジェクトマネージャによる管理が不可欠です。

プロジェクトマネージャはメンバーの才能を最大限に引き出し、不足している知識やスキルを指導する役割を担います。課題に対して建設的なフィードバックを行い、正しい方向に導けるかどうかがポイントになるのです。

業務に対するモチベーションの向上なども含めて、プロジェクトマネージャには指導力も求められると言えるでしょう。

業界知識の幅広さと好奇心

プロジェクト全体の責任者であるプロジェクトマネージャは、幅広い業界知識が求められます。部下の育成だけでなく、メンバーから何かを相談されてもすぐに回答できるレベルの知識を得ることを目指しましょう。

また、好奇心も大事な要素です。新しいプロジェクトを考えるには、時代や市場ニーズへの着目が必要となります。

『消費者は何に困っているのか』『市場ニーズに応えられる商品とは何か』など、常に新しい考えを持つことはプロジェクトマネージャとして求められる能力です。

リスク、時間管理のスキル

プロジェクトマネージャにはリスク管理能力のほか、時間管理のスキルも必要です。プロジェクトの進行具合に合わせ、リスクに対する正しい処置を考えることもプロジェクトマネージャの仕事になります。

また、生じたリスクには優先順位をつけて解決する判断力も重要でしょう。潜在的なリスクを抱える可能性もあるため、常に課題を洗い出すことがポイントです。

プロジェクトは複数の業務を同時に遂行することが多いので、タスクに優先順位をつけて管理する能力も求められます。優先順位の高いタスクからこなし、プロジェクトを円滑に進めるスキルも身につけましょう。

スキルレベルの確かめ方

プロジェクトマネージャに必要な能力があるかどうかを確かめるために、試験を受けるというのも一つの手段です。『プロジェクトマネージャ試験』を受験し、スキルレベルを確かめてみましょう。

プロジェクトマネージャ試験

プロジェクトマネージャ試験は『情報処理推進機構(IPA)』が実施する、情報処理技術者試験の一つです。難易度は各種試験の中でも最上位であるレベル4となっており、平均合格率は13%前後になります。

試験に合格すると、有資格者として名乗ることが可能です。試験合格後の資格更新が不要ということもあり、高難易度ながら人気の試験種類となっています。

試験は毎年4月第3日曜日に実施され、試験内容はマーク式と記述式に分かれています。

必要なスキルを育てるには

プロジェクトマネージャに必要なスキルを身につける、効果的な方法を3つ解説します。

PMBOKを学ぶ

プロジェクトマネージャについて学びたいならば、『PMBOK』を活用しましょう。PMBOKはプロジェクトマネージャの手法やノウハウを詳しくまとめた資料です。

プロジェクト管理に有効な10の知識エリアと5のプロセスに体系化され、細かな学習が可能となっています。4年に1度のペースで更新されますので、常に新しいプロジェクト管理を学べるでしょう。

交渉術の勉強

プロジェクトマネージャは会議や打ち合わせなど、多くの人に意見の合意を求める場面が多い職業です。顧客との交渉でも合意形成が必要になります。

よって、相手の同意を求める交渉術を学ぶのも有効です。プロジェクトによって頻繁に打ち合わせがあることも想定されます。書籍やセミナーなど外からの知識をしっかりと取り入れ、交渉術を身につけてください。

人脈を広げていく

プロジェクトマネージャを目指そうと考え、自分で勉強時間を確保するのも重要ですが、人脈を広げるためさらに社外に目を向けるのもスキルアップにつながります。

例えばエンジニアによる勉強会などに参加すれば、さまざまな技術のブラッシュアップにつながります。また多くのエンジニアと交流ができ、人脈が広がるでしょう。

人脈が広がれば、ノウハウや技術、経験談を吸収できる機会が多くなります。ぜひ、社外の動きにも目を向けてみましょう。

まとめ

プロジェクトマネージャは多くのスキルが要求される職業となっており、コミュニケーションスキル、業界知識の幅広さなどを身につける必要があります。

客観的にスキルレベルを図るには、プロジェクトマネージャ試験がおすすめです。また、スキルを育てるにはPMBOKや交渉術を学んだり、人脈を広げたりする努力もポイントになります。

多くのスキルが求められる職業ですが、それらが求められる理由や目的をしっかりと把握し、プロジェクトマネージャを目指しましょう。

Offers」は、時代の変化や環境にあわせてスキルを磨きたい、そんな人にぴったりのサービスです。

いくつもの転職媒体を使って、企業を探し回るのはもう終わり。「副業」から始まる新しい働き方を実現します!

本業では経験できない、新しい環境/開発スタイルを経験しよう!



この記事をシェア

関連記事


副業・フリーランス

プログラミング

インタビュー

デザイン

お金

採用・組織

グルメ