Javaプログラマーの将来性は?平均年収や必要なスキルを解説

Javaを扱える人材は、さまざまな業界における開発に携わっています。Javaプログラマーは将来性がある職種なのでしょうか?平均年収や必要なスキルとともに解説します。Javaプログラマーに転職する方法もチェックしましょう。

Offers」は、時代の変化や環境にあわせてスキルを磨きたい、そんな人にぴったりのサービスです。「副業・複業」で、本業では経験できない、新しい環境/開発スタイルを経験しよう!

→「Offers」をもっと詳しくみる!

Javaプログラマーとは?

Javaプログラマーは、汎用性が高く数多くの開発プロジェクトで利用されている言語『Java』でWebシステムやアプリケーションの開発を行うプログラマーです。詳しくはどのような業務に携わるのでしょうか?

Javaプログラマーの仕事内容

Javaは大企業の基幹システムにも活用されているプログラミング言語です。その認知度の高さと安定性から、大規模な開発プロジェクトで多く採用されています。

Javaプログラマーの仕事内容は、企業の基幹システムや業務アプリケーション・Webアプリケーションの開発がメインです。

銀行や証券会社など大規模なシステムを必要とする企業で働くエンジニアも多くいます。一部官公庁のシステム開発にも、Javaプログラマーが関わっています。

Javaはアプリ開発にも使える言語です。近年はAndroidアプリの開発案件が多くなっており、GoogleがAndroidアプリのためのライブラリやAPIを充実させるようになりました。

アプリ開発会社でもJavaプログラマーが開発に携わっています。スマホアプリ市場は拡大し続けているため、今後さらにJavaプログラマーが活躍できる場が増えるでしょう。

出典:国内モバイルアプリ 調査レポート2020年版|AppsFlyer

Javaプログラマーの平均年収

活躍できる分野の多いJavaプログラマーは、平均してどの程度の年収を得ているのでしょうか?所属している企業だけでなく開発経験やスキルが年収に直結する点にも注意して見ていきましょう。

年収は経験とスキルで決まる

Javaプログラマーの年収は525万円程度となっており、他のプログラマーやエンジニアの年収と比べると比較的高い水準にあります。

ただし、これはあくまでも全体の平均であり、エンジニア自身の収入はシステムの開発経験やスキルによって決まります。実務経験のない入社初年度のプログラマーの年収相場はおよそ252万円です。一方で、年収1000万円を超える熟練のJavaプログラマーも少なくありません。

Javaは汎用性が高く大企業の案件も多く高い報酬を得て開発を担当するプログラマーが多いのも、年収に開きが出る理由の一つです。

出典:Javaエンジニアの仕事の年収・時給・給料情報|求人ボックス

フリーランスの場合は?

フリーランスとして開発案件を請けているJavaプログラマーも多くいます。フリーランスの場合の平均年収も550万円程度と、高い水準です。

フリーランスであれば個人の裁量で仕事量を決められます。多くの案件をこなすことができれば、収入も高くなるでしょう。

特に優秀なプログラマーは高単価の案件も受注できるため、高い年収を維持している人も珍しくありません。個人の経験やスキルによって年収額に大きな差が出る点は、企業所属の場合と同じです。

出典:Javaプログラマーの年収を上げる方法5つ|Acrovision

Javaプログラマーのニーズと将来性

これからJavaプログラマーとして就職・転職したいと思っている場合は、業界のニーズや将来性の把握が重要です。今後も未来が明るい職種なのかを見ていきましょう。

安定した需要が見込める

Javaを利用した開発プロジェクトは、安定した需要が期待できる領域です。実際、日々多くの企業が業務システムの導入や改善を行っています。

開発規模も大きいプロジェクトでは人手不足に悩まされやすく、人員を集めるために高単価の案件が多く見られる状態です。

スマホアプリ分野も右肩上がりに市場が広がっています。Androidアプリの開発も担当できるJavaプログラマーは、今後も安定した需要を見込める職種といえるでしょう。

対応できる開発分野が広い

Javaはプログラミング言語として対応できる分野が広く、さまざまな業界の業務システムに活用されています。Javaプログラマーとして経験とスキルを積むことで、有名企業への転職も可能です。

フリーランスとして高単価の案件を獲得できるチャンスもあるでしょう。さらにJavaを習得すると他の言語も習得しやすくなるので、職種の幅が広がります。

企業のフロントエンドエンジニアやバックエンドを支えるエンジニアも、Javaプログラマーとしてのスキルを持つ人が選べる道です。

Javaプログラマーの年収アップに必要な知識・スキル

JavaプログラマーはJavaだけ扱えれば年収アップが期待できる職種ではありません。システム開発に広く携わって高収入を得るには、さまざまな知識が必要です。

具体的に求められるスキルを知って年収アップにつなげましょう。現場で広く通用する能力を持っていれば、収入を上げるチャンスを得やすくなります。

HTMLやJava Servletの知識

Javaプログラマーが活躍できる分野の一つに、Webアプリ開発があります。Webアプリの開発には、マークアップ言語であるHTMLの知識が必要です。

サーバー上で動的にページを生成したりデータ処理を行ったりする『Java Servlet(サーブレット)』というプログラムも、Javaを使ったWebアプリ開発に利用します。

Java Server Pages(JSP)』はサーバー上でプログラムを動かすスキルで、Javaの実行を効率化するためには欠かせません。

年収アップのためには業務の幅を広げる行動が重要です。システムだけでなくWebアプリの分野でも活躍できるようになれば、エンジニアとしての価値とともに将来の年収も上がるでしょう。

高い年収を得られるJavaプログラマーを目指すなら、HTMLやサーブレット・JSPについても学んでおくのが得策です。

フレームワークやライブラリの知識

Javaプログラマーはシステム開発を効率的に行うために、短時間で開発を進められるフレームワークを使いこなす必要があります。

『フレームワーク』とは開発をスムーズにするために用意されたもので、コードの記述を簡略化できる枠組みです。主流のフレームワークはどの言語でも時とともに変わっていきます。

Javaでは『Struts1』という以前主流だったフレームワークから、『Java EE』に移り変わる動きが予想されています。現場で使えるフレームワークを押さえるためにも、最新情報のキャッチアップが重要です。

Javaには他にも『Spring Framework』や『Play Framework』といったフレームワークが用意されています。

スピーディーな開発ができるプログラマーは重宝されるので、年収アップを狙うならそのとき主流のフレームワークは押さえておきましょう。

データベースの知識

データベースに関する知識・スキルもJavaプログラマーにとって重要です。どのジャンルのシステム開発であってもデータベースとの連携は欠かせません。

データベースにアクセスするためのAPI『JBDC』やリレーショナルデータベースを制御する言語『SQL』に関する知識は、Javaプログラマーとしての年収アップに必要です。

データベースの構築や運用ができれば幅広い状況に柔軟に対応できるため、エンジニアとしての市場価値を高められるでしょう。

年収アップのポイント

Javaプログラマーは他の仕事と比べて年収が比較的高く、安定した職種です。さらに年収をアップさせるためには、紹介してきた知識・スキル習得以外の行動も重要になってきます。

企業所属のプログラマーとして働きたい場合、収入アップにつながるポイントを見ていきましょう。

高い報酬を得られる企業に転職する

Javaは開発できる分野が広く求人数も安定しています。採用されるために十分な能力を備えているなら、より高額な報酬を得られる企業に転職するのもひとつの手段です。

十分な報酬を得るにはスキルや経験のアピールが必要です。まずは自身の市場価値を客観的に把握するためにも、スキルや実績の棚卸しから始めましょう。

自分で市場価値を判断するのが難しければ、転職エージェントを活用するのがおすすめです。現状の実績やスキルをプロのアドバイザーが客観的に判断してくれるでしょう。

現状よりも高額な報酬を得られる可能性が高ければ、思い切って転職を決意するのも年収を上げるためのポイントです。

上流工程に携わる

プログラマーとして駆け出しの頃は、毎日コードを書く仕事がメインになるでしょう。しかし実績を積み上げていけば、エンジニアとしてプロジェクトの企画や設計・開発チームの統括といった上流工程に携われます。

スキルが十分に育っているなら、プロジェクトをマネジメントする立場になれる可能性もあるでしょう。開発プロジェクトの上流工程に関わるようになると、自然と収入も上がっていきます。

チームを率いる立場として責任は重くなりますが、その分だけ高額な報酬を得られるようになるのがメリットです。上流工程に関わるまでには、下流工程で経験を積まなければなりません。

下流工程に関わる時期に価値を高められるかどうかが、企業での昇進につながります。Java開発に必須の知識を学ぶだけでなく、積極的に付加価値を上げる努力をしましょう。

Javaプログラマーのキャリアパス

他の言語を使った開発をしている人の中には、Javaプログラマーへのキャリアチェンジを考えている人もいるでしょう。Javaを使った開発業務に転向するには、どのような方法があるのでしょうか?

すでにJavaプログラマーとして働いていて転職を考えている人や、未経験者に向けたアドバイスもチェックしましょう。

経験と実績を積む

Javaプログラマーに限らずプログラマーやエンジニアの世界では、経験や実績が物を言います。他言語のプログラマーからJava開発へ転向したい場合は、まず自身のプログラミング経験が十分かを考えましょう。

分野や使う言語が違っても、経験や実績を積むことでプログラマーとしての市場価値が高まり転職がしやすくなります。また、プログラマーは基本的に即戦力が求められる職種です。Java開発が未経験でも応募できる貴重な求人を見つけたら、応募して経験を積むのも一つの手です。

独立も選択肢に

現状Javaプログラマーとして働いていて年収が少ないと感じるなら、独立してフリーランスになったり会社を設立して仕事を請けたりする道もあります。

スキルを十分に習得している方であれば、企業で働いていたときよりもかなり高い収入を得られる可能性があるでしょう。ある程度は時間の融通が利き、柔軟な働き方ができるのもフリーランスのメリットです。

ただし、独立すれば全て自己責任でビジネスを回していく必要があります。プログラマーとしての能力に加えて、案件を獲得するための営業力・マネジメント力も磨いておかなければなりません。

未経験からの転職は可能か?

全くの未経験からJavaプログラマーとして転職するのは厳しいのが現実です。プログラミングの実務経験ゼロから採用して教育してくれる企業もありますが、かなりのレアケースでしょう。

新卒なら未経験者を採用する企業は多くあります。しかし30代以降の転職であれば、プログラミングの業務経験がなくても応募できる求人はゼロに近いのが現状です。

完全な未経験からJavaプログラマーになりたい場合は、比較的ハードルの低いテストや評価といった業務から徐々に近い分野へ転向していく方法があります。

まず独学やプログラミングスクールや講座・書籍などで、必要な技術の習得を目指しましょう。近年はオンラインの講座も増えてきており、仕事をしながらでも必要な知識やスキルを学べます。

まとめ

Javaプログラマーの将来性や平均年収、必要なスキルを解説しました。Javaプログラマーの年収は他の職種に比べて高めではあるものの、経験やスキルによって年収に大きな差が出てきます。

Javaは対応できる開発分野は広く、習得すれば今後も安定した需要が見込めるでしょう。ただ他の言語に比べて習得難易度が高いといわれるため、転向を考えるならまずはJavaの学習が先決です。

将来的にJavaプログラマーとして高い年収を得るには、Webアプリ開発やデータベースに関する知識もあった方がよいでしょう。幅広い業務に携われる人材は希少性が高く、年収も高くなる傾向にあります。

他言語を使うプログラマーからキャリアチェンジを図るなら、アピールできる実績・スキルを整理しつつJavaの知識を深めましょう。

完全なプログラミング未経験ではストレートでの転職が難しいため、テストや評価といった業務にチャレンジしながら必要な知識を習得するのがおすすめです。

Offers」は、時代の変化や環境にあわせてスキルを磨きたい、そんな人にぴったりのサービスです。

いくつもの転職媒体を使って、企業を探し回るのはもう終わり。「副業」から始まる新しい働き方を実現します!

本業では経験できない、新しい環境/開発スタイルを経験しよう!



この記事をシェア

関連記事


副業・フリーランス

プログラミング

インタビュー

デザイン

お金

採用・組織

グルメ