初心者が副業ライターになる方法。WEBライターの仕事や収入は?

WEBライターは、初心者が副業としてとりくむのに向いている仕事です。ここでは、WEBライターになるために必要なスキルや、仕事内容・収入について解説しています。WEBライターについて知り、副業としてチャレンジしてみましょう。

Offers」は、時代の変化や環境にあわせてスキルを磨きたい、そんな人にぴったりのサービスです。「副業・複業」で、本業では経験できない、新しい環境/開発スタイルを経験しよう!

→「Offers」をもっと詳しくみる! かんたん60秒で副業を始めてみる

副業でライター業をおすすめする理由

ライターは副業でとりくむのにおすすめです。ライターが副業におすすめの理由について解説します。

そもそもライター業とはどんな仕事か

ライターは言葉をあつかうプロです。雑誌や書籍など、紙媒体の記事を執筆する仕事、というイメージがあります。

一方、WEBライターは、インターネットメディアで記事の執筆をする仕事です。例えば、ニュースサイト・WEBメディア・ネット広告・企業サイト・キュレーションメディアなどで執筆します。

資格不要で、初心者や未経験者でもできる

WEBライターに資格はいりません。インターネットで調べると、色々な資格が出てきますが、それらは全て民間資格です。そのため、WEBライターをやるのに必須の資格というわけではありません。

WEBライターに必要なのは、日本語の文章力です。とはいっても、完璧な文法や表記法を身につけていなければいけないというわけではありません。インターネット媒体で求められる文章力や表記方法は紙媒体とは違います。

資格がなくても、完璧な文法が身についていなくても、日本語で文章が書ければチャレンジできるのがWEBライターなのです。そのため、未経験でも気軽に副業として取り組めます

初期投資ゼロで低リスク

初期投資がいらないというのも、WEBライターが副業に向いている理由です。WEBライターを始めるのに必要な下記のものは、既に自宅にあるということも多いでしょう。

  • パソコン
  • 文章作成ソフト
  • インターネット環境
  • パソコンのセキュリティソフト

持っているものはそのまま使用できますので、初期投資0円で始められます。また、もしも何も持っていないとしても、安価なものを選べば数万円ほどでそろいます。

副業は、できるだけ初期投資が少ない方が始めやすいものです。そのため、WEBライターは副業に向いています。

スキマ時間を使って在宅でできる

自宅でスキマ時間に仕事ができるというのも、WEBライターが副業向きの理由です。本業の仕事があると、どうしてもまとまった時間は取りづらくなってしまいます。

WEBライターは、在宅でできる副業です。スキマ時間に少しずつ仕事をすることができるので、あいている時間に自由に仕事ができます。まとまった時間がとれない場合でも、自分のペースで無理なく副業できるのです。

需要の高いWEBライターを目指そう

WEBライターに必要な資格はありませんが、最低限のスキルは必要です。継続的に仕事のあるWEBライターになるためのスキルについて解説します。

WEBライターの始め方

WEBライターを始めるには、まずは必須のスキルを身につけましょう。

最低限のスキルは身に着けよう

日本語の文章さえ書ければできるWEBライターですが、最低限必要なスキルはあります。

  • 基本的な文章力
  • パソコンの知識
  • コミュニケーション能力
  • 仕事のスピード
  • 時間管理やマネジメントの能力

WEBライターに求められる文章力は、紙媒体のライターに求められるものとは少し違います。文章のトーンがメディアによって違いますので、それぞれに合わせた文章を書くことが求められるのです。

また、パソコンで仕事をしますので、パソコンに関する知識も必須です。専門的なことまで知る必要はありませんが、WordやExcelの使い方・ブログの投稿フォームの使い方などは知っておきましょう。完成をイメージしながら執筆できるようになるためにも必要です。

在宅のWEBライターですが、担当者とのやり取りをするためのコミュニケーション能力も欠かせません。細かな修正に的確に対応するためにも、相手の言葉を理解する能力が必要です。

仕事のスピードが求められるのは、インターネット媒体の更新頻度によります。毎日更新する、というメディアも多く、納期も時間単位で指定されていることがあるのです。こうしたスピードに応えるため、時間管理の能力も求められます。

SEO対策文章が書けるとさらに有利

WEBライターはインターネット上に投稿される記事を執筆します。そのため、継続して依頼を受けられるライターを目指すなら、SEOの知識も身につけましょう。

SEOはWEB独自の技術です。執筆した記事を、検索結果の上位に表示させるための方法のことをいいます。

例えば『化粧水』という単語で、検索結果の上位に表示させるためには、文章内に『化粧水』という単語を上手に散りばめることが必要です。『化粧水』が多すぎると作為的と判断され上位表示できませんし、少なすぎると重要な記事と判断されず上位表示できません。

他にもさまざまな法則がありますので、それらにのっとって文章を執筆し、上位表示を目指すのです。こうしたSEOの知識は、インターネット上の記事を執筆するWEBライターにとって、強力な武器になります。

WEBライターは稼げるのか?

WEBライターは副業としてとりくむのに向いているということが分かりましたが、実際に稼げるのでしょうか。WEBライターの収入について解説します。

WEBライターの収入はピンキリ

WEBライターの収入はピンキリです。『1文字〇円』というふうに決められていることが多いWEBライターの報酬ですが、0.1円~10円以上の仕事まで、実にさまざまあります。

副業で5万円ほど稼ぐことを目指すなら、1文字2円ほどの仕事ができるようになるといいでしょう。下記の表で、報酬ごとにどのような仕事内容かを解説しています。

1000文字の報酬 仕事内容
500円以下 クラウドソーシングサービスで多い価格帯。ブログ記事やアフィリエイトサイトの執筆など。フィードバックをもらえる案件は少なく、最低限の文章チェックで掲載となることが多い。
1000円前後 ニュースアプリ・ポータルサイトなどに配信されているような記事の執筆。経験や実績よりも、テーマや切り口のおもしろさが求められる仕事が多い。名前が記載される記事もある。
3000円前後 大手企業のコンテンツメディアなど。一定レベル以上の文章力や、スピーディーに仕事をすすめることが求められる。原稿のフィードバックをもらえることが多く、ライティングスキルを伸ばすことが可能。
5000円以上 記事の質を大切にしているメディアなど。数より質を重視する分、1記事あたりの単価は高くなる。中には数万円の報酬が得られる仕事も。

低単価でスタートし、単価アップを狙おう

WEBライターの仕事は単価の低いものが多くあります。そうした低単価の仕事は、副業スタート時の実績づくりに利用するのがいいでしょう。低単価の仕事で実績づくりができたら、より単価のいい仕事を探し、収入アップやキャリアアップを目指します。

継続的な仕事も、そのままの報酬で続けるだけでなく、単価アップの交渉をしてみましょう。毎月20記事など、まとまった分量の記事を納品し続けているという実績があるWEBライターは、多少単価があがったとしても依頼し続けたいと思ってもらえることが多いのです。

このようにすれば、低単価でWEBライターを始めても、単価アップして高収入を目指せます。

WEBライターの募集案件を見つけよう

WEBライターを副業にするためには、案件を見つけなければいけません。案件を探す代表的な方法として、クラウドソーシングを利用する方法と、WEBメディアを探す方法を解説します。

クラウドソーシングで探す

クラウドソーシングは、クライアントとWEBライターを結びつけるサービスです。常にたくさんの案件が紹介されていますので、副業を始めたら、まずはクラウドソーシングに登録しましょう。

クラウドソーシングで案件を探すとき、まずは1文字1円以下の初心者歓迎の案件にいくつかチャレンジします。低単価ですが、確実に仕上げることで実績づくりができるのです。この実績をもとに、次は1文字1円以上の案件を狙って応募します。

ライター募集中のWEBメディアを探す

WEBメディアを探すと、ライターを募集しているところがあります。そうしたメディアに応募してWEBライターをすることも可能です。メディアでの執筆はスキルや実績を求められますので、まずはクラウドソーシングで実績づくりをしてからチャレンジしましょう。

WEBメディアは特定の分野に特化していますので、自分の興味・関心に合ったメディアで執筆できると仕事がしやすくなります。『ライター募集 旅行』というように、興味のあるキーワードと合わせて検索すると、自分に合ったWEBメディアを見つけやすいでしょう。

会社に知られずにWEBライターになるには

WEBライターは注意するポイントを守れば、会社に知られることなく副業にできます。副業が会社にバレるとどうなるかと、副業がバレないために注意するべきポイントを解説します。

副業禁止の会社で副業がばれるとどうなる?

就業規則で副業が禁止されている会社の場合、副業が知られると、下記のように処分されます。

  • 訓戒・戒告:厳重注意が言い渡される
  • 減給:数カ月分の給料が減らされる
  • 出勤停止・自宅待機:待機中に調査が実施される
  • 降格処分:役職者の場合には降格される
  • 諭旨退職・解雇:自主解雇か強制的にクビになる

こうした処分は、副業によって会社へ損害を与えた場合にくだされることがほとんどです。多くのケースでは、単に副業をしたというだけでは処分されません。

ただし、副業がバレることで、本業の仕事がしにくくなるといったことは依然ありますので、やはり注意が必要です。

会社の人に知られずにライターをやるために注意すべきこと

副業が本業の会社に知られないようにするためには、注意すべきポイントが4つあります。

  • 副業していることを同僚などに話さない
  • 確定申告をする
  • 住民税対策をする
  • アルバイト以外の副業をする

副業がうまくいくと、つい同僚など会社の人にも話してしまうことがあります。これが原因で告げ口されてしまったり、飲み会の席でうっかり他の人にばらされてしまうということがあるのです。

WEBライターの副業を続ければ、所得が発生します。それなのに確定申告をしないでいることは脱税です。脱税が発覚すると、税務署は本業の会社から受け取る給与を差し押さえます。そのため、副業と同時に脱税していることまでも会社に知られてしまうのです。そのため、確定申告は正しく行わなければいけません。

また、副業が本業に知られる原因の多くは、住民税にあります。本業の給料から住民税が天引きされる、特別徴収での納付で、会社に知られてしまうのです。特別徴収だと副業分も合わせた住民税額で通知が届くので、住民税額が本業の給料に比べて多いと、副業していることが知られてしまいます。

住民税は普通徴収といって、自分で納付するようにしておくのが安全です。確定申告書類の『自分で納付』という箇所にチェックを入れるだけでできます。念のため、4月中旬ころに自治体に普通徴収になっているかどうか確かめておくと確実です。

また、アルバイトなど給与所得の副業は、住民税の普通徴収ができないケースがあります。そのため、副業はアルバイト以外で行うのが安全です。WEBライターは雑所得や事業所得として処理しますので、こういった点でも副業に向いています。

まとめ

WEBライターは副業にぴったりの仕事です。初心者でも始めやすく、スキマ時間にできて、本業の会社に知られないための対策もできます。まずはクラウドソーシングに登録し、できそうな案件に応募してみましょう。

Offers」は、時代の変化や環境にあわせてスキルを磨きたい、そんな人にぴったりのサービスです。

いくつもの転職媒体を使って、企業を探し回るのはもう終わり。「副業」から始まる新しい働き方を実現します!

本業では経験できない、新しい環境/開発スタイルを経験しよう!



この記事をシェア

関連記事


副業・フリーランス

プログラミング

インタビュー

シニアレベルを2名採用!現場の負荷を軽減した採用活動、その打ち手がOffersだった

700万ダウンロードを突破し、コスメの口コミアプリとして急成長を続ける「LIPS」。これまで正社員や業務委託問わず、各専門性をもったエンジニアが集うことでグロースを続けてきた。そんな同社のハイス...

インフラとフロントエンドの3名を採用! Hotspringが考える採用方針と旅行サービスの未来とは

旅行予約サービス『こころから』を運営するHotspringは、今後の旅行業界の変化を見据えたプロダクト開発を推進している。これまでリファラルやTwitter採用を行ってきた同社が、なぜOffer...

フロントエンジニアの採用に成功!複業採用の秘訣はコンシェルジュの伴走と、独特な1on1にあった

AIチャットボット市場で圧倒的なシェアを誇る「HiTTO(ヒット)」を展開するHiTTO株式会社。今後さらなる顧客満足の向上に向けて、自社プロダクトの強化を加速していく。そこで重要になるのが開発...

専任CSメンバーがサポート。わずか1ヶ月半で、採用難易度の高いリードクラス2名の採用に成功!

女性限定コミュニティに注力する株式会社SHEでは女性の「自分らしい生き方」の実現を目指し、クリエイティブスクール「SHElikes」に加え、美容領域「SHEbeauty」や金融領域「SHEmon...

デザイン

お金

採用・組織

グルメ