レンタルオフィスはどんなもの?概要や各地のレンタルオフィスを紹介

レンタルオフィスやシェアオフィスは、最近非常に人気が高く、フリーランスのみならず、企業の利用も進んでいます。今や全国にレンタルオフィスやシェアオフィスがありますが、今回はその両者の違いと、全国にあるおすすめオフィスを紹介します。

Offers」は、時代の変化や環境にあわせてスキルを磨きたい、そんな人にぴったりのサービスです。「副業・複業」で、本業では経験できない、新しい環境/開発スタイルを経験しよう!

→「Offers」をもっと詳しくみる! かんたん60秒で副業を始めてみる

オフィス形態について知ろう

この記事を読んでいる人の中には、これからレンタルオフィスやシェアオフィスを利用する予定の人もいるかと思います。しかし実際に利用する前に、まず両者の利用形態の違いを知りましょう。

レンタルオフィスとは

レンタルオフィスとは、あらかじめ設備が一式揃い、入居すればすぐに仕事が始められるようになっている場所のことです。

事業の規模に合わせて様々な広さのオフィスがあり、オプションサービスを使ってさらに設備を充実させられます。

通信設備や備品類、椅子やテーブルなどの家具類もすべて賃料に含まれているため、賃料が割高になってしまうこともありますが、事務所を構えるときに、面倒な引っ越し作業をせずに済むことは大きなメリットと言えるでしょう。

レンタルと言っても、自分専用のスペースとして認められるので、住所を登記できるのも大きな魅力です。そのため開業する際に住所が必要な業種の人でも利用できるのです。

シェアオフィスやバーチャルオフィスとの違い

最近は『シェアオフィス』や『バーチャルオフィス』などもありますが、これらとレンタルオフィスとの違いはなんでしょうか?

シェアオフィスとは

シェアオフィスは、レンタルオフィスと違って自分専用のオフィスではなく、複数の人とシートを共用する形態です。シートは、個別のブース席だったり、部屋になっていたりとさまざまですが、一つの場所を複数の人で分け合って使う形式です。

交流しながら仕事ができるコワーキングスペースと似ていますが、シェアオフィスは交流するための場所ではありません。

レンタルオフィスに比べて賃料が割安になるのがメリットと言えますが、住所として使えないために、開業の届け出が出せない場合があるでしょう。

また知らない人と共有で使うため、セキュリティー上の懸念があります。そのため機密情報を扱う業種の人にはあまりおすすめできません。

バーチャルオフィスとは

バーチャルオフィスというのは、文字通り仮想の事務所です。これは実際働いている場所ではないのですが、開業している都合で住所が必要である人に多く利用されています。

例えば実際の仕事は自宅で行っているけれども、何らかの郵送物を取引先に送りたい時や、受け取りたい時に、自宅の住所だと企業としても、個人事業主としても信頼性に乏しい印象になってしまいます。

そんな時に仮想のオフィスがあることで、自宅の住所を使わずに取引先とやりとりができるというメリットがあるのです。手軽な印象のバーチャルオフィスですが、利用する際に注意すべきことがあるので確認しましょう。

まずは『犯罪に使われたことが無い住所であるか』を確認します。これは非常に重要ですので、利用予定の住所があれば前もって『犯罪、詐欺』などで検索することをおすすめします。

次に重要なのが、『住所として魅力があるか』です。送り先の住所が、どこだかわからないような郊外の住所よりも、都会の印象がある住所の方が、相手の印象も良くなります。

東京・新宿のおすすめオフィスと料金

レンタルオフィス、シェアオフィス、バーチャルオフィスの違いがわかったところで、次は実際にあるオフィスを見ていきましょう。まずは東京、新宿のオフィスからです。

BIZ SMART西新宿

『BIZ SMART西新宿』を運営しているBIZ SMARTは、積水ハウスグループが運営しているレンタルオフィス、シェアオフィスです。

2018年1月に完成したばかりの新しいオフィスには、ミーティングルームやカンファレンスルームなどの共用部分があり、必要な時はそれらの部屋を活用できます。

またフリードリンクサービスもあり、コーヒー紅茶などが自由に飲めます。ロッカーや電話コーナーなどもあり、至れり尽くせりな施設です。

レンタル料金は以下のとおりで、初回の入会金と保証金が別途必要になります。

  • サービスオフィス会員(レンタルオフィス):月8万円~
  • シェアルーム会員(シェアオフィス):月4万9000円

BIZ SMART西新宿

リージャス 新宿パークタワービジネスセンター

レンタルオフィス運営会社として、世界にオフィスを展開している『リージャス』グループのレンタルオフィスです。こちらではレンタルオフィス、シェアオフィス、バーチャルオフィスなど多様なオフィスが用意され、自分にあったオフィスを探せます。

新宿パークタワーという知名度のあるビルにあるというのも、魅力です。設置されている会議室は最大70名で利用できるので、大勢で行う研修や会議にも使えます。詳しいレンタル料金については非公開で、問い合わせが必要です。

リージャス 新宿パークタワービジネスセンター

新宿ビジネスガーデン

『新宿ビジネスガーデン』は、新宿の一等地にありながら格安で利用できると評判です。英語ができるスタッフが常駐しているので、海外と取引をしている人にもおすすめです。1人用の部屋で月4万2750円~と格安の料金設定になっています。

レンタルオフィスを借りる時は、一般的に入会金や保証金などが発生するのですが、ここでは不要です。格安といっても会議室あり、セキュリティー完備、法人登記可能と、内容が充実しています。

新宿ビジネスガーデン

東京・渋谷のおすすめオフィスと料金

東京渋谷もまた、たくさんのオフィスがあります。そこで次は渋谷エリアにあるオフィスを紹介します。

la billage

流行最先端の街、渋谷にある『la billage』は、働く女性たちから高い人気を得ています。定期的にセミナーなどのイベントが開催されていて、情報を集めたり、交流がもてたりするのが特徴です。

レンタルオフィスとコワーキングスペースがあるので、仕事場として本格的に使いたい人も、好きな時に手軽に使いたい人にもおすすめです。

  • レンタルオフィス:月額8万円~
  • コワーキングスペース:女性月額7000円、男性月額1万5000円
  • 法人会員:月額5万円

la billage

オープンオフィス渋谷神南

『オープンオフィス』は、レンタルオフィスネットワーク企業として全国にオフィスを持っています。渋谷神南オフィスは、渋谷駅から徒歩7分圏内にあり、アクセス良好の環境です。

比較的小さめのオフィスが多いので、少人数での利用がおすすめです。入会時に、入会金15万円と、利用料1カ月分の保証金が必要になります。

  • レンタルオフィス:月3万6900円~
  • バーチャルオフィス:月9900円

オープンオフィス渋谷神南

クロスオフィス渋谷

『クロスオフィス渋谷』は、8階建てのビルにあるレンタルオフィスで、1階には受付が常駐し郵便物などの対応をします。そして2階には飲食店があり、外へ出なくても食事ができる便利さです。

オフィスは3階から8階のエリアにあり、4名から15名ぐらいの規模のものです。敷地内にはミーティングスペースやラウンジなどがあり、自由に使えるようになっています。またクリーニングサービスもあるので、掃除をする必要がありません。

クロスオフィス渋谷

東京・池袋のおすすめオフィスと料金

次は、池袋にあるオフィスを紹介します。

MCオフィス池袋

『MCオフィス池袋』は、個室のレンタルオフィスです。個室ですので、大勢で使うオフィスではなく、フリーランスなどの個人で使う人に向いています。

1人用の部屋が、月3万5500円~でレンタル可能です。初回のみ、事務手数料の3万円と、委託保証料が賃料の0.5カ月分必要になります。

こじんまりとしたオフィスが多いのですが、4名~6名で使える規模のお部屋もあるので、複数で活動している人でも利用可能です。

会議室や個人ロッカー、個人ポストもあり、レンタルオフィスとしての機能はすべて備わっています。またシェアオフィスもあるので、手軽に利用したい人にもおすすめです。

MCオフィス池袋

THE OFFICE 池袋東

『THE OFFICE 池袋東』は、アセットデザインが運営するレンタルオフィス、シェアオフィス、バーチャルオフィスです。

このオフィスを利用するには、入会金5万円が必要ですが、会員になると会社設立手続きやホームページ作成の際にサポートが受けられ(有料)、協賛企業の施設を特別価格で利用できるなどの特典があります。

初回費用がかかりますが、賃料そのものは比較的リーズナブルです。サポート体制も充実しているので、個人事業主でも安心して仕事ができるでしょう。

  • レンタルオフィス:月2万~12万円台
  • シェアオフィス:月9500円
  • バーチャルオフィス:月4000円

THE OFFICE 池袋東

WORKPLUS

『WORKPLUS』は有楽町線東池袋にから徒歩2分圏内にあるレンタルオフィスです。格安の料金でオフィスが使えるので、多くのビジネスマンから支持されています。

格安といっても入会金がフリーデスクで3万円、個室で5万円が必要ですが、初回費用を払ってしまえば、年会費も無料で賃料だけを支払えばいい仕組みです。

  • フリーデスク:月2万5000円~
  • 個室:月3万8000円~

WORKPLUS

横浜のおすすめオフィスと料金

さきほどから東京にあるオフィスを紹介してきましたが、ここからは神奈川県横浜市に移ります。

サーブコープ横浜ヒューリックみなとみらい

サーブコープは、世界中にオフィスを構える企業で、こちらの『ヒューリックみなとみらい』はその数ある拠点の一つです。

こちらのレンタルオフィスの特徴は、1カ月単位で契約できるという柔軟な形態です。これによって、短期出張などで手軽に使いたいときなどにも使えます。

また契約期間中に部屋を変更したくなった場合、いつでも変更が可能になっており、もっと大きな部屋に移りたい、または小さな部屋に移りたい、などがある場合に対応が可能です。

バーチャルオフィスもあり、そこには専門の受付が常駐していて、さまざまなサポートをしてくれます。

  • レンタルオフィス:月10万円台(要問い合わせ)
  • バーチャルオフィスパッケージ:月3万4000円

サーブコープ横浜ヒューリックみなとみらい

横浜関内ビジネスセンター

このオフィスは、さきほど紹介したアセットデザインが運営しています。全77室とたくさんのオフィスがあり、広さも1人用から5人用まであります。

同企業が運営している『THE OFFICE 池袋東』と同じような仕組みになっており、個人事業主への手厚いサポートが魅力ですが、池袋東と違い、フドードリンクサービスやビジネスラウンジがあるのが特徴です。

紹介する料金は目安ですので、詳しくは問い合わせてください。

  • 1人用:管理費込みで月3万7000円~
  • シェアオフィス:月1万1000円
  • バーチャルオフィス:月5000円

横浜関内ビジネスセンター

リージャス 横浜スカイビルビジネスセンター

リージャスグループのオフィスは、さきほど新宿エリアで紹介しましたが、横浜にもあり、場所は横浜駅東口と直結しているスカイビル内です。

レンタルオフィスや会議室、ミーティングルームなどを備え、コワーキングスペースもあるので利用者との交流もできます。

またリージャスの会員になっていると、世界中にあるリージャスのラウンジを利用できる特典がついているので、日本や世界を飛び回るビジネスマンにも人気です。

リージャス 横浜スカイビルビジネスセンター

名古屋のおすすめオフィスと料金

さきほどまでは関東エリアでしたが、ここからは西へ移動します。名古屋にあるおすすめオフィスの紹介です。

名古屋駅前ベンチャーオフィス

名古屋駅前に構える『ベンチャーオフィス』には、レンタルオフィスとバーチャルオフィスがあります。入居したその日から仕事を開始できるように設備が整っており、貸し会議室や応接室なども用意されています。

バーチャルオフィスとして利用する場合でも、受付が電話応対や荷物の受け取りなどの手続きを代行してくれるので安心です。

  • 個室Aタイプ:月10万2000円(共益費込み)
  • 個室Bタイプ:月12万2000円~(共益費込み)
  • バーチャルオフィス:月3万円

名古屋駅前ベンチャーオフィス

オープンオフィス名古屋伏見

さきほど渋谷エリアで紹介した『オープンオフィス』は、名古屋伏見にもあります。実はこのオープンオフィスは、リージャスグループの一つです。こちらのオフィスはスタンダードとエコノミータイプがあり、窓無し、窓ありなど様々な条件からお部屋を選べます。

初回入会金15万円がかかりますが、月額料金としては格安で利用できるのが魅力です。

  • 個室レンタルオフィス:3万7200円~
  • 半個室のレンタルオフィス:3万1900円~

オープンオフィス名古屋伏見

サーブコープ名古屋ルーセントタワー

こちらは横浜エリアでも紹介したサーブコープグループのオフィスです。ルーセントタワーの最上階にあるので、眺めが良く、天気のいい日は名古屋城が良く見えます。

施設はレンタルオフィスとバーチャルオフィス、コワーキングスペースです。サーブコープグループならではのサポートの中で、充実した一日を過ごせるでしょう。

  • レンタルオフィス:約10万円(要問い合わせ)
  • バーチャルオフィスパッケージ:月3万5000円

サーブコープ名古屋ルーセントタワー

大阪のおすすめオフィスと料金

最後に、大阪にあるオフィスを紹介します。

Busico.梅田オフィス

『Busico.』は、ビットスター株式会社が運営するシェアオフィス、バーチャルオフィスです。その中でも梅田オフィスは、JR大阪駅から徒歩3分というアクセス良好な場所にあります。

またBusico.にはシニア応援プランがあり、55歳以上で起業をする人のサポートを積極的に行っているのも特徴です。

  • シェアオフィス:月1万5000円(初期費用2万5000円)
  • バーチャルオフィス:月5000円(初期費用5000円)
  • 1日利用:1日1000円

Busico.梅田オフィス

ビズサークル大阪江戸堀オフィス

『ビズサークル大阪江戸堀オフィス』は、大阪メトロ四つ橋線『肥後橋』駅から徒歩7分の立地です。

レンタルオフィス、コワーキングスペースがあり、さらにカフェスペースがあります。そして集中して仕事をしたい時に便利なサイレントスペースもあり、仕事がはかどる空間になっています。

またドリンク飲み放題付きというのもうれしいポイントです。

  • レンタルオフィス:月4万2000円~(共益費込み)

ビズサークル大阪江戸堀オフィス

billage OSAKA

『billage OSAKA』は、レンタルオフィス、イベントやセミナー開催など、働く人のためにある施設ともいえる場所です。

レンタルオフィスは1人用から10名以上が使える広い部屋まであり、コワーキングスペースでは利用者との交流が可能です。また起業支援や資金調達支援などのサービスもあります。入会金が無料というのもうれしいポイントですね。

  • レンタルオフィス:月7万円~(共益費込み)

billage OSAKA

\新しい環境/開発スタイルを経験するなら「0ffers」!/

Offersの詳細はこちら

まとめ

全国にあるおすすめオフィスを紹介してきましたが、自分の仕事スタイルに合ったオフィスが見つかったでしょうか?今こうしている間にも、レンタルオフィスやシェアオフィスなどはどんどん増えており、活用の幅も広がっています。

Offers」は、時代の変化や環境にあわせてスキルを磨きたい、そんな人にぴったりのサービスです。

いくつもの転職媒体を使って、企業を探し回るのはもう終わり。「副業」から始まる新しい働き方を実現します!

本業では経験できない、新しい環境/開発スタイルを経験しよう!



この記事をシェア

関連記事


副業・フリーランス

プログラミング

インタビュー

デザイン

お金

採用・組織

グルメ