マテリアルデザインの色選びとは。パレットやサイトを活用しよう

2014年からGoogleの主なサービスに導入されたマテリアルデザインは、ユーザーの利便性を高める役割を果たしています。さらに、色を上手に活用することでさらに視覚的機能を高めることができます。ここではマテリアルデザインの色選びについて解説します。

【2022年最新】 Offersで人気の副業・業務委託案件・求人!
  • 【1位】【リモート/自社サービス】上流から一気通貫で携わりたいデザイナー
    様々なユーザーが使いやすいデザイン・ユーザー体験の設計、業務委託からスタートOK
  • 【2位】HRTechの業務特性をベースにUX領域から事業を加速させるデザイナー
    時給3,500円~8,000円!働く人のキャリア形成とwell-beingを実現
  • 【3位】大手顧客案件で新しい技術にチャレンジしたいデザイナー(Figma)
    Asana、miro、Figmaを利用したスクラム開発となり、協力していただけるデザイナーを募集
  • 今すぐ副業求人・案件を探す!

    マテリアルデザインとは

    マテリアルデザインは『物質的なデザイン』と直訳されます。物質の動きや影、物が持つ奥行きをデバイス上で表現するデザイン手法のことです。

    ボタンやアイコン、カードなどの『紙要素』と、色や文字などの『インク要素』の二つの要素で構成され、奥行きや影を取り入れることでユーザー目線に配慮した直感的なインターフェイスを作り上げることができます。

    物理的な法則に則ったデザイン

    マテリアルデザインとは異なるものとして『フラットデザイン』という手法があります。平面的かつシンプルにデザインすることで利便性に配慮していますが、このデザインに物足りなさを感じるユーザーも少なくありません。

    マテリアルデザインは動きやアニメーション、影や奥行きなどを導入して、視覚に多様な影響を与えます。物理的な法則に則ったデザインなので、ビジュアル的にも認識しやすいWebサービスを作り出せるのです。

    色の選び方

    マテリアルデザインにおける色の選び方は重要です。Webサービスにおいては比較的鮮やかで明るい色が使われる傾向があります。これらの色はユーザーにとって判別しやすく操作性を向上させることから、Google社も鮮明で明るい色を推奨しているのです。

    ここからは、カラーの具体的な活用について解説します。

    カラーパレットの活用

    Googleは、デザイン制作において自由に活用できるカラーパレットを用意しています。

    MATERIAL DESIGN

    このカラーパレットには多くの色が用意されており、使いたい色を選んでコードをコピーできます。

    また、ネット上には他にも多数のカラーパレットが無料で公開されています。自分にとって使いやすいパレットを選び、デザイン構成に役立てるとよいでしょう。

    メインカラー

    Webサイトやアプリケーションを制作する際の主軸となるカラーを『メインカラー』と言います。メインカラーはサービスの一番広い面積を占めており、そのサービスのイメージを作り出しています。従って主に開発の最初の段階でメインカラーは決定されます。

    サービスの内容に合わせた適切な色を選択するよう心がけましょう。

    サブカラー

    『サブカラー』はメインカラーのサポート的な役割を果たしています。メインカラーと同系色の色を設定し、グラデーションを作ることでユーザーの利便性を高める効果を発揮します。

    サブカラーは、メインカラーほど目立たせることなく、メインカラーを際立たせる箇所に使います。

    アクセントカラー

    大切なポイントや重要なボタンなど、ユーザーの視線を集めたいときにアクセントとして利用するカラーです。あくまで部分的な強調をする際に利用するカラーなので、使いすぎることがないように注意しましょう。

    アクセントカラーは、本当に目立たせたい部分にだけに差し色の役割を果たすケースが多い色です。メインカラーとの違いを鮮明にして、ユーザーの目を引くカラーを選ぶのがポイントになります。

    色の使い方をサポートしてくれるサイト

    マテリアルデザインの色選びは奥が深く、どのように選択すれば良いのか判断に迷う場面があります。不適切な色を選択してしまうと逆にサービスの利便性を下げてしまうことがあるので、慎重に選ぶ必要があるのです。

    ここからは、色の使い方をサポートしてくれるおすすめのサイトを2つ紹介します。

    色の組み合わせならMaterial Palette

    Material Paletteは、用意されているカラーパレットの中から2色を選択し、マテリアルデザインに合うWebサイト構成を提案してくれるサイトです。

    サイト上にあるボタンは美しいだけでなく操作性に優れており、楽しみながら簡単にマテリアルデザインのカラーを構成できます。

    Material Palette

    色とアイコンを探せるMaterial Design Colors

    マテリアルデザインカラーに始まり、UIアイコン、UIデザイン、ソーシャルカラーやHTMLカラーなど、あらゆる場面に対応できるコンテンツを多数用意しているサイトです。

    サイトにはブログがあり、使い方のノウハウなども掲載されていることから、分からないこともすぐに解決できます。

    Material Design Colors

    まとめ

    マテリアルデザインにおいて、色選びは大切なポイントになります。Webサービスの特性に合わせた効果的な色を選択することで、そのサービスの利便性が格段に上がることもあるのです。

    色の選択は奥が深い作業ですが、Web上には無料のツールや役立つサイトがいくつも用意されています。これらをうまく活用して、クオリティの高いマテリアルデザインを実現しましょう。

    Offers」は、時代の変化や環境にあわせてスキルを磨きたい、そんな人にぴったりのサービスです。

    いくつもの転職媒体を使って、企業を探し回るのはもう終わり。「副業」から始まる新しい働き方を実現します!

    本業では経験できない、新しい環境/開発スタイルを経験しよう!



    この記事をシェア

    関連記事


    副業・フリーランス

    プログラミング

    インタビュー

    医療・介護系SaaSの開発組織をOffersで構築へ!エピグノが実践する業務委託の採用手法とは?

    医療・介護機関向け人材マネジメント領域において、「エピタルHR」「エピタク」「エピオペ」という3プロダクトを展開する株式会社エピグノ。2021年に資金調達を行い、同領域におけるデジタルトランスフ...

    3回の面談を経てTech Leadを採用!タレントプールとしてOffersを活用するサイカの採用術

    データサイエンスを駆使したマーケティングソリューションを提供するサイカ。2020年に「モノづくりビジョン」を定義し、時代や社会にインパクトを与えるプロダクトを生み出すべく、開発組織の構築を進めて...

    MLエンジニアを2名採用。1年間ずっと出会えなかった層にOffersですぐ出会えました

    SO Technologiesは広告会社支援SaaS「ATOM」や店舗集客支援サービス「ライクル」、ネット広告仕入・提案・ 運用支援サービス「AG Boost」、Webマーケティングのノウハウメ...

    『実践TypeScript』の著者・吉井健文が考えるTypeScriptの魅力と可能性

    世の中にはさまざまなプログラミング言語が存在します。そして、人によってはただならぬ愛着を持つ人も。そこで本企画では、このプログラミング言語にフォーカス。お気に入りのプログラミング言語のことをマニ...

    デザイン

    お金

    採用・組織