ライフログノートはフリーランスにもおすすめ?書き方やアプリも紹介

ライフログという言葉をご存知でしょうか?人生で起こった体験を記録し、客観的に見返すことでさまざまな気づきを得られるライフログノートはフリーランスにもおすすめのツールです。ライフログノートの概要とおすすめの本やアプリを紹介します。

Offers」は、時代の変化や環境にあわせてスキルを磨きたい、そんな人にぴったりのサービスです。「副業・複業」で、本業では経験できない、新しい環境/開発スタイルを経験しよう!

→「Offers」をもっと詳しくみる! かんたん60秒で副業を始めてみる

ライフログノートについて知ろう

ライフログノートは人生を客観的に見つめ直すのに適したツールです。そもそもライフログノートとは何なのか、どのように書けば良いのかについて解説します。

ライフログノートとは

ライフログとはライフ(人生)のログ(記録)という意味の言葉です。ライフログノートは日記と似ていますが、両者は異なるものです。日記がその日に感じたことや内省を中心に書くのに対し、ライフログは基本的に体験した事実を中心に書きます。

また、日記が1日1ページとフォーマットが決まっているのに対し、ライフログは比較的自由に書くことができるのも違いだと言えるでしょう。

ライフログノートの書き方

まず、ライフログノートは一冊に絞ること、つまり一元化することが重要です。

食べたものはノートAに、読んだ本はノートBにと書き分けてしまうと、必要なときに必要なノートが手元になくて記録できないというケースが発生しかねません。一元化しておけば、ノートを一冊持ち歩けば良いので、記録ができないという事態を避けることができます。

また、ライフログは時系列準に記録することが基本です。出かけた場所の記録のあとに、体重の記録があっても構いません。

一見するとバラバラな記録の集まりに過ぎないライフログノートですが、後で読み返してみると自分の行動を客観的に見ることができます。

フリーランスにとってのメリットとは

ライフログを記録すると、フリーランスの仕事や生活にとってもさまざまなメリットがあります。主なメリットについて解説します。

物事に目を向けるようになる

意識的に記録しようとすると、日常のさまざまな物事に目を向けるようになります。ちょうど芸人が日常の些細なことからお笑いのネタを見つけるように、『これを記録したら面白いか?』と日常を意識して見る感覚が身につくはずです。

フリーランスで仕事をすることは、さまざまなことに興味を持つことが求められますから、ライフログノートに記録を残すことは大いに役立ちます。

記録をするかどうか迷った物事があれば、とりあえず記録しておく方が良いでしょう。

生活や仕事を客観視できる

ライフログを記録すると、生活や仕事を客観視できるようになります。例えば睡眠時間は何時間か、食事は何を食べたか、どれくらいの時間を仕事に費やしているかなどを毎日記録しておけば、それは立派なライフログです。

例えば、ちょっと体調が悪いと感じたときに、ライフログノートを見返してみましょう。ここ数日の睡眠時間が少なかったり、前日に食べ過ぎていたりなどの事実を客観的に見ることができます。原因が分かれば対処することも簡単です。

また、仕事に時間がかかりすぎているようであれば、いかに効率よくこなすかを検討することもできます。ライフログノートは記録だけでなく、見返すことによって価値を生み出すのです。

\新しい環境/開発スタイルを経験するなら「0ffers」!/

Offersの詳細はこちら

ライフログノートについてのおすすめの本

ライフログノートを作るときにおすすめのノートや本を紹介します。

マークス エディット 大人のライフログ用ノート

『マークス エディット 大人のライフログ用ノート』は、これまでの自分の人生を棚卸しし、これからの人生をプランニングしていくためのノートです。

『40代からはじめる人生ノート』というキャッチコピーのとおり、自分の人生を振り返るだけでなく、自分の好きなものや人間関係、旅行の記録などをフォーマットに沿って記入できる一冊です。

また、もしものときのために銀行口座や不動産などの資産をまとめておく別冊ノートも付属しています。

  • 商品名:マークス エディット 大人のライフログ用ノート
  • 価格:2592円(税込)
  • Amazon:商品ページ

人生は1冊のノートにまとめなさい

『人生は1冊のノートにまとめなさい』は、100円ノートを使ってライフログを記録するための実践的ガイドブックです。

その日にあった体験を書くだけでなく、スマホで撮影した写真を貼り付けたり、スタンプやシールを活用したりと、楽しく記録を残すための工夫が紹介されています。

ライフログを始める前に読んでおきたい一冊です。

  • 商品名:人生は1冊のノートにまとめなさい―体験を自分化する「100円ノート」ライフログ
  • 価格:1404円(税込)
  • Amazon:商品ページ

アプリを使うのも便利

ライフログノートは紙のノートでなければならないというルールはありません。さまざまなデータを手軽に記録できるアプリを紹介します。

多機能で便利なMomento

『Momento』は記録を残すことに特化したアプリです。iOSにのみ対応しています。

テキストだけでなく、画像や映像、位置情報などを記録することができます。また、各種SNSとの連携も可能なので、すべての情報を一元管理したいときに便利なアプリです。

時間管理から応用できるToggl

『Toggl』は時間の記録を残すことに特化したアプリです。iOSAndroidに対応しています。

作業を開始するときにスタートボタンを押し、作業終了時にストップボタンを押すことで時間を計測し、記録することができます。

シンプルな仕組みのアプリですが、Webブラウザやデスクトップでも使うことができ、データ連携も可能です。さらに、記録をグラフ化することで時間の使い方を把握することもできます。

まとめ

ライフログノートは自身のさまざまな体験を記録し、それを見返すことで客観的な気づきを得ることができるツールです。

ノートとペンがあれば誰でも簡単に始めることができるので、思い立った日から始めてみましょう。数日ではその効果を実感できなくとも、数カ月、数年と記録をつけることで、人生における様々な発見があるはずです。

Offers」は、時代の変化や環境にあわせてスキルを磨きたい、そんな人にぴったりのサービスです。

いくつもの転職媒体を使って、企業を探し回るのはもう終わり。「副業」から始まる新しい働き方を実現します!

本業では経験できない、新しい環境/開発スタイルを経験しよう!



この記事をシェア

関連記事


副業・フリーランス

プログラミング

インタビュー

デザイン

お金

採用・組織

グルメ