プロジェクトマネージャーの役割は?求められる能力と与えられる権限

プロジェクトを成功に導くためには、プロジェクトマネージャーが重要な役割を果たします。メンバーへの指示や計画を管理する責任のある立場です。プロジェクトマネージャーについて役割や求められる能力、権限について解説します。

Offers」は、時代の変化や環境にあわせてスキルを磨きたい、そんな人にぴったりのサービスです。「副業・複業」で、本業では経験できない、新しい環境/開発スタイルを経験しよう!

→「Offers」をもっと詳しくみる! かんたん60秒で副業を始めてみる

プロジェクトマネージャーの役割とは

はじめに、プロジェクトマネージャーの役割を3つ解説します。いずれもプロジェクトの成功には重要な役割です。

企画、開発前の準備

プロジェクトマネージャーは企画や開発前の準備として、プロジェクトの計画を立てる役割があります。

『何のためのプロジェクトなのか』『誰が何を担当するのか』『いつまで何を仕上げるのか』など、プロジェクトを遂行する計画やルールを決めることが主な業務です。

プロジェクトごとに設定される目的を達成するため、計画と行動について綿密なプロジェクト計画を立てる必要があります。その責任者としてプロジェクトマネージャーは存在するのです。

チーム間の折衝役

プロジェクトマネージャーはプロジェクトメンバーに指示をしたり、様々な意見を聞き取ったりする立場です。

プロジェクトを進めるにあたり、メンバーから様々な意見や提案がでてくるでしょう。ときにはメンバー同士で意見や考えの衝突があるかもしれません。

意見が対立したままではプロジェクトは進みませんから、プロジェクトマネージャーはメンバーの考えを傾聴して意思決定をすることになります。

プロジェクトマネージャーは折衝役としてプロジェクトの方向性を決める重要な役割を担うのです。

目的達成のための管理

プロジェクトの成功のためには、事前の情報収集やリスク分析がポイントです。プロジェクトの計画を立てるだけではなく、常にリスク管理を行う必要があります。

計画通りプロジェクトが進んでいても、潜在的な課題を見逃していることもあります。そのようなリスクに対して、プロジェクトマネージャーは全般的な管理をします。

計画の進捗や人員配置、品質に問題はないかなど、全体的な管理を行い目標達成に導く行動が重要です。

DMM.comのプロジェクトマネージャーによる具体的な副業体験記事はこちら

求められる能力

プロジェクトマネージャーはプロジェクト全体を管理する役割です。様々な能力が必要なポジションですが、特に重要な3つの能力を解説します。

問題解決の能力

プロジェクトマネージャーには問題解決能力が必要です。プロジェクトを進めていくと、新たな問題点が発生して計画を変更しなくてはならない場面もあるでしょう。

プロセスの変更にあたり、プロジェクトマネージャーはメンバーの意見や様々な知識や経験をもとに方向性を定めます。

スムーズに問題を解決して、プロジェクトの軌道修正を行うのもプロジェクトマネージャーの役割です。何か問題が発生した場合も柔軟に対応できる能力が必要になります。

業界に関する幅広い知識

プロジェクトマネージャーは業界に関する幅広い知識も必要です。プロジェクトの遂行にあたり、メンバーに技術に関する指導を行う場面もあります。

適切なアドバイスを行うには、業界に関する深い知識やスキルは不可欠です。メンバーからの突発的な相談に、すぐ対応できる能力が必要となるでしょう。

メンバーの不安や悩みを適切に解決することで、信頼のおけるプロジェクトマネージャーとして活躍することができるのです。

コミュニケーション能力

プロジェクトマネージャーにはコミュニケーション能力も求められます。プロジェクトを成功させるには、メンバー全員が同じ方目的に向かって業務を進める必要があります。

メンバー全員に正確な指示が伝わらないと、プロジェクトの成功は厳しいでしょう。ですから、言葉や文書で常に正しい情報を伝える必要があります。

メンバーの意見を取り入れることや、意見を言いやすい環境を整えることもコミュニケーションの円滑化につながります。環境づくりもプロジェクトマネージャーに必要なスキルです。

プロジェクトマネージャーの権限について

プロジェクトマネージャーはプロジェクトを成功させる責任があります。プロジェクトマネージャーには、どこまでの権限が与えられるものなのでしょうか。

資金や人材を動かす権限

プロジェクトは進行途中で方向性を変えることも珍しくありません。そのとき、プロジェクトマネージャーは様々な処置や決定を行います。

そのためには、社内の資金や人材を動かす必要がありますので、それらを一度に動かせるだけの権限がプロジェクトマネージャーには必要です。

とはいえ、企業によっては人やお金を動かすには社内の関係部署に交渉する必要があるなど、権限が少ないために、円滑なプロジェクトの遂行が難しいケースも出てきます。

プロジェクトマネージャーに必要な権限をしっかり与えることが、プロジェクトを成功に導くために重要なことです。

まとめ

プロジェクトマネージャーはプロジェクトを成功に導くために、全体を管理する役職です。開発前の準備やチームの折衝役などの役割を担います。

大きな責任を持つ役職ですから、問題解決能力、幅広い業界知識、コミュニケーション能力が求められます。プロジェクトマネージャーについて理解し、今後のステップアップなどに活かしましょう。

Offers」は、時代の変化や環境にあわせてスキルを磨きたい、そんな人にぴったりのサービスです。

いくつもの転職媒体を使って、企業を探し回るのはもう終わり。「副業」から始まる新しい働き方を実現します!

本業では経験できない、新しい環境/開発スタイルを経験しよう!



この記事をシェア

関連記事


副業・フリーランス

プログラミング

インタビュー

デザイン

お金

採用・組織

グルメ