副業で営業をするには?始める前に知っておきたい点を紹介

副業をやる営業マンは働き方の変化によって増加しつつあります。では実際に副業で営業を行うにはどうすれば良いのでしょうか。始める前に知っておきたい点について、いくつか紹介します。

Offers」は、時代の変化や環境にあわせてスキルを磨きたい、そんな人にぴったりのサービスです。「副業・複業」で、本業では経験できない、新しい環境/開発スタイルを経験しよう!

→「Offers」をもっと詳しくみる!

副業を行う営業マンが増加している

副業を行う営業マンは増加しています。では具体的どのようなことをきっかけに増加したのでしょうか。副業が増加したきっかけの具体的な説明に加え、営業の新たな働き方について解説します。

副業を許可する企業が増えたのが要因

副業が増加したのは、副業を認める企業が増えたためでしょう。企業が副業を認めた背景には政府主導で行われている働き方が存在します。そしてこの働き方改革の取り組みの中でも、この副業の認可の動きを速めたのがモデル就業規則の改定です。

モデル就業規則とは政府によって作成された、企業が就業規則を作る際に参考とする規則です。このモデル就業規則では今まで副業が原則禁止となっていました。しかし2018年にはこのモデル就業規則を変更し副業を原則容認としました。このモデル就業規則の改定は企業が副業を許可する上で重要な役割を果たしたでしょう。

会社員の生活に対する不安や不満も大きな要因

先述した、モデル就業規則に対する不安に加え、会社員の生活に対する不安も副業を始める理由の一つだと思われます。楽天インサイトの副業をしている人への副業を始めた理由の調査ではこのような結果となりました。

楽天ビジネスインサイト社_アンケート_副業理由 

「給料が足りない」といった金銭的な理由に加え、「趣味、生きがい」といった私生活の充実、「仕事がなくなった時のため」などの今後の生活への不安など理由は様々です。しかし、往々にして言えることは、本業によって生じる、生活に対する不安や不満が副業を始めるきっかけとなっていることでしょう。

公務員は副業で営業はできない

副業を法律で原則禁止されている仕事も存在します。それが公務員です。公務員の副業は、国家公務員法、地方公務員法のそれぞれで禁止されています。これは副業をやることによって本業に何かしらの悪影響が生じることを防ぐためです。

具体的には営利的な行為が禁止されています。そのため、営利的であるとはみなされにくい資産運用であったり、講演などは認められているものの営業や企業の役員などはできません。

営業の働き方の変化も副業を後押ししている

就業規則の変化だけではなく営業の働き方の変化も、副業を後押ししています。営業の働き方の変化の一例として上げられるのがフレックスタイム制の導入です。

フレックスタイム制とは従業員が始業・就業時間を自ら設定して働くことができる制度のことです。子育てのために通勤ラッシュの時間帯からずらして出勤するなどという方もいます。

このようにフレックスタイム制によって新たな時間を生み出し充実した生活を行うことが可能になっています。この流れの中で、新たに副業の時間を作りだすことも可能になるでしょう。

在宅でできる営業も登場

副業を始める上で気になるのが柔軟な働き方ができるかという点です。営業の仕事というと電話で売り込み、直接クライアントに伺い、最終的に契約をつかむというイメージがあるかもしれません。

しかし、在宅での営業の副業も登場し始めています。また直接営業するのではなく、営業部門の採用、指導など副業でできる営業の分野も拡大しています。営業も様々な働き方や分野が拡大しつつあります。

副業による営業の収入はどれくらい

副業を始める理由の中でももっと多いのが本業の収入の少なさです。副業を始めた場合この問題が解決されるのでしょうか。これを知るためにも、営業の場合の契約方法についてその特徴を説明します。

副業で営業をやった場合、その収入はどの程度になるでしょうか。どのような契約を結ぶことになるのかなどについても注視しながら言及します。

営業の収入パターンは3つ

営業の収入のパターンは契約に応じて、大きく分けて3つあります。

1つ目は成果報酬型報酬です。成果報酬型とは契約の際に決めている成果が生まれた時点で報酬を手に入れることができる契約です。何が成果になるかなどは契約内容によってもちろん異なるので注意する必要があるでしょう。

2つ目は固定報酬型です。固定報酬型はどのような成果を出したかに関わらず、契約時決められた報酬が支払われる契約です。成果報酬に比べて、安定した収入を手に入れることができる反面、同じ成果を出したとしても成果が低くなりがちです。

3つ目は複合型です。これは成果報酬型と固定報酬型を合わせた契約です。成果報酬型と固定報酬型によって生じるデメリットを減らせる反面、同じように双方のメリットも減ってしまう可能性があります。複合といってもどのような割合で成果と報酬について考えているのかは企業によって異なります。契約内容を確認し報酬について十分理解するように気を付けてください。

営業を副業でするなら専門性と人脈が重要

もし、副業で営業をするならば、どんなことが重要になるのでしょうか。副業だからこそ、何が重要になるのかという点に注意して説明します。

他の営業マンにはない専門性を備えた人材に

副業の営業案件と言っても、分野や成果地地点などとても幅が広いです。そのため、より良い結果を出す上で重要なのは、あなた自身に合った案件を選択することだと言えます。自分に合う案件とは何かを知るためにも、自己分析をして自身の専門性を見極めることが必要です。

また、もし自分の経験やスキルに合った案件を見つけたとしても、自分よりその案件に慣れている方がいれば、獲得することはできません。自分に合った案件を獲得するためにもまずは専門性を高めることが大切でしょう。

効率よく副業をするなら人脈を生かそう

案件を獲得したならば、より多くの案件を限られた時間でやる必要があります。それゆえ、効率よく業務をこなすことは重要でしょう。そして、最も効率のよい手段が人脈を生かした営業です。

副業の営業は本業の営業と同様、アポ取りや訪問、契約などを行います。それぞれが別々の案件として紹介されている場合もあれば、アポから契約さらにはアフターサービスまで行う場合もあります。

どのような案件であれ、人と関わり、信頼関係を築き、最終的に成果を出すことにかわりはありません。しかし既にある程度の信頼関係を手にしているのであれば、非常に効率よくこなすことができるでしょう。

始める前にこれだけは注意しよう

副業だからこそ、始める前に注意すべきことも存在します。では具体的にどんな点について注意すべきか解説します。

本業との兼ね合いも大切に

実際に始める前に、本業との兼ね合いを取れそうかをまずは確認しましょう。もちろん、副業をやることによって肉体的・精神的疲労に陥らないように気を付けることも重要です。

しかし、それだけでなく副業と本業で同じ分野の仕事をやっているからこそ、副業での営業が本業の競合とならないかを確認する必要があります。実際に案件を行う際も、あなたが行う業務が競合商品を売り込むなど、会社に損失を与える可能性はないか十分注意してください。

ライフスタイルに合わせた仕事を

副業を継続して行うには、自分のライフスタイルに合わせて仕事を行うことが重要です。副業で営業を行う場合、高報酬の案件になればなるほど、注意すべきでしょう。高報酬の場合、成果報酬型の長期間にわたる契約となっていることが多いです。この時、本業との両立、私生活の充実を図るためには、通常の副業よりも管理すべきことがさらに増えるでしょう。

このような案件を無理して取り組むと、体調を崩し、成果を出せなくなってしまうかもしれません。それゆえライフスタイルに合わせて仕事を決めることが非常に大切です。

まとめ

ここでは副業で営業を始めたい方向けに事前に知っておくべき情報をいくつか紹介しました。是非、副業で営業に挑戦してみてください。

Offers」は、時代の変化や環境にあわせてスキルを磨きたい、そんな人にぴったりのサービスです。

いくつもの転職媒体を使って、企業を探し回るのはもう終わり。「副業」から始まる新しい働き方を実現します!

本業では経験できない、新しい環境/開発スタイルを経験しよう!



この記事をシェア

関連記事


副業・フリーランス

プログラミング

インタビュー

デザイン

お金

採用・組織

グルメ