ネイティブアプリとWebアプリの違いは?メリットデメリットを紹介

新しくアプリを開発する場合、『ネイティブアプリ』と『Webアプリ』のいずれを開発するのがいいのか悩むこともあるでしょう。まずはこの両者の違いを正確に理解することが大切です。両者の違いについて、メリットデメリットを踏まえてお伝えします。

Offers」は、時代の変化や環境にあわせてスキルを磨きたい、そんな人にぴったりのサービスです。「副業・複業」で、本業では経験できない、新しい環境/開発スタイルを経験しよう!

→「Offers」をもっと詳しくみる! かんたん60秒で副業を始めてみる

ネイティブアプリとは

ネイティブアプリとは、正式には『ネイティブアプリケーション』と呼ばれています。主にAndroidアプリとiOSアプリの2つに分類されており、多くのスマホユーザーが日常的に使っているサービスです。

ここでは、ネイティブアプリの内容をもう少し詳しく解説していきます。

端末内部の処理で動くアプリ

ネイティブアプリは、アプリの中にインストールして、独自のコンテンツとシステムを作るサービスです。

カメラアプリや電卓アプリなど、スマートフォンに最初から内蔵されているものもあり、インターネット接続がなくても端末内部の処理だけで動くタイプのアプリです。

ネイティブアプリのメリットデメリット

ネイティブアプリのメリットは、インターネットの環境を必要としないという点です。一度ダウンロードしてインストールさえしてしまえば、その後は基本的にインターネット接続のない場所にいたとしてもアプリを使うことができるのです。

ネイティブアプリのデメリットは、使用する端末の影響を受けやすい点です。性能が悪いスマホではアプリの動きが鈍くなり、使うことにストレスを感じる場面が多くなるでしょう。

Webアプリとは

スマホでは、ネイティブアプリとは別にWebアプリも利用されています。その違いを意識することなく利用している人もいるかもしれませんが、この両者には明確な違いがあるのです。

ここではWebアプリについて、ネイティブアプリとの違いを押さえて解説します。

インターネット上で機能するアプリ

Webアプリとはその名のとおり、インターネット上で機能するアプリです。ネイティブアプリとは異なり、端末の性能に依存することなく、インターネットに繋がっていれば利用することができます。

該当するWebアプリのサイトにアクセスすれば利用きるサービスなので、ネイティブアプリのように、ダウンロードしてインストールする必要はありません。

Webアプリのメリットデメリット

Webアプリのメリットは、インストールする必要がないので、スマホのデータ保存領域を占領せず快適に利用できるという点です。

その一方で、Webアプリはあくまでインターネットがつながる環境下でしか利用できないというデメリットがあります。

インターネット接続環境が悪ければアプリの動作が重くなって使いにくくなりますし、いざアプリが必要な場面でも、ネットが繋がらないことからアプリ自体が使えなくなるというケースもあるのです。

ハイブリッドアプリ

アプリの動作自体は端末内部で行いながら、データの管理はインターネットを介して行う『ハイブリッドアプリ』も存在します。HTMLCSSなどのWeb技術が使われているので、Webアプリの開発経験があればさほど苦労せず開発に取り組めるのが特徴です。

ハイブリッドアプリは、Webアプリの豊富な情報量とネイティブアプリの豊富な機能とを組み合わせた、まさにハイブリッドなアプリなのです。

アプリ開発のポイント

今やアプリはスマホユーザーにとって欠かせないツールです。日々さまざまなアプリが開発されリリースされている中でこれから新しくアプリを開発する場合、アプリの内容や目的ごとに適切なアプリ種別を選択する必要があります。

ここからは、アプリ開発のポイントについてお伝えします。

目的や定義の明確化

一体どの形式でアプリを開発するとよいのか、その選択は開発予定のアプリの内容によって変わってきます。

例えばゲームアプリを開発するのであれば、カメラや通知など端末の機能を活用できるネイティブアプリが適しています。集客を目的とするアプリの開発であれば、Webサイトとの連携ができるWebアプリが適しているでしょう。

通常アプリ開発の現場には複数の技術者が関わります。それぞれが同じ方向性を持って円滑に業務を進めるためには、作りたいアプリの定義を明確に定めておく必要があります。

アプリを開発する際はその目的や定義を明確にして、互いに共通認識を持った上で開発に取り組むことが重要です。

トレンドを考慮する

新しいアプリが毎日のように開発・リリースされる現状において、トレンドを考慮することが大切です。テクノロジーの世界は日々進歩しているので、常に新しい技術が生まれてきます。

それらを学び技術面でのトレンドを考慮することで、より顧客のニーズに合わせたアプリを開発できるのです。

まとめ

アプリの開発は、初心者でも参入できる世界である一方で、複雑な技術を使った高性能のアプリ開発には高度な知識が求められる奥深い世界です。

開発するアプリごとに、最適な開発形式が存在します。まずは基本的な知識を学び、それぞれのメリットやデメリットを理解した上で、アプリ開発に取り組むようにしましょう。

はるうさぎ

大阪のIT専門学校を卒業。現在は名古屋の中小企業にてWEBエンジニアとして働いており、色々な勉強会へ参加し、人脈を常に広げている。

Offers」は、時代の変化や環境にあわせてスキルを磨きたい、そんな人にぴったりのサービスです。

いくつもの転職媒体を使って、企業を探し回るのはもう終わり。「副業」から始まる新しい働き方を実現します!

本業では経験できない、新しい環境/開発スタイルを経験しよう!



この記事をシェア

関連記事


副業・フリーランス

プログラミング

インタビュー

デザイン

お金

採用・組織

グルメ