vp of engineeringの役割。CTOとの違いや成功へのカギとは

海外のエンジニアチームではなじみのある役職の一つに『vp of engineering』があります。日本でも少しずつ知名度が上がってきているこの役職には、どのような役割が求められるのでしょうか。またCTOとの違いについてもあわせて解説します。

Offers」は、時代の変化や環境にあわせてスキルを磨きたい、そんな人にぴったりのサービスです。「副業・複業」で、本業では経験できない、新しい環境/開発スタイルを経験しよう!

→「Offers」をもっと詳しくみる! かんたん60秒で副業を始めてみる

vp of engineeringの必要性

『vp of engineering』とは、(vice president of Engineering)の略称で、エンジニアチームもしくは開発チームのマネジメントの責任者を指します。

海外ではこの役職がすでに浸透していて、エンジニア組織の規模が大きくなるにつれて欠かせない存在となってきているのです。

vp of engineeringの役割

日本では『vice president=副社長』というイメージがあるかもしれませんが、vp of engineeringではマネジメントの責任者という意味で使用されています。

具体的な役割としては、エンジニアチームのビルディングに関わること全般の責任者ということになります。チームにどのようなエンジニアを採用し、どのように育成するのか。チームの組織後は課題の抽出・解決を行います。

そして、CTOなど社内の上層部との折衝役を担うのもvp of engineeringです。

vp of engineeringとCTOの違い

日本ではまだvp of engineeringの知名度が低いことから、その役職が存在しないケースや、CTOが兼任しているケースが多く見られます。しかし、実際にはvp of engineeringとCTOには違いがあります。

CTO(Chief Technical Officer もしくはChief Technology Officer)は日本語では『最高技術責任者』と訳される通り、会社という組織の中で技術に優れていて、技術的な方向性のハンドリングを行う役職です。

そのほかにも、企業の知的財産や特許の保護に関する戦略や申請業務など、現場のチームの責任者というよりも会社全体の方向性を担う経営的な視野も求められます。

CTOが技術的に重要なタスクを負う役職に対して、vp of engineeringはマネジメントで重要な役割を担うのが大きな違いです。

vp of engineeringが必要とされる背景

では、なぜvp of engineeringという役職の必要性が高まってきたのでしょうか。

規模が小さい企業であれば、CTOがエンジニアチームのトップとしても業務をこなせても、規模が大きくなるにつれCTOとしての業務は増えてきます。そうなると、現場のマネジメントがおろそかになるリスクが高まります。

そのため、現場のエンジニアをマネジメントしチームをまとめ上げる存在が必要になります。その役割を、vp of engineeringが担うというわけです。

vp of engineeringのmeet upも盛ん

日本でも少しずつ知名度が高まってきたvp of engineeringですが、最近はvp of engineeringをテーマとしたmeet upも開催されるようになってきました。

都内でのmeet upの様子

東京都内では日々、vp of engineeringに関するさまざまなmeet upが開催されています。

テーマとしては、エンジニアが大切にしている価値観や職業観を分析するものや、エンジニアチームという組織体の変化とその機能についての発表などが行われています。

また、たった数カ月で解散してしまった全社横断型の技術戦略室の失敗を分析するなど、vp of engineeringの重要性を知ることができるテーマなども取り上げられています。

meet upで行われること

meet upでは、上記のような事例紹介のほか、パネルディスカッションも行われることが多いです。実際の事例の紹介を受けて、課題の抽出・解決を行うことで、エンジニアチームのビルディングに役立つような内容となっています。

開発チームを成功に導くvp of engineeringとは

これからのIT業界では、日本でもvp of engineeringというマネジメントの責任者が、エンジニアチームをリードしていくケースも増える可能性もあります。

では、どのようなvp of engineeringがチームを成功に導けるのでしょうか。

vp of engineeringとCTOの連携がカギ

まずは、CTOといかに連携をとるかが挙げられます。vp of engineeringとCTOは似て非なるものですが、お互いが信頼感で結ばれていなければ、チームの成功は望めません。

CTOは経営陣の一人として企業の技術的な案件の責任を持ち、vp of engineeringはエンジニアチームのマネジメントに責任を持つ。規模が大きくなった企業では、このような役割分担が重要になるでしょう。

活躍するvp of engineeringの思考法

このように、vp of engineeringはエンジニアチームのマネジメントに注力することになります。

自分の担当するチームメンバーの価値観の違いを理解し、どのようにすればどのメンバーも生き生きと業務に取り組めるのか、働きやすい環境作りを大切にする志向が、vp of engineeringには求められるでしょう。

まとめ

企業の事業規模が拡大すると、マネジメントの重要性が高まります。これは、エンジニアチームも同様です。

vp of engineeringの存在は、規模を拡大したい企業にとって重要になりますし、エンジニアとしてのキャリアアップの選択肢の増加にもつながります。今後のキャリアパスについても、vp of engineeringの存在は大きなものになるでしょう。

Offers」は、時代の変化や環境にあわせてスキルを磨きたい、そんな人にぴったりのサービスです。

いくつもの転職媒体を使って、企業を探し回るのはもう終わり。「副業」から始まる新しい働き方を実現します!

本業では経験できない、新しい環境/開発スタイルを経験しよう!



この記事をシェア

関連記事


副業・フリーランス

プログラミング

インタビュー

デザイン

お金

採用・組織

グルメ