モーショングラフィックスが作れるおすすめソフトは?制作手順も紹介

画像や文字を動かすことでメッセージ性を高めるモーショングラフィックスは、広告などの表現に欠かせない技術です。モーショングラフィックスの概要や用途、制作の手順とポイント、おすすめの制作ソフトについて紹介します。

【2022年最新】 Offersで人気の副業・業務委託案件・求人!
  • 【1位】【リモート/自社サービス】上流から一気通貫で携わりたいデザイナー
    様々なユーザーが使いやすいデザイン・ユーザー体験の設計、業務委託からスタートOK
  • 【2位】HRTechの業務特性をベースにUX領域から事業を加速させるデザイナー
    時給3,500円~8,000円!働く人のキャリア形成とwell-beingを実現
  • 【3位】大手顧客案件で新しい技術にチャレンジしたいデザイナー(Figma)
    Asana、miro、Figmaを利用したスクラム開発となり、協力していただけるデザイナーを募集
  • 今すぐ副業求人・案件を探す!

    モーショングラフィックスについて知ろう

    まな場所で使われているモーショングラフィックスは、メッセージを効果的に伝える表現方法の一つです。モーショングラフィックスの概要と、主な用途について解説します。

    モーショングラフィックスとは

    モーショングラフィックスとは、モーション(動き)グラフィックス(画像)の名の通り、画像や文字に動きを持たせる表現方法です。

    身近な例では、テレビ番組のオープニングで番組タイトルが回転して登場する映像などが挙げられます。モーショングラフィックスは画像に動きを持たせるだけでなく、見る人に強い印象を与える効果があります。

    主な用途

    画像や文字を動かすモーショングラフィックスは、静止画像に比べて伝えられる情報量や認知度が大幅に向上します。また動画に比べて短期間かつ低コストで作ることができるのも特徴です。

    モーショングラフィックスの主な用途は、前述のテレビ番組のオープニングのほか、テレビCMやWeb上の動画広告、デジタルサイネージ広告、電車の行き先案内画面などに使われます。

    いずれも不特定多数の人に向け、短時間で効果的にメッセージを伝える媒体に、モーショングラフィックスが使われていることが分かります。

    モーショングラフィックスの作り方

    モーショングラフィックスは静止画をつなぎ合わせて動画にしたものですが、その作り方にはコツがあります。モーショングラフィックス制作の手順とポイントについて解説します。

    制作の手順

    まずはストーリーを考えます。モーショングラフィックスを見た人に何を伝えたいのか、方向性やメッセージを決めましょう。

    次にモーショングラフィックスの雰囲気を決めます。躍動感あふれるものにするのか、柔らかい穏やかなものにするのか、ストーリーに合わせて考えます。雰囲気が決まったらコンテを描き起こし、デザインを詰めていきましょう。

    完成したコンテをもとに必要な素材を用意し、動画編集ソフトを使ってつなげていきます。このとき音楽やナレーションなども入れると、全体のクオリティを高めることができます。

    制作のポイント

    モーショングラフィックスは画像をつなぎ合わせるだけでも完成しますが、背景にストーリーがないと訴求力が弱くなります。自分は何を伝えたいのか、見た人にどんな行動を起こしてほしいのかを徹底的に考え抜くことが必要です。

    また、デザインをシンプルにすることも重要です。モーショングラフィックスは基本的に画像と文字がメインですから、つい派手なエフェクトや意表をついたデザインを使いたくなります。

    しかし、モーショングラフィックスにおいては、デザインよりもメッセージが正しく伝わることの方が重要だと言えます。メインはあくまでもメッセージであり、デザインはメッセージを引き立てるものと考えておけば間違いないでしょう。

    制作におすすめのソフト

    モーショングラフィックスを制作できるソフトはさまざまなものがあります。本格的に使える定番ソフトから、手軽に使えるフリーソフトまで、おすすめのソフトを3本紹介します。

    仕事で使うなら定番のAfter Effects

    Adobeの『After Effects』はモーショングラフィックスに限らず、映像などの動画編集の定番ソフトです。

    定番ソフトだけあって、さまざまなノウハウやテクニックがWeb上に蓄積されており、分からないことがあってもすぐに調べることができるのは大きなメリットです。

    また、Adobe製品を始め、さまざまなソフトと連携できるのも強みです。モーショングラフィックスを仕事にするのであれば、習得しておきたいソフトだと言えます。

    Adobe After Effects|視覚効果とモーショングラフィックスソフトウェア

    MacならMotion5

    『Motion5』はMacOS用のソフトです。前述のAfter Effectsよりも低価格ながら、機能は充実しており、モーショングラフィックス制作にも十分使うことができます。

    定番ソフトの After Effectsに比べるとノウハウの蓄積が少ないですが、制作環境や予算に合わせて選ぶのが良いでしょう。

    Final Cut Pro X - Motion 5 - Apple(日本)

    フリーソフトならAviUtl

    『AviUtl』はWindows用のフリーソフトです。無料ですが簡単な動画編集だけでなく、外部プラグインを導入すれば高度な動画編集も可能な万能ソフトです。

    日本国内のユーザーも多く、大抵の疑問はWebで検索すれば答えが見つかるため、初心者でも安心して利用できます。

    「動画編集をしてみたいけど高価なソフトには手が出せない」という場合などは、入門用としてもちょうど良いソフトだと言えるでしょう。

    AviUtlのお部屋

    まとめ

    画像や文字を動かしてメッセージを伝えるモーショングラフィックスは、単純なようで奥が深い表現方法です。作れるようになれば活躍の幅を広げることができます。

    優れたモーショングラフィックスはWeb上で公開されているので、これらをじっくりと見て研究し、動画編集ソフトを使って実際に作ってみると、理解を深めることができるでしょう。

    Offers」は、時代の変化や環境にあわせてスキルを磨きたい、そんな人にぴったりのサービスです。

    いくつもの転職媒体を使って、企業を探し回るのはもう終わり。「副業」から始まる新しい働き方を実現します!

    本業では経験できない、新しい環境/開発スタイルを経験しよう!



    この記事をシェア

    関連記事


    副業・フリーランス

    プログラミング

    インタビュー

    医療・介護系SaaSの開発組織をOffersで構築へ!エピグノが実践する業務委託の採用手法とは?

    医療・介護機関向け人材マネジメント領域において、「エピタルHR」「エピタク」「エピオペ」という3プロダクトを展開する株式会社エピグノ。2021年に資金調達を行い、同領域におけるデジタルトランスフ...

    3回の面談を経てTech Leadを採用!タレントプールとしてOffersを活用するサイカの採用術

    データサイエンスを駆使したマーケティングソリューションを提供するサイカ。2020年に「モノづくりビジョン」を定義し、時代や社会にインパクトを与えるプロダクトを生み出すべく、開発組織の構築を進めて...

    MLエンジニアを2名採用。1年間ずっと出会えなかった層にOffersですぐ出会えました

    SO Technologiesは広告会社支援SaaS「ATOM」や店舗集客支援サービス「ライクル」、ネット広告仕入・提案・ 運用支援サービス「AG Boost」、Webマーケティングのノウハウメ...

    『実践TypeScript』の著者・吉井健文が考えるTypeScriptの魅力と可能性

    世の中にはさまざまなプログラミング言語が存在します。そして、人によってはただならぬ愛着を持つ人も。そこで本企画では、このプログラミング言語にフォーカス。お気に入りのプログラミング言語のことをマニ...

    デザイン

    お金

    採用・組織