• HOME
  • デザイン
  • カメラマンはフリーランスとしてやっていける?仕事依頼を受けるには

カメラマンはフリーランスとしてやっていける?仕事依頼を受けるには

あらゆる職種のフリーランスが増えてきています。その中でも人気なフリーランスの一つが『カメラマン』だといえるでしょう。『フリーランスカメラマン』になるためにはどうしたらよいのか、仕事の依頼を受ける方法を紹介します。

Offers」は、時代の変化や環境にあわせてスキルを磨きたい、そんな人にぴったりのサービスです。「副業・複業」で、本業では経験できない、新しい環境/デザイン組織を経験しよう!

→「Offers」をもっと詳しくみる! かんたん60秒で副業を始めてみる

フリーランスカメラマンとは

大切な記念を1枚の写真に残す『カメラマン』の仕事にはたいへん魅力があります。中でもさまざまなシーンで活躍することができる『フリーランスカメラマン』は人気の職業の一つだといえるでしょう。

とはいえ、カメラマンはシビアな世界でもあります。「主な分野」や「年収」について見ていきましょう。

主な分野

カメラマンが活躍できる主な分野は以下の通りです。

  • 広告・出版
  • フォトスタジオ
  • 報道
  • スポーツ
  • 水中

とりわけ「広告・出版」と「フォトスタジオ」で働いている『カメラマン』が多いのではないでしょうか。

近年ではウェブ媒体が急成長を遂げているのでウェブ広告写真が増えてきています。広告代理店や出版社から『業務委託』を受けて働いている人もいて、カメラマンの花形といえるかもしれません。

また、身近なカメラマンとしてはフォトスタジオのカメラマンが挙げられるでしょう。成人式や七五三、家族写真などを撮ります。子どもからお年寄りまで幅広い年齢層を相手にする仕事ですので、豊かなコミュニケーション能力が求められます。

フリーランスカメラマンになるために

趣味としてカメラを扱っている人や会社員としてカメラマンをしている人の中には、より自由度が高く、自分のしたい仕事をするチャンスに恵まれるフリーランスカメラマンになりたいと思う気持ちがあるかもしれません。

しかし、継続してフリーランスカメラマンとして生活し続けるのは容易なことではありません。まず、フリーランスカメラマンになるために歩むべきステップを紹介します。

最低限の機材をそろえる

報酬を受け取って撮影するわけですので、プロのカメラマンとして遜色(そんしょく)ない最低限の機材をそろえるようにしましょう。

最低限必要なものは以下の通りです。

  • デジタル一眼レフカメラ
  • 明るいズームレンズ
  • 単焦点レンズ
  • 三脚
  • ストロボ

フリーランスカメラマンになるときは初期費用がかかりますが、クライアントからすると最低限の機材がそろっていて当たり前と思われるかもしれません。後々、機材代を回収できるように集中して仕事に取り組むのがよいでしょう。

スキルを磨く

カメラマンの中にはほとんどオートモードで撮影している人もいるのではないでしょうか。趣味として楽しむだけなら問題ないのですが、カメラの判断で仕上がるため、自分の思ったように撮れないこともしばしばあります。

プロの『カメラマン』であれば理想を追求したいところです。以下の知識・スキルを身につける必要があるでしょう。

  • 構図
  • 露出モードの使い分け
  • 絞り
  • シャッタースピード
  • ISO感度

カメラの知識・スキルは書籍やウェブなどでたくさん紹介されているので参考にしてみるとよいでしょう。

ポートフォリオを作る

クライアントの立場に立ったら『ポートフォリオ』(過去の作品集)の重要性に気付けるかもしれません。継続契約ならともかく、新規契約を獲得するためにはクライアントからの信頼を得る必要があります。

クライアントから求められたらすぐに提示できるように準備しておきましょう。なお、ウェブ上に『ポートフォリオ』を公開しておくと、クライアントから依頼の連絡が届くかもしれません。

仕事の依頼を受ける方法

それでは、大切な仕事の依頼を受ける方法を紹介します。主な方法は三つあります。

  • クラウドソーシングの利用
  • 求人サイトの利用
  • SNSなどでの営業

それぞれ詳しく見ていきましょう。

クラウドソーシングの利用

まだ実績がないころは「ランサーズ」や「クラウドワークス」といったクラウドソーシングを利用してみるとよいでしょう。あまり単価が高くない案件もありますが、実績を積むにはよい機会となります。

また、『フリーランス』にとって気がかりな報酬の未払いが発生する可能性が低いというメリットがあり、フリーランスカメラマンとしてどう活動したらよいか、その指針が定まるのではないでしょうか。

求人サイトの利用

意外に思われるかもしれませんが、求人サイトでカメラマンの募集がされていることがあります。雇用形態は『業務委託』が多く、案件ごとや日給で報酬を受け取ります。

下請けとなることが多く、クラウドソーシング同様、あまり単価が高くない案件もありますが、フリーランスカメラマンとしてステップアップするために必要な経験を得られます。

SNSなどでの営業

SNSやブログで営業する方法も有効です。SEO(検索エンジン最適化)を意識した撮影依頼ページを作成すると、思わぬ依頼が舞い込んでくることもあります。

とりわけ、インスタグラムは写真に重きを置いたSNSですので、知名度のあるカメラマンになれると単価の高い案件も引き受けられるようになります。フリーランスカメラマンとして自分のファンを作るという意識は大切です。

\本業では経験できない新しい環境/開発スタイルを経験するなら「0ffers」!/

Offersの詳細はこちら"}">

\本業では経験できない新しい環境/開発スタイルを経験するなら「0ffers」!/

Offersの詳細はこちら

まとめ

フリーランスカメラマンとして生計を立て続けるのは容易なことではありませんが、カメラ好きにとっては理想的な働き方かもしれません。

フリーランスは収入が不安定になりがちですが、確かな知識とスキルを身につけていれば高収入を得ることも可能です。

収入源を複数持つことは生活の安定化に繋がるので、SNSやブログも利用しつつ、過去の作品をアピールするとよいでしょう。

Offers」は、時代の変化や環境にあわせてスキルを磨きたい、そんな人にぴったりのサービスです。

いくつもの転職媒体を使って、企業を探し回るのはもう終わり。「副業」から始まる新しい働き方を実現します!

本業では経験できない、新しい環境/デザイン組織を経験しよう!



この記事をシェア

関連記事


副業・フリーランス

プログラミング

デザイン

インタビュー

お金

採用・組織

グルメ