副業で事務をやりたい。あなたに合った見つけ方や内容を知ろう

昨今、働き方改革の影響で、個人のライフスタイルに合った多様な働き方が広がるとともに、事務の副業が増えています。どんな働き方をすることができるのか、具体的にどんな事務の仕事ができるサービスがあるのか、事務におすすめの資格などといった副業で事務をやる前に知っておきたい情報を紹介します。

Offers」は、時代の変化や環境にあわせてスキルを磨きたい、そんな人にぴったりのサービスです。「副業・複業」で、本業では経験できない、新しい環境/開発スタイルを経験しよう!

→「Offers」をもっと詳しくみる! かんたん60秒で副業を始めてみる

事務の働き方も多様化している

そもそも、なぜ多様な働き方が推進され始めているのでしょうか。そして、事務という職種はその中でどのような影響を受けているのでしょうか。

働き方改革によって副業が増加

昨今、副業を認める企業が増加している背景には、政府により発表された「一億総活躍社会の実現」があります。これは、超高齢化社会となった日本において生じうる課題を解決することを目指した取り組みです。この一環として働き方の見直しが行われています。

この働き方改革に伴い「モデル就業規則」が改定されました。「モデル就業規則」は企業が就業規則を作るときに参考とするものです。今までの「モデル就業規則」では副業禁止規定が存在していましたが、今回の改定でこの規定が削除されました。

これにより、今まで多くの企業が原則禁止としていた副業規定を見直す流れができました。このような政府主導の動きに加えて、終身雇用が当たり前ではなくなったことによる、企業と従業員の関わり方の見直しや、副業を通じた社員のスキルアップも副業を企業が認めるようになった理由と言えそうです。

自分に合った働き方をする社会に

実際に様々な会社がそれぞれに合った働き方を促すための取り組みをしています。今回はその中でも特にユニークな取り組みとして2つ紹介します。

1つ目はZOZOTOWNなどを運営する株式会社スタートトゥデイの「ロクジロウ」です。この「ロクジロウ」という制度は1日6時間労働を促すための制度です。この制度では9時から15時までの6時間で仕事を終わらせることを目指しています。これをきっかけに、スタートトゥディでは労働時間を短縮するため業務の効率化が推進されました。

2つ目は企業向けクラウド名刺管理サービスを運営するSansan株式会社の「どに~ちよ」です。この制度では平日の出勤を土日に振り返ることができます。子育て世代の社員や副業を平日に行う社員など、様々な方がこの制度を活用しているそうです。

ひとりひとり異なる新たな事務の働き方

働き方改革によって事務も副業をやりやすくなりました。では、事務の副業を行う際、どのような働き方をすることが可能なのでしょうか。ここでは、場所、時間に関する柔軟な働き方を紹介します。

増加しつつある在宅ワーク

事務でも在宅ワークは増加しつつあります。在宅ワークでの仕事はその名の通り受託した仕事を在宅で受け負います。事務関連でも多くの仕事がありますが特に多いのはデータ入力などの作業でしょう。

在宅でやるので、パソコンまたパワーポイントやエクセルなどの業務上必要とされるソフトなどは事前に準備しなければいけません。在宅ワークは場合によっては時給制ではなく、処理した件数などによって収入が決まります。本業との両立も意識して効率よく取り組む必要があるでしょう。

フレックスタイム制の働き方

フレックスタイム制とは就業規則によって決められた労働期間内において、従業員が出退勤時間や労働時間をそれぞの状況に応じて定めることができる制度です。データ処理や文書管理など、多くの作業が個人作業である事務は、このフレックスタイム制を導入していることが多いです。実際に事務で働く方の中でもこの制度を使いながら、育児と本業を両立する方や副業と本業を両立する方などが見受けられるでしょう。

副業も可能、おすすめの事務代行サイト

本業で事務をやっているなら、副業でも事務をやることがおすすめです。特におすすめの、副業でもできる事務代行サイトについて詳しく説明します。

経験豊富な方ならトーイングウーマン

経験豊富な事務の方ならトーイングウーマンが良いでしょう。トーイングウーマンは社会人歴10年以上の方のみが働くことが可能なサービスです。サービスの高さに定評があり、一般事務、経理、資料作成、秘書業務などができます。

応募条件が他の事務代行サービスに比べて厳しいこともあり、時給は1500円ほどと他のものよりも高めに設定されています。トーイングウーマンは、能力はあるが様々な事情で働くことができない女性に、事務の場を提供することを目指しています。そのため、業務はリモートで行われています。

出典:株式会社トーイングウーマン|バックオフィスの即戦力!オンラインアシスタント

幅広い案件を取り扱うフジ子さん

フジ子さんは経理や秘書や総務、人事やWebサイト運用を取り扱う事務代行サービスです。それぞれのスタッフが専門的なスキルをもっていることに定評があります。

採用サイトにおいても、歓迎スキルや歓迎経験としてさまざまなものが取りあげられてます。他の人があまり持ってないような経験やスキルをもっている事務の方にはおすすめです。

副業として行う場合の時給は900円程となっております。未経験の業務に挑戦することも可能なので、今後自分の活躍の幅を広げるために活用するのもありでしょう。こちらもすべての業務がリモートとなっていいます。

出典:フジ子さん | オンラインアシスタント 月額4.7万円~ 1ヶ月利用も可

事務系おすすめ資格

今後事務として、収入のアップやより自分に合った仕事を見つけるためにはどのような資格を取ればいいのでしょうか。副業をやる際に重宝されるであろう資格や今後需要が増えるであろう資格について紹介します。

経理部門なら受けておきたいFASS検定

FASS検定は経理ならもっておきたい資格でしょう。「FASS」とは「Finance Accounting Skill Standard」の略で経済産業省が経理や財務向けに実施している検定です。ANAやNTT、伊藤忠商事などの大企業もこのFASS検定を導入しています。FASSでは経理部門の実際に必要とされるような能力がためされるでしょう。

事務処理のスキルを伝えるならMOS資格

一般事務におすすめなのがMOS資格です。「MOS」は「Microsoft Office Specailist」の略であり、ワード、エクセル、パワーポイント、アクセス、アウトルックのの5つの能力を図ります。事務の募集条件では、歓迎スキルの一つとして挙げられることも多いです。あなたがどの程度のパソコンスキルを持っているのか説明する上で役立つでしょう。

生活に合わせた事務を可能にする医療事務

より自分の私生活に合わせた事務を目指したいなら医療事務がおすすめでしょう。ここで上げている医療事務とは資格の名称ではなく、総称のことです。診察情報管理士、診察報酬請求事務能力認定試験など多岐にわたる資格があります。

今までのキャリアに応じた分野の医療事務をやることでより高時給の案件を獲得することができるでしょう。医療事務は求人の数に比べて応募できる人が限られていることまたどの地域でも必要とされる仕事であるため、需要が高く高時給の案件が多いです。

今後より重宝される資格、文書情報管理士

今後より重要されるであろう、事務の資格が文書情報管理士です。文章情報管理士は個人情報の管理、文書の電子化、文書管理などを能力を証明する資格です。民間企業だけでなく、官公庁、各自治体で書類の電子化が進んでいることや、マイナンバー制度の普及によって、今後需要が増えることが予想されます。

まとめ

副業で事務をやりたい、そんな人のために働き方や事務代行のサービス、おススメの資格のなどを説明しました。ぜひあなたに合ったお仕事を見つけてください。

Offers」は、時代の変化や環境にあわせてスキルを磨きたい、そんな人にぴったりのサービスです。

いくつもの転職媒体を使って、企業を探し回るのはもう終わり。「副業」から始まる新しい働き方を実現します!

本業では経験できない、新しい環境/開発スタイルを経験しよう!



この記事をシェア

関連記事


副業・フリーランス

プログラミング

インタビュー

デザイン

お金

採用・組織

グルメ