フリーランスに向いている人はどんな人?理想の働き方を考えよう

フリーランスに向いてる人はどんな人なのでしょうか。これからフリーランスになろうと考えている人向けに、フリーランスになるメリット・デメリットや、仕事を始めるときの注意点も簡単に紹介しています。

Offers」は、時代の変化や環境にあわせてスキルを磨きたい、そんな人にぴったりのサービスです。「副業・複業」で、本業では経験できない、新しい環境/開発スタイルを経験しよう!

→「Offers」をもっと詳しくみる! かんたん60秒で副業を始めてみる

フリーランスは理想の働き方を実現する手段

フリーランスは魅力的な働き方です。自由に働く時間や場所を選び、スキルが高ければその分報酬もアップします。

フリーランスに向いている人はメリットを活かせますが、デメリットも知っておきましょう。まずは、向き不向きを見極めることが大切です。

メリットだけでなくデメリットもある

単価の高い仕事をこなせば、休みが自由に取れるだけでなく収入アップも目指せるフリーランスですが、その分デメリットもあります。勤務時間が労働基準法で制限されていないため、仕事を際限なく増やせばいつまでも仕事が終わりません。

クライアントの都合に合わせて働く必要もあり、実質休みが取れなくなることも考えられます。短時間で高単価な仕事を引き受けられるなら問題ありませんが、割のいい仕事だけではありません。

スケジュール通りに仕事を進めることや、自己管理ができていないと苦労します。デメリットの部分を把握して、本当に理想の働き方ができるのか考えてみましょう。

フリーランスになったことを後悔する人も

自由な働き方にあこがれてフリーランスになったものの、後悔する人もいます。会社員なら安定して給与が得られますが、フリーランスは仕事をした分だけの報酬が得られる仕組みです。

仕事がなければ収入は途切れてしまいます。さらに、次の仕事が保証されているわけでもありません。

最初は高い報酬がもらえていたとしても、それが続くかどうかは状況によって変化します。結局は低単価で長時間労働をすることとなり、後悔するフリーランスも多いのです。

フリーランスになるなら、自分のスキルが高い賃金に見合うのか、客観的に判断しましょう。また、需要が今後続くのかも見極める必要があります。

フリーランスに向いているのはどんな人?

フリーランスに向いてる人は、どのような特徴を持っているのでしょうか。自己管理力の高さや、一定のスキルは最低限求められます。

業種によっては、臨機応変に対応できる力や、変化を苦としない精神力も必要です。

自己管理ができる人

スケジュールや体調など、自己管理ができる人はフリーランスに向いています。会社員と異なり、休んだときの保障が何もない働き方だからこそ、自己管理能力が大切です。

いくら仕事ができても、頻繁に納期が遅れ、体調を崩している人はクライアントから避けられます。会社にいて代わりがいるなら多少休んでも大きな問題にはなりませんが、フリーランスは1人で働く仕事ですので、悪い評判は命取りになります。

納期が遅れても依頼したいと思えるほどのスキルがあればまだしも、多くのケースでは継続した仕事を得ることは難しいでしょう。フリーランスになるなら、まずは自分のことを知って、自己管理ができるのか考えてみましょう。

フリーエンジニアはスキルアップが必須

フリーランスになると、最初のうちはスキルアップしなくても最低限の仕事は回ってきます。しかし、難しい案件や本人のスキルに見合わないような依頼は、クライアント側も回してくれません。

それは、当然ながら勉強をさせるために依頼しているのではないからです。即戦力を求められるフリーランスは、その人のスキルなら必ずできるであろう仕事をこなすことを求められ、もし期待通りでなければ次の発注はありません。

新たな仕事を受けるためには、自らスキルアップを目指すことが大切です。フリーエンジニアの場合、自分が持つスキルでは難しいようなプロジェクトに挑戦するような機会はほぼありません。

勉強会や交流会に参加するなど、自分から機会を作りましょう。スキルが低下すると、どんどん他の人に仕事が回ってしまいます。

変化に強い人

フリーランスは、同じ会社でずっと働くわけではありません。さまざまなクライアントからの依頼をこなす仕事です。

常駐型の案件であっても、ずっと同じ場所とは限りません。ある程度、環境の変化に順応できる人がフリーランスに向いている人です。

在宅で仕事をしている場合は、仕事の環境自体はあまり変化しませんが、関わる人や顧客は次々変化します。仕事のやり方もクライアントによって変わるため、その都度柔軟な対応力を求められます。

コミュニケーション力が高い人

多くの場合、作業自体は1人でこなしますが、顧客とのやり取りはすべて自分で対応します。コミュニケーション力の高さも、フリーランスに向いている要素です。

人脈づくりや同業者との関係性も、コミュニケーション力が高ければうまく行きます。仕事を獲得するには、周囲との連携も大切です。さまざまな人とやり取りすることができるか、考えてみましょう。

フリーランスをキャリアの選択肢にするなら

会社員として働いている人も、フリーランスに転職できます。今後のキャリアとして、フリーランスを考えているなら、まずは自分の適性を探りましょう。

すでにフリーランスとして働いている人が身近にいるなら、先輩フリーランスに相談することも自身の方向性がを探すために良いですね。

先輩フリーランスに相談する

先にフリーランスとして働いている先輩の話を聞けば、ヒントが得られるでしょう。メリットやデメリットもよくわかっているので、相談相手としては最適です。

できれば同じ業界の先輩に聞いたほうが、イメージをつかめるのではないでしょうか。身近にフリーで働いている人がいるなら話を聞いてみて、自分がフリーランスとしてやっていけるのか検討してみましょう。

副業からはじめてみる

急に独立することが不安なら、まずは副業からはじめてみましょう。副業禁止の会社では難しいですが、仕事量を調整しながら始めるのならば、ハードルが低いでしょう。

副業であれば、仕事を請け負うかは自分で判断できます。最初は本業に差し支えない程度ではじめて、軌道に乗ってくれば本格的にフリーランスとして働くことを考えてみるのも良いでしょう。継続して仕事ができるのか、自分に向いているのか判断するきっかけにもなります。

まとめ

フリーランスには、向き不向きがあります。向いている人は自己管理がしっかりできて、環境の変化に戸惑わない人です。

自由に働けるイメージが強いフリーランスですが、実際はクライアントや報酬の都合から休みが取れないこともよくあります。なってから後悔する人も多いため、自分が向いているのか見極めることが大切です。

まずは周囲に相談することからはじめましょう。周りに適した相談相手がいないときは、副業からはじめるのもおすすめです。

Offers」は、時代の変化や環境にあわせてスキルを磨きたい、そんな人にぴったりのサービスです。

いくつもの転職媒体を使って、企業を探し回るのはもう終わり。「副業」から始まる新しい働き方を実現します!

本業では経験できない、新しい環境/開発スタイルを経験しよう!



この記事をシェア

関連記事


副業・フリーランス

プログラミング

インタビュー

デザイン

お金

採用・組織

グルメ