フリーランスクリエイターになるには。おすすめの本や注意点を紹介

様々な働き方が広がりつつある昨今、フリーランスとして働く人々も増加しつつあります。このフリーランスの方の中でもフリーランスクリエイターはどのように獲得しているのか、仕事をこなしているのかについて解説します。

Offers」は、時代の変化や環境にあわせてスキルを磨きたい、そんな人にぴったりのサービスです。「副業・複業」で、本業では経験できない、新しい環境/開発スタイルを経験しよう!

→「Offers」をもっと詳しくみる!

そもそもフリーランスクリエイターとは

フルーランスクリエイターといってもその分野は幅広いです。ここではクリエイターにはどんな分野があるのか、そもそもどの程度の年収を一般的に手に入れているのかについて解説します。

どんな分野があるのか

クリエイターと表される方の多くは、ウェブデザイナー、3Dデザイナー、イラストレーター、カメラマンなどクリエイティブな案件をこなす方でしょう。

このクリエイティブな案件とは人や仕事によっても考え方が様々なので明確にクリエイターという職を定義するのは難しいです。しかし、実際にフリーランスクリエイター向けの求人サイトを見るとデザイナーやイラストレーターの案件が多く存在します。

フリーランスクリエイターの報酬はどのように決まる?

フリーランスクリエイターを始めるに当たって重要なのが報酬でしょう。フリーランスクリエイターの報酬は何によって決まるのか、またフリーランス向けの案件数とその人気は現状どのようになっているのか解説します。

クリエイターとしての経験やスキル

フリーランスクリエイターの報酬を決める際に重要になるのが、経験やスキルです。同じ様な案件であっても仕事を受ける人の経験やスキルによって、報酬は大きく異なります。

例えば、イラストレーターの代表的な仕事であるロゴデザインは、同じように縦横10㎝のモノクロのロゴ作成であっても、未経験者だと500円から1000円ほどが一般的です。しかし、すでに実績を上げており、3年以上の経験がある方の場合などでは報酬は1万を大きく超えます。

フリーランスクリエイターの仕事は、このロゴデザインの例のように経験やスキルに大きく影響します。そしてその差はほかの分野また本業でクリエイターとして働いていた場合よりも大きいと言えるでしょう。

フリーランスに必要なこと

フリーランスとして活躍するためにはどんなスキルが必要でしょうか。ここでは好条件な案件を獲得するために必要なこと、より多く案件を獲得するために必要なことを解説します。

会社ではなく自分の実績や経験

フリーランス向けの案件に重要なのが、実績や経験です。先述した通り、フリーランスの報酬には実績やスキルが強く影響しているためです。しかし、会社での実績ではなく、フリーランスとしての実績が実際には強く影響するでしょう。

フリーランスの場合と、正社員や派遣社員であったときの大きなちがいはチームとして取り組むかや、プロジェクトのマネジメントを求められるかどうかでしょう。フリーランスの場合、事業をすべて自分でこなすことが求められます。

それゆえ、正社員の時比べ、その能力が重要になります。そしてクライアントがそれを知るにはフリーランスになった後の実績などとなるでしょう。

加えて会社によっては自分が作成したイラストなどであっても著作権の問題上自分が作成した作品として紹介できないといった例もあります。退社後、あなたの作品として使えるかは会社にも事前に確認すべきでしょう。

Webやメディアで自分を発信する積極性

フリーランスクリエイターとしてより多くの案件を獲得するには説教的に自分を発信すべきです。今まで本業で多くの案件をこなしてきたとしても、最初からフリーランスとして多くの、好条件な案件を獲得することは難しいでしょう。地道に案件に応募して、仕事を獲得するだけではなく、クライアント側からアプローチしてもらえるようにするためにもあなた自身から情報を発信しましょう。

SNSやWebサイトで自分の作品やスキルなどを発信するなどといったことや、クライアントからの声を掲載するなども一つの手段です。

フリーランスクリエイターの仕事受注方法

フリーランスクリエイターが仕事を獲得するにはいくつかの方法があります。ここではその方法と注意点などを理解しましょう。

クラウドソーシングなどを通じた案件の獲得

クラウドソーシングではクリエイター向けの案件も多く、種類も様々です。自分に合った案件を見つけやすいでしょう。クラウドソーシングの中でもコンペ方式なのか、プロジェクト方式なのかによって案件を獲得する方法は異なります。

プロジェクト方式では、仕事のペースや、スキル、実績を提案します。そして、その中でもクライアントのニーズに合った方が採用されるのです。企業側とコミュニケーションを十分とった上で仕事を進められるのはプロジェクト方式の魅力でしょう。

対して、コンペ方式では、クライアントが求めているプロダクトを作成し提出します。その中からクライアントが気に入ったものが採用されるため、場合によっては時間に相応する報酬を手にすることができません。未経験の方であれば報酬の低いものから応募するのも一つの手でしょう。

自分を積極的に売り込む

仕事を受注する上では、あなた自身を積極的に売り込むことも大切でしょう。その一例が、SNSやブログサイトを通じた売り込みです。

これらの媒体で、あなたがどのようなデザインを、どれくらい期間で達成でき、今までどんな案件を担当したのかを知ってもらえば、条件に合った企業から連絡が来るかもしれません。

著作権や権利に注意しよう

特にデザイナーやイラストレーター、フォトグラファーの方が注意すべきなのが著作権や権利です。近年、インターネットの普及に伴い、ロゴや写真の無断利用などの問題が盛んに起きています。このような問題が起こらないようにするためにもまた起きてしまった場合に十分な対応をとれるようにするためにも著作権や権利について知ることは大切です。

デザイナーやイラストレーター向けに著作権や権利の解説をしている著書も数多く存在します。是非読んでみてください。

フリーランスクリエイター必読の本

実際にフリーランスクリエイターとして成功するための近道はフリーランスクリエイターとして成功している方から話を聞いたり、フリーランスが困りがちなことについて知ることでしょう。

ここではそれらについて網羅している本を2冊紹介します。

デザイナーとして起業した(い)君へ。成功するためのアドバイス

アイルランドを拠点としてBBCやアジア開発銀行などからも仕事を受注し世界的に活躍しているデイビッド・エイリーの著書です。

彼自身の経験をベースにこれから独立しようとしているクリエイターがどのようにすべきか言及しています。

  • 著書:デザイナーとして起業した(い)君へ。成功するためのアドバイスーWork for Money, Design for Love
  • 著者:David Airey
  • 公式HP

クリエイターのための独立ガイド 増補改訂版

美術出版社から発刊されている、クリエイター向けの独立に関する本です。クリエイターが仕事を受注するためにすべきことなどに加えて、経理のこなし方など、フリーランスの方にとっても大切な情報を紹介しています。

  • 著書:クリエイターのための独立ガイド 増補改訂版
  • 著者:デザインの現場編集部
  • 公式HP

まとめ

フリーランスクリエイターになるにはどうするべきか、注意点や本などについて解説しました。自分に合った働き方を実現し、より充実した生活を送っください。

Offers」は、時代の変化や環境にあわせてスキルを磨きたい、そんな人にぴったりのサービスです。

いくつもの転職媒体を使って、企業を探し回るのはもう終わり。「副業」から始まる新しい働き方を実現します!

本業では経験できない、新しい環境/開発スタイルを経験しよう!



この記事をシェア

関連記事


副業・フリーランス

プログラミング

インタビュー

デザイン

お金

採用・組織

グルメ