副業でObjective-Cを使いたい!案件や将来性について紹介

Objective-Cは数少ないiOS向けの開発用言語です。Swiftの登場に伴いObjective-Cの状況も変化しました。ここでは、副業でObjective-Cを使う場合、どんな案件をできるのか、将来性はどうなのかについて解説します。

Offers」は、時代の変化や環境にあわせてスキルを磨きたい、そんな人にぴったりのサービスです。「副業・複業」で、本業では経験できない、新しい環境/開発スタイルを経験しよう!

→「Offers」をもっと詳しくみる! かんたん60秒で副業を始めてみる

Objective-Cは今後どうなるのか?

2014年に同じくiOS向けの開発用言語であるSwiftがリリースされて以降、Objective-Cについて様々な議論がなされています。

Swift の登場でObjective-Cはどうなった?

Objective-Cは1983年からあるオブジェクト指向の言語です。多くのオブジェクト指向の言語とは異なりC言語をベースにしています。JavaC++とはメソッドの呼び出し方も大きく異なり、特徴的な言語です。

Swiftは高速で処理効率の高い、現代的な書きやすく読みやすいプログラミング言語です。Swiftがリリースされて以降はObjective-CからSwiftへの移行が進みつつあります。今後もこの動きは続くと思われます。

玄人向けの言語になりつつあるObjective-C

2015年には、Swiftのオープンソース化が発表されました。それに伴い今後、Swiftの活用はとても広い場面で普及するでしょう。

Objective-Cにはどんな副業の案件がある?

Objective-Cを副業で使う場合、具体的にどのような案件をこなすことができるのでしょうか。案件の内容、求められる経験、働き方に注目して解説します。

案件はiOSアプリ開発

Objective-Cはアップルによって開発されたiOS向けの言語です。そのため、案件はiOSアプリの開発となっています。案件の数自体は、どの副業向け求人サイトでも多くても数十件程度と少ないです。

しかし、ゲームや医療、配信アプリなど様々な分野のアプリ開発の案件があります。Objective-Cを副業で使って、自分の興味の興味のある分野にかかわることは十分可能でしょう。

求められる経験年数は3年ほど

Objective-Cは歴史の長い言語であること、フリーランスや副業向けの案件では基本的に即戦力が求められていることから必須条件として一定の経験年数が書かれています。

多くの案件では、ほかの言語と比べて長めである3年以上の開発経験が必須条件となっています。

iOSアプリ開発でのリーダーシップ経験を説く求人も存在します。本業でObjective-Cを使ってきた人などは案件を見つけやすいでしょう。

在宅案件はほとんどない

在宅案件はほとんどありません。これはアプリ開発の多くはチームでの作業となるためです。

アプリ開発ではプログラマーやデザイナーなど様々な分野の人々が1つのアプリ開発のために業務を行います。業務の効率を上げるためにも、常駐でできる限り積極的なコミュニケーションをとることが大切になります。

そのため、多くの案件では在宅ができません。在宅での案件を探すのであれば、スタートアップなど柔軟な働き方を認める傾向にある企業にアプローチをかけるにも1つの手段です。

Swift でも重宝されるObjective-Cの経験

Objective-Cの案件ではありませんが、Swift の案件でもObjective-Cの経験は重宝されます。副業やフリーランス向けの求人を見るとSwift の案件であるにもかかわらずObjective-Cでの開発経験を必須としている企業は数多く存在します。

これはSwiftがまだ歴史の浅い言語であり、企業が求めるような経験をSwiftで満たす人材が少ないためでしょう。Objective-Cの経験を活かし、Swift を副業で使ってみるのも良いかもしれません。近年では、Objectvie-C を使う方向けにをSwift に変換させることのできるコンバートツールのリリースも行われております。今後もこのように、SwiftでObjective-Cの経験が重宝される状況は続くでしょう。

期待できる報酬はどの程度?

Objective-Cで期待できる報酬はどの程度でしょうか。副業・フリーランス向けの求人をもとに相場について解説します。

フリーランスの案件は大体70万台後半円/月からが相場

参考までにフリーランスの案件単価についてご紹介します。案件掲載サイトによると、Objective-Cの案件の平均単価は、月収70万円台後半くらいからが相場となっています。iOSアプリ開発に関する十分な経験年数と高いスキルがあれば、月収は80万円以上になる場合もあります。

出典:Objective-Cの求人・案件募集

今後の報酬アップのためには

今後、Objective-Cでの経験を活かしながらさらなる報酬のアップを目指すにはどのようにすれば良いでしょうか。その利点と具体的な理由も上げながら解説します。

Swift を習得しiOSアプリのスペシャリストに

Swiftを習得してiOS のスペシャリストになることは報酬アップにつながります。先述した通り、Swift の副業向け案件では必須条件としてObjective-Cでの開発経験を掲げている企業も多く存在します。

Objective-Cの学習コストに比べれば、JavaC++との類似性のあるSwiftのコストは低いでしょう。Swiftによって今後得られるメリットを考えると、Swiftを習得することはかなり有効だと言えます。

まとめ

副業でObjective-Cを使う場合、こなせる案件やObjective-Cの将来性について解説しました。Objective-Cで副業を始めたいと考えている方は今後の動向に十分注意してください。

Offers」は、時代の変化や環境にあわせてスキルを磨きたい、そんな人にぴったりのサービスです。

いくつもの転職媒体を使って、企業を探し回るのはもう終わり。「副業」から始まる新しい働き方を実現します!

本業では経験できない、新しい環境/開発スタイルを経験しよう!



この記事をシェア

関連記事


副業・フリーランス

プログラミング

インタビュー

デザイン

お金

採用・組織

グルメ