女性におすすめの人気の副業まとめ。メリットと注意点

副業という言葉をよく耳にしますが、自分にもできるのかと足踏みしていませんか? 副業にはさまざまな働き方があり、女性の得意分野を生かせる仕事もあります。副業のメリットと注意点を踏まえてより良い働き方を考えていきましょう。

Offers」は、時代の変化や環境にあわせてスキルを磨きたい、そんな人にぴったりのサービスです。「副業・複業」で、本業では経験できない、新しい環境/開発スタイルを経験しよう!

→「Offers」をもっと詳しくみる!

副業のメリットをみてみよう

2018年は『副業元年』と呼ばれ、それまで副業を禁止していた企業も副業解禁するケースが増えています。

この流れを受けて、副業で働くというスタイルの受け口として、企業側も求人を増やしており、副業したい人向けのさまざまなWebサービスや新しい働き方が話題になることも増えました。

副業は女性が気軽に始められる働き方としても魅力があります。副業をすることで生まれるさまざまなメリットを理解して、副業することを考えてみましょう。

収入が増える

副業することでまず大きなメリットは収入が増えることです。

本業での収入がある人でも、さらに月に数万円の収入があるだけで、美容やファッションや旅行など、今までは手が出せなかったところにお金をかけられるようになります。

アルバイトのように時給ベースで仕事をするか、自分でスケジュール管理して締め切りに間に合うように仕事を終わらせる1件当たりいくらかの形で仕事をするのかも収入は変わってきます。

企業側と契約関係を結ぶ際は内容をしっかり理解した上で契約をしましょう。

社会的つながり

副業をする中で本業では関わらない異業種の人たちとのつながりが生まれるということもメリットでしょう。

会社勤めをしている人なら、副業で得られた新たな知識や経験を本業にフィードバックすることが考えられます。

主婦業の人であれば、副業によって自分と同じ境遇の人と知り合うなどして、仕事仲間が増えるなどの社会的つながりができることがあるかもしれません。

副業を始める前の注意点

副業をすることはさまざまなメリットがあり魅力的ですが、気を付けたいポイントもあります。

楽しく副業していくための注意点を理解しておきましょう。

スケジュールを確保する

まず抑えておきたいのは、副業は本業の業務時間外に行うことが原則ということです。

会社勤めをしている人なら、業務時間外にできる仕事を選択することが重要になります。

ここで時間の作り方としてよく行われているのが『朝活』です。これは残業などで解放される時間が読みにくい夕方以降の時間帯ではなく、朝の出勤前に副業を行うスタイルを指します。

会社勤めを行う人の副業は、拘束時間が定められている雇用関係ベースのものではなく、請負契約のものを選ぶことがベターと言えるでしょう。

また請負契約は締め切りを守る必要がありますので、自分のスキルで遂行可能な案件を選ぶことが重要になります。

この場合すきま時間の生かし方としては、勤務時間が自由に選べる雇用関係ベースのものが良い選択肢になるでしょう。

税金を管理する

副業をするということは収入が増えることにつながりますので、結果的に個人の『所得税』も増えることになります。

会社勤めを行う人なら本業の給与収入は企業が計算してくれますので、所得税の納税はあまり意識しないかもしれません。

しかし副業を行う場合は、自分の所得を税務署に申告する『確定申告』が必要になるケースがありますので注意しましょう。

扶養、配偶者控除に注意

主婦業の人であっても副業を行う場合は所得税を意識しておくことは重要です。

103万円の壁』と呼ばれますが、給与年収が103万円を超えると『扶養控除』や『配偶者控除』の対象から外れてしまいます。

『控除』は金額を差し引くことの意味で、控除が認められる範囲内なら個人の納税義務がなく、また扶養義務者が支払うべき所得税が控除分を差し引いて計算されるため注意が必要です。

11日から1231日までの収入が103万円を超えると自分で所得税を支払うことになり、扶養義務者の納税額も増えることも覚えておきましょう。

女性におすすめな人気の副業

女性が活躍する副業は数多くあります。おすすめの働き方と仕事の始め方を見てみましょう。

スキル販売

比較的新しい働き方の中に個人が『スキルを販売する』というタイプのWebサービスがあります。

この働き方では個人が小規模なコンサルタントや講師として、あるいはイラストレーターやフォトグラファーとしてサービス展開します。

例えば「主婦のダイエット法教えます13000円」という形や「似顔絵15000円」というような販売方法で、Webサイトを訪れた人がこれを購入する形です。

特別に高レベルなスキルでなくても、生活に密着した一般的な関心事にワンポイトレッスン、というタイプのスキルがヒット商品になりえるのは魅力的ではないでしょうか。

家事代行

他にも主婦層に人気の副業として『家事代行』が挙げられます。

家事に関するスキルを生かせる仕事ですので、特に主婦業の人には魅力的ではないでしょうか。

まずは家事代行のWebサービスにキャストとして登録して、勤務可能エリア内で掃除・片付け・料理などを代行していく形になります。

勤務可能時間に合わせてマッチングが行われるため自由な時間に働くことができ、また一般的なアルバイトよりも高時給なところも魅力と言えるでしょう。

クラウドソーシング

より一般的な副業でいえば『クラウドソーシング』と呼ばれるWebサービスで請負契約をこなしていく形も考えられます。

このタイプのWebサービスでは、デザイン・翻訳・ライティングなど、さまざまな領域で1件あたり何円という単発案件が検索・受注できます。

案件によって求められるスキルレベルや報酬もさまざまですので、自分に合った仕事を簡単なものからこなして慣れていくのがおすすめです。

案件によっては長期契約のものもありますので、スケジュール管理がしやすい働き方を自分で作っていくのも楽しみの一つになっていくかもしれません。

まとめ

副業にはさまざまな働き方がありますので、知れば知るほどどれを選ぼうか悩むかもしれません。

自分にはこんな仕事ができたのだと、新たな発見することにつながる可能性もあります。スキルアップや人脈の獲得にも最適です。

まずは簡単なものから始めて、充実したワークスタイルを作っていきましょう。

Offers」は、時代の変化や環境にあわせてスキルを磨きたい、そんな人にぴったりのサービスです。

いくつもの転職媒体を使って、企業を探し回るのはもう終わり。「副業」から始まる新しい働き方を実現します!

本業では経験できない、新しい環境/開発スタイルを経験しよう!



この記事をシェア

関連記事


副業・フリーランス

プログラミング

インタビュー

デザイン

お金

採用・組織

グルメ