フリーランスがオフィスを借りるなら。自分に合うオフィスを見つけて

自宅兼オフィスで働いているフリーランスの中には、オフィスを借りることを検討している人もいるでしょう。オフィスにはどんな形態があるか、どんなメリットがあるかを知り、自分の目的に合ったものを選ぶことで快適な仕事場となります。

Offers」は、時代の変化や環境にあわせてスキルを磨きたい、そんな人にぴったりのサービスです。「副業・複業」で、本業では経験できない、新しい環境/開発スタイルを経験しよう!

→「Offers」をもっと詳しくみる! かんたん60秒で副業を始めてみる

フリーランスがオフィスを借りるメリット

個人で仕事が完結しているフリーランスであれば、自宅の一室を仕事場にしているという人も多いでしょう。ですが、フリーランスでもオフィスを借りることで得られる恩恵があるのです。どのようなメリットがあるのか整理してみましょう。

仕事とプライベートの切り分けが可能

自宅兼事務所で仕事をしていると、仕事とプライベートの境界がどうしても曖昧になりがちです。食事の合間に仕事をしたり、仕事の途中で家事をしたりしていると、オンオフの気持ちの切り替えが難しい場合もあるでしょう。

オフィスに出向いて仕事をするという行動を加えることが、仕事に向けて気持ちを切り替えるスイッチとなるのです。

プライバシーを守ることができる

プライバシーの問題も重要です。自宅兼事務所では、本来プライベートの領域であるはずの自宅住所を取引先に伝える必要が出てきます。さらに、打ち合わせの際には取引相手を自宅に招かざるを得なくなるというシーンもあるでしょう。

自宅とは別にオフィスを構えていれば、そうした問題は解消され、プライバシーをしっかり守ることができるのです。

働き方に合うオフィスを選ぶ

時代の流れにあわせて、オフィスのあり方も多様化しています。オフィスを持つことを検討するなら、自分の働き方に合ったものを選ぶようにするとよいでしょう。

どのようなオフィスがあるのか、特徴と合わせてそれぞれ紹介します。

賃貸オフィス

最もポピュラーなのが、賃貸オフィスです。事務所として使える賃貸物件を契約し、オフィスとして使用する形態です。

物件によっては来客用スペースや会議室もあるため、複数の人数で仕事をしたり人の出入りが多かったりする場合には便利でしょう。

賃貸である以上、敷金や礼金、月々の賃貸料金、火災保険などが発生します。大きな初期費用がかかるのはもちろんのこと、その後継続して借り続けるための費用もかかることに注意が必要です。

レンタルオフィス

レンタルオフィスとは、オフィスと一緒にデスクやコピー機、シュレッダーなどの必要なものが一緒にレンタルできるサービスです。オフィスの住所や電話番号もきちんとあるうえ、電話代行サービスを行っているところもあります。

自分の個室やデスクを借り、月額でレンタル料を支払うというのが一般的です。賃貸オフィスとは異なり、敷金礼金がかからない点も魅力といえます。レンタル期間は数カ月単位から年単位まで設定できるため、借り方も柔軟に対応できます。

低価格で借りられるのが魅力ですが、オプションを付けていくうちに予定よりコストがかかってしまったり、運営会社が倒産してオフィスが使えなくなったりというケースも稀にあるので注意しましょう。

シェアオフィス・コワーキングオフィス

さらに格安なのが、シェアオフィスです。シェアハウスのように、同じ建物内のスペースを借り、共有部分にあるOA機器は他の借り手とシェアするというものです。首都圏でも相場は10万円以下であり、非常にリーズナブルといえるでしょう。

オープンスペースのため、機密情報の保管に向いていないことや、他の人がいることで人によっては集中しづらいことがデメリットです。

コワーキングスペースも似たような特徴を持っていますがオフィスという概念はなく、学生や会社員など、幅広い層が集まる場所です。1日の利用で1000円程度の場所もあり、非常に低価格設定となっています。

個人の作業スペースはかなり限られることと、コミュニティーとしての役割が大きいため作業に集中しづらいこと、まだ世の中に浸透しておらず数が少ないのが難点です。

バーチャルオフィス

バーチャルオフィスは、実体としてのオフィスはありません。住所や電話番号は割り振られており、郵便物は自宅に届けられます。現在は渋谷をメインに多く運営されており、価格は月額数千円から数万円です。

デメリットとしては、転送の期間を要すため荷物の郵送が遅くなりがちであること、実際の住所に建物が存在しない場合や建物の老朽化が進んでいるケースがあること、移転することがあるため登記には不向きであることなどが挙げられます。

経費を削減するなら自宅兼オフィスに

先にデメリットも紹介しましたが、やはり最も手軽なうえ、経費を削減できるのが自宅をオフィスとして兼用する方法です。固定費がかからないばかりか、家事按分(事業で使った分を経費として計上すること)ができます。よって家賃・光熱費などを経費にできるという利点があります。

各地域のおすすめオフィス

実際にどのようなオフィスがあるのでしょうか。東京・大阪・福岡の3地域にあるおすすめオフィスを紹介します。

東京都内・大阪・福岡を紹介

東京都内でのおすすめは『PORTAL POINT』です。渋谷区や港区、千代田区といった便利なエリアでオフィス・コワーキングスペースを運営しています。イベントスペースやボードルーム、ライブラリーなどがあり、いろいろな使い方ができるでしょう。

公式HP『PORTAL POINT』

路地奥の長屋をシェアオフィスとして再生したのが、大阪市中央区にある『龍造寺Lab.造』です。月に1回会員同士の交流会もあるので、情報交換もできます。

公式HP『龍造寺Lab.造』

福岡にある『プロスペリタ赤坂』は、ビジネスの拠点である赤坂と商業色の強い天神のどちらからもアクセスしやすい場所にあります。保証金は1ヶ月、礼金と更新料は無し、24時間使えるレンタルオフィスです。

公式HP『プロスペリタ赤坂』

まとめ

フリーランスがオフィスを借りるなら、自分の仕事内容や目的に合ったものを選ぶのがおすすめです。いろいろなレンタルオフィスの形態を知り、より快適に仕事ができるものを見つけましょう!

Offers」は、時代の変化や環境にあわせてスキルを磨きたい、そんな人にぴったりのサービスです。

いくつもの転職媒体を使って、企業を探し回るのはもう終わり。「副業」から始まる新しい働き方を実現します!

本業では経験できない、新しい環境/開発スタイルを経験しよう!



この記事をシェア

関連記事


副業・フリーランス

プログラミング

インタビュー

シニアレベルを2名採用!現場の負荷を軽減した採用活動、その打ち手がOffersだった

700万ダウンロードを突破し、コスメの口コミアプリとして急成長を続ける「LIPS」。これまで正社員や業務委託問わず、各専門性をもったエンジニアが集うことでグロースを続けてきた。そんな同社のハイス...

インフラとフロントエンドの3名を採用! Hotspringが考える採用方針と旅行サービスの未来とは

旅行予約サービス『こころから』を運営するHotspringは、今後の旅行業界の変化を見据えたプロダクト開発を推進している。これまでリファラルやTwitter採用を行ってきた同社が、なぜOffer...

フロントエンジニアの採用に成功!複業採用の秘訣はコンシェルジュの伴走と、独特な1on1にあった

AIチャットボット市場で圧倒的なシェアを誇る「HiTTO(ヒット)」を展開するHiTTO株式会社。今後さらなる顧客満足の向上に向けて、自社プロダクトの強化を加速していく。そこで重要になるのが開発...

専任CSメンバーがサポート。わずか1ヶ月半で、採用難易度の高いリードクラス2名の採用に成功!

女性限定コミュニティに注力する株式会社SHEでは女性の「自分らしい生き方」の実現を目指し、クリエイティブスクール「SHElikes」に加え、美容領域「SHEbeauty」や金融領域「SHEmon...

デザイン

お金

採用・組織

グルメ