シニアエンジニアは何が求められる?キャリアパスや資格の紹介

IT業界におけるエンジニアとは、さまざまな種類の職種があります。その中でも現在注目されているのが、『シニアエンジニア』という職種・働き方です。このシニアエンジニアになるのは、どのような知識が必要なのかをご紹介します。

Offers」は、時代の変化や環境にあわせてスキルを磨きたい、そんな人にぴったりのサービスです。「副業・複業」で、本業では経験できない、新しい環境/開発スタイルを経験しよう!

→「Offers」をもっと詳しくみる! かんたん60秒で副業を始めてみる

シニアエンジニアについて知る

まずは、シニアエンジニアとは何かを知りましょう。シニアエンジニアという言葉を見ると、どのようなイメージをお持ちでしょうか。

シニアという言葉がついていることから『ベテランのエンジニア』『高齢のエンジニア』というイメージを持ちそうですが、実際のシニアエンジニアは異なります。

シニアエンジニアとは

シニアエンジニアの『シニア』には『上役』という意味が含まれています。

システムエンジニアの中でも、特に技術的に優秀なエンジニアや専門的知識を持っているエンジニアであり、かつチームを管理する大黒柱のような存在のことを、シニアエンジニアと呼んでいます。

エンジニアよりも、技術的にも知識的にも能力の高い存在なため『シニア』という言葉が使用されているのです。

シニアエンジニアの働き方とは

技術者であるエンジニアがその職種のままキャリアアップすることは難しいとも言われていますが、これまでのIT業界では常識とされてきたことです。

かつては、エンジニアとしてキャリアアップするのではなく、会社内でのキャリアアップをするためにマネージャーやディレクターといった管理職としてキャリアアップするほかありませんでした。

しかし、最近はシニアエンジニアという働き方に注目が集まり、エンジニアとしてキャリアアップすることができるようになることも知られてきています。

エンジニアとしての能力が評価され、年収のアップにつながるようになったのです。管理職の仕事と技術職の仕事を両立させるのが難しいことからできたシニアエンジニアという職種が、エンジニアの正当な評価につながったといえます。

シニアエンジニアに求められるスキル

このように、エンジニアのキャリアアップとして最適と思われるシステムエンジニアですが、どのようなスキルが必要とされているのでしょうか。

専門分野への精通

シニアエンジニアとは、エンジニアのキャリアアップにつながるものですが、その求められる知識というのは『浅く広く』ではなく『専門的分野を深く』です。

この分野の知識なら誰にも負けない!という自信がある、もしくは社内の誰よりも精通している分野がある、という場合にはシニアエンジニアに一歩近づいているといえるでしょう。

仕事の速度と質

ただ単に深い知識と高い技術力を持っているだけでは、シニアエンジニアとしては若干の物足りなさが残ります。それだけの実力を持ちながら、かつ仕事が速く質が高いことも求められます。

シニアエンジニアとして認められるには、技術・スピード・高品質の三拍子が揃うことが求められます。

一つの分野以外のスキル

専門分野へ精通していることはシニアエンジニアになるための一つの条件ではありますが、できればサブの分野でのある程度の知識を持っておくと有利です。

専門分野の深い知識とサブ分野の一般知識を持つことも、シニアエンジニアにとって必要といえます。例えば、シニアエンジニアは、実質的に現場ではマネージャーとしての役割を担う場合があります。

その際に、マネジメント力やチーム全体を把握する能力、クライアントとのコミュニケーション能力のスキルを身につけているとさらに有利になります。

キャリアアップのための資格

では、シニアエンジニアとして働くために必要な資格というものはあるのでしょうか。結論からいうと、シニアエンジニアになるための必須の資格はありません。

資格を持っていなくとも高い技術力と仕事の質、スピードが備わっていれば問題ないのですが、対外的には資格があることは強みといえます。

どのような資格があればシニアエンジニアへのキャリアアップにつながっていくのかをご紹介しますので、参考にしてください。

システムアーキテクト試験(SA)

システム開発の上流工程を主導するエンジニアが目指す資格です。豊富で深い業務知識に基づき的確な分析を行うことで、社内外のニーズに合った情報システムを設計することが求められる、上級のエンジニアを目指すためには取得しておきたい資格です。

出典:『システムアーキテクト試験』公式サイト

ネットワークスペシャリスト試験(NW)

その名の通り、ネットワークエンジニア及びインフラ系エンジニアを目指すエンジニア向けの資格です。

ネットワークの固有技術はもちろん、サービスの動向まで幅広い知識を持ち、そのネットワークの目的に合ったネットワークシステムを構築することができるエンジニアとして活躍できます。

また、ネットワークシステムの要件定義や開発・運用・保守といった業務だけでなく、ほかのエンジニアの技術の向上にも寄与することが求められます。

出典:『ネットワークスペシャリスト試験』公式サイト

まとめ

このように、シニアエンジニアはエンジニアの新しい働き方として注目を集めています。とはいえ、さまざまな領域において高い能力が求められるシニアエンジニアになるためには日々の勉強が欠かせません。

独学で学ぶ方法、スクールで学ぶ方法など、シニアエンジニアになるためにはさまざまな方法があります。技術者としてキャリアアップするためには、シニアエンジニアという働き方を目指してみてはいかがでしょうか。

Offers」は、時代の変化や環境にあわせてスキルを磨きたい、そんな人にぴったりのサービスです。

いくつもの転職媒体を使って、企業を探し回るのはもう終わり。「副業」から始まる新しい働き方を実現します!

本業では経験できない、新しい環境/開発スタイルを経験しよう!



この記事をシェア

関連記事


副業・フリーランス

プログラミング

デザイン

インタビュー

お金

採用・組織

グルメ