【2024年7月最新】Sketchとは?特徴と他のデザインツールとの違いを徹底解説

こんにちは。エンジニア、PM、デザイナーの副業・転職採用サービス「Offers(オファーズ)」のOffers Magazine編集部です。今回は、デザイン業界で注目を集めている「sketch」について詳しく解説します。sketchとは何か、その特徴や機能、メリット・デメリットなどを徹底的に掘り下げていきます。デザイナーやエンジニアの方々にとって、貴重な情報源となることでしょう。

Sketchとは何か

Image 1

Sketchは、デジタルデザインの世界で革命を起こしたソフトウェアです。ユーザーインターフェース(UI)やユーザーエクスペリエンス(UX)デザインに特化したベクターグラフィックエディタとして、多くのデザイナーに愛用されています。その使いやすさと効率性から、Webデザインやアプリデザインの分野で広く採用されているツールです。

概要

Sketchとは、Mac OS専用のデザインツールで、主にUIデザインやプロトタイピングに使用されます。ベクターベースの描画システムを採用しており、高品質なグラフィックスを作成できます。Sketchの特徴は、シンプルさと柔軟性を兼ね備えていることです。初心者でも扱いやすく、同時にプロフェッショナルな作業にも対応できる多機能性を持っています。

特徴および機能

Sketchの主な特徴と機能について詳しく見ていきましょう。このツールが多くのデザイナーに支持される理由がわかるはずです。

  • ベクターベースの描画システム
  • 直感的なユーザーインターフェース
  • 豊富なプラグイン群
  • 効率的なシンボル機能
  • レスポンシブデザイン対応

これらの特徴により、Sketchは効率的なデザイン作業を可能にしています。

歴史と発展

Sketchは2010年にオランダのBohemian Coding社によってリリースされました。当初はニッチな存在でしたが、その革新的な機能と使いやすさが評価され、急速に人気を獲得しました。特に2012年のバージョン2.0リリース以降、UIデザイン業界で大きな注目を集めるようになりました。

2024年現在、Sketchはバージョン95に到達し、常に進化を続けています。新機能の追加やユーザーフィードバックに基づく改善が定期的に行われ、デザイン業界のニーズに応え続けています。

利用される主なシーン

Sketchが利用される主なシーンは多岐にわたります。以下に代表的な例を挙げてみましょう。

  • Webサイトのデザイン
  • モバイルアプリのUI設計
  • アイコンやロゴの作成
  • ワイヤーフレームの作成
  • プロトタイピング

これらのシーンで、Sketchは効率的かつ高品質なデザイン制作を可能にします。特にUIデザインにおいては、業界標準ツールの一つとして認識されています。

[innerAdComponent id=ad_component_inner_card_Jobs_CTA_skill-420]

Sketchのメリット

Image 3

Sketchには数多くのメリットがあり、それがこのツールの人気の秘密です。ここではSketchの主要な利点について詳しく解説していきます。これらのメリットを理解することで、Sketchがなぜデザイン業界で重要な位置を占めているのかが明確になるでしょう。

動作の軽快さ

Sketchの大きな特徴の一つは、その軽快な動作です。大規模なプロジェクトでも、スムーズな操作が可能です。これにより、デザイナーは作業に集中でき、生産性が向上します。また、起動時間も短く、アイデアをすぐに形にできるのも魅力です。

直感的な操作性

Sketchのインターフェースは非常に直感的で、初心者でも容易に使いこなせます。ツールバーやメニューの配置が論理的で、必要な機能にすぐにアクセスできます。この操作性の良さにより、学習曲線が緩やかで、短期間で効率的な作業が可能になります。

豊富なプラグイン

Sketchの強みの一つは、豊富なプラグインエコシステムです。これらのプラグインにより、基本機能を大幅に拡張できます。例えば、デザインの整合性チェック、アニメーション作成、デザインシステム管理など、様々な機能を追加できます。2024年現在、数千種類のプラグインが利用可能で、作業効率を劇的に向上させることができます。

リーズナブルな価格設定

Sketchの価格設定は、他の専門的なデザインソフトウェアと比較してリーズナブルです。個人ライセンスと商用ライセンスがあり、年間サブスクリプション制を採用しています。2024年7月現在、個人ライセンスは年間99ドルで、商用ライセンスは従業員数に応じて価格が設定されています。この価格設定により、フリーランスデザイナーや小規模なデザイン会社でも導入しやすくなっています。

シンボル機能の効率性

Sketchのシンボル機能は、デザインの効率性と一貫性を大幅に向上させます。シンボルは再利用可能なデザイン要素で、一度作成すれば複数の場所で使用でき、一箇所の変更が全ての使用箇所に反映されます。これにより、大規模なプロジェクトでのデザインの一貫性維持が容易になり、作業時間を大幅に短縮できます。

ブラウザでのデザイン確認

Sketchの便利な機能の一つに、ブラウザでのデザイン確認があります。Sketch Cloudを使用すれば、作成したデザインをオンラインで共有し、チームメンバーや顧客とリアルタイムで協働できます。この機能により、フィードバックの収集やデザインの承認プロセスが迅速化され、プロジェクト全体の効率が向上します。

エンジニアとの連携

Sketchはエンジニアとの連携を強化する機能も備えています。例えば、CSSコードの自動生成機能やアセットの書き出し機能により、デザインからコーディングへの移行がスムーズになります。また、Zeplinなどの外部ツールとの連携も容易で、デザイン仕様書の自動生成も可能です。これらの機能により、デザイナーとエンジニア間のコミュニケーションが円滑になり、開発プロセス全体の効率が向上します。

[innerAdComponent id=ad_component_inner_card_Jobs_CTA_skill-420]

Sketchのデメリット

Image 4

Sketchは多くの利点を持つ優れたツールですが、完璧なソフトウェアというものは存在しません。Sketchにも若干のデメリットがあります。ここでは、Sketchを使用する上で注意すべき点や潜在的な課題について詳しく解説します。これらのデメリットを理解することで、Sketchを効果的に活用する方法を考えることができるでしょう。

Mac専用であること

Sketchの最大のデメリットの一つは、Mac OS専用のソフトウェアであることです。Windows or Linuxユーザーは直接Sketchを使用できません。これは、クロスプラットフォームでの協業やWindowsを使用する企業での導入に障壁となる可能性があります。ただし、2024年現在、Sketch for Webという新しいサービスがベータ版で提供されており、将来的にはこの制限が緩和される可能性もあります。

言語環境が英語

Sketchのインターフェースは基本的に英語のみです。日本語化されていないため、英語が苦手なユーザーにとっては学習の壁となる可能性があります。ただし、ほとんどの機能は視覚的にわかりやすく設計されており、基本的な英語力があれば操作は可能です。また、コミュニティによる非公式の日本語ガイドも多く存在します。

合成フォントや縦書きに非対応

Sketchは日本語の合成フォントや縦書きに完全には対応していません。これは、日本語のデザインを多く扱うデザイナーにとっては大きな制限となる可能性があります。特に、和風デザインや日本の伝統的なレイアウトを必要とするプロジェクトでは、この制限が問題になることがあります。ただし、2024年現在、この問題に対処するためのプラグインやワークアラウンドが開発されています。

[innerAdComponent id=ad_component_inner_card_Jobs_CTA_skill-420]

他デザインツールとの比較

Image 5

デザイン業界には多くのツールが存在しており、Sketchはその中の一つです。ここでは、Sketchと他の主要なデザインツールを比較し、それぞれの特徴や違いを明確にしていきます。この比較を通じて、Sketchの位置づけや、どのような場面で最も効果を発揮するかを理解することができるでしょう。

Photoshopとの違い

PhotoshopとSketchは、どちらもデザイン業界で広く使用されているツールですが、その特徴と用途は大きく異なります。

  • Photoshopは主にラスター画像の編集に特化しています。
  • Sketchはベクターベースで、UIデザインに最適化されています。
  • Photoshopは高度な画像加工が可能ですが、UIデザインには複雑すぎる面があります。
  • Sketchは軽量で、UIデザインに必要な機能に特化しています。
  • Photoshopはクロスプラットフォームですが、Sketchは現在Mac専用です。

2024年現在、多くのデザイナーがUIデザインにはSketchを、複雑な画像編集にはPhotoshopを使い分けています。

Illustratorとの違い

IllustratorとSketchは、どちらもベクターグラフィックスの作成に使用されますが、その焦点と機能は異なります。

  • Illustratorは複雑なベクターアートワークの作成に優れています。
  • Sketchはよりシンプルで、UIデザインに特化しています。
  • Illustratorは印刷デザインにも強みがありますが、Sketchはデジタルデザインに特化しています。
  • Illustratorはより多機能ですが、その分学習曲線が急です。
  • Sketchはよりシンプルで直感的なインターフェースを持っています。

2024年の傾向として、ロゴデザインや複雑なイラストレーションにはIllustratorを、UIデザインやプロトタイピングにはSketchを使用するデザイナーが多いようです。

Figmaとの違い

FigmaとSketchは、どちらもUIデザインに特化したツールですが、いくつかの重要な違いがあります。

  • Figmaはクラウドベースで、ブラウザ上で動作します。Sketchはデスクトップアプリケーションです。
  • Figmaはリアルタイムコラボレーション機能が強力です。Sketchは追加のツールが必要です。
  • Figmaはクロスプラットフォームですが、Sketchは現在Mac専用です。
  • Sketchは豊富なプラグインエコシステムを持っています。
  • Figmaはプロトタイピング機能が内蔵されていますが、Sketchは別途プラグインが必要です。

2024年現在、FigmaとSketchは市場でほぼ拮抗しており、チームの規模や作業スタイルによって選択が分かれています。

[innerAdComponent id=ad_component_inner_card_Jobs_CTA_skill-420]

導入方法と価格

Image 6

Sketchの導入を検討している方にとって、具体的な導入方法や価格は重要な情報です。ここでは、Sketchの価格プラン、ライセンス形態、導入手順などについて詳しく解説します。これらの情報を理解することで、自分や自社のニーズに最適なSketchの導入方法を選択することができるでしょう。

価格プランとライセンス形態

Sketchの価格プランとライセンス形態は、個人利用と企業利用で異なります。2024年7月現在の情報は以下の通りです。

  • 個人ライセンス:年間99ドル(約11,000円)
  • 商用ライセンス:従業員数に応じて価格が設定されます(例:1-9名で年間99ドル/ユーザー)
  • 教育機関向けライセンス:50%割引で提供されています

Sketchは年間サブスクリプション制を採用しており、ライセンス期間中は全ての機能とアップデートが利用可能です。また、ライセンス期間が終了しても、最後にインストールしたバージョンは引き続き使用できますが、アップデートや新機能は利用できなくなります。

無料トライアルについて

Sketchは30日間の無料トライアル期間を提供しています。この期間中は全ての機能を制限なく使用でき、購入前にツールの使い勝手を確認することができます。トライアル期間中でも商用利用が可能なため、実際のプロジェクトで試してみることをおすすめします。トライアル期間終了後は、ライセンスを購入しない限り、編集機能が制限されます。

ダウンロード手順

Sketchのダウンロードと導入は比較的簡単です。以下の手順で行います。

  1. Sketchの公式ウェブサイト(www.sketch.com)にアクセスします。
  2. 「Get Started」または「Try Sketch for Free」ボタンをクリックします。
  3. メールアドレスを入力し、アカウントを作成します。
  4. ダウンロードリンクが表示されるので、クリックしてインストーラーをダウンロードします。
  5. ダウンロードしたインストーラーを実行し、画面の指示に従ってインストールを完了します。

インストール後、初回起動時にメールアドレスとパスワードを入力してログインすれば、Sketchの使用を開始できます。

ライセンス登録方法

Sketchのライセンス登録は、以下の手順で行います。

  1. Sketchを起動し、右上のアカウントアイコンをクリックします。
  2. 「Buy Now」または「Enter License」を選択します。
  3. 購入済みの場合は、ライセンスキーを入力します。未購入の場合は、「Buy Now」を選択し、支払い手続きを行います。
  4. 支払いが完了すると、自動的にライセンスが適用されます。

ライセンス登録後は、インターネット接続がなくてもSketchを使用できますが、定期的にライセンス確認のためのインターネット接続が必要です。

[innerAdComponent id=ad_component_inner_card_Jobs_CTA_skill-420]

Sketchの基本的な使い方

Image 7

Sketchの導入が完了したら、次は基本的な使い方を学びましょう。ここでは、Sketchを使い始める上で押さえておくべき基本的な機能や操作方法について解説します。これらの基本を理解することで、Sketchでのデザイン作業をスムーズに開始できるはずです。

インターフェイスの理解

Sketchのインターフェースは直感的で使いやすいですが、最初は慣れが必要です。主要な構成要素は以下の通りです。

  • ツールバー:上部に配置され、よく使う機能にすぐにアクセスできます。
  • レイヤーリスト:左側に配置され、デザイン要素の階層構造を表示します。
  • インスペクター:右側に配置され、選択したオブジェクトのプロパティを表示・編集できます。
  • キャンバス:中央の広いエリアで、実際のデザイン作業を行う場所です。

これらの要素を理解し、それぞれの役割を把握することで、効率的な作業が可能になります。

アートボードの作成

Sketchでのデザイン作業は、通常アートボードから始まります。アートボードは、デザインの個別のページやスクリーンを表します。アートボードの作成手順は以下の通りです。

  1. ツールバーの「Insert」をクリックし、「Artboard」を選択します。
  2. 右側のインスペクターから、適切なデバイスサイズを選択します。
  3. キャンバス上でクリック&ドラッグしてアートボードを配置します。

複数のアートボードを作成することで、異なるデバイスサイズやページ状態を同時にデザインできます。

図形描画と編集

Sketchでは、基本的な図形の描画や編集が簡単に行えます。主な操作方法は以下の通りです。

  • 図形の描画:ツールバーから適切な図形ツールを選択し、キャンバス上でドラッグして描画します。
  • サイズ変更:オブジェクトを選択し、角のハンドルをドラッグします。
  • 回転:オブジェクトを選択し、角の外側にあるハンドルをドラッグします。
  • 編集:矢印ツールを使用して頂点を移動したり、ベジェ曲線を調整したりできます。

これらの基本操作を組み合わせることで、複雑な形状も作成できます。

色やスタイルの設定

オブジェクトの色やスタイルの設定は、デザインの重要な要素です。Sketchでの主な設定方法は以下の通りです。

  • 塗りつぶし色の変更:インスペクターの「Fill」セクションで色を選択します。
  • 線の色や太さの変更:インスペクターの「Border」セクションで設定します。
  • シャドウやブレンドモードの適用:インスペクターの該当するセクションで設定します。
  • テキストスタイルの変更:インスペクターの「Text」セクションでフォント、サイズ、色などを設定します。

色やスタイルの一貫性を保つために、共有スタイルやカラーパレットを活用するのがおすすめです。

スライス機能の活用

スライス機能は、デザインの一部を切り取って画像として書き出すのに使用されます。主な使用方法は以下の通りです。

  1. ツールバーから「Slice」ツールを選択します。
  2. キャンバス上で書き出したい領域をドラッグして選択します。
  3. 「File」メニューから「Export」を選択し、適切な設定を行って書き出します。

スライス機能を活用することで、デザインの一部を簡単に画像として書き出し、Web開発やアプリ開発に利用できます。

[innerAdComponent id=ad_component_inner_card_Jobs_CTA_skill-420]

Sketchの便利な使い方

Image 8

Sketchの基本的な操作に慣れてきたら、より効率的に作業を進めるためのテクニックを学びましょう。ここでは、Sketchをより深く活用するための便利な機能や使い方について解説します。これらのテクニックを身につけることで、デザイン作業の生産性を大幅に向上させることができるでしょう。

カラーパレットの活用

効率的なデザイン作業には、一貫したカラーパレットの使用が欠かせません。Sketchでのカラーパレットの活用方法は以下の通りです。

  • カラーの追加:インスペクターの「Fill」セクションで色を選択し、「+」ボタンをクリックしてドキュメントカラーに追加します。
  • グローバルカラーの作成:ドキュメントカラーを右クリックし、「Create Global Color」を選択します。
  • カラーパレットの管理:「View」メニューから「Show Colors」を選択し、カラーパネルを表示します。

グローバルカラーを使用することで、一箇所の変更が全てのインスタンスに反映され、カラースキームの一貫性を保つことができます。

Sketch Mirrorの使い方

Sketch Mirrorは、モバイルデバイス上でSketchのデザインをリアルタイムでプレビューできる便利な機能です。使用方法は以下の通りです。

  1. App StoreからSketch Mirrorアプリをダウンロードし、モバイルデバイスにインストールします。
  2. Sketchとモバイルデバイスを同じWi-Fiネットワークに接続します。
  3. Sketchの「View」メニューから「Canvas」→「Mirror」を選択します。
  4. モバイルデバイスでSketch Mirrorアプリを起動し、接続するMacを選択します。

これにより、デザインの実機確認が容易になり、レスポンシブデザインの調整がスムーズに行えます。

プラグインの導入と活用

Sketchの機能を拡張するプラグインは、作業効率を大幅に向上させることができます。主なプラグインの導入と活用方法は以下の通りです。

  • プラグインの検索:Sketch公式サイトやGitHub、Sketchpacksなどでプラグインを探します。
  • インストール:ダウンロードしたプラグインファイル(.sketchplugin)をダブルクリックします。
  • プラグインの管理:「Plugins」メニューから「Manage Plugins」を選択し、インストールしたプラグインを確認・管理します。
  • プラグインの使用:「Plugins」メニューから必要なプラグインを選択して実行します。

2024年現在、人気のプラグインには「Sketch Measure」(デザイン仕様書の自動生成)や「Anima」(高度なプロトタイピング)などがあります。これらを活用することで、デザインワークフローを大幅に効率化できます。

ショートカットの使用

Sketchでの作業効率を劇的に向上させるには、ショートカットキーの活用が欠かせません。以下に、頻繁に使用される重要なショートカットをいくつか紹介します。

  • Command + N:新規ドキュメントの作成
  • Command + D:選択したオブジェクトの複製
  • Command + G:選択したオブジェクトのグループ化
  • Command + Shift + L:レイヤーの整列
  • Control + C:カラーピッカーの起動

これらのショートカットを覚えることで、マウス操作を減らし、作業速度を大幅に向上させることができます。Sketchは多くのカスタマイズ可能なショートカットを提供しているので、自分の作業スタイルに合わせてカスタマイズすることをおすすめします。

[innerAdComponent id=ad_component_inner_card_Jobs_CTA_skill-420]

まとめ

Sketchは、直感的なUIと豊富な機能を持つ強力なUIデザインツールです。2024年現在、デジタルデザイン業界で不可欠な存在ですが、Mac専用や一部日本語制限などの課題もあります。基本から高度なテクニックまで習得し、常に新機能に注目することで、効率的なワークフローと高品質なデザイン制作が可能になります。

この記事をシェア

関連記事


副業・フリーランス

プログラミング

デザイン

インタビュー

お金

採用・組織

イベントレポート

転職