ワーケションを実現できる「第二の家」のようなコワーキングスペース『Co-Works』

沖縄県那覇市で都会的な雰囲気と沖縄のバカンス感を感じながら、ワーケションを実現できる、フレンドリーで居心地よいコワーキングスペースが「Co-Works(コー・ワークス)」です。「第二の家」のように落ち着いて仕事ができる空間、普段は出会わない方々との素敵な交流が叶う場所を提供しています。今回はCO-Work 平安座様にお話を伺いました。

Offers」では「転職・副業活動応援キャンペーン」を実施中です!
かんたんプロフィール入力でアマゾンギフト券2,000円分をプレゼント!

→キャンペーンをもっと詳しくみる!

Co-Worksとは?

『ワーク』×『バケーション』のお手伝い

那覇市は久茂地2丁目にあるコワーキングスペース『Co-Works』は民泊、家事代行を運営するKASHA tokyo Groupが2020年の6月にオープン致しました。

コンセプトは「第二の家」のように落ち着いて仕事ができる環境です。

沖縄へ出張に来た際に毎回宿泊先やミーティングルームを探している県外のお客様から、「自宅では集中できない」といった地元のお客様まで誰でも気軽に利用できます。

是非Co-Worksで第二の家のように寛いで頂けたらと思います。

そして、グループ会社Kasha Tokyoでは民泊・旅館業を運営しているためコワーキングスペースだけでなく、ご宿泊先の案内も可能です。

私達だからこそできる『ワーク』×『バケーション』をミックスさせた『ワーケーション』のお手伝いをします。

ぜひご利用ください。

心地よい空間から生まれる交流

Co-Worksでは、落ち着いたウッド系の色をベースに、目に優しい色使いで心地の良い空間を演出しています。

決して気取らない雰囲気でスタッフもとてもフレンドリーで話しかけやすい雰囲気です。

それによってお客様とスタッフでの交流もとても多いです。

気軽に話せる雰囲気を作ることによってビジネスの交流やお客様同士の交流も深まるということで、とても好評頂いております。

会社の特性を活かし、投資などの勉強になるととても話題の「キャッシュフローゲーム」を毎週開催しています。

また民泊や旅館業の運営の相談会も受付しております。

和気あいあいとした雰囲気の中でしっかり投資やお金のことを勉強できるとお客様にとても満足頂いております。

そして随時イベント会場としてもお貸ししていますので、いつでも気軽にご連絡頂けたらと思います。

変化していく「働き方」

これからの「働き方」で重要になるのは「出会い」

これからの「働き方」はズバリ「出会い」が鍵になってくると思います。

日本では、面識のある方とない方との壁が厚く、他業種の方とミートアップができないと言った側面がありましたが、今の時代シェアオフィスといった他人と交わる場が増加し、働きながら異業種の方と接する機会も増えていくのでは無いのでしょうか?

そしてパソコン一つでどこでも仕事ができるような環境が広まっている今、自分のオフィスの中に籠っていた時よりもたくさんの場所に行けるが故、たくさんの地域の人と関わることになると思います。

それにより新たな発見であったり、新たなビジネスの誕生にも繋がってくると思います。

なので、これからの働き方は従来までの考え方からかなりかけ離れた素晴らしいものになると確信しています。

当コワーキングスペースでも、新たな出会いが6月のオープンからたくさんありお客様同士でも交流が生まれており、まさにミートアップの場となっております。

理想の「働き方」とは?

CO-worksスタッフがパーソナリティを務めるラジオ番組

世界を旅しながら仕事する

「業種」そして「働き方」が多様化している中で、理想の働き方を挙げるとすれば、それは「世界を旅しながら仕事をすること」だと思います。

いわゆるノマドライフですね。

イタリアのカフェでのんびりパソコンに向かったりするときもあれば、フィンランドの湖畔で家族と旅行を楽しみながら仕事をしたりなど。

世界を見ながら、しっかりとタスクはこなしてゆく、そんな仕事に憧れている人も多いのではないでしょうか?

Co-Worksでも民泊物件と合わせた “Workation”を推奨しているように、時代はもう世界を駆け回りながら仕事していく時代になっています。

たくさんの人が様々な国を訪れながら色々な情報をインプットをしつつ、それを仕事でアウトプットをできたら最高だなと思います。

理想の「働き方」を実現するために

まずは意識の変化です。

今までの常識では、通勤時間をかけ満員電車に揺られ、出社のときにはすでに疲れている状態、が当たり前でした。

それよりもその時間があれば、メールの対応などに集中ことができます。

そして、「出社すること」が仕事ではなく、仕事の内容そのものをこなし、実績を残せるスキルとIT環境が必要になると思います。

wifi環境などを整え、他のスタッフともビデオ電話などを使いながら「対面で仕事する」のとなんら変わらない状態を作り出すことが必要になります。

また企業も、その働き方を管理し、生産性をあげていく。そういった会社としてのスキームの構築が必要になると思います。

Co-Worksが提供できる価値

人と人との素敵な繋がりが生まれる場所

Co-Worksは人と人の繋がりを大事にしているコワーキングスペースです。

沖縄には全国色々な所からたくさんの人がくるという特性があり、普段関わることのない本州の都市部の人たちがCo-Worksで交わっている光景をよく目にします。

例えば普段東京でビジネスしている方が大阪の方とビジネスの話で盛り上がっていたりします。

Co-Worksとしては日本のビジネスシーンを盛り上げたい思いが強く、弊社のKASHA tokyoでも人と人とが繋がって営業をしてきた節があります。

閉鎖的な会社の成長はそれなりですが、外の世界にアンテナを張る会社の成長は著しいのを見てきているので、是非ともうちのコワーキングスペースはそういった素敵な交流が生まれる場所として是非とも利用してほしい思いです。

スタッフから見た「Co-Works」の魅力

私個人が魅力に感じているのは、温かみのある空間を作り出している会社であるという所です。

どんなに素晴らしい空間を作りたくても人間に温かみが無かったらそこは寂しい空間になってしまいます。

Co-Worksはその人間の優しさや、思いやりの心、チャレンジする心を持った方々が多数在籍しており、モチベーションの上がる空間になっています。

もう一つはアイディアを出しやすい環境です。

スタッフ同士で常にCo-Worksをよりよくするにはどうしたら良いか?ということを議論するのですが、皆さんお互いの意見を絶対に否定せずしっかりと受け止めます。

なのでスピード感よく常に最新の情報を取り入れながら進化していく空間になっています。

そしてCo-Worksは那覇の街中にあるので都会的な雰囲気を感じながら沖縄のバカンス感が程よく混ざっており、私自信の理想の働き方の場所でもあります。

設備・プラン

設備

Co-Worksの売りはなんといっても大きいソファです。

足をのびのびとさせながら心地の良いソファに座ってビジネスミーティングをするのも有りですし、7階から58号線を上から眺めながらリフレッシュするのもよし、色んな顔があるスペースです。

様々な種類のティーもご用意していますので、ティーを飲みながら街の光にうっとりするのも良いですね。

席数:16席

三人がけの輸入ソファ:2台

中会議室・小会議室各1室

壁一面のホワイトボード

プリンター/文房具/無料高速WiFi/フリードリンク/電源コンセント貸出

プラン

利用方法はドロップインと月額会員の2パターンになります。

  • ドロップイン

    2時間500円 5時間1,000円 1日利用で1,500円のプランをご用意しています。

    カフェを利用する感覚で気軽にいらしていただいてそのまま利用頂けます。

    そしてフリードリンク制ですので、カフェよりもお得です。

    都度利用のドロップイン営業時間は平日9:00~19:00となっております。

  • 月額会員

    一か月10,000円 夜間会員が6,000円のプランをご用意しています。

    月額会員になって頂きますと施設の利用が朝の6時から夜の23時となります。

    会議室の利用も1日1回2時間無料ですので、会議室利用のみでの利用でも月額会員に入るほうがお得となっております。

    夜間会員が18時から22の間で利用頂けるプランで学生さんなど勉強に集中したい方、残業などを少しだけしたい方などにおすすめしております。

  • 会議室2時間利用

    小会議室1600円(4名迄)

    中会議室2000円(6名迄)

    ※ワンドリンク付き、食品持ち込み可

    ※延長30分ごとに、500円となります。

詳しくは、下記ホームページからお問合せ、または気軽に、Co-Worksまで直接お越し頂けると幸いです。フレンドリーなスタッフが心よりお待ちしております。

最後になりましたが、是非あなたもCo-Worksで新しい自分の生活スタイルを手に入れてください!心よりお待ちしております。

Offers」は、時代の変化や環境にあわせてスキルを磨きたい、そんな人にぴったりのサービスです。

いくつもの転職媒体を使って、企業を探し回るのはもう終わり。「副業」から始まる新しい働き方を実現します!

本業では経験できない、新しい環境/開発スタイルを経験しよう!



この記事をシェア

関連記事


副業・フリーランス

プログラミング

デザイン

インタビュー

お金

採用・組織

グルメ