フリーランスにとって辛いポイントとは?相談相手を見つけておこう

自由を謳歌出来るはずのフリーランスですが、時には「辛い」と感じることもあります。フリーランスとして働く人の多くは、どのようなことを耐えがたく感じているのでしょうか。フリーランスのデメリットと、それを克服する方法について紹介します。

Offers」は、時代の変化や環境にあわせてスキルを磨きたい、そんな人にぴったりのサービスです。「副業・複業」で、本業では経験できない、新しい環境/開発スタイルを経験しよう!

→「Offers」をもっと詳しくみる!

フリーランス生活が辛く感じること

『働く場所や時間を選べる』『好きな仕事が出来る』など、フリーランスの働き方には多くのメリットがあります。しかし一方で、フリーランスを始めると分かる『辛さ』が存在するのも事実です。

安易にフリーランスへの転向を考える前に、フリーランスの現実を承知しておきましょう。

将来への不安

まず、フリーランスは収入が安定しません。仕事が大量に舞い込むこともあれば、全く無いということもあるでしょう。会社員のように必ず毎月の収入を得られる保証がないため、将来の見通しが立てにくいのが現実です。

また、フリーランスの場合は、会社員が入れる『厚生年金』がありません。年金が『国民年金』のみとなると、老後に受け取れる年金額は減少し、それが不安の種になります。

孤独

自由な働き方が出来るフリーランスですが、自由は時に孤独にも通じます。1人で完結する仕事なら、誰とも話すことなく1日が終わるなど、社会から切り離されたような不安を感じることもあるでしょう。

また、仕事でトラブルや悩みがあっても相談できないのは、仕事を完遂する上でも、デメリットと言えます。

責任を1人で背負わなくてはいけない

フリーランスの場合、仕事の受注から納品まで1人で行います。

よい仕事をすれば評価が高まり次の仕事につながる一方で、『低レベル』とみなされれば次の仕事を得るのは困難となるでしょう。仕事にかかる評価はすべて1人で受けねばならないため、会社員時代よりも仕事に対するプレッシャーはかなり大きくなります。

また、仕事中にトラブルがあったり、納品後に瑕疵が見つかったりした場合の対応も、1人で行わねばなりません。会社なら上司や同僚の助けを得ることが可能ですが、フリーランスなら仕事にかかるトラブルの対応は、常に自己責任です。

自由の幅が広がるぶん、フリーランスは責任を求められる範囲も広がると言えるでしょう。

フリーランスはセルフコントロールが重要

管理になれた会社員からフリーランスに転向すると、与えられた自由な環境に戸惑うこともあります。あらゆる場面で自己責任が求められるため、適当に過ごしていると仕事の進行やクライアントとのやりとりでトラブルが発生する可能性があります。

フリーランスに重要なセルフコントロール能力について考察します。

すべて自分で判断、決定する必要がある

フリーランスの場合は、請負から作業完了までがすべて1人の仕事です。クライアントが求めるのは『完成物』のため、作業方法やスケジュールを考えるのも自分1人で行わねばなりません。この自由度がフリーランスのメリットである一方、自己管理の出来ない人にはトラブルのもととなります。

自由の範囲が広いフリーランスだからこそ、徹底した自己管理を行う必要があるのです。

体調やメンタルの管理も自分次第

フリーランスが一定のクオリティを保ち、コンスタントに仕事をするには、体調やメンタルの管理も重要です。

案件ごとに報酬を得るフリーランスは、仕事を終えないことには報酬が入りません。体調やメンタルを悪くして仕事が出来なくなれば、たちまち収入は途絶えるでしょう。

また、体調やメンタルに不安を抱えると、クライアントからの信用度も下がります。「体調が悪かったから間に合わなかった」「具合が悪く、要望通りの内容にならなかった」などといってもクライアントは納得するでしょうか。その場では理解を示しても、依頼が途絶えるクライアントがほとんどでしょう。

収入を得るためにも、また、ビジネスを行う上で必須の『信用』を守るためにも、健康管理は適切に行わねばなりません。

スキルアップも重要

持っているスキルだけで満足していると、フリーランスとしての成長は望めません。

フリーランスとして働いていると、ついつい『手に負える簡単な案件』ばかりを選んでしまうことが多いです。自分の持つスキルで対応出来る仕事ばかりなら、気楽に働けます。しかし、安穏と仕事をしていては、いつまでたっても同じレベル・単価の仕事しか回ってきません。

フリーランスとしてさらに単価を上げたり、大きなプロジェクトを得たりするには、より高度なスキルや経験が不可欠です。スキルの過不足を見極め、自分を高めようと積極的に行動出来ない人は、いずれ仕事に行き詰まりを感じることになるでしょう。

辛さを和らげる方法

フリーランスとして働きながら、孤独を感じたり解決しがたいトラブルに出会ったりしたら、どうすればよいのでしょうか。フリーランス特有ともいえる辛さを和らげる方法について考えてみましょう。

信頼できる相談相手を見つける

フリーランスの辛さを軽減するうえで最も重要なのは、信頼できる相談相手を見つけることです。

心の不安や疑問を口に出すと、それだけで心が軽くなり、すっきりした気分になります。また、共感を示してくれる相談相手がいることは、精神的に楽になるだけではありません。問題や不安を振り返りながら話すうちに頭の中が整理される、トラブルの問題点が具体的に見えてくる、第3者の冷静な意見が聞けるなど、たくさんのメリットがあるでしょう。

フリーランスとして仕事を円滑に進めるなら、頼れる相手を見つけておくことも非常に重要なのです。

エンジニア勉強会など繋がりを作る

相談相手が身近にいない場合は、勉強会などでつながりを作るとよいでしょう。

フリーランスの場合、同業種のコミュニティがあったり、セミナーが開催されたりすることがあります。そのような場に足を運べば知り合いも増え、悩みやトラブルを相談できる相手が見つかるでしょう。

例えば、エンジニアならエンジニア勉強会、ライターならライターの交流会など、業種によって色々な集まりが開催されます。SNSやブログなどで積極的に情報を集め、同業者の知り合いを増やしてみてはいかがでしょうか。

まとめ

フリーランスは自由に働けるのが魅力ですが、自由であるがゆえの責任や孤独を辛く感じることもあります。

フリーランスとして心身ともに健やかに働くには、徹底した自己管理と頼りになる相談相手が必要です。計画的に動き他人と積極的に関わることが、フリーランスとしての生活をより充実させ、仕事をスムーズにしてくれるでしょう。

Offers」は、時代の変化や環境にあわせてスキルを磨きたい、そんな人にぴったりのサービスです。

いくつもの転職媒体を使って、企業を探し回るのはもう終わり。「副業」から始まる新しい働き方を実現します!

本業では経験できない、新しい環境/開発スタイルを経験しよう!



この記事をシェア

関連記事


副業・フリーランス

プログラミング

インタビュー

デザイン

お金

採用・組織

グルメ