テックリードとは。エンジニアがキャリアを考える参考情報

エンジニアのキャリアパスにおいて、『テックリード』という役職があります。海外の開発チームでは馴染みのあるテックリードは、日本でも知名度を上げてきていますが、エンジニアチームの中においてはどのような存在なのでしょうか。

副業で成長機会を増やしたい
エンジニア・デザイナーの方!

上場企業・スタートアップ・ベンチャーまで利用企業多数!副業するならOffers!

まずは60秒で副業を開始する!

テックリードの基本知識を知ろう

テックリードを簡単に言うと、エンジニアチームの技術的なリーダーと窓口を担当するリーダー的な役割を果たす存在のことを指します。日本ではリードエンジニアと呼ばれるケースも多いです。

テックリードとは

テックリードの役割は二つあります。一つ目はチームの技術的なリーダーとしての役割です。これは、エンジニアチームにおいてリーダーとしてチームを牽引していく役割です。規模の大きい組織では、チームごとにテックリードが存在します。

二つ目は、チームの窓口としての役割です。エンジニアチーム以外の部署・チームとのコミュニケーション全般を担います。

サービスリードとの違い

テックリードと似ている言葉で、『サービスリード』という役職があります。サービスリードは、開発済のプロダクトに対してユーザーが満足しているかどうかを判断する役割です。

テックリードはエンジニアチームのリーダーですので、サービスリードがまとめた改善箇所・要望をチームに伝えることになります。

ITアーキテクトとの違い

また、企業のビジネス戦略において重要な役割を果たす『ITアーキテクト』はテックリードとは立ち位置が違います。

ITアーキテクトは、最適なシステムの企画・立案に携わるため、システムの根本から改善できる立場です。テックリードは、ITアーキテクトが立案したシステムの下で最善を尽くすことになります。

テックリードの役割

テックリードは、エンジニアチームのリーダーとしてチームを引っ張っていく役割を求められます。そのため、強いリーダーシップでチームの成果の最大化を目指さなければいけません。

品質に責任をもつことが重要

テックリードはチームが書くソフトウェアのコードの品質担保に対して責任を負う立場です。ソフトウェアが長期的に安定して稼働するためには、高品質なコードが必要不可欠ですので、そのようなコードを書けるチーム作りを目指します。

コードの品質についての方針やコーディングスタイルを文章化するのは難しいので、レビューを通じて意識を一本化していくことになるでしょう。逆にいうと、一貫性のない指摘を繰り返しているとメンバーからの信頼感が薄れてしまいます。

生産性の向上や記述的なビジョンの明示

そして、チームの生産性の向上を目指すのもテックリードの役割です。開発環境における障害を取り除いておくことで、円滑な開発スケジュールが可能になります。そのためには、事前の関係各所と連携しておくことが大切になります。

また、メンバーが納得できる技術的なビジョンを示すこともテックリードの役目です。このビジョンを示すことで、メンバーがどのような姿勢で仕事に取り組むべきかを把握することになります。

エンジニアのキャリアパスと年収

ここから、エンジニアのキャリアパスと年収について考えてみましょう。

技術系とマネージャー系のゴールとは

エンジニアは技術者のままキャリアアップすることは難しく、マネージャーやディレクターといった管理職へのキャリアの道としてありました。

しかし、CTOやVP of engineering、シニアエンジニア、テックリードなどさまざまな役職が日本でも浸透してきたことで、技術者としてのキャリアパスが広がってきています。

エンジニアのキャリアと年収目安

エンジニアのキャリアパスとしては、まずはエンジニアとして働きその技術を活かしてテックリードにキャリアアップすることが第1段階となります。

そして技術的な面を追求してvp of engineeringを目指すのか、経営面を視野に入れたCTOを目指すのかといった選択をすることになるのです。

CTOとvp of engineeringを兼任している企業もありますが、企業規模が大きくなればなるほどCTOとvp of engineeringを分けなければ円滑な開発ができなくなってきています。そのため、エンジニアのキャリアパスも広がったと考えて良いでしょう。

エンジニアの年収例

400~600万円と考えられていますが、エンジニアの頂点ともいえるCTOの3割は500~800万円の年収とも。

事業会社やスタートアップなど成長スピードが早い・高収益な企業においては、1000万円以上の年収のCTOもいます。

出典:DATA1 30代前半の平均年収・最高年収・最低年収の分布

キャリアを考える際におすすめの本

エンジニアのキャリアを考えるうえで、おすすめの書籍をご紹介しましょう。

エンジニアのためのマネジメントキャリアパス

技術系のキャリアアップを目指す人のために書かれた『エンジニアのためのマネジメントキャリアパス ―テックリードからCTOまでマネジメントスキル向上ガイド』という書籍です。

この書籍には、テックリードからCTOになった筆者の経験に基づいた段階的なキャリアパスが分かりやすく記されています。

  • 商品名:エンジニアのためのマネジメントキャリアパス
  • 価格:2808円
  • Amazon:商品ページ

まとめ

企業規模の拡大やエンジニアチームの多様化によって、チームリーダーであるテックリードの必要性は高まってきています。テックリードの役割は、チームの技術的な牽引と、他の部署との窓口的な役割を担うことです。

エンジニアとしてのキャリアパスを考える上でも、エンジニアからテックリードへのキャリアアップは有効だといえるでしょう。

この記事をシェア

関連記事


副業・フリーランス

プログラミング

インタビュー

デザイン

お金

採用・組織

グルメ