副業でイラストレーターをするなら。仕事内容や収入、注意点を紹介

イラストレーターの仕事は幅広いです。また、インターネットの登場によってその需要が高まりつつあります。副業でイラストレーターをやった際どんなことをできるのか、どの程度の収入を手にすることができるのかなどについて解説します。

Offers」は、時代の変化や環境にあわせてスキルを磨きたい、そんな人にぴったりのサービスです。「副業・複業」で、本業では経験できない、新しい環境/開発スタイルを経験しよう!

→「Offers」をもっと詳しくみる! かんたん60秒で副業を始めてみる

副業でイラストレーターは可能?

イラストレーターを副業で始めたとしても案件がないのであればどうしようもありません。そもそも、イラストレーターの需要はどのようになっているのかについて、その理由も上げながら解説していきます。

コンテンツの増加によって高まる需要

イラストレーターの需要は高まっています。インターネットの普及やその技術向上に伴うコンテンツの増加がその大きな要因でしょう。インターネットの普及、その処理能力の向上によってよりテキストだけでなく、高度な視覚的な情報を提供できるようになりました。それゆえ、まずイラストレーターが表現できるコンテンツがまず増加したのです。

そして、昨今、Webサイトなどだけではなく、SNSをはじめとした情報発信媒体が増加したことにより人々に供給される情報量も急激に増加しています。その中で多くの人々の注目を集めるにはイラストレーターが持つ視覚的な情報が有力な手段の一つとなるでしょう。それゆえに、イラストレーターの需要は高まっているといえます。

イラストレーターの副業の内容、収入は?

副業の場合、イラストレーターはどんな仕事を行い、どの程度収入を手に入れることができるのでしょうか。

幅広い仕事のできるイラストレーター

イラストレーターが必要とされる分野は幅広くなっています。なので、実際にできる仕事内容も種々多様です。ただ、主要なものを3つあげるとすれば、それは「広告バナーの作成」「ロゴの作成」「キャラクターの作成」でしょう。

実績によって異なる収入

イラストレーターの報酬は実績によって大きく異なります。もちろん、イラストレーターの実績だけでなく、イラストのタッチ、クライアントの規模、使用媒体、利用期間、サイズなども案件ごとの報酬に影響を与えます。しかし未経験か、既に実績を積み上げているイラストレーターか、では10倍以上報酬の差が生まれます。

例えば、縦横10㎝ほどのモノクロのピンポイントイラストなどでもほとんど未経験の方なら500円から1000円程度、既に2~3年ほどやっており実績のあるかただと3000円から8000円、それ以上の方だと1万円以上と大きく異なります。以上のことから、イラストレーターの収入が実績によって大きく異なることは明言できるものの、収入の相場を上げることは難しいです。

イラストレーター の稼ぎ方

イラストレーターが案件を獲得するにはいくつかの方法が存在します。ここではイラストレーターを副業ではじめようとしている方におすすめしたい案件の獲得方法を紹介します。

クラウドソーシングでの案件獲得

案件数が多く、求められるスキルも幅広い、クラウドソーシングなら自分に合った仕事を見つけることが可能でしょう。クラウドソーシングとは簡潔に言えば、仕事をしたい人と仕事をしてほしい人とのマッチングサイトです。イラストレーター向けの案件のみを対象としたクラウドソーシングも多く存在します。あなたの専門分野の案件を多く取り扱ってるクラウドソーシングを見つけて是非登録してみてください。相場感を知る上でもクラウドソーシングは有効です。

案件を探す際には、先述した価格を決める上で重要な要素だけでなく、依頼主がどの程度案件を扱ってきたのかにも注目してください。副業やフリーランスのイラストレーターへの依頼経験がある場合の方が効率よく仕事をこなしやすいでしょう。加えて、似た案件をやっている依頼主がもしあなたのイラストを気にいれば、今後の案件獲得にもつながるかもしれません。

実績にもなりやすいコンペ方式

クラウドソーシングにおいて案件を獲得する方法は大きく分けて2つあります。その一つがコンペ方式です。コンペ方式では、実際に依頼主が求めているイラストを描き上げます。そして、その中から採用したいイラストを依頼主が選び、選ばれた方にのみ報酬が支払われます。

大勢の応募から採用されたのであれば、今後、実績として活用できるでしょう。

しかし、選ばれなければイラストを描いたとしても報酬を手にすることはできません。そのため、非効率的な作業になる恐れもあります。経験の浅い方であれば、確実に案件を獲得するためにも報酬の低いものから応募することをおすすめします。

依頼主と交渉しやすいプロジェクト方式

もう一つの案件を獲得する方法がプロジェクト方式です。このプロジェクト方式では、依頼主に提案しその中で契約を結ぶ方を選んでもらいます。

この提案の中では、自分のスキルはもちろん、納期や希望する報酬ついても話すのが一般的です。なので、依頼主との交渉をしやすいと言えます。プロジェクト方式の場合、コンペ方式に比べ応募してから契約を結ぶまでの期間が長いことなどが難点の一つです。

オンラインフォトマーケットなどでの販売

オンラインフォトマーケットも副業のイラストレーターが稼ぐ上ではおすすめの方法です。オンラインフォトマーケットではイラストを掲載しそのイラストがダウンロードされることで報酬が手に入ります。報酬を手にするために毎回イラストを描く必要がなく、依頼主の求めるイラストを描くためにコミュニケーションをとる手間もいりません。

最近では、ダウンロードではなく掲載されたイラストが買い取られた場合に報酬が発生するサイトも存在します。報酬はサイトによって差がありますが始めたての方でかつ縦横10㎝ほどのイラストだと一般的にダウンロードで3~5円ほど、買取で500円ほどです。

収入やスキルのアップを狙うなら

副業でイラストレーターをやる方が収入やスキルのアップ狙うならどうすれば良いでしょうか。実績を上げることの大切さについてはすでに上げているので、ここでは他のポイントについて解説します。

依頼主との適切なコミュニケーションを

依頼主との適切なコミュニケーションは収入アップを目指す上で重要です。ここでの適切なとは、自分に対して何を求めているのか言語化してもらうことを指しています。

求められているイラストを描く作業だからこそ、あなた自身がどんな風に描きたいのか、依頼主はどのように描くことを求めているのか言語化する必要があります。

なので適切なコミュニケーションをとりながらよりよい作品を描きましょう。実際にそのようなコミュニケーションをとるためにも、今まで依頼主が採用している案件を事前に確認したり、あなた自身が描いているイラストと比べて依頼主はどうしたいのかという部分を知ったりしましょう。また依頼主が求めてることを理解した上であなたがどう描くべきだと考えているのかその意図も伝えながら話すことも大切です。

IllustratorとPhotoshopのスキルを磨こう

IllustratorPhotoshopのスキルを磨くことも大切です。この2つのソフトはイラストレーターの仕事の効率を上げ、より限られた時間でよりよい作品を描く上では欠かせないツールになります。デザイン系ツールを使うことで今までには思いつかなかったアイデアが浮かんだりするかもしれません。

副業をはじめる前の知っておきたい注意点

イラストレーターにおいても副業だからこそ、注意すべき点があると思います。ここでは、はじめる前に知っておきたい注意点を紹介します。

私生活や本業との兼ね合いを大切に

副業をやる上で大切なのは、私生活や本業との兼ね合いでしょう。イラストレーターの副業をすることは可能です。しかし、イラストレーターの仕事は獲得するまでに時間がかかったり場合によってはイラストを描いても採用されないこともあります。

これらが影響し、私生活や本業に悪影響を及ぼしたら元も子もありません。イラストレーターという仕事を楽しみながらも限られた時間でより良い作品を描けるよう頑張りましょう。

まとめ

副業でイラストレーターを始めようとしている方向けにどんな案件をできるのか収入を手にすることができるのかなどを解説しました。様々な案件、働き方のあるイラストレーターの仕事をぜひ副業で楽しんでみてください。

Offers」は、時代の変化や環境にあわせてスキルを磨きたい、そんな人にぴったりのサービスです。

いくつもの転職媒体を使って、企業を探し回るのはもう終わり。「副業」から始まる新しい働き方を実現します!

本業では経験できない、新しい環境/開発スタイルを経験しよう!



この記事をシェア

関連記事


副業・フリーランス

プログラミング

インタビュー

CTOが採用にコミット。短期間で効率的にリードクラスのエンジニア2名を採用できた理由とは

2020年にヤフーとの業務提携を発表したマイベスト。今後さらなる事業成長のための開発を推進するために、ハイスキルのエンジニアが必要不可欠に。スピード感が求められる中、同社が意思決定したのが業務委...

eKYC市場の「API商社」として100社以上の導入。少数精鋭のエンジニアドリヴンだから進められる事業推進と開発の魅力とは

日本で唯一のeKYC対応のデジタル身分証アプリ「TRUSTDOCK」と本人確認API基盤を提供する株式会社TRUSTDOCK。顧客は金融業界や人材業界、エンタメ業界まで広がっている。近年は福岡市...

「業務委託→正社員」を視野に入れてアプリエンジニアの採用に成功。人気アプリ運営会社の採用事情とは?

1,000万DLを突破した人気音楽投稿アプリ「nana」を運営する株式会社nana musicは、2021年1月にDMMグループから独立し、第二創業期を迎えようとしている。これまで外部リソースを...

複業転職でリードエンジニアを採用成功。PMF前のスタートアップが実践する複業転職の秘訣とは

従業員オンボーディングを仕組み化し、新たなメンバーの入社体験を向上させる従業員オンボーディングSaaS「Onn(オン)」を手掛けるワークサイド。スタートアップにおける採用の大きな障壁となるのは優...

デザイン

お金

採用・組織

グルメ