WordPressを使った仕事とは?案件獲得のポイントを解説

簡単にWebページの追加や更新ができるWordPressは、世界中のWebサイトの運営に利用されています。求人案件も多いため、副業を営んでいる人も珍しくありません。WordPressを使った仕事や、案件獲得のポイントを解説していきます。

Offers」は、時代の変化や環境にあわせてスキルを磨きたい、そんな人にぴったりのサービスです。「副業・複業」で、本業では経験できない、新しい環境/開発スタイルを経験しよう!

→「Offers」をもっと詳しくみる!

WordPressとは?

WordPressは世界中で利用されているCMSで、効率的にWebサイトの構築・管理ができます。ブログの運営のために開発された経緯がありますが、大規模な企業サイトやECサイトにも広く利用されている人気の高いツールです。

CMSとはコンテンツマネジメントシステム(Contents Management System)の略語で、Webサイトを構成する文字や画像、レイアウトの情報などを一元管理できるシステムの事です。Webサイトの制作スキルがなくても、比較的簡単にWebページの追加や更新ができるという特徴があります。

簡単にWebページの更新が可能

基本的な使い方さえ覚えれば、誰でも簡単にWebページの更新ができるのがWordPressの特徴です。特に企業のオウンドメディアやブログサイトのような、コンテンツの量が多いWebサイトの管理に適しており、HTMLCSSを使わずに動的なWebサイトを構築できます。

さらに基本無料で利用できるため、世界中のCMSの中でも常にトップクラスのシェアを維持しており、日本でも個人から大企業まで幅広く利用されています。

WordPressのメリット

次に、WordPressをWebサイトの管理に利用するメリットを確認しておきましょう。次のようなメリットがあるので、CMSとして非常に高い人気を誇っています。

基本無料で利用できる

WordPressは、ソースコードが公開されているオープンソースのソフトウェアなので、誰でも基本無料で利用できます。

多くのCMSは、開発ベンダーに初期費用と月額(あるいは年額)のライセンス料金を支払わなければいけません。

一方、WordPressは別途サーバーやドメインの契約をしなければならないものの、CMSとしての基本機能を利用する分には無料です。公式サイトから簡単にダウンロードでき、すぐに使えるようになります。

情報量が多く学習しやすい

世界中で高いシェアを持っているので、情報量が多く使い方を学習しやすいのも、WordPressのメリットです。

初めてCMSを導入・利用する人でも、使い方をインターネットで検索すれば、多くのチュートリアルサイトや説明記事を閲覧できます。

本格的にWordPressを使ってWeb制作を行う場合は、有料の教材を利用した方が効率的に学べる可能性はありますが、Webページの追加や更新方法、プラグインの使い方などは、インターネット上のの情報で十分対応できるでしょう。

拡張性やカスタマイズ性が高い

拡張性やカスタマイズ性が高いのも、多くのCMSの中でWordPressが支持される理由です。非常に多くのテーマやテンプレートが準備されており、機能を拡張できるプラグインも豊富です。

好きなテーマを選んで基本設定をするだけで、スタイリッシュなWebサイトを簡単に構築できます。プラグインも管理画面から簡単に設定でき、アクセス解析や問い合わせフォームの設置、セキュリティの強化などが可能です。

案件数が豊富

WordPressは世界中のWebサイトで利用されており、日本でも全CMSの中で約80%のシェアを持っています。そのため非常に案件数が多く、WordPressを使ったWebサイトの構築や運用、オウンドメディアの記事作成など、さまざまな仕事があります。

フリーランス向けの案件マッチングサイトや、副業サイトでは、必ずと言って良いほどWordPressの案件があるので、相応のスキルを有しているならば、仕事に困ることはないでしょう。

出典:Distribution of content management systems among websites that use Japanese|W3Techs

WordPressを使う仕事には何がある?

それでは、WordPressを使った仕事にはどういうものがあるか、具体的に紹介していきます。さまざまな種類があるので、自分のスキルや希望などの適正を考慮しながら、請ける仕事を選択しましょう。

Webサイトの制作

最もスタンダードな案件として、WordPressを使ったWebサイトの制作が挙げられます。HTMLCSSの知識がそれほどなくても、WordPressを活用すればスムーズにWebサイトを作ることが可能です。

テンプレートやテーマが豊富に利用できるので、企業や店舗のWebサイトの制作案件などが多く、クライアント側も管理画面でページの追加や更新が効率的にできるようになります。

既存サイトのカスタマイズ

WordPressで作成されたWebサイトの保守や、カスタマイズをする仕事も多くあります。ページの追加や更新作業はWeb制作に関わったことのない人でもできますが、本業に集中したい個人事業主や、毎日のように多くの記事を追加する企業などの場合、Webサイトの管理を外注するケースは珍しくありません。

WordPressを使ったWebサイトのカスタマイズ案件も、クラウドソーシングサイトや副業のマッチングサイトなどで、よく見かけます。

ビジネスブログの立ち上げや移行

ビジネスブログをWordPressで立ち上げたり、既存のWebサイトをWordPress化したりする仕事も多いです。

通常のWebサイトでは、日々大量の記事を追加・更新するのは時間と手間が掛かりますが、WordPress化することで、作業時間を大幅に短縮できるようになります。Webサイトのリニューアルをきっかけに、WordPressを導入したいと考える企業も少なくありません。テーマを変更すれば、同じサイトの構造でも簡単に全体のデザインを大きく変えることが可能です。

また、無料のブログサービスを使ってビジネスブログを書いている事業者が、よりマーケティングに特化したブログサイトにグレードアップするために、WordPress化したいと考える場合もあります。個人でリニューアルをすることも可能ですが、本業に特化するために外注するケースも珍しくありません。

オウンドメディアの運営・記事の更新

自社でさまざまな情報発信を行うオウンドメディアの構築に、WordPressを利用する企業も増えてきています。

特に自社の商品・サービスに関する記事を投稿し、そこからリード(見込み顧客)の獲得を狙ったオウンドメディアが多く、サイトの構築から日々の記事作成まで外注している企業は少なくありません。WordPressを使ってWebサイトの構築をするだけでなく、そこに投稿する記事の作成までまとめて請け負っている人もいます。

WordPressのテーマ作成

WordPressのテーマを作成する仕事もあります。WordPressにおけるテーマとは、サイト全体のテンプレートのことを言い、Webページのデザインがセットで提供されているものです。テーマを変更するだけでWebサイトのデザインを一新できるため、サイトの雰囲気を変えたい場合やリニューアルを行いたいときに便利です。

ただし、あくまでもテンプレートを利用するので、自社で他にはない独自のデザインを採用したい場合は、テーマそのものを作成しなければいけません。そのため、WordPress関連の仕事には、テーマを作成する案件もあるのです。

プラグインの作成

WordPressに実装するプラグインの作成をしている人もいます。WordPressを使ったWebサイトに新しい機能を実装したい場合、通常はプラグインを入れますが、自社のサイトに合ったプラグインがない場合は作成を依頼する企業は珍しくありません。

WordPressには非常に多くのプラグインがありますが、それでも自社のWebシステム用のプラグインが欲しいと考える企業は少なくありません。システム開発に近い案件なので、Webサイトの制作や運用に比べると対応できる人は少なくなりますが、逆に言えば、プラグインの開発ができれば対応できる案件の幅が広がります。

WordPressを用いた副業

WordPressを使って、Webサイトの構築や運用サービスを提供しているWeb制作会社やフリーランスのクリエイターは多くいます。では、WordPressを使って副業することは可能でしょうか?

副業としてこなせる案件も多い

結論を言えば、副業として行えるWordPressの案件も多くあります。上記のように、数あるCMSの中でもWordPressは日本国内で80%以上のシェアがあり、Webサイトの制作や運用、オウンドメディアの記事作成など、さまざまな案件があります。

その中には、企業に勤めながら週末など限られた時間でこなせる案件も多く、Web制作の実務経験がなくても取り組めるものも少なくありません。これから副業を始める人にとっても、案件を取りやすい状況にあると言えるでしょう。

WordPressで仕事をするのに必要なスキル

それでは、WordPressで仕事をするのに必要なスキルを確認しましょう。基本的には、WordPressの運用知識とHTMLCSSなどのスキルがあれば仕事は請けられます。

HTMLとCSSのスキル

Web制作の基本となるHTMLCSSのスキルは押さえておきましょう。WordPressはこれらの知識があまりなくても、Webページの追加や更新はできます。

しかし、仕事としてWordPress関連の案件を請けるには、コーディングの基本となるHTMLCSSの知識は必須レベルです。数あるプログラミング言語の中でも習得が容易なので、WordPressを使った案件をメインにこなしていくならば、ぜひマスターしておきましょう。

JavaScriptやPHPの知識

Webサイトに動的な要素を実装させる場合は、JavaScriptの知識も必要です。

さらに、WordPressはサーバーサイド言語の代表格であるPHPで構築されているので、カスタマイズを行う際にはPHPのスキルも求められます。Webサイトの運営や記事の作成などの案件では必須ではありませんが、獲得できる案件の幅を広げたい人は、習得しておくと良いでしょう。

テーマの作成スキル

こちらもWordPressを使った案件を請けるだけならば必須ではありませんが、テーマを自由に作成できるようになれば、高単価の案件を多く受けられるようになります。

テーマの作成に関しては、定期的に大規模な仕様変更が行われるので、常に最新の情報を入手しておくことが大事です。古いバージョンの作成方法だと、最新版のWordPressに適用できない場合もあるので注意しましょう。

WordPress案件を獲得するためのポイント

次に、WordPressを使った案件を獲得するためのポイントを解説します。フリーランスの方はもちろん、副業としてWordPressを使う場合も、効率的に案件を獲得する方法を知っておくことは収入アップにつながります。

規模の小さい案件から始める

WordPressを使う仕事に限らず、初めてフリーランスや副業として仕事を請ける場合は、まず規模の小さい案件から始めた方が良いでしょう。

規模の大きい案件になると、相応の実務経験やスキルが求められるため、まだ経験がないうちはクライアントの求めるクオリティを満たすことができず、信頼を失ってしまうリスクがあります。

業務に慣れるまでは、単価は低くても簡単にこなせる仕事から始めた方が無難だと言えます。時間の掛かる難しい案件でも十分にこなせる力が身に付いてから、自信を持って案件を請けるようにしましょう。

ポートフォリオを作成する

WordPressを使って作成したWebサイトやテーマ、プラグインなど、クライアントにスキルを証明できるポートフォリオを作成しておくことも重要です。

クリエイターの就職・転職において、応募先の企業担当者はポートフォリオを確認して合否判定をしますが、フリーランスの場合でも、クライアントは相手のスキルをポートフォリオで確認することが多いです。

質の高いポートフォリオを作成しておけば、実務経験が足りなくても受注率をアップさせることが可能なので、本業の傍らで副業を考えている人であっても、ポートフォリオは作成しておくことをおすすめします。

Offers Jobsを利用する

クラウドソーシングサイトや、副業案件マッチングサイトなどを利用するのが案件を獲得する早道です。中でもOffers Jobsは週1から稼働可能な高単価案件や、週5で稼働できる高単価案件が多数掲載されています。

その為、副業を探している方や安定した収入を得たい人におすすめです。

いずれにしても、多くの案件を獲得できるようにするためには、クライアントに仕事を依頼したいと思ってもらえるだけのスキルが必要となります。

\ エンジニア/デザイナーのための案件サイト『OffersJobs』 /

平均時給4000円以上、週1案件が半分以上!

Offersで副業を始めませんか?

WordPressの案件一覧

仕事を請ける際の注意点

では最後に、WordPressを使った仕事を請ける際の注意点を説明しておきます。WordPressに限らず、案件を請ける際には以下の点に注意を払うことが大事です。

料金相場は必ず確認する

案件を請ける前に、料金相場はできるだけ把握しておきましょう。クラウドソーシングサイトなどには、相場よりもかなり安い対価しか払われない案件もあるため、相場を知らなければ、不当に安く仕事を引き受けてしまう可能性があります。

案件に費やした時間と労力に釣り合った報酬を得るためにも、同じような案件の報酬額を確認しておきましょう。

また、契約時に内容を確認しておかなければ、クライアント側と認識のそごが発生してトラブルに発展する可能性もあります。具体的な業務内容と対応範囲も、しっかりとチェックしておく必要があります。業務委託契約を交わす場合には、契約書の内容をきちんと確認しておくのも基本です。

相手と積極的にコミュニケーションを取る

業務契約の相手方と、積極的にコミュニケーションを取るようにしましょう。WordPressの案件に限らず、Web制作やWebサイトの運用に関わる仕事は、基本的にインターネット経由でクライアントとやり取りしなければいけません。

相手方と必要なコミュニケーションを取っておかなければ、業務の遂行に支障が出たり、やり直しや修正が頻発したりする恐れがあります。

逆に、密なコミュニケーションを取っておけば、信頼関係の構築につながるので、次の案件を得られる可能性が高まります。基本的にビジネスチャットを使ってやり取りする場合が多いため、ChatworkやSlackなどのコミュニケーションツールは、事前に使えるようにしておきましょう。

まとめ

WordPressを使った仕事の案件と、仕事を請ける際のポイントを解説しました。WorPressはオープンソースのCMSであり、世界中で多くのWebサイトに使われています。

拡張性やカスタマイズ性が高く、案件数が豊富なので、フリーランスとして案件を請けたり、副業で仕事を請けたりするのにも向いています。案件を請ける際には、きちんと料金相場を確認しておき、相手と良好なコミュニケーションを取るようにしましょう。

継続的に案件を請けられるようになれば、安定した収入を得られます。

Offers」は、時代の変化や環境にあわせてスキルを磨きたい、そんな人にぴったりのサービスです。

いくつもの転職媒体を使って、企業を探し回るのはもう終わり。「副業」から始まる新しい働き方を実現します!

本業では経験できない、新しい環境/開発スタイルを経験しよう!



この記事をシェア

関連記事


副業・フリーランス

プログラミング

インタビュー

デザイン

お金

採用・組織

グルメ