メカニックの仕事内容を紹介。エンジニアとの違いについても解説

『メカニック』の仕事をご存じでしょうか?現代社会においてメカニックの持つ役割は欠かせません。メカニックの仕事の内容や働き方、エンジニアとの違いについて解説しますので、メカニックに対する理解を深めていきましょう。

Offers」は、転職せずに収入を増やしたい、そんな人にぴったりのサービスです。なかなか収入アップが難しい会社でも、今までの経験やスキルを他社で活かしつつ、効率的に収入を増やすことができます。

→「Offers」をもっと詳しくみる!

メカニックとは

メカニックという言葉を耳にしたことはあっても、具体的にどのような仕事なのかご存じない人もいるのではないでしょうか?まずはメカニックの概要やエンジニアとの違いについて見ていきましょう。

特に自動車の修理や点検をする仕事

メカニックとは機械工のことですが、とりわけ自動車を専門に扱う職業を指して用いられる言葉です。

自動車の修理や点検に加え、分解や組み立てもできる自動車に関するエキスパートの人達に対し、メカニックという言葉が使われます。

エンジニアとの違い

メカニックが整備や点検といった実作業が仕事であるのに対し、エンジニアの場合は自動車の設計なども仕事の範疇です。

エンジニアの定義はかなり広く、システムエンジニアやWebエンジニア、インフラエンジニアなどさまざまな種類のエンジニアが存在します。

自動車整備会社で働く場合が多い

メカニックは自動車整備会社で働く場合が多いようです。見習いとして自動車整備会社に勤務しながら必要な資格をとるという形や、自動車専門学校を卒業して、そのまま自動車整備会社に就職するというのが一般的な流れになります。

近年では、ガソリンスタンドや塗装修理を行うペイントショップなど、働き口は広がっているようです。

レーシングカーを扱うこともある

メカニックには、レーシングカーの整備や調整を行うという仕事もあります。

自動車レースは刹那を競う世界であるために、自動車に対する高度な理解と整備技術が求められるでしょう。特殊な部品が使われるため、それらに対する知識や、常に最新の技術について情報を収集する姿勢も必要となります。

メカニックに必要なスキル

メカニックとして活躍するためにはどのようなスキルが必要なのでしょうか?それを知ることで、メカニックという仕事をいっそう深く理解するのに役立つでしょう。

正確な知識と判断力

自動車は大きな力を持っている精密機械です。ちょっとした整備不良が事故につながります。適切な整備をして自動車の安全を確保するために、自動車に関する正確な『知識』を持っていることが求められるのです。

また1台の自動車にかけられる点検や整備の時間は有限です。限られた時間の中で自動車の不調を発見し、最適な処置を施すための『判断力』や注意力も、メカニックにとって欠かせないスキルと言えます。

技術力

メカニックにとって技術力があることは前提条件でしょう。どの程度の技術があれば良いかという基準については、メカニックの国家資格が参考になります。

『自動車整備士』は国家資格です。3級から1級のランクに分けられていて、高いランクの資格を持っている人ほど、高度な整備をすることが許されます。どの資格にも実務経験が必須なため、現場で働きながら目指す人が多いです。

また自動車整備士は、『3級自動車ガソリン・エンジン整備士』や『3級自動車ジーゼル・エンジン整備士』など、扱う自動車の種類によって分類されています。

自身の持つ技術の証明にもなりますので、国家資格の取得を考えてみるのもおすすめです。

『自動車整備士資格試験』

メカニックの働き方

それでは最後に、実際にメカニックがどのような現場で働いているのか、働き方を紹介します。

自動車整備会社やレースチームに就職

自動車整備会社やレースチームに就職するというのが、メカニックとして一般的な働き方と言えるでしょう。

どちらの場合も、求人を出していることがありますので、就職を考えている場合は各ホームページや求人サイトをチェックしてみましょう。

募集要項は働き先によって大きく異なる場合があります。特にレースチームは、国家資格以外にもモータースポーツの経験や、一定以上の体力水準について記載されていることもあるため、募集要項をよく確認しましょう。

パートタイム求人もある

パートタイムで自動車整備士の求人を出している会社もあります。未経験でも働ける敷居の低い会社も多く、自動車整備士がどんな仕事なのかを知るために応募してみるのもよいでしょう。

資格を持っていれば時給が上がることもあります。ガソリンスタンドや自動車会社などさまざまな企業が求人を出しているので、業務内容も含めて確認してみましょう。

自動車整備士の派遣会社もあります。

まとめ

自動車の整備や点検など、自動車に関する整備を行うのがメカニックです。エンジニアの場合はもう少し広義的で、設計まで携わることがありますが、メカニックの場合は現場での作業がメインとなります。

自動車整備会社や工場、レースチームなど、働き口は豊富で、それぞれに求められているスキルが違いますので、応募する前に確認しましょう。

自身の技術の証明として、自動車整備士の国家資格をとるのもおすすめです。

Offers」は、時代の変化や環境にあわせてスキルを磨きたい、そんな人にぴったりのサービスです。

いくつもの転職媒体を使って、企業を探し回るのはもう終わり。「副業」から始まる新しい働き方を実現します!

本業では経験できない、新しい環境/開発スタイルを経験しよう!



この記事をシェア

関連記事


副業・フリーランス

プログラミング

インタビュー

デザイン

お金

採用・組織

グルメ