フロントエンドエンジニアでフリーランスを目指す。必要なスキルは?

エンジニアにはさまざまな種類があります。その中でもWebサイトのユーザーの見える部分を担当する『フロントエンドエンジニア』について、フリーランスで目指す際に必要になるスキルや経験、需要について詳しく解説していきます。

Offers」は、時代の変化や環境にあわせてスキルを磨きたい、そんな人にぴったりのサービスです。「副業・複業」で、本業では経験できない、新しい環境/開発スタイルを経験しよう!

→「Offers」をもっと詳しくみる!

フリーランスフロントエンドエンジニアの仕事内容

Webサイトを設計する際のエンジニアの仕事には、フロントエンドやバックエンド、サーバーサイドなどさまざまな役割があります。フリーランスでフロントエンドエンジニアの仕事を目指していくに当たって、まずはどんな仕事があるのか、仕事内容を見ていきましょう。

ユーザーに見える部分を構築する

フロントエンドとは、Webサービスやアプリケーションでユーザーの目に直接触れる部分のことです。Webデザイナーが設計したサイトデザインを元にして、サイト全体の設計や構築、動的なアクションやフォームなどの機能を設計・構築します。

Webサイトを訪問したユーザーにとって操作性が良く使いやすいサイトにすることが、フロントエンドエンジニアの役割です。フリーランスであっても会社勤めのエンジニアであっても、この定義が大きく変わることはありません。

独立前に身に付けたいスキル

フロントエンドエンジニアのフリーランスとして独立する前に、仕事を獲得するために身に付けておきたいスキルはいくつもあります。その中でも代表的なものを紹介しましょう。

まず、Webサイトやアプリケーションを作るためのプログラミング言語と、コーディングのスキルです。HTMLCSSはもちろん、JavaScriptPHPなどはよく使われるので、最低限は使いこなせるスキルが必要になります。

また、コーディングに伴い、フレームワークやライブラリに関する知識も現場では求められます。

CMSを扱う知識も必要です。近年のWebサイトは企業であっても、CMSで組み立てているものが多くあります。そのためにも、CMSの中でも特に人気があるWordPressの知識も身に付けておきましょう。

フリーランスフロントエンドエンジニアの需要

フロントエンドエンジニアを目指したところで、需要がなければ仕事を受けることができません。フロントエンドエンジニアを目指すにあたり、需要や必要なスキル、年収を決める要因について把握しておきましょう。

質の高い仕事ができるエンジニアは需要あり

近年のWebサイトはノーコードで作成できるツールが登場し、CMSで作成できることもあり、簡単なコーディングやデザインであれば、エンジニアに依頼せずに作成できてしまいます。そのため、エンジニアにはより高度で質の高い仕事が求められるようになってきています。

ライブラリやフレームワークを扱えるスキル、ユーザーの操作性やクライアントの要望に応えられるエンジニアであれば、フリーランスとして仕事を受けることも難しくはないでしょう。

JavaScriptなどプログラミング言語を習得する

フロントエンドエンジニアの仕事と関連性が深いプログラミング言語の一つに『JavaScript』があります。HTMLCSSよりも難易度が高いため学習時間は増えますが、その分扱えると意匠性は増します。JavaScriptのフレームワークも含めて扱えると、より市場での需要は増すでしょう。

JavaScriptなどのプログラミング言語を用いる事で、表示された画面に動きを与えたり、他のツールやアプリとの連携、複雑な動きをするアプリケーションの作成を行えたりするため、Webサイトの自由度が高まり、クライアントの高度な要求にも応えることが可能になります。フロントエンドエンジニアを目指すのであれば、自分の適正にあったプログラミング言語の習得を行いましょう。

年収を決める要素

フロントエンドエンジニアの年収を決める要素はいくつかあります。その中でも最も大きな要因は、案件単価でしょう。一つの案件の報酬は開発予算やプロジェクトの規模によっても異なりますが、多くの企業で上流工程である、もしくは難易度の高い案件ほど報酬は高くなります。

また、フリーランスの場合は会社勤務とは違い、別の会社から複数同時に受注することも可能です。案件数がそのまま報酬に直結するフリーランスは、受注件数を増やせば、その分報酬もアップします。

しかし、1日は24時間と限りがあり、案件数を増やすとしても上限があります。あまりに増やしすぎてしまってはブッキングの危険性や、多忙による体調不良の危険性もあります。その為、最終的には1件あたりの案件の単価を高額にできるよう意識しましょう。

1件あたりの案件単価を上げるには、フロントエンドエンジニアの中でも秀でている必要があります。その為にもプログラミング言語の習得や役立つ資格の獲得を目指しましょう。また、スキルアップしながらさまざまな案件にチャレンジし、実績を作りましょう。

フリーランスのフロントエンドエンジニアの案件獲得方法

会社に所属している社内エンジニアとは異なり、フリーランスの場合は自分で案件を獲得しなければ仕事にはつながりません。まずは、案件を獲得するための準備をしましょう。どのような準備が必要かを詳しく解説していきます。

ポートフォリオで実力をアピール

エンジニアの世界では、スキルや資格も重要ですが、開発現場の経験も重宝されます。そのため、経験や実績を魅力的にアピールすることが重要です。自分の経験や実績、成果物をまとめたポートフォリオの作成は必須となります。ポートフォリオには紙とWebがあり、どちらも作成しておくとどのような場面でも対応ができるでしょう。

『GitHub』の活用も有効です。GitHubとは、インターネット上でプログラムコードを共有・公開ができるプラットフォームを指します。GitHubはエンジニアのプログラミングの技術が瞬時に判別できるため、ポートフォリオの代わりに提出を求められることもあります。制作したWebサイトやアプリがあるのなら、GitHubで公開すると良いでしょう。

小規模なWeb制作で実績づくりから

フロントエンドエンジニアの仕事は、主にWebサイトやWebアプリの作成がメインとなります。そのため、作成したコードの提出や資格の有無よりも、実際に作成したWebサイトがあれば、何よりも実績としてアピールが可能です。

Webサイトやアプリはクラウドソージングなどで単発案件として募集していることも多く、駆け出しのエンジニアでも実績もつくりやすいでしょう。Webサイトへやアプリの制作などで、簡単な実績づくりから始めてみると、次の仕事に繋がりやすくなります。

フリーランスのフロントエンドエンジニアの高単価案件を獲得するために役立つ経験

フロントエンドエンジニアで高単価の案件を獲得するためには、以下に紹介するような経験や実績を持っておくと有利です。キャリアアップの参考にしましょう。

フレームワーク、ライブラリを使用した開発経験

実際の開発現場において、一からコードを作成することはほとんどありません。大規模開発になるほど、プログラミング作成の土台となるフレームワークや、よく使われる機能をまとめたライブラリを使って開発を行います。こうしたフレームワークやライブラリを使った開発経験があると、より大きなプロジェクトに参加しやすくなり、報酬も増えるでしょう。

フロントエンドエンジニアであれば、JavaScriptのライブラリである『React.js』や『jQuery』はよく使われるので、習得して開発した経験を持っておくと、高単価の案件にアサインしやすくなります。

上流工程の経験

エンジニアの仕事は、顧客からのヒアリングや要件定義などの上流工程と、コーディングやテストなどの下流工程に分かれます。上流工程ほど人材としての希少性が高く、全体の設計に関わることから報酬が高くなっていくのです。

高単価案件を獲得するためには、上流工程の経験があると重宝されるでしょう。

また、フリーランスの場合、上流工程を経験しておけば、企画から運用・保守までの一連の仕事をすべて請け負うことも可能です。Webサイトやアプリの開発を一人でこなすことができれば、アサインできる案件も増えるため、より単価の高い案件を選べるようになります。

サーバーサイド開発経験

サーバーサイドとは、Webにおけるサーバー側の処理のことです。ユーザーがWebサイト上でボタンをクリックするのはフロントエンドの管轄ですが、「ボタンが押された」という操作を受けて、サーバー側がどういった処理を行うのかプログラムを組むのはサーバーサイドエンジニアの仕事となります。

フロントエンドだけでなく、サーバーサイドの開発も経験があると、サーバー側がどういった流れで仕事をしているのかが理解できるため、他の管轄と連携がとれるエンジニアとして重宝されます。またフロントとサーバーの両方の仕事を任されることもあるでしょう。開発全体の管理を行うプロジェクトマネージャーなどの仕事にも就く道が開けるでしょう。

フロントエンドの仕事をある程度こなしたら、サーバーサイドやバックエンドの開発にも参加し、プロダクト全体に携われるようになることで、報酬アップが見込めます。

まとめ

インターネットの発達やスマホの普及を要因に、Webサイトやアプリの開発案件は多くあります。そのためフロントエンドの仕事は需要も多く、フリーランスのフロントエンドエンジニアとして活動していく下地は整っていると言えます。

その中でもより高額報酬を獲得したいと考えるのであれば、上流工程の仕事やサーバーサイドの開発経験といったフロントエンドエンジニア以外の経験実績も必要になってきます。仕事の幅を徐々に広げていき、アサインできる案件を増やすことで、より好条件な案件獲得に繋がりやすくなるでしょう。

Offers」は、時代の変化や環境にあわせてスキルを磨きたい、そんな人にぴったりのサービスです。

いくつもの転職媒体を使って、企業を探し回るのはもう終わり。「副業」から始まる新しい働き方を実現します!

本業では経験できない、新しい環境/開発スタイルを経験しよう!



この記事をシェア

関連記事


副業・フリーランス

プログラミング

インタビュー

デザイン

お金

採用・組織

グルメ