フリーランスWebデザイナーが年収を上げる方法。高収入のコツ

フリーランスのWebデザイナーが年収を上げる方法を紹介します。売り手市場のため、他の業界と比べると年収は高い傾向にありますが、年収を増やすためにはいくつかポイントがあります。適切に年収増を図る方法を解説するので参考にしてみてください。

Offers」は、転職せずに収入を増やしたい、そんな人にぴったりのサービスです。なかなか収入アップが難しい会社でも、今までの経験やスキルを他社で活かしつつ、効率的に収入を増やすことができます。

→「Offers」をもっと詳しくみる!

フリーランスWebデザイナーとして年収アップを目指そう

フリーランスのWebデザイナーとして活躍するためにも、まずは会社勤めのWebデザイナーとの違いを理解しましょう。具体的な相違点の紹介や年収アップにつながる考え方を解説します。

企業に勤めるWebデザイナーとフリーランスの違い

会社で働いているWebデザイナーとフリーランスのWebデザイナーとの違いは、働き方と収入面にあります。

会社で働くWebデザイナーは、働く場所と時間が決められていますが、最低限の収入は保障されており、安定した生活を送ることができます。収入の上がり幅自体は緩やかな傾向にあり、年収にはある程度の上限もあります。

一方でフリーランスは働く時間や場所の自由度が高く、自分にあったライフスタイルで仕事ができます。収入面では、一定の収入が保障される事がないため不安定です。しかし、企業と直接のやりとりができ、交渉やアピールも自発的に行えるため高収入も期待できます。

会社勤めとフリーランスのどちらが良い悪いということではなく、自分に合った働き方を選ぶことが大切です。

年収1000万円以上稼ぐWebデザイナーの特徴

フリーランスで働くWebデザイナーの平均給料は30〜40万円で、平均年収は350万円と比較的高い水準にあります。

一般社団法人プロフェッショナル&パラレルキャリア・フリーランス協会が2018年に出した調査結果「フリーランス白書 2018」によると、IT・クリエイティブ系フリーランスの年収1000万円以上は4%でした。

1000万円以上の高収入を稼ぐWebデザイナーはひと握りではあるものの、不可能ではない事が分かります。しかし、自分のスキルやセンスを磨くだけでは、年収1000万円は厳しいと言わざるを得ません。

まずはクライアントから仕事を継続してもらうことを意識しましょう。そのためには、クライアントとの信頼関係を築くことが重要になってきます。信頼関係を築くことで、継続してクライアントから仕事の依頼が来るようになります。

出典:webデザイナーの平均年収|平均年収.JP

出典:プロフェッショナルな働き方・フリーランス白書 2018|プロフェッショナル&パラレルキャリア・フリーランス協会

自分をどのように売り込むかが重要

フリーランスのWebデザイナーとして年収を上げるには自分の売り込み方、ブランドイメージが大切です。Webデザイナーとしてどのように認知されたいのか、また提供できる価値を明確にします。

売り込み方を決めたら、どのような業界がクライアントになるのかを絞っていきましょう。クライアントがWebデザイナーに対して、何を求めるのか考えていきます。

業界を絞り込んだ後は、潜在顧客がどの程度いるのかを想定します。フリーランスとの仕事に慣れているクライアントかどうかも確認しておくのがおすすめです。

自分が伝えたいブランドイメージをはっきりとさせて、クライアントに対して正確に伝えられるようにしておきましょう。

【平均時給4000円】Offersなら副収入で月収20万円アップ

業績や昇進による給与アップは時間がかかり、安定しないことが多いです。今までの経験やスキルを他社で活用しつつ、効率的に収入を増やす事ができる方法があります。それは、転職せずに収入を増やしたいと考えている人にピッタリの副業マッチングサービス「Offers」の活用です。

エンジニア・デザイナーのためのマッチングサービスであるため、エンジニア・デザイナー副業案件を探している方にちょうどよい案件が見つかります。Offersマッチング案件の半数は時給4000円以上と高単価で、良質な案件が揃っています。

登録すると、①経歴やスキルを見た企業からオファーが届く、②自分で案件を探して応募する、の2種類の方法で案件と出会うことができます。

まずはカンタン3ステップでOffersに登録

OffersJobsで案件を見る

Webデザイナーの案件量を増やして年収を上げる

年収を上げる最も手近な方法として、請け負う案件数を増やす方法があります。特にフリーランスのWebデザイナーであれば、人脈を広げることや営業を掛けることが非常に重要になります。

Webデザイナーとして人脈を広げる

仕事量を増やし年収を上げるには、人脈を広げる必要があります。人脈を広げることで知名度もあがり、仕事の依頼量の増加が見込める為です。

人脈を広げるための例として、友人や会社員時代の同僚にWebデザイナーをやっていると伝えておくことが挙げられます。声を掛けられる可能性が増え、仕事の受注につながり年収アップにつながります。

仕事をもらうときの前提として、Webデザイナーとしてのスキルがあることは必須です。人脈を広げてもスキルが不足していては依頼はなかなか増えない為、スキルを磨いておきましょう。

地道な営業活動をする

フリーランスとして仕事量増やすためには、地道に営業活動していくことも大切です。

例えば、個人経営のお店はWebサイトのデザインを変更したい場合や、Webサイトを一新したいと思っても、予算や時間がなく手が回らないという事も有り得ます。

一店舗ずつ丁寧にメールや電話などを使って、営業を掛けていきましょう。営業を行う際は自身のスキルや技術、成功例やどんな事をしてどんな貢献ができるかをアピールし、成功確率を少しでも上げていきます。リーズナブルな価格で始めるのであれば価格をアピールしても良いでしょうし、自身のデザインサンプルなどを併せて送付しても良いでしょう。スキルの証明となるのと同時にクライアント側もイメージが膨らみ、アピールがしやすくなります。

Webデザイナーの案件単価を上げて年収を上げる

年収を上げるための方法として、仕事の単価を上げることも有効な手段です。年収を上げるためには、スキルを幅広く身に付ける必要があります。

一次請けまたは二次請けで受注する

仕事の依頼を受ける際には間にフリーランスエージェントをはさみ、一次請けもしくは二次請けで仕事を受注することをおすすめします。仕事を巡るトラブルや営業工数が増えるといったリスクの軽減につながるからです。

2021年5月に内閣官房日本経済再生総合事務局が行った「フリーランス実態調査結果」によると、仲介事業者を利用している者のうち、「仲介事業者とのトラブルを経験した」との回答は20.9%でした。

仲介業者を利用している者の中で約8割が「トラブルは経験していない」と考えると、受注先と直接やりとりをしてトラブルに遭うよりはリスクが低いでしょう。

一方で、間に仲介業者を挟む事によってレスポンスが遅くなるなど効率的ではない側面もあります。

Offersの案件は週1・時給4000円以上が半数を占めており、かつクライアントと直契約です。あなたのスキルや実績、経験を見た企業からオファーが届くので熱量も高く、効率的に収入アップが測れるのでおすすめです。

まずは簡単3ステップでOffersに登録

OffersJobsで案件を見る

幅広いスキルで周りと差をつける

フリーランスのWebデザイナーとして活躍し年収を上げるためには、幅広くスキルを身に付けることが大切です。

実務経験やコーディングスキルなど求められるスキルのレベルが上がるほど、他のデザイナーとの差別化ができ、選べる案件数や依頼量も増え、単価も上がります。UI/UXデザインなどが含まれる案件であれば、より高単価になり、さらなる年収アップを期待できるでしょう。

PhotoshopIllustrator、コーディング言語のHTMLCSSに関する知識は、基本スキルとして扱えるようにしておきましょう。基本的なスキルを身に付けた上でJavaSprictやPHPを使うことができれば、業務の幅も広がり需要が増えるでしょう。

効果を出すサイト構築

クライアントの要望を満たすサイトを構築するには、マーケティングの知識が必要です。サイト構築をする目的は、クライアントによって異なります。

例えばECサイトを構築したいクライアントの目的は、売り上げを増やすことです。Webデザイナーにはオシャレなサイト構築だけではなく、収益性のある設計が求められます。

クライアントからの依頼を成功させ評価を高めるには、マーケティングの知識や経験は積んでおくと良いでしょう。

Webデザイナー案件の価格交渉のコツ

仕事量を増やす以外も、単価交渉を成功させることで年収を増やすことができます。交渉が苦手という方もいるでしょう。しかし、フリーランスとして自分自身を適切に評価してもらうためにも必須のスキルです。特に高収入を狙うのであれば、価格交渉のコツは必ず抑えておきましょう。

自分の価値に見合った対価を意識する事

単価交渉を成功させるためにはクライアントにどのような価値を提供できるのか、求める対価と釣り合いが取れているか考える必要があります。

クライアントに対して、単に「単価をこの額に上げてほしい」と伝えるだけでは交渉はうまくいきません。クライアント側はできるだけ費用を抑えたいので、単価を上げることに抵抗があるからです。

単価を上げるためには、クライアントに納得してもらうための根拠が必要です。自分なりの単価テーブルを作成して金額の妥当性を強め、価格交渉の材料を用意します。

提示する金額に対して十分な根拠があれば、クライアントに対して自信を持って交渉できるようになるでしょう。

ポートフォリオを魅力的に設計する事

クライアントはWebデザイナーに詳しい人ばかりではありません。例え詳しい相手であっても、ポートフォリオはパッと見ただけで技術やスキルを相手に伝える事ができる為、必ず提出しましょう。

また、内容をどのように掲載するかも非常に重要です。何故なら、一例としてポートフォリオが非常に見にくい場合、読み手は最後まで読まず離脱してしまう可能性が高くなり、全く魅力が伝わらず終わってしまう事も有り得る為です。

ポートフォリオを制作する際は見る相手の立場に立って考え、面倒なプロセスなしで簡単に魅力が伝わるよう意識したり、いくつもの事例を掲載できるのであれば最後まで見たくなるような設計を心がけましょう。

支払いサイトとのバランスを考える事

価格交渉をする上で、取引の締め日から代金が支払われるまでの期間「支払いサイト」にも留意しましょう。支払いサイトは国内の商習慣では「月末締め翌月末支払い」が多く採用されています。

代金を受け取る側からすればサイトが短ければ短いほど早く現金を手に入れられるメリットがありますが、代金を支払う側からすれば、サイトが長いほど資金繰りが安定するメリットがありますので、双方で交渉して決めておく必要があります。

仮に支払いサイトを現状より短くしたいのであれば、クライアントから値引きの交渉を受けたときが良いでしょう。値引きを受ける代わりに支払いサイトの短縮を交渉の材料にします。

支払いサイトの短縮はフリーランスにとって、生活の基盤の安定化になる重要なポイントです。交渉を有利に進め、支払いサイトの短縮を受け入れてもらえる可能性を上げましょう。

まとめ

フリーランスのWebデザイナーとして年収を上げる方法をご紹介しました。

年収を上げるには、実績を積み上げつつ地道な営業活動をして、仕事量を増やしましょう。またクライアントと交渉をして、仕事単価を上げる必要がありますが、根拠を提示して粘り強く交渉しましょう。

今すぐにフリーランスとしてやっていくのは、難しいと感じた方も多いのではないでしょうか。まずは副業としてWebデザイナーの仕事を請け負いながら、スキルや人脈を広げてみるのも良いでしょう。自分にあった方法で年収を上げていきましょう。

Offers」は、時代の変化や環境にあわせてスキルを磨きたい、そんな人にぴったりのサービスです。

いくつもの転職媒体を使って、企業を探し回るのはもう終わり。「副業」から始まる新しい働き方を実現します!

本業では経験できない、新しい環境/開発スタイルを経験しよう!



この記事をシェア

関連記事


副業・フリーランス

プログラミング

インタビュー

デザイン

お金

採用・組織

グルメ