独立に役立つ資格には何がある?選び方や主な資格の年収目安

世の中には数多くの資格が存在し、意義や特徴、優位性がそれぞれ異なります。資格の取得は独立に必須ではないものの、適切な資格の取得は独立を有利に進められます。独立後の明確なビジョンを描くためにも、独立に向く資格の選び方を理解しましょう。

Offers」は、時代の変化や環境にあわせてスキルを磨きたい、そんな人にぴったりのサービスです。「副業・複業」で、本業では経験できない、新しい環境/開発スタイルを経験しよう!

→「Offers」をもっと詳しくみる! かんたん60秒で副業を始めてみる

独立しやすい職業や条件

『独立』とは、『独り立ちする』という意味です。ビジネスにおいては、会社に雇用される立場を退き、自ら事業を立ち上げることを意味します。一人でも無理なく始められる仕事にはどんなものがあるのか、職種と主な条件を解説します。

独立しやすい職業とは

専門性の高い知識や技術がなくても始めやすい、独立に向く職業をいくつか紹介します。

ライター 一定の文章力があれば誰でも始められる職業です。PC1台でスタートでき、自宅での作業が可能なのでランニングコストも最小限に抑えられます。
ネットショップ 自分で作るハンドメイド品や、家族や知り合いから集めた不用品を売る方法なら、仕入れ資金や在庫のリスクを軽減できます。既存の大手ショッピングサイトやオークションサイトを利用することで、集客の手間も省けます。
サイトやブログの運営 ライターと同じく、PCさえあれば自宅で仕事ができます。ライターが労働集約型の仕事なのに対し、サイトやブログ運営は資産構築型の仕事なので、軌道に乗れば何もしなくても収入を得られる可能性があります。
カウンセラー 様々な悩みの解決に向けてサポートする仕事です。集客さえできれば自分の得意な分野で活動できます。アドバイスがお金になるのでランニングコストはほとんどかからず、在宅での業務も可能です。

独立しやすい主な条件とは

独立しやすい職業にあてはまる主な条件は、『費用が最小限で済む』『利益率が高い』『継続性がある』の三つといえます。それぞれについて考えてみましょう。

初期費用や固定費など、仕事においてはお金がかからないに越したことはありません。自宅で作業ができたり、PCだけで業務ができたりする仕事ほど、費用を抑えられます。

利益率の高さは収入に直結する要素です。利益率を高くするには、できるだけ原価を抑えられるものを扱える仕事がよいでしょう。物販系は利益率が低いので、独立に向く仕事ではないといえます。

継続性があると仕事の長期安定が望めます。固定客をつかみやすく、長期契約しやすいサービスを扱えると、継続性を保ちやすく収入も安定するため独立に向いています。

資格の選び方

適切な資格の取得は、独立を成功させる上で大きなメリットになります。自分の夢や能力と照らし合わせ、本当に役立つ資格を選択することが重要です。

資格の特権

資格の中には、資格保有者のみ行うことのできる独占業務があります。例えば、弁護士や税理士といった士業は、独占業務を持つ職種が多い資格です。差別化を図る上でも、特権のある資格を優先的に検討するとよいでしょう。

また、専門性の高い資格は、高い技術を持つ証明にもなります。IT関係の資格はその代表例です。仕事をする際の『看板』や『名刺』のような役割を果たしてくれる存在といえるでしょう。

案件を受注する際に、特定の資格保有が必須条件となる場合もあるので、希望する業種に関連した資格は、できるだけ取得する意識を持つとよいでしょう。

ニーズへの対応

資格を選ぶ際は、その資格を活用しながら仕事をする上で、どのようなニーズに対応できるかを考える必要があります。例えば、特定の分野における知識の定着度を確かめることが主な目的の資格は、その資格をもって仕事を始めても、一定のニーズに対応できるとはいえません。

ニーズを明確にする目的で資格を所得することで、独立後のビジョンも描きやすくなります。独立後に希望する仕事のターゲットが明確であれば、よりニーズを高められる資格の取得を検討する必要もあるでしょう。

難易度

資格の難易度は、資格によって大きく変動します。合格率が100%近いものもあれば、毎回10%を切るような資格もあり、基本的には合格率が低い資格ほど難易度は高くなります。

資格の難易度は、基本的に資格が持つ価値に比例するといえるでしょう。取得が難しい資格ほど保有者が少なく、また専門性も高いので、仕事において有利に働きます。

しかし、難易度が低いからといって、取得する意味がないということではありません。自分にとってプラスに働く要素があるならば、難易度に関係なく資格取得を目指すべきでしょう。

独立に役立つ主な資格

様々な資格の中から、持っていると独立に有利な資格を紹介します。

士業

士業とは、公認会計士・税理士・弁護士・司法書士・社会保険労務士などの職業のことです。士業の資格は独立に向いた資格として人気があります。

士業の特徴は独占業務があることです。公認会計士なら監査業務、税理士なら一般税理業務が独占業務にあたり、資格保有者しか業務を行うことができません。

それぞれの士業には一定の需要があり、比較的安定した収入を見込めます。最近ではネットを活用した営業活動を行っている士業も多く、従来の地域密着型に限らない業務展開も期待できる仕事です。

IT関連業

IT関連の資格保有者に対する業界のニーズは近年とても高まっており、積極的に取得を検討すべき資格といえるでしょう。難易度の高い資格ほど高価な案件が多いので、取得できると高い収入が見込めます。

IT関連業はPCとネット環境さえあれば始められ、自宅でもできるためコストを抑えられます。独立後の仕事に向いたビジネススタイルといえるでしょう。

主な資格の年収目安と特徴

資格における年収の目安は、難易度と共に資格選びの重要な指標になります。主な資格の年収目安と特徴をチェックしましょう。

公認会計士や税理士

公認会計士や税理士は、独占業務があり独立後も成功しやすい人気の職業です。独立開業しているか、会社に勤めているかにより年収には大きな開きがあります。目安としては平均年収が約1000万円で、中には2000~3000万円の年収を得ている公認会計士や税理士もいます。

士業資格の中でも難易度が高く、それぞれ合格率は10~20%です。知名度や社会的地位も高いので、難易度に見合った年収が期待できる資格といえるでしょう。

中小企業診断士や社会保険労務士

中小企業診断士は、中小企業等に経営診断や助言を行う経営の専門家です。平均年収は約500~600万円、中には1000万円を超える年収の中小企業診断士もいます。

独占業務がなく、活躍するためには高い営業力と競合優位性が求められるでしょう。

社会保険労務士は、社会保険に関する申請書の作成や給付の手続き、指導を行う資格です。平均年収は約500万円で、独立開業により1000万円を超えるケースもあります。

企業内での専門業務に従事する社会保険労務士も多く、独立と転職どちらも視野に入れやすい資格といえるでしょう。

行政書士や宅建士

行政書士は行政手続の専門家として、各種手続の代理業務を主とする資格です。平均年収は約400~500万円です。税理士等に比べると専門性が低くライバルも多いため、独立に限らず就職や転職に向く資格といえます。

宅建士は宅地建物取引業に関わる様々な業務を行う資格です。平均年収は約350~400万円で、不動産会社などへの就職や転職に有利な資格です。独立する場合は不動産業へ参入することになるでしょう。

まとめ

独立のための資格を選ぶ際は、資格の持つ特権やニーズへの対応を考えることが重要です。士業やIT関連の資格は、仕事の目的や需要が明確なため、独立に向いた資格だといえるでしょう。

資格ごとの年収も目安にはなりますが、資格を持っているだけで収入が得られるわけではありません。独立後の事業プランもしっかりと計画し、資格を活かせる経営を目指すことが大事です。

Offers」は、時代の変化や環境にあわせてスキルを磨きたい、そんな人にぴったりのサービスです。

いくつもの転職媒体を使って、企業を探し回るのはもう終わり。「副業」から始まる新しい働き方を実現します!

本業では経験できない、新しい環境/開発スタイルを経験しよう!



この記事をシェア

関連記事


副業・フリーランス

プログラミング

デザイン

インタビュー

お金

採用・組織

グルメ