独立して採算がとれるまでの目安は?安定して採算をとるポイントとは

働き方が多様になった今、これまでの経験を活かして独立する人が増えています。フリーランスとして働きたいと考える人なら知っておきたい、採算がとれるまでの目安や安定して採算をとるためのポイントについて、例を挙げながら解説します。

Offers」は、時代の変化や環境にあわせてスキルを磨きたい、そんな人にぴったりのサービスです。「副業・複業」で、本業では経験できない、新しい環境/開発スタイルを経験しよう!

→「Offers」をもっと詳しくみる! かんたん60秒で副業を始めてみる

独立して採算がとれるまで

独立してフリーで働こうと思った際に、気になるのが収入面です。採算がとれるようになるには、どれくらいの時間がかかるのでしょうか。

フリーエンジニアが稼げるまでの目安

フリーランスの収入は、会社員と比べると不安定になりがちです。しかし、継続案件を受注できると問題を解決できる可能性があります。

例えば、フリーエンジニアであれば専門のエージェントサービスを利用することで継続案件を見つけやすくなります。

フリーエンジニアの平均年収は、個人が持っているスキルや実績によって大きく異なります。優秀な人であれば年収1000万円を超えることも少なくありません。

エンジニアの経験が少ない人でも、高収入を得やすいのが特徴です。IT業界ではエンジニア不足が深刻であり、少なくとも1年以上の実務経験があれば、フリーエンジニアとしてやっていくことは可能といえます。

エージェントサービスからの紹介で常駐案件に入ると、実務経験1年ほどで月40~50万円、実務経験3年ほどで月60~70万を稼げるというケースもあります。

アルバイトの是非

フリーランスで働く人の中には、アルバイトの掛け持ちをしている人も多いようです。アルバイトにもメリットとデメリットがあるので、よく考えた上で始めましょう。

アルバイトのメリットは、安定した収入を確保できるという点です。また、アルバイトは気分転換にも役立ちます。フリーランスになると、誰とも会話を交わさないという日もあるかもしれません。

アルバイトをすることで他の人と話す機会ができ、ストレス解消にも繋がります。また、本業と同じ職種のアルバイトを選んだ場合には、本業に役立つ知識や経験の習得を目指すことができます。

一方で、アルバイトにはデメリットも存在します。『フリーランスが本業である』という意識が薄れると、自身がフリーターなのかフリーランスなのかという区別が曖昧になり、本業がおろそかになる可能性があります。

また、拘束時間が長いというのも問題です。納期が迫っている時や、急な依頼が入った時にもアルバイトに行かなくてはならないため、本業に支障をきたすケースも考えられます。

アルバイトの隙間時間で本業の仕事を行っている場合、案件が増えた時などには注意が必要です。睡眠時間を削って無理をしているうちに、体調不良を引き起こしてしまいます。

アルバイトをする際には、フリーランスの仕事とのバランスを考える必要があります。

また、本業との区別を明確にするために、『本業で成功する』という強い意志と、『本業が軌道に乗るまでの収入源』という割り切った意識を、自分の中でしっかりと持つことが大切です。

本業だけで生活することを目標に、アルバイトを有意義に活用するといいでしょう。

\新しい環境/開発スタイルを経験するなら「0ffers」!/

Offersの詳細はこちら

知っておきたいポイント

フリーランスになるためには、どんな点に注意したらいいのでしょう。知っておきたいポイントについて解説します。

採算度外視で働くことも必要

継続案件を受注するためには、顧客からの信頼を勝ち取る必要があります。『あなたに頼んで良かった』と思ってもらうために、採算度外視で働かなくてはならない時もあるでしょう。

クオリティや誠実さに対する信頼を積み重ねていくと、単価アップや次の仕事に繋がる可能性も高まります。

また、フリーランスとしての経験を積みたい場合や、仕事の幅を広げるための投資と考える場合には、安価で仕事を受けることも必要でしょう。

今の自分にはない技術を勉強するのはもちろん、少しでも実践して経験を積んでいくことが大切です。新しい技術を身に付ければ、結果的に高単価の案件を受注でき、仕事が途中で途切れるということもなくなるでしょう。

採算度外視で働くメリット

会社に属していると、『売上は大きいほど良い』という価値観の中で働くことになります。売上を上げることに価値があるので、採算度外視の仕事はなかなか認められないでしょう。

しかし、フリーランスで働く場合は『自分の分だけを稼げばいい』ので、採算がとれなくても誰かに文句を言われることはないでしょう。また、採算度外視の仕事が全く利益にならないというわけではありません。

メリットとしては、下記のようなものが挙げられます。

  • 価値のある知識や経験を得ることができる
  • 自分が楽しいと思える仕事に携われる
  • 5~10年後に利益として自分に返って来る

短期的には難しくても、中長期的に見ると、採算度外視の仕事が自分に利益として返って来る可能性があります。

利益重視の会社組織では考えにくいフリーランスならではのポイントではないでしょうか。

安定して採算をとるためのポイント

少しでも安定して採算をとるために必要となるポイントを説明します。

強みを持つことと努力の継続

専門分野に特化した強みがあると、無理に価格を下げなくても受注に繋がる可能性が高くなります。これだけは負けないというものを自分の強みとしてアピールしていきましょう。

そうすることで自然と特定分野の案件も増えていき、仕事を進めやすくなります。フリーランスは新しいことを取り入れて常に勉強する努力も欠かせません。

特に、移り変わりの早い業界で働く人は、業種別の勉強会やセミナーなどに参加して、常に自分の知識をアップデートしていく必要があるでしょう。

仕組み作りと顧客の割合を意識

コンスタントに仕事を受けるようになると、収入が安定します。そのためには、継続受注・リピーター顧客・紹介案件を増やすことが大切です。

新しい仕事を得るために毎回営業に回るよりも、今まで繋がりのある顧客から発生する仕事であれば、営業にかける時間やコストも最小限で済みます。既存顧客から仕事が生まれる仕組みを作っていくとよいでしょう。

顧客の割合も意識する必要があります。大きな案件や継続受注を受けると、どうしても大きな仕事の割合が大きくなりがちです。しかし、少数の顧客だけに絞り込みすぎるのも大きなリスクが伴います。

リスクを分散するためにも、既存顧客や継続の案件を続けながら、新規顧客からの仕事も受けるようにします。顧客の割合は、リピーター8割・新規2割ぐらいを保つのが理想的といえるでしょう。

本業以外の負担は極力減らし効率化を図る

事務や経理・雑務など、本業とは違う仕事にたくさんの時間を割くことは、大きな機会損失を招く可能性があります。

Webサービスやソフトウェア・専門知識を持つ第三者の力を借りて、本業以外の業務負担を減らす工夫が必要です。そうすることで自分の仕事に専念することができ、収益アップも可能になります。

まとめ

収入が不安定になりがちなフリーランスでも、継続案件が得られると採算がとれる可能性が高まります。独立して間もない時には、安定収入を確保するためにアルバイトを行うこともあるでしょう。

ただし、アルバイトを行うときも『フリーランスが本業である』ということを忘れないようにしなければなりません。時には採算度外視の仕事をして、自分の知識や技術を増やす必要もあるでしょう。

自分の強みを持ちコンスタントに仕事が入る仕組みを作るなど、いくつかのポイントを意識しながら、安定して採算がとれるフリーランスになりましょう。

Offers」は、時代の変化や環境にあわせてスキルを磨きたい、そんな人にぴったりのサービスです。

いくつもの転職媒体を使って、企業を探し回るのはもう終わり。「副業」から始まる新しい働き方を実現します!

本業では経験できない、新しい環境/開発スタイルを経験しよう!



この記事をシェア

関連記事


副業・フリーランス

プログラミング

デザイン

インタビュー

お金

採用・組織

グルメ