脱サラして起業する時におすすめの職業とは?失敗しないためのポイント

個人の働き方が多様化する中で、脱サラを希望する人も増えてきています。起業を成功させるためには、職業の選び方や独立のタイミングを考える必要があるでしょう。年代別の脱サラ起業に対する考え方や、独立前に考えるべきポイントなどを解説します。

Offers」は、時代の変化や環境にあわせてスキルを磨きたい、そんな人にぴったりのサービスです。「副業・複業」で、本業では経験できない、新しい環境/開発スタイルを経験しよう!

→「Offers」をもっと詳しくみる! かんたん60秒で副業を始めてみる

脱サラして起業する場合の職業

独立しやすい職業とリスクの大きい職業それぞれについて解説します。

誰でもはじめやすい職業

ブログなどを経由した広告・販売収入で利益を得るインターネットビジネスは、脱サラ起業を考える人に近年人気の職業です。アフィリエイトやアドセンスとも呼ばれ、サラリーマン時代の副業を継続・拡大して本業にするパターンが多く見られます。

副業で下地を作りやすいので、脱サラ起業するタイミングを見極めることができれば、誰でもはじめやすい職業といえます。世の中にはインターネットビジネス成功者も多く存在し、世相を反映した脱サラ起業モデルです。

プログラマー・SE・WebデザイナーなどのIT系エンジニアも、スキルさえあれば誰でもはじめやすい職業です。需要が大きいわりに、専門性の高さから人材が少ないので、仕事が途切れにくいメリットがあります。また、初期投資も最小限におさえられます。

リスクの大きい職業

飲食店や小売店は、脱サラして起業する場合にリスクの大きい職業です。商品や食品は原価の変動が読みにくく、将来における不安要素はリスクを高める一因となります。

また、経営を軌道に乗せるためには具体的な事業計画を立てる必要があります。知識や経験がないと難しいジャンルなので、誰でもはじめやすい職業とはいえません。

思いつきではじめるビジネスもリスクは高くなります。うまくいき市場を独占し一人勝ちできる可能性より、職種が多様化する世の中において全く前例がないというリスクの方が大きいと考えるべきでしょう。

年代別の脱サラの考え方

脱サラに対しての考え方を年代別に解説します。

20代

20代は世帯持ちが少なく自由に動き回れる時間が多いため、夜間や休日を脱サラ後に向けての準備にあて、副業として様々なことにチャレンジできます。スキルアップできるだけでなく、独立後にどこまで頑張れるかという自分の力量も測れるでしょう。

ネット環境に強い世代であることも、起業における20代の強みといえます。ネット環境に強ければ、IT関係の業種で独立しやすいだけでなく、情報収集能力やマーケティングのスキルを活かした仕事にも向くでしょう。

また、20代は会社員としての働き方や考え方に染まりきっていない場合が多いので、独立後の働き方を自分のペースにもっていきやすいメリットがあります。

20代はまだまだやり直しがきく年代です。独立して頑張った上で、30代までのサラリーマン復帰であれば、それまで身に付けた知識や経験を活かし、中途で入社できる企業は多いでしょう。

30代

最近では、再就職のボーダーラインは40歳といわれています。そのため、30代での脱サラ起業は、30代前半か後半かによって考え方が異なります。

前半ならまだやり直しがきく時期ですが、後半なら再就職できないかもしれないという覚悟や、将来を見据えたリスク管理が必要でしょう。将来、自分や家族の身に何が起こるか分からないと考えると、脱サラ起業においてもリスク管理は必要です。

30代での脱サラ起業は、家庭を持ち住宅ローンも抱えている中での独立が多いでしょう。家族に必要なお金や負債、貯金、仕事にあてられる時間など、様々な角度から状況を分析する必要があります。

40代

40代での独立においては、再就職は比較的難しいと考えるべきでしょう。独立資金だけでなく、起業直後の家族を養う生活費も含め、ある程度の蓄えが必要になります。

知識や経験の面では20代や30代と比べて豊富ですが、体力が少しずつ衰え始める時期でもあります。イメージ通りに頭や体が働かないということにならないよう、独立前に副業などで体力や気力を確かめておく必要があるでしょう。

また、40代になると、会社勤めに考え方や働き方が染まりきっている可能性があります。気持ちとは裏腹に、長年の習慣はなかなか取り去れないものです。独立前から起業後をイメージし、徐々に考え方や働き方を変えていく必要があります。

脱サラや起業に失敗しないためのポイント

スムーズに独立するためのポイントを三つ紹介します。

副業などの経験をしておく

小規模での起業を目指すなら、サラリーマン時代に副業を経験しておくのがおすすめです。仕事が終わった後や休日を利用して、個人事業主として副業をスタートしてみましょう。

自分の時間が減ってゆく可能性がありますが、独立後こそ、事業が軌道に乗るまでは自分の時間などないと考えておくべきです。

副業の段階で起動に乗れば、そのまま独立することもできます。独立は無理だと判断しても、大きな失敗を回避できたという意味で、良い方向に考えられます。

リスクや損失を最小限に留める

覚悟を決めることと、リスクを顧みないことは別問題です。起業に失敗する原因は、やる気や能力だけとは限りません。独立における様々なリスクを想定し、できるだけ事前に対策を練る必要があります。

借金などお金の問題や家族への影響、再就職の可能性など、ダメージが最小限におさえられるような仕組みを考えておきましょう。

事前準備をしっかりと

『準備8割』という言葉があるように、事前準備が充実すればするほど、起業がうまくいく可能性は高まるでしょう。資金やスキル、リスク管理など、あらゆる面から準備を整える必要があります。

また、事業計画書を作成すれば、計画段階での問題点が分かり、事業内容の見直しができます。融資や資金調達にも必要な資料なので、用意しておくとよいでしょう。

まとめ

脱サラ起業には、はじめやすい職業とリスクの高い職業があり、脱サラする年齢によっても考え方は異なります。

脱サラし起業を目指す場合は、副業などで見通しを測る方法があります。リスク管理や事前準備も意識する必要があるでしょう。

Offers」は、時代の変化や環境にあわせてスキルを磨きたい、そんな人にぴったりのサービスです。

いくつもの転職媒体を使って、企業を探し回るのはもう終わり。「副業」から始まる新しい働き方を実現します!

本業では経験できない、新しい環境/開発スタイルを経験しよう!



この記事をシェア

関連記事


副業・フリーランス

プログラミング

インタビュー

シニアレベルを2名採用!現場の負荷を軽減した採用活動、その打ち手がOffersだった

700万ダウンロードを突破し、コスメの口コミアプリとして急成長を続ける「LIPS」。これまで正社員や業務委託問わず、各専門性をもったエンジニアが集うことでグロースを続けてきた。そんな同社のハイス...

インフラとフロントエンドの3名を採用! Hotspringが考える採用方針と旅行サービスの未来とは

旅行予約サービス『こころから』を運営するHotspringは、今後の旅行業界の変化を見据えたプロダクト開発を推進している。これまでリファラルやTwitter採用を行ってきた同社が、なぜOffer...

フロントエンジニアの採用に成功!複業採用の秘訣はコンシェルジュの伴走と、独特な1on1にあった

AIチャットボット市場で圧倒的なシェアを誇る「HiTTO(ヒット)」を展開するHiTTO株式会社。今後さらなる顧客満足の向上に向けて、自社プロダクトの強化を加速していく。そこで重要になるのが開発...

専任CSメンバーがサポート。わずか1ヶ月半で、採用難易度の高いリードクラス2名の採用に成功!

女性限定コミュニティに注力する株式会社SHEでは女性の「自分らしい生き方」の実現を目指し、クリエイティブスクール「SHElikes」に加え、美容領域「SHEbeauty」や金融領域「SHEmon...

デザイン

お金

採用・組織

グルメ