独立したい人が押さえるべきポイントは?メリットデメリットも知ろう

独立・開業は、仕事への自由度が高くなる可能性があり、憧れる人は多いでしょう。近年ではリスクを最小限に抑えながらビジネスを始めることができるため、注目度が高まっています。しかし、資金面などの不安も常に伴います。独立するにはどのようなポイントに気をつけるべきか紹介します。

Offers」は、時代の変化や環境にあわせてスキルを磨きたい、そんな人にぴったりのサービスです。「副業・複業」で、本業では経験できない、新しい環境/開発スタイルを経験しよう!

→「Offers」をもっと詳しくみる! かんたん60秒で副業を始めてみる

独立や開業のメリットデメリット

近年、独立や開業などの注目度が高まっています。サラリーマンとは異なり、仕事の自由度が上がり、煩わしいルールや人間関係からも解放されるというメリットがあるため、誰しも一度は憧れる働き方ではないでしょうか。

しかし、独立には多くのリスクもあり、事前の入念な準備が必要です。独立して成功しやすいパターンや、独立・開業時のメリットとデメリットについて考えてみましょう。

独立や開業のメリット

会社は組織であるため、社内や部署で煩わしいルールや人間関係があったとしても、協調性を大事にし、うまくやり過ごすことが求められます。また、仕事の裁量も限られていることが多く、自分だけで完結できる業務は少ないでしょう。

しかし、独立後は不快に感じる組織や人間関係からは距離を置けるだけでなく、すべての仕事を自分で決めることができます。仕事全体の自由度は、サラリーマンよりも格段に上がるでしょう。

独立や開業のデメリット

一番のデメリットは、事業が軌道に乗るまでの間は不安定な生活が続くことです。

独立・開業時には、多額の資金を必要とします。特に飲食やアパレルなど、実店舗を構えて人を雇う場合には多額の費用を初期投資することになります。しかし、時間や高額資金を費やしたからといって売上げが立つとは限らず、投資費用を回収できる保証はありません。

そして、毎月の給与についてもサラリーマン時代と独立後では大きく異なります。

サラリーマンは会社に属している限り給与が毎月振り込まれますが、独立後は自分の働き方次第で給与が変動します。また、サラリーマン時代以上に働いたとしても同額の給与を受け取れるという保証はなく、収入面での不安が大きいでしょう。

独立や開業に向いている人とは

何事にも向き不向きがあるように、独立や開業も向いている人と向いていない人がいます。向いていないからといって起業に失敗するとは限りませんが、うまくいっている人の特徴を真似ることはとても大切です。

独立・開業後に成功しやすい人は、どのような共通点があるのでしょうか。

うまくいくまで継続できる人

物事の結果を冷静に分析し、よい結果が出るまでトライアンドエラーを継続できる人は独立に向いているでしょう。

独立・開業後、すぐに売上を立てられたり収入が安定するケースは少なく、利益が生まれるまでの期間は、ほぼ無収入の状態で過ごすことになります。

利益や結果を出すために日々試行錯誤を繰り返すことになり、精神的な粘り強さが求められます。よい結果に結びつかなくとも投げやりにならず、地道な努力ができる人はサラリーマンであっても重宝されますが、独立後においても同様のことがいえます。

孤独や変化を楽しめる人

一人でいることが苦じゃないという点も、独立に必要なポイントです。

サラリーマン時代には辛いことがあっても、隣のデスクの同僚や上司が助けてくれることもあるでしょう。しかし、独立後は一人で困難に立ち向かうことも多く、孤独を感じる人も少なくありません。

また、状況の変化が激しい時に臨機応変に対応できる柔軟性を持ち合わせていることが大切です。結果を振り返ることは大切ですが、気持ちを引っ張られるすぎると判断を誤ることもあります。どんな局面であっても変化を楽しむ心構えでいる方がよいでしょう。

独立や開業に向いている職業

独立や開業時にリスクはつきものですが、リスクは最小限に抑えることが大切です。リスクを抑えながら低予算ではじめられる職業を紹介します。

ライターやブログビジネス

副業として始める人が多いライターやブログビジネスは、独立にも向いています。パソコン一台あれば場所を問わず、低予算で手軽に仕事を引き受けることができるため、人気の職種です。

ライターの実績がない場合であっても、近年はWeb媒体でのライティングの需要が高まっており、書くことが苦ではないという人は比較的容易に仕事が得られます。また、独立当初は文字単価や原稿料が低くとも、ライティングスキルを高めていくことで金額が上がり、仕事も増えていくでしょう。

IT関係や代行ビジネス

IT関係にはWebデザイナーやサービスエンジニア、プログラマなど、さまざまな職種を含みます。それぞれの分野において高度なスキルが必要になりますが、スキルを持っていれば高収入を望める職種です。

IT関連の職種は、会社やプロジェクトが変わったとしても横に展開できるスキルであることから、独立・開業後にも継続的に仕事を受けられるでしょう。

また、近年では代行ビジネスも注目が高まっています。

代行ビジネスは、営業代行や運転代行、家事洗濯など、依頼者に変わって対応を引き受けるビジネスです。インターネットで検索すると、世の中にはさまざまな代行が必要とされていることがわかります。

IT関連・代行ビジネスともに、自分がすでに持っているスキルで仕事をはじめられるため、小規模でスタートを切ることができます。

コンサルティングやマッチングビジネス

コンサルティングは、費用を抑えながらも利益率が高い仕事です。

ただし、コンサルティングは『自分の経験が、誰かに役立つとき』に成り立つものであることから、独立・開業時には特定の分野に対して平均以上の知識や経験を持っておく必要があります。また、コンサルティングはすでにその分野の第一線をいく人がいることも多く、人脈や戦略がより重要です。

人脈に自信がある人には、マッチングビジネスもおすすめです。

いざ困ったときに特定分野のプロを探そうとしても、信頼して仕事を任せられる人をすぐ見つけられるとは限りません。人脈以外には準備するものも少ないため、インターネットをうまく活用しマッチングに結びつけていくことで、紹介手数料を得ることができます。

独立したい人が押さえるポイント

独立・開業への一歩を踏み出すためにはどのような点に意識するべきでしょうか。

逃げではなく積極的に始めよう

独立・開業を目指す人の全員が大きな野望や上昇志向を持って、起業に挑むわけではありません。

独立を目指す理由が、現在の会社での条件面の不満や人間関係などに悩んでいるのだとしたら、多くの場合は『環境を変える』ことで解決できます。

仮に上司から「社会人失格だ!」「上手くやっていけないあなたが悪い」と言われることがあったとしても、その環境の中だけで起きたことに自信を失う必要はありません。会社や人間関係に不満はあったとしても、業務内容にやりがいを感じられるのであれば、転職して場所を変えるなど、気持ちを新たに働く方法を見つけていけるでしょう。

成功者から学ぼう

具体的なアイデアや方向性が決まっている場合は、類似したビジネスで成功している人をよく観察しましょう。

起業時には、画期的なアイデアや自分自身で道を切り開かなければならないと思ってしまうことが多いですが、独立・開業初期から自分自身に過剰にプレッシャーをかける必要はありません。また、事業が安定した先には差別化などの視点も重要になりますが、最初は、自分のビジネスプランに近い人の真似をすることで効率的に進むことができるでしょう。

客観視できるようになろう

起業・開業時はもちろん経営に携わるときには『一歩引いた目線』を大切にしましょう。サラリーマン時代とは異なり、考えた企画や商品に対して、上司やチームメンバーからのアドバイスは少なくなります。

自分が考えたアイデアの場合には、どうしてもポジティブな感想を抱きやすいですが、気付いていないだけですでに誰かが発信している場合もあります。冷静な視点を失うと、必要以上に時間や労力をかけてしまう原因になるため注意しましょう。

自分自身で決断していくことだからこそ、常に客観的な視点を持つことが大切です。

まとめ

独立・開業は、サラリーマンとは働き方が異なり多くのメリットがある反面、金銭面の不安などデメリットも伴います。しかし、近年では副業が解禁になる企業も多く、自分が持っているスキルとネットワークをうまく活用することで、リスクを抑えながらビジネスをスタートすることができます。

独立・開業には困難も多くありますが、一方で多くの成功例もあります。自分の信念を持って前向きに突き進み、先駆者から常に学びを得る視点を忘れないことが成功への近道となるでしょう。

Offers」は、時代の変化や環境にあわせてスキルを磨きたい、そんな人にぴったりのサービスです。

いくつもの転職媒体を使って、企業を探し回るのはもう終わり。「副業」から始まる新しい働き方を実現します!

本業では経験できない、新しい環境/開発スタイルを経験しよう!



この記事をシェア

関連記事


副業・フリーランス

プログラミング

インタビュー

デザイン

お金

採用・組織

グルメ