SOHO物件を東京で探す。SOHO物件の注意点やサイトを紹介

日本一の人口密集地である東京には、多くのSOHO物件が存在しますが、東京にはほかの地域と違った『東京ルール』が存在します。SOHOの基本ルールを知り、東京で物件を探すときに注意してほしいポイントを紹介していきます。

Offers」は、時代の変化や環境にあわせてスキルを磨きたい、そんな人にぴったりのサービスです。「副業・複業」で、本業では経験できない、新しい環境/開発スタイルを経験しよう!

→「Offers」をもっと詳しくみる! かんたん60秒で副業を始めてみる

SOHOとは

『SOHO(ソーホー)』とは『Small Office/Home Office』の略称で、文字通り住宅の一部や小さなオフィスなどで、業務を遂行するワークスタイルです。給料制ではなく、成果物を企業に納品することで報酬を受け取れる『出来高制』です。

1990年代後半、一般ユーザー向けのWindowsパソコンが発売されたことで、SOHOが浸透し始めたといわれています。

2010年代になり、モバイルデバイスやWi-Fi環境の整備、政府による『働き方改革』の推奨によって、再び注目を集めているSOHOの基本から物件選びまで、紹介していきます。

業務を委託されて働く

『スモールオフィス(Small Office)』と『ホームオフィス(Home Office)』は、どちらも『在宅勤務』で働くスタイルで、出社して給料をもらう『雇用型』ではなく、小規模なオフィスや自宅開業の『自営型』です。

SOHOは、企業に属さない人が、クライアントから直接仕事を請け負い、その業務を完遂し、成果物を納品することで収入が発生します。

ライターやプログラマーなど、専門的なスキルをもった人が独立して行う『独立自営的』な働き方を指し、内職などの単純作業はSOHOに含まれません。

『SOHO』という言葉は、働き方はもちろん、その働き方で働く『人』や『物件』を示す場合もあります。

フリーランスとの違い

フリーランスとSOHOの違いをみていきましょう。SOHOは、企業に属さず独立して仕事を請け負う人を指すのが一般的です。フリーランスも同じような働き方ですが、中には企業に常駐して業務をする人もおり、その場合はSOHOとは呼びません。

SOHOに該当するかどうかは、業種や業務内容ではなく、働く『場所』によって決まるといってよいでしょう。

SOHOの主な職種

「毎日の通勤電車が嫌」「働く時間や場所を自分で決めたい」と願う人にとって、SOHOという働き方は魅力的に映るでしょう。実際に、どのような業種や領域の仕事がSOHOに向いているのか、メリットデメリットを交えて解説します。

サロンの開業や、ものづくりをするSOHOの人もいますが、圧倒的に多いのがインターネットを使った業種です。言語係のWEBライターや翻訳・デザイン系のウェブサイトやDTP・開発系のシステムやアプリ開発などが多く見られる職種です。

しかし、どの業務も企業との雇用関係ではないため、タイムカードや上司の視線に縛られることなく、好きな場所で好きな時間に仕事ができます。

プログラマー

SOHOで非常に多い業種が『プログラマー』です。業務内容の多くは、仕様書に基づいて、クライアントが要求する画面や機能を実装する作業で、開発の知識とスキルがあれば値段を交渉できるため、割のよい仕事を選べるというメリットがあります。

ただし、セキュリティの関係上、リポジトリがネットワーク内にあって作業がしにくかったり、相場に詳しくない個人クライアントから、とんでもない安値で依頼されたりするデメリットもあります。

あらかじめ見本と相場表を作っておき、スムーズに打ち合わせができるよう、準備しておきましょう。

フリーライター

インターネットの普及によって、WEB記事を執筆する『ライター』のニーズが非常に高まり、今後もSOHOでのライティング業務は増える一方でしょう。

ライターは基本的に『文章の納品』が作業となるため、Wi-Fiなどのネット環境設備とパソコンさえあれば、いつでもどこでも業務可能です。

デメリットは、基本的なライティングの技術を教わる場所がなく、質を上げるのが困難な点です。自分の知らないジャンルの記事を依頼されるのは日常茶飯事であるため、常日頃からアンテナを張って、良質の記事が書けるよう心がけましょう。

Web制作

企業や個人の『WEBサイトの制作や運用』する業務です。WEB制作は、デザイン・HTMLCSSといった、言語に関する知識が必須のため、もともと制作会社にいた人の独立が多く見られます。

依頼には、サイト全部を任されるケースや、指定されたページだけを作成するケースなどさまざまです。企業のSNS運用代行も流行しているので、併せて受注が取れると、運用費用として毎月の収入が望めます。

SOHOとして賃貸物件を借りる

賃貸物件における『SOHO物件』は、『住居兼事務所として使用ができる物件』を指します。『住居契約』になるため、一般的な会社形態の『事務所』とは異なり、不特定多数の人が出入りする業務や、法人登記はできません。

看板を出すことも基本的にNGですが、個人名と併記することで可能な場合もあるため、貸主に確認しましょう。SOHO物件について、知っておきたい初歩的な情報を見ていきましょう。

SOHO用の賃貸物件は住居契約

物件を『SOHO』として借りる場合と、独立した『事務所』として借りる場合では、契約はまったく異なります。SOHOの賃貸物件はあくまで住居利用が前提の『住居契約』で、一般的な事務所なら『事務所契約』になります。

住居契約のため、登記ができないなどの制限はありますが、住居として借りることで、事務所では不可能な『寝泊まり』や『24時間の使用』が可能です。また、家賃も非課税になるので、会社用の事務所と違い消費税が課税されないのもうれしいポイントです。

Small OfficeとHome Office

『スモールオフィス(Small Office)』と『ホームオフィス(Home Office)』の明確な違いは特に定義されていませんが、一般的にスモールオフィスは自営業を営む、独立した個人の『在宅勤務』という考え方です。

一方ホームオフィスは、組織に属するワーカーが、育児や家族の介護を理由に、テレワークなど『会社の仕事を自宅で行う』働き方を指します。

出勤せずに業務を遂行するSOHOは、作業をする場所が必須であり、自宅にそのような場所を確保できない、もしくは打ち合わせ用のミーティングスペースを構えたいときに、SOHO賃貸物件を借りる人が多く見られます。

契約までの流れと必要な書類

実際にSOHO物件を契約するまでの流れを見ていきましょう。最初は『物件探し』です。サイトや不動産で、気になる物件をピックアップします。

立地や費用が決まったら『問い合わせ』をします。問い合わせのときに、実際に物件を見にいく『内見(内覧)』の日取りを決めるのが一般的です。

実際に物件を見学し気に入っても、審査があるため、即入居できる訳ではありません。『申込書』に必要事項を記入し、身分証明書などを添付して『審査』の手続きをしてもらいます。

無事審査に通ったら、通信回線や電気ガス水道などの『開通準備』と『契約』をします。申込日と家賃起算日は別なので、不要な家賃を払わないで済むように、計画をきちんと立てておきましょう。一般的に、契約から1〜2週間程度で『入居』できます。

知っておきたい東京ルール

SOHO物件のみならず、賃貸物件が多い東京は、退去時のトラブルも非常に多く、特に『退去時の原状回復』と『入居中の修繕』をめぐるトラブルが後を経ちません。そこで制定された、東京ならではの特殊なルールを知っていますか?

なぜそのような独自のルールがあるのか、契約書を見るときのポイントも併せて解説していきます。

東京ルールとは

賃貸住宅でよく発生する、退去時の原状回復や、入居中の修繕をめぐるトラブルを防止するため、東京都は2004年10月に『東京における住宅の賃貸借に係る紛争の防止に関する条例』を施行しました。別名『賃貸住宅紛争防止条例』や『東京ルール』とも呼ばれています。

賃貸住宅の契約締結に際し、『退去時の原状回復や入居中の修繕について・借り主が負う負担内容・入居中の設備の修繕や維持管理についての連絡先』などを、宅地建物取引業者が別途書面を交付して、借り主に説明するように定めました。

SOHOやSOHOマンションの契約は、通常『住居契約』のため、この『東京ルール』が適用されます。具体的な内容を見ていきましょう。

原状回復工事費用は貸主が負担する

賃貸で特に問題になるのは『退去時の原状回復費用』です。過去、高額な修繕費用を退去時に請求されるトラブルが多発しました。人が暮らしていてもいなくても、古くなる建物や設備を新品にして返すのは、借主にとって大きな負担です。

そこで『東京ルール』では、原則として『経年劣化および通常の使用で生じた損耗に対する原状回復費用』は、『貸主が負担』というルールが定められています。

この『通常の利用』とは、日照による壁紙の色あせや設備機器の損耗を指し、借主の故意や過失による損耗は、タバコのヤニを含め、借主が原状回復費用を負担すると定められています。

入居中の修繕費用について

入居中に修繕が必要になった場合は、基本的に貸主が費用を負担すると定められています。ただし、借主の故意や過失による破損は、当然借主負担です。

電球や蛍光灯の取り替えといった小規模な修繕は、貸主に了承を得なくても行えるように『修繕義務の免除』が定められているため、借主が自己負担で修繕できます。

東京のSOHO物件を探せるサイト

実際にSOHO物件を東京で探すときに、便利なサイトを紹介します。家賃別・エリア別・目的別・業種別など項目が多岐にわたるため、自分が借りたい物件のポイントを押さえてから、実際に情報収集しながら相場を知るのも、手堅い方法といえるでしょう。

東京限定で探せるSOHO東京

東京都内に限定した、SOHOオフィスの検索サイトです。小規模のSOHOに限定せず、ベンチャー企業も対象としており、オフィスのデザイン性にこだわりたい人におすすめです。

SOHOオフィスを『エリア・金額・広さ・特徴』などから検索可能で、内装工事済ですぐに入居できる物件がほとんどであり、急いで引っ越ししたい場合にも役に立つでしょう。

SOHO東京

SOHOに特化したthe SOHO

お台場近辺の青梅エリアにある、SOHO特化の『集合オフィス拠点』を探せるサイトです。

『海の見えるオフィス』として、ホテルのような共用設備とサポートがウリで、単にSOHOとして働くだけではなく、入居企業同士で新たなビジネスチャンスを模索する、定期イベントも魅力の一つです。

【公式】theSOHOオフィス|世界に貢献するイノベーション拠点【theSOHO】は、東京ベイエリアでの新しい働き方を提案します。

SOHO向けの特集もあるat home

一般住居用の検索としてもおなじみの『アットホーム』では、独立・起業を計画している人に使い勝手のよいSOHO物件を紹介しています。ネット環境や駐車スペースなど、さまざまな条件で検索できるため、非常に便利なサイトです。

気に入ったSOHO向け物件が見つかったら、各不動産会社へ無料で問い合わせができるため、物件選びで失敗したくない人は、じっくり腰を落ちつけて検索してみてはいかがでしょうか?

【東京都】SOHO向けの賃貸物件 地域から探す【アットホーム】|賃貸マンション・アパート・貸家

まとめ

SOHO物件を東京で探すときは、契約前に『借主による原状回復の必要がない東京ルール』の確認をしましょう。

SOHOは住居用契約のため、一般の事務所に比べて制限はありますが、寝泊まりや24時間使用など、事務所にはないメリットも存在します。SOHOの基本ルールを押さえ、快適に新事業をスタートさせましょう。

Offers」は、時代の変化や環境にあわせてスキルを磨きたい、そんな人にぴったりのサービスです。

いくつもの転職媒体を使って、企業を探し回るのはもう終わり。「副業」から始まる新しい働き方を実現します!

本業では経験できない、新しい環境/開発スタイルを経験しよう!



この記事をシェア

関連記事


副業・フリーランス

プログラミング

インタビュー

シニアレベルを2名採用!現場の負荷を軽減した採用活動、その打ち手がOffersだった

700万ダウンロードを突破し、コスメの口コミアプリとして急成長を続ける「LIPS」。これまで正社員や業務委託問わず、各専門性をもったエンジニアが集うことでグロースを続けてきた。そんな同社のハイス...

インフラとフロントエンドの3名を採用! Hotspringが考える採用方針と旅行サービスの未来とは

旅行予約サービス『こころから』を運営するHotspringは、今後の旅行業界の変化を見据えたプロダクト開発を推進している。これまでリファラルやTwitter採用を行ってきた同社が、なぜOffer...

フロントエンジニアの採用に成功!複業採用の秘訣はコンシェルジュの伴走と、独特な1on1にあった

AIチャットボット市場で圧倒的なシェアを誇る「HiTTO(ヒット)」を展開するHiTTO株式会社。今後さらなる顧客満足の向上に向けて、自社プロダクトの強化を加速していく。そこで重要になるのが開発...

専任CSメンバーがサポート。わずか1ヶ月半で、採用難易度の高いリードクラス2名の採用に成功!

女性限定コミュニティに注力する株式会社SHEでは女性の「自分らしい生き方」の実現を目指し、クリエイティブスクール「SHElikes」に加え、美容領域「SHEbeauty」や金融領域「SHEmon...

デザイン

お金

採用・組織

グルメ