ノマドワーカーはどんな仕事をしている?可能な職種や仕事場のまとめ

ノマドワーカーとは、実際にどのような仕事をしているのでしょうか。どのようにすればノマドワーカーになれるのか、必要なスキルなどを紹介します。ノマドのメリットやデメリットも含めて、ノマドワーカーという働き方を見ていきましょう。

Offers」は、時代の変化や環境にあわせてスキルを磨きたい、そんな人にぴったりのサービスです。「副業・複業」で、本業では経験できない、新しい環境/開発スタイルを経験しよう!

→「Offers」をもっと詳しくみる! かんたん60秒で副業を始めてみる

ノマドワーカーになる方法とは

ノマドワーカーに憧れてはいるものの、どうしたらノマドワーカーになれるのか具体的にわからない人は多いと思います。ノマドで働くには、どのような方法があるのでしょうか。

ノマドワーカーに必要なもの

ノマドは、場所と時間を選ばない働き方です。いつでもどこでも仕事ができる環境が必要なため、設備としてはノートパソコン、スマホなどタブレット、インターネット接続ができる環境が必要になります。

また、基本的には個人で仕事の契約を結ぶため、名刺などの営業ツールが必要な場合もあります。

必要なスキルは、稼ぐことのできる知識や技術です。たとえばブロガーやユーチューバーなども、ただ好きなことを発信しているだけでなく、閲覧数を上げて広告収入を得る努力が必要となります。

ノマドワークのメリットとデメリット

ノマドワーク最大のメリットは、出勤と人間関係から解放されることでしょう。通勤のストレスから解放され、自由に使える時間も増えます。

仕事中に誰かから話しかけられることもなく、コミュニケーションのわずらわしさもなくなるため、仕事がはかどることでしょう。ノマドワークは、決められた納期までにきちんと納品さえできれば、いつどこで仕事をしても問題ありません。

ただし、スケジュールやお金の管理は自分で行う必要があるので、自己管理能力やモチベーションを上げ続ける努力は必要です。怠けてしまうと、その分納期が遅れて信用をなくし、収入の減少につながってしまいます。

ノマドのメリットとデメリットをよく見て、自分に向いているか考えてみましょう。

ノマドワークができる仕事とは

実際にノマドワークができる仕事とは何でしょうか。すべての仕事がノマドで行えるわけではないので、ノマド向きの職種を紹介します。

ライターやカメラマン

媒体が雑誌や小冊子などの紙面でも、Webサイトの記事でも、取材や資料収集などを元に執筆するのがライターです。取材や打合せなどで人と会う機会もありますが、それさえ終わってしまえば、執筆に場所や時間は関係ありません。

カメラマンもスタジオでの撮影や取材での撮影といったバリエーションがありますが、日本のみならず世界中をフィールドにできる可能性のあるノマドワークです。

ただし、どちらもプロフェッショナルとしての高いスキルが求められ、続けていくのは簡単とはいえません。

デザイナーやプログラマー

Webやグラフィックのデザイナーは、会社に所属していてもフリーランスでも、ノマドワークをしている人が多い職種です。外国に住みながら日本の仕事を受けている人もいます。

同様にプログラマーもリモートワーク化が進んでいる職種で、一定の水準以上の技術があれば収入もよいという面があります。国内のみならず海外の仕事も受けられるため、英語が得意であればもっと仕事の幅が広がるでしょう。

コンサルタントや投資家

コンサルタントとは、企業の問題点を解決し、経営上の利益を出すために方法を考え、サポートをする人です。打合せなどはクライアントのもとへ出向きますが、企画やアイデアなどはノマドワークで行えます。

株や仮想通貨、FXなどの売買をする投資家も、スマートフォンさえあれば始められるノマドワークです。情報第一なので常に世界の動向を気にする必要があります。

また、いつも利益が出るわけではなく、時には大きな損失が出ることもあるので、もしもの備えはあった方がいいでしょう。

\新しい環境/開発スタイルを経験するなら「0ffers」!/

Offersの詳細はこちら

ノマドワーカーの主な仕事場

自宅以外でノマドワークをするには、どこを仕事場にすればいいのでしょうか。

カフェ

一人で気軽に入りやすいカフェは、やはりノマドワークの定番です。混雑具合によってはあまり長居できないというデメリットもありますが、集中してパソコン作業に取り組める場所です。

最近では、Wi-Fiが完備されていたり、コンセントが利用できたりなど、パソコンを使用しやすい設備も整っています。しかし、時間帯によってはグループ客が多くて作業に取りかかれない可能性もあります。

図書館

図書館は静かな場所を求める人におすすめです。無料で何時間過ごしてもいいので、毎日通うノマドワーカーもいるでしょう。資料探しにも困りません。

基本的に私語や騒音は禁止なので、パソコン作業もキーボードの操作音が響かないように注意しましょう。

コワーキングスペースやレンタルオフィス

コワーキングスペースとは、Wi-Fiやコンセントなど設備が整ったスペースのことです。ノマドワーカーたちが共有で使うオフィスのようなもので、首都圏を中心に増えています。

一方で、レンタルオフィスはオフィスとしての設備の整った個室です。来客や打合せ、会議などにも対応できるスペースです。

どちらも1日あたり数千円の低料金で借りることができるため、経費を抑えたいノマドワーカーに適しています。

まとめ

ノマドワークをしたい場合は、条件のあった仕事を探し、スキルを身につけるほか、自己管理がしっかりできるかどうかも検討する必要があります。

一見、自由で楽そうなノマドワークですが、それで食べていく収入を得るのは大変なことなのです。ノマドを継続していくには、それなりの知識・スキル・強い意志が必要とされます。

ノマドワークのメリットやデメリットをしっかりと把握した上で、自分にあった仕事を探しましょう。

Offers」は、時代の変化や環境にあわせてスキルを磨きたい、そんな人にぴったりのサービスです。

いくつもの転職媒体を使って、企業を探し回るのはもう終わり。「副業」から始まる新しい働き方を実現します!

本業では経験できない、新しい環境/開発スタイルを経験しよう!



この記事をシェア

関連記事


副業・フリーランス

プログラミング

インタビュー

デザイン

お金

採用・組織

グルメ