SOHO物件とは?事務所との違いや契約までの流れを解説

近年、よく耳にするようになった『SOHO物件』とは、どのような物件なのでしょうか?SOHO物件には、いくつかの知っておきたい特徴があります。事務所との違いや契約までの流れ、メリットやデメリットについて解説していきます。

Offers」は、時代の変化や環境にあわせてスキルを磨きたい、そんな人にぴったりのサービスです。「副業・複業」で、本業では経験できない、新しい環境/開発スタイルを経験しよう!

→「Offers」をもっと詳しくみる!

SOHO物件とは

働き方改革が話題になっている昨今、よく耳にするようになったのが『SOHO』というワードです。SOHO物件とは、一体どのような物件なのでしょうか?まずは、基本的な知識についてまとめていきます。

居住契約のオフィス物件

SOHOとは、『Small Office/Home Office』の頭文字をとって作られた単語です。言葉からも分かるように、小さなオフィスや自宅で仕事をする職務形態をSOHOと呼びます。

SOHO物件とは、このような職務形態の人たちが職場として使う物件のことを指していて、通常の企業における職場との違いは『契約条件』にあります。

SOHO物件の特徴は、『居住契約』を結んでいる物件であるということです。SOHO物件と企業で使われるオフィスの違いについては、後ほど触れていきます。

Small OfficeとHome Office

先ほど紹介したように、SOHOとは、『Small OfficeとHome Office』の略称です。明確な定義があるわけではなく、在宅ワークやフリーランス、個人事業主など、多種多様な職種がこれに当てはまります。

仕事の内容以外にも、パソコンなどの機器を使ったビジネスがSOHOとして定義されることもあります。

ベンチャー企業の設立当初もこれに含まれますが、企業の場合は拡大思考があるのに対し、SOHOの場合は、個人にできる範囲のビジネスに留めることが多いです。

SOHO物件と事務所の違い

SOHOについての基本知識をまとめてきましたが、SOHO物件と事務所には、どのような違いがあるのでしょうか?それぞれの違いについて具体的に見ていきましょう。

初期費用が安くすむ

SOHO物件と事務所を比べたときのメリットに、SOHO物件の方が『初期費用が安く済む』という点があります。

たとえば、東京の場合、事務所を借りようとすると保証金が6〜10カ月必要です。それに比べて、SOHO物件だと2〜3カ月で済むことがほとんどのため、初期費用が安くなります。

また、退去時に必要な作業にも違いがあります。事務所の場合は原状回復が必要なのに対し、SOHOの場合は、住居と同じように退去時の原状回復費用はあきらかな過失がない限り、貸主が負う場合が多いです。

消費税を払う必要がない

あまり知られていないことですが、住居契約と事務所契約では課税方式が異なります。そのため、住居として契約するSOHO物件には、家賃に税金がかかりません。

それに比べ、事務所用の賃貸には税金がかかってしまいます。10万円の家賃でも、月々8000円の違いが生まれてくるため、SOHO物件のほうがお得だといえるでしょう。

法人登記ができない

SOHO物件では、家賃が課税対象にならない代わりに『法人登記ができない』という特徴があります。その原因は、物件契約のベースが『住居契約』であることに由来しています。

そのため、仮に法人登記を依頼したとしても、ほとんどの場合承認は降りないでしょう。どうしても法人登記をしたい場合は、課税対象となる『事務所契約』をする必要があります。

法人登記ができないと言えど、SOHO物件で居住契約を結んでいることによるメリットはあります。たとえば、事務所契約ではNGとされている、『寝泊りができる』というのは大きな魅力でしょう。

また、働く時間を自分で選べるというのも副業などを検討している人にはぴったりの条件です。

SOHO物件を契約するまでの流れ

SOHO物件に関するいくつかの特徴を見てきたところで、実際に物件を契約するまでの流れについて紹介していきます。事務所の物件契約や、通常の契約とどのような違いがあるのか、早速チェックしていきましょう。

気になる物件を内覧

SOHOには、専用の物件紹介サイトが複数用意されています。まずは、サイトからアクセスして気になる物件を探し、見つかったら内覧してみましょう。

SOHO物件にもいろいろな種類があり、デザイナーズやリノベーション、ペット可のところなど多種多様なジャンルから選ぶことができます。自分のニーズに合わせた物件を選びましょう。

物件を決めたら申し込みと審査

物件を決めたら、申し込みと審査を行います。申し込みの際、法人の場合は登録簿謄本や決算書、会社概要が必要です。個人の場合は、身分証明書や住民票を忘れずに用意しましょう。

審査には数日~1週間程度の時間がかかります。

条件のすり合わせをして契約

審査が下りた段階で、契約に向けて諸々の契約をしていきます。家賃に関する交渉などに関しては、この工程で行うとスムーズに決めることができます。

全体を通して見ると、居住契約をするのがSOHOの特徴のため、通常の物件を契約するのと別段変わりはありません。

まとめ

SOHO物件は、普段私たちが住んでいる居住空間を仕事場にするための物件です。その種類は豊富で、契約方法や物件の選び方に関しては、自分の家を探すときとほとんど変わりません。

豊富な物件の中から、自分のワークスタイルを確立するために最適な物件を選びましょう。

Offers」は、時代の変化や環境にあわせてスキルを磨きたい、そんな人にぴったりのサービスです。

いくつもの転職媒体を使って、企業を探し回るのはもう終わり。「副業」から始まる新しい働き方を実現します!

本業では経験できない、新しい環境/開発スタイルを経験しよう!



この記事をシェア

関連記事


副業・フリーランス

プログラミング

インタビュー

デザイン

お金

採用・組織

グルメ