ノマドライフはどんな1日?ノマドワークを考える人のためのポイント

場所と時間に縛られないノマドワーカーの生活はどういったものなのか。1日の流れを追い、ノマドワークへの切り替えを考える人のためのポイントを紹介します。

Offers」は、時代の変化や環境にあわせてスキルを磨きたい、そんな人にぴったりのサービスです。「副業・複業」で、本業では経験できない、新しい環境/開発スタイルを経験しよう!

→「Offers」をもっと詳しくみる! かんたん60秒で副業を始めてみる

ノマドライフはみんなの憧れ?

2010年ごろから注目されるようになったノマドワークは、新しい自由な働き方として話題になりました。

会社など決められた場所に通ったり、決められた就業時間内に働いたりするのではなく、いつでもどこでもノートパソコンで仕事をする、ノマドワーカーの姿がカフェなどで見かけられるようになっています。

ノマドワーカーの主な仕事

パソコンを使った作業など、一人で作業を行える仕事がノマドワークに適しています。

例えば、ITエンジニアなどのIT系、Webデザイナーやイラストレーターといったデザイナー系、ライターや翻訳やコピーライターといったライター系があります。ブロガー、ユーチューバーといった新しい仕事もまたノマドワークに向いています。

フリーランスとの違い

フリーランスというのは、ノマドワークと混同されることもありますが、意味は異なります。社員として組織に雇用されるのではなく、個人事業主として自分で仕事をするのがフリーランスです。

つまりノマドワークは働き方の時間や場所についての言葉ですが、フリーランスは働き方の契約形態についての言葉です。決められた時間に決められた仕事先に通うフリーランスもいれば、ノマドワークで働くフリーランスもいます。

女性にもおすすめされる理由

ノマドワークは女性におすすめできる働き方と言える面があります。

ノマドワークは場所を選ばないので、結婚したり引越しをしたりなど、環境が変わっても仕事を辞める必要がありません。自分のライフスタイルに合わせて働くことができます。

また、働く時間や場所は自分の裁量ですから、家で子育てをしながら働くことも可能です。子どもの病気や学校の行事などに合わせて、働く時間や場所を変えることができるのです。

\新しい環境/開発スタイルを経験するなら「0ffers」!/

Offersの詳細はこちら

ノマドワーカーの1日はどんな流れ?

ノマドワーカーのライフスタイルはどういったものでしょうか。ノマドワーカーといっても、そのときどういった仕事をしているかによって、また各個人の事情によって、ライフスタイルは様々です。

個人のライフスタイルに合わせて融通が利くのが、ノマドワークという働き方の特徴であると言えるでしょう。ここではあくまで一例ということで、モデルケースを紹介します。

生活拠点でのライフスタイル例

まずは生活拠点を中心としたノマドワークのライフスタイルの例です。

一例として、取材した内容や自分の体験を発信するブロガーの1日を紹介します。午前8時前にはカフェなどでパソコンで仕事を開始し、昼食を挟んで午後は撮影やインタビューなどの取材を行います。

夜はパソコン作業や取材で引き続き仕事に当たるか、プライベートな時間にあてて過ごし、早ければ22時に就寝して、1日が終わります。

各人のライフスタイルと受注している仕事次第で、会社勤めのサラリーマンと変わらない生活サイクルのノマドワーカーもいれば、昼夜逆転した生活を送るノマドワーカーもいます。

いずれにしても、いつ休憩しいつまで働くか、どこで作業するかなどは、ノマドワーカーは各人の自由で選ぶことができます。静かに集中して作業するか、外の賑やかさのなかで作業するか、子どもと一緒に過ごしながら仕事するかなど、自由に選べるのです。

旅行先でのライフスタイル例

世界や日本を旅行して回り、旅先からブログなどを発信するノマドワーカーもいます。当日の予定次第で、起床時間も就寝時間も臨機応変に決められるのです。

仕事の取材の間にカフェなどでブログを執筆したり、旅先への行き帰りの移動中を仕事の時間にしたりできます。

仕事の進捗やプライベートの予定などに応じて、その日の仕事をいつまでやるか、臨機応変に変えられるのです。もちろん、仕事の時間とプライベートな時間をはっきり分けるというやり方もできます。

ノマドワーカーのためのライフハック

旅をしながら仕事をするノマドワーカーに役立つサイトや、知識などのライフハックを紹介します。

滞在先の情報を得るためのツール

滞在先の情報を得るための2つのサイトを紹介します。いずれも英語のサイトです。

『Nomad List』では、世界の各都市のいろいろな情報が、様々な指標で表されています。治安や医療レベル、生活費やインターネット環境、同性愛など各問題に関する差別意識の度合いまでも網羅されています。

Nomad List

『tereport』は、自分が求める優先事項を入力すると、おすすめの移住先をピックアップしてくれます。生活コスト、生活の質、仕事・キャリアなどの5つの項目に関して、求める条件で検索できるのです。

生活コストに対しては所得税率の低さ、生活コストの低さ、家賃の安さのどれを優先させるかを選択でき、現在住んでいる場所や職歴などを入力すると、最適な移住先の都市が回答されます。

teleport

ホテルや航空券の予約

『hotelcombined』は世界の都市のホテルの予約が日本語で行える、便利なサイトです。宿泊プランを比較しながら、予算や条件のあうホテルを簡単に検索できます。

hotelscombined

『トラベルコ』では、世界の格安航空券の検索を日本語で行えます。国内の格安航空券の検索もできますから、旅行コストを抑えたいノマドワーカーの強い味方です。

トラベルコ

海外口座やクレジットカード

海外口座の開設は、意外と手軽にできる場合が多いです。たとえば香港のHSBCは、香港に住んでいない旅行者でも口座を作れます。

海外で役立つクレジットカードということでいえば、VISAカードなど海外に強い銘柄を選ぶようにしましょう。

また、付帯サービスとして海外旅行保険が充実しているものや、空港のラウンジが利用できるタイプもおすすめです。

ノマドワーカーの主な持ち物

移動先で自由に働くノマドワーカーにとって必要な持ち物は何でしょうか。たくさんの物は持ち歩けません。絞り込んだアイテムだけを持ちましょう。

仕事に必要な持ち物

何よりも大切なのは、仕事道具となるパソコンです。これがないとノマドワーカーの仕事は始まりません。都会であればWi-Fi環境の整った施設も多く、ネットワーク接続には困らないでしょう。

そして、大事なのはパソコンを持ち歩くためのバッグです。かさばるパソコンを入れるには、両手が塞がらず背負うことができるリュックがおすすめです。最近は、機能的なだけでなく、デザイン性にも優れた製品が多くあります。

海外に行く際の持ち物

海外に行く場合は、上記の持ち物に加え、現地のSIMカードとSIMフリーのスマートフォンが必要でしょう。電源が確保できないことも考えて、大容量バッテリーのPCを選ぶことや、モバイルバッテリーを用意することも重要です。

ただし、モバイルバッテリーについては、あまりに大容量のものは危険物とみなされてしまうことがあります。電池に関する航空会社の規定を、あらかじめ確認しておきましょう。

また、クレジットカードが使えない事態に備えて、緊急時に病院などに支払える額、ある程度の現金は持参しておくべきです。

まとめ

ノマドワークは自由な反面、自分の責任ですべて切り開いていかなくてはならない不安定さもあります。よく検討して、あなたにとってのベストなワークスタイルを探ってください。

Offers」は、時代の変化や環境にあわせてスキルを磨きたい、そんな人にぴったりのサービスです。

いくつもの転職媒体を使って、企業を探し回るのはもう終わり。「副業」から始まる新しい働き方を実現します!

本業では経験できない、新しい環境/開発スタイルを経験しよう!



この記事をシェア

関連記事


副業・フリーランス

プログラミング

インタビュー

デザイン

お金

採用・組織

グルメ