ノマドワークを考えるサラリーマンは知っておこう。特徴や考慮点とは

時間や場所、組織に縛られることなく仕事ができるノマドワーカーに憧れるサラリーマンも少なくありません。そんなノマドワーカーの特徴や、これからノマドワーカーを目指すために知っておきたいポイントについて解説します。

Offers」は、時代の変化や環境にあわせてスキルを磨きたい、そんな人にぴったりのサービスです。「副業・複業」で、本業では経験できない、新しい環境/開発スタイルを経験しよう!

→「Offers」をもっと詳しくみる!

ノマドとは

働き方の多様化にともない、耳にする機会が増えた『ノマドワーカー』という言葉の意味と、似た言葉である『フリーランス』との違いについて解説します。

ノマドの意味

ノマドワーカーの『ノマド』とは遊牧民を意味する言葉です。したがってノマドワーカーとは遊牧民のように一箇所に縛られず、さまざまな場所で仕事をする人を指します。

特定の仕事場を持たず、インターネット環境があるカフェなどを移動しながら仕事をする人を、草を求めて移動を続けるノマドになぞらえ、ノマドワーカーと呼ぶのです。

フリーランスとの違い

ノマドワーカーと混同されがちな言葉にフリーランスがあります。フリーランスは組織に所属せず、自分の技能を提供することを仕事とする個人事業主を指す言葉です。

フリーランスの中にはノマドワーカーのようにカフェを転々として仕事をする人もいますし、オフィスや自宅で仕事をする人もいます。

つまりノマドワーカーとは働き方のスタイルの一つであり、フリーランスは仕事の形態の一つであるため、両者は全く異なるものです。

ノマドを目指すサラリーマンが知るべき特徴

時間と場所に縛られず働けるノマドワーカーは、サラリーマンにとって魅力的に映るかもしれません。しかし、どんな仕事であってもメリットやデメリットがあります。ノマドワーカーの特徴について解説します。

ノマドのメリット

ノマドワーカーの最大のメリットは、好きな時間に好きな場所で仕事をすることができることです。自分のお気に入りの環境が見つかれば、高い生産性を発揮できる可能性もあるでしょう。

また、会社組織に属さないため、人間関係や雇用形態による不満が減ります。時間をずらして行動すれば通勤ラッシュや帰宅ラッシュに巻き込まれることもないため、多くのサラリーマンが抱えているストレスを感じることは少ないでしょう。

自分の力量次第で大きく稼ぐことができるのもノマドワーカーのメリットです。働けば働くほど収入になるため、仕事が多ければやりがいを感じるはずです。

ノマドのデメリット

一方でノマドワーカーにはデメリットもあり、その一つは社会的信用が低いことです。決まった収入がないノマドワーカーは、クレジットカードや不動産賃貸の審査に通りづらいことが多いです。特に独立したばかりで仕事が少ないときには、この点を痛感することでしょう。

また、組織に縛られず自由に仕事ができる反面、これまで組織がやってくれていた仕事を自分でやる必要があります。顧客の開拓や契約、確定申告などの仕事以外の仕事が増えることを覚悟しておかなくてはなりません。

また成果が出なくても一定の収入があるサラリーマンと違い、ノマドワーカーは成果が全てです。常にモチベーションや健康などを意識する必要があるため、高い自己管理能力が求められます。

サラリーマンがノマドを考える際のポイント

何の準備もせずにサラリーマンからノマドワーカーになることは無謀です。ノマドワーカーになるために必要なポイントについて解説します。

価値観の見直し

終身雇用制度の崩壊や成果報酬型の導入など、サラリーマンを取り巻く環境は大きく変わっています。

また、かつての高度経済成長期に見られたマイカーやマイホーム、バブル期に見られたブランド品の所有が当たり前という価値観の時代は終わり、断捨離やミニマリズムが取り上げられるライフスタイルの時代に変わりました。

自分にとって価値があるものは何なのか、どんなライフスタイルを望んでいるのか、その価値観を洗い出すことがノマドへの第一歩です。

マルチキャリアやつながりなどの準備

ノマドワーカーとして独立したら、それまで仕事の獲得元であった顧客や上司はいなくなるため、自分で顧客を開拓し、仕事を作っていかなくてはなりません。

そのための準備として、自分のスキルを磨き、取引先をいくつか開拓する必要があります。場合によっては他のノマドワーカーとのコラボレーションから仕事が生まれることもあるので、人脈作りも欠かせないでしょう。日頃からこれらの準備をコツコツと進めておく必要があります。

自己責任思考

独立してノマドワーカーになる以上、収入が減ることは覚悟しておく必要があります。前述のとおり、これまでの肩書や取引先が失われるわけですから、これはある意味仕方のないことです。

収入を増やすためには積極的に取引先を開拓し、顧客が満足するレベルにまでスキルを高めることが求められます。

顧客が見つからなくても収入が増えなくても、誰のせいにもできません。すべては自己責任であるということを強く認識する必要があります。

まとめ

時間や場所にとらわれずに働くことができるノマドワーカーは、大きく収入を上げることができる可能性を持っています。ただし、そのためにはサラリーマン以上の努力と自己管理が必要です。

ノマドワーカーとして働くことを考えている人は、今すぐに会社を辞めるのではなく、自分の価値観の見直しとスキルや人脈の棚卸しをしっかりと行い、入念に準備をしてから独立するよう計画しましょう。

Offers」は、時代の変化や環境にあわせてスキルを磨きたい、そんな人にぴったりのサービスです。

いくつもの転職媒体を使って、企業を探し回るのはもう終わり。「副業」から始まる新しい働き方を実現します!

本業では経験できない、新しい環境/開発スタイルを経験しよう!



この記事をシェア

関連記事


副業・フリーランス

プログラミング

インタビュー

デザイン

お金

採用・組織

グルメ