ノマドワーカーを目指す方必見。始める前に知っておきたい基本知識

理想のライフスタイルとして注目を集めているノマドワーカーを目指すなら、どのようなメリットやデメリットがあるのかを知ることが大切です。また、ノマドワーカーに最適な職業や必要な持ち物についても紹介します。

Offers」は、時代の変化や環境にあわせてスキルを磨きたい、そんな人にぴったりのサービスです。「副業・複業」で、本業では経験できない、新しい環境/開発スタイルを経験しよう!

→「Offers」をもっと詳しくみる! かんたん60秒で副業を始めてみる

ノマドワーカーとは

インターネットの普及により、カフェでパソコンを開き仕事しているノマドワーカーを目にする機会も増えています。ノマドワーカーの『ノマド』は、英語の『nomad』からきており遊牧民という意味で、ノマドワーカーとは一般的に『時間や場所に捕らわれず働く人』を指します。

フリーランスとの違い

ノマドワーカーは、しばしばフリーランスと同一視されやすいですが、実際には完全に異なります。ノマドワーカーは、オフィスなど固定された場所ではなく、カフェやコワーカースペースなどさまざまな場所で働く人のことです。

フリーランスの人もいれば在宅勤務という形で企業に属している人もいます。一方フリーランスは、特定の企業に属せずに仕事ごとにクライアントと契約し働く人を指します。

つまり、ノマドワーカーは『仕事のスタイル』であり、フリーランスは『仕事の契約スタイル』の1つであるという点が大きく異なります。

ノマドワーカーとして働くメリット

ノマドワーカーには多くのメリットがあり、それが年齢や性別問わず注目を集めている理由の1つでしょう。具体的にどのようなメリットがあるのか紹介します。

場所を選ばす仕事ができる

ノマドワーカーは決まったオフィスで働く必要がありません。自宅やカフェなど仕事をする場所を自由に選べる点が大きなメリットで魅力でもあります。

基本的にインターネット環境が整っていれば、パソコンを持参して仕事することが可能なので、天気が良い日は公園やビーチなどで仕事をこなす人もいます。

また、中にはミーティングの必要がないからと、国内のみならず国外をあちこち旅しながら仕事をこなす人もいます。場所を選ばず仕事ができるノマドワーカーだからこそ可能なことと言えるでしょう。

煩わしい人間関係がない

オフィスで仕事をしていると、多くの人に出会えるというメリットがある反面、気の合わない人がいたり、興味のない話に合わせたりと何かと気を使う場面が多いでしょう。人間関係にストレスを感じている人は少なくありません。

ノマドワーカーでもクライアントとやり取りする必要がありますし、人付き合いが全く必要ないというわけではありません。しかし、オフィス以外で仕事が可能なので、煩わしい人間関係に悩むことははるかに少ないでしょう。

自由なライフスタイルを手に入れられる

クライアントや仕事内容によって異なりますが、ノマドワーカーは基本的に仕事をする時間も自由に選べるため、自分の望むライフスタイルを手に入れやすいというメリットもあります。

出産、子育て中の女性も働きやすい

家事や育児をしながら働く人にとって、仕事をする場所や時間を選べるのは大きなメリットでしょう。ノマドワーカーは、ライフスタイルに合わせて仕事をする時間を設定・調整できます。

したがって、家事の合間に仕事をしたり、子供のお迎えやランチにでかけたりといったことも可能です。子供の急な病気やケガがあっても、会社に迷惑をかけることなく対応できるのは心身共に負担が少ないでしょう。

また、ノマドワーカーは会社のように定休日や夏季休暇といった決まった休みがありませんし、仕事する場所も自由です。いつでも家族で海外旅行を楽しみながら仕事をこなすことも可能で、仕事とプライベートのバランスを無理なく保てるのも魅力でしょう。

\新しい環境/開発スタイルを経験するなら「0ffers」!/

Offersの詳細はこちら

もちろんデメリットもあり

メリットばかりが目に付きやすく、華やかに見えるノマドワーカーですが、当然デメリットもあります。実際にノマドワーカーを始める前に知っておくべきデメリットをまとめました。

場所代や移動費がかかる

仕事をする場所が自由なので、カフェなどの飲食店で仕事をしているノマドワーカーは多いですが、当然、食事代やドリンク代がかかります。コーヒー1杯では長居しづらく、何杯もおかわりをしていると出費がかさんでしまうので注意が必要でしょう。

お得に長く滞在できる場所としてコワーキングスペースもありますが、使用料金はもちろんのこと、そこに行くまでの交通費がかかります。特定のオフィスで仕事をこなすよりも1日の出費が多くなってしまうケースも多々あるのが現状です。

出費をなるべく抑えたいならば、カフェなどで仕事をする頻度を減らして、なるべく自宅で仕事をするなど工夫が必要でしょう。

自己管理能力が必要

ノマドワーカーは自分のペースで仕事ができる点がメリットです。しかし、同時にそれがデメリットでもあるでしょう。

会社のように勤務時間が決まっていないですし、フォローやサポートをしてくれる上司や同僚もいません。基本的に1人で仕事をこなすため自分に甘くなりがちで、仕事を後回しにしてダラダラと過ごしてしまう傾向もあります。

自分1人で仕事の目標を立て、目標を達成するためのスケジュール管理をし、目標に向かって黙々とタスクをこなしていく、というのは決して簡単ではありません。きちんとした生活習慣を守る、仕事をするモチベーションをキープするなど、高い自己管理能力が必要でしょう。

収入が不安定

ノマドワーカーは会社員のように毎月決まった収入が得られる保証はありません。基本的にこなした仕事に対して報酬が支払われるという歩合制なので、仕事量により収入が大きく変動します。

多忙な時期は会社員として働くよりも収入が多いけれど、仕事が少ない時期は月収が数千円ということも少なくありません。さらに、クライアントとの縁が突然切れて収入がゼロになるケースもあるでしょう。

また、働く場所が自由だと他のことに目が奪われ、ダラダラ仕事をしてしまうことも考えられます。仕事の効率が下がると、報酬を時給換算したときに最低賃金以下になってしまうこともあるので注意が必要でしょう。

セキュリティ対策も必要

ノマドワーカーは、主にインターネットを利用してパソコンで仕事をこなしていくことが多いので、セキュリティ対策が必要です。会社であれば、会社側がインターネットのセキュリティ対策をしてくれていますが、カフェなどの公共のWi-Fiを使用する場合は注意が必要でしょう。

公共のWi-Fiはセキュリティ対策がきちんとされていないことも多く、パソコンがウィルスに感染し、取り返しのつかないことになる可能性も十分考えられます。

また、大切な書類やパソコン、USBなどに保存したデータが盗まれないように気を配ることも忘れてはいけません。特にトイレに行くなどで席を外す際は、パソコンを消す、書類やUSBを持っていくなどの対策が必要でしょう。

ノマドワーカーに適した職種

どんな職業でもノマドワーカーになれるというわけではなく、ノマドワーカーに適した職業とそうでない職業があります。ノマドワーカーを目指している人は、どんな職業に就けばよいのか知っておくことも大切です。

ライター

クライアントから依頼されたテーマに沿った執筆をするライターや、自分のブログで情報を発信することで収入を得てるライター(ブロガー)は、仕事をする時間や場所に捕らわれずに作業できるので、ノマドワーカーに適した職業の1つです。

家事や子育てをしながら空いた時間に執筆ができますし、特に資格も必要もありません。子育て中の主婦や副業を希望している人、海外在住で在宅の仕事を探している人に人気の職業です。

専門性の高い記事や質の高い記事を継続的に書けるライターになれば、記事単価も上がり、ある程度の収入が確保できる可能性も高いでしょう。

コンサルタント

コンサルタントは専門的な知識やスキルを提供し、クライアントの課題や依頼を解決するサポートをする職業です。ITの知識を活かして企業のセキュリティ対策をサポートするITコンサルタントや、新事業の戦略をサポートする企業戦略コンサルタントなど多種多様でしょう。

コンサルタントは、自分の知識やスキル1つで仕事をこなせますし、クライアントとカフェなどでミーティングすることも可能なので、仕事する場所を選ばないノマドワークに向いています。

個人でコンサルタントとしての地位を確立するには、高い知識やスキル、能力が必要ですが、高収入を望める職業の1つでしょう。

プログラマー

プログラマーは、基本的にパソコンがあれば場所に捕らわれずに仕事ができる職業です。ノマドワーカーが受け入れられやすい環境が整っているので、企業に属し安定した収入を得ながらノマドワーカーとして働く方法もありまます。

企業に属せず個人でノマドワーカーとして働き成功するためには、常に新しい情報やテクノロジーに対してアンテナを張り、精通していることが重要でしょう。

ノマドワーカーに必要な持ち物

会社員であれば会社が仕事に必要なものを全て用意してくれますが、ノマドワーカーは自分で用意しなければなりません。ノマドワーカーとして働く上で欠かせない持ち物を紹介します。

スマートフォン

クライアントによっては、電話での連絡ではなくメールを好まれる場合もあります。しかし、電話やメールのどちらもでき、簡単な作業もこなせるスマートフォンは必須アイテムの1つです。

なるべく通話料金や通信料金を抑えるなら、SIMフリーのスマートフォンを購入しるのがおすすめです。格安SIMを契約すれば、通常の料金の半額程度に抑えることができるでしょう。

また、契約する格安SIMのプランによっては通話し放題などもあるので、格安SIM会社を比較・検討して決めましょう。なお、海外でノマドワークをする機会が多い場合は、現地の格安SIMが利用できるSIMフリーのスマートフォンを選ぶと便利です。

スマートフォンを使用する頻度が高い人は充電器も忘れずに持参しましょう。

PC

ノマドワーカーに最も必要なアイテムと言えるがパソコンです。パソコンと一口に言っても、種類もさまざまですが、それぞれの仕事内容に合ったスペックのパソコンを選ぶことが基本です。

また、ノマドワーカーは色々な場所で働く人が殆どなので、パソコンは軽くて薄いものを選ぶと持ち運ぶのに便利でしょう。ノマドワーカーに人気のパソコンがMacのラップトップで、重量の軽いMac BookやMac Book Airを使用している人が多いです。

殆どのノートパソコンは自宅でフル充電をしておけば、1日作業したとしてもバッテリー切れになる心配はありませんが、万が一の時のために充電アダプターを用意しておくと安心です。

ポケットWi-Fi

年々、公共のWi-Fiが利用できるカフェなどの飲食店は増えています。しかし、前述した通り、セキュリティ対策がされていなかったり、通信速度が遅く仕事に支障がでたりすることもあります。

ポケットWi-Fiがあれば、そういった心配や煩わしさがありません。また、公共のWi-Fiがない場所でも仕事が可能になるので、より自由に仕事場所を選べ、ノマドワーカーには利用価値の高いアイテムと言えるでしょう。

あると便利なもの

万が一の時ために、スマートフォンやパソコンの充電器があると安心ですが、荷物が増えてしまう点がデメリットでもあります。『モバイルバッテリー』があると、1台で複数機器の充電が同時に可能ですし、持ち物も少なくて済みます。

また、好きな音楽を聴きながらの方が仕事の効率が上がるという人も珍しくいので、『イヤホン』があると便利でしょう。カフェなどでは周りの話し声や騒音が気になるという人もイヤホンがあれば、好きな音楽で雑音が揉み消され、集中して仕事ができるという利点もあります。

イヤホンを選ぶ際は、仕事の邪魔にならず持ち運びが楽なコードレスがおすすめです。

ノマドワーカーにおすすめの仕事場所

ノマドワーカーは自由に仕事場所を選べますが、多くのノマドワーカーが利用しているおすすめの場所を紹介します。

カフェ

ノマドワーカーと聞くと、カフェで仕事している姿を想像する人も多いでしょう。最近ではWi-Fiや電源を無料で利用できるカフェも増えていますし、コーヒー1杯で比較的長居できるため、実際にカフェを仕事場にしているノマドワーカーは多いです。

美味しいコーヒーが飲める、凝ったインテリアで雰囲気が良いなど、自分好みの個人経営のカフェや喫茶店を見つけて通うノマドワーカーもいます。

コワーキングスペース

コワーキングスペースは、不特定多数の個人が仕事をする共有スペースのことです。多くの場合は月額利用料を支払い、定められた時間に自由に出入りして仕事を行えるようになっています。

一般的に空いてる席を自由に利用できるタイプと自分専用の固定席が持てるタイプがあります。シェアオフィスのような仕切りはなく、オープンスペースになっている場合が多いです。

整ったインターネット環境、低コスト、他のノマドワーカーとの交流や人脈作りができるという点がコワーキングスペースを利用するメリットでしょう。

ネットカフェ

カフェなどの周囲の騒音が気になる人や、周りの目をきにせず長時間集中して作業したい人は、インターネットカフェがおすすめです。インターネットカフェは個室空間が確保できるので、周りの騒音や人目を気にすることなく仕事に集中できます。

また、インターネット環境が整っていますし、パソコンが備え付けられているので、自分のパソコンを持参しなくても仕事が可能なのもメリットでしょう。

ノマドワーカーになるにはどうする?

ノマドワーカーのメリットとデメリットを知った上で「やはりノマドワーカーを目指したい!」という人に、ノマドワーカーなるための方法を2つ紹介します。

ノマドワーカー向けの仕事を始める

ノマドワーカーを目指すには、ノマドワーカーに適した職業を選ぶことが近道です。紹介したライター、コンサルタント、プログラマーの他にもデザイナー、イラストレーター、作家、作曲家などクリエイティブな職業や、エンジニアなどのIT系の職業がよいでしょう。

まずは、自分の興味のある分野や知識のある分野に的を絞り、副業として始めてみるのがおすすめです。

在宅勤務可能な職場に就職する

柔軟な働き方を推進する政府の後押しもあり、近年、在宅勤務を導入している企業は増えています。中でもIT系企業では、以前から在宅勤務をしているプログラマーやエンジニアもおり、ノマドワーカーになりやすい職種といえるでしょう。

また、求人サイトで在宅勤務可能な仕事に応募し、ノマドワーカーになるという方法もあります。フリーランスではなく正社員として働く場合は、憧れのノマドワーカーとして働きながら、毎月の収入が保証されるというメリットもあります。

\新しい環境/開発スタイルを経験するなら「0ffers」!/

Offersの詳細はこちら

まとめ

仕事の時間も場所も自由に選べる理想のライフスタイルというイメージが強く、ノマドワーカーに憧れている人は少なくないでしょう。しかし、ノマドワーカーにはメリットだけでなくデメリットもあるということを理解した上で、今後の働き方をじっくり検討しましょう。

Offers」は、時代の変化や環境にあわせてスキルを磨きたい、そんな人にぴったりのサービスです。

いくつもの転職媒体を使って、企業を探し回るのはもう終わり。「副業」から始まる新しい働き方を実現します!

本業では経験できない、新しい環境/開発スタイルを経験しよう!



この記事をシェア

関連記事


副業・フリーランス

プログラミング

デザイン

インタビュー

お金

採用・組織

グルメ