Webデザインで副業を始めよう!案件の探し方や注意点を解説

副業には収入アップや経験の幅が広がるといったメリットがあり、副業を始める人が増加しています。今回は、Webデザインで副業をするメリットや案件の種類と探し方について紹介します。

Offers」は、時代の変化や環境にあわせてスキルを磨きたい、そんな人にぴったりのサービスです。「副業・複業」で、本業では経験できない、新しい環境/開発スタイルを経験しよう!

→「Offers」をもっと詳しくみる! かんたん60秒で副業を始めてみる

副業の実態

近年、副業の人口が増加しています。副業系フリーランスの増加は今後も増えていく可能性が高いです。この背景について説明していきます。

副業は増加している

現在日本には、副業・兼業を含むフリーランスが1000万人以上います。これは、国内労働人口の6分の1にあたる数字です。クラウドストレージやビデオチャットの普及により、時間や場所に縛られない働き方が可能になり、副業の敷居が下がったことが背景にあります。

企業側としても、人材不足や技術革新のペースアップに対応するために、正社員雇用にこだわらず外部のプロフェッショナルを招く選択肢が現実的になっています。2018年に厚生労働省がモデル就業規則の改定案を公表したことで、企業が次々と副業を解禁しているため、副業の人口は今後も増えていくでしょう。

出典:フリーランス白書2018

Webデザインで副業をするメリット

Webデザインで副業する大きなメリットには、収入のアップとスキルアップが挙げられます。それぞれについて詳しく解説していきます。

勤務後や土日を有効に使って副収入を得られる

Webデザインの仕事はパソコンさえあればいいため、在宅の案件を選べば自宅での隙間時間を有効に活用することができます。自分のスキルに合った案件を選べば、効率よく収入を得ることができます。

空き時間を使って副収入を得ることで、日々の生産性が上がります。また、副業で新たなスキルを獲得することができれば、本業でのキャリアアップ、それに伴う収入アップも狙えます。

経験の幅が広がりフリーランスへの足掛かりになる

同じ会社で仕事をしていると、どうしてもデザインの方向性が偏ってしまうと感じることはないでしょうか。副業で他企業のデザインに触れることで新たな視点を得ることが可能です。

副業で案件を獲得する方法は、フリーランスと同じです。フリーランスでの仕事のイメージができるため、有益な経験となります。また、副業で自分のスキルやデザインを認めてもらいクライアントを獲得できれば、フリーランスへの大きな足掛かりになります。

Webデザインの副業求人/案件の種類と探し方

Webデザインの求人/案件は、仕事内容や報酬、契約期間が様々です。また、探し方も複数あるため、自分にあったものを見極めていきましょう。

副業求人/案件の種類

OffersMagazineを運営する副業・複業マッチングサービス「Offers」におけるWebデザインの求人/案件をいくつか紹介します。

仕事内容・職種 必要な経験 言語/スキル
新規事業のUX設計、UIデザイン、ウェブマーケティングにおけるクリエイティブ作成等 アプリケーションのUI/UXデザイン経験(1年以上) UISketch
プロダクトデザイナー(アーティスト投資事業とWEBサービスの開発している企業) 0→1のプロダクト開発をした経験

音楽に関わった経験

UIUX
新規事業のSaaSプロダクトのUIデザイン、サービスLPのデザイン等 Webアプリのデザイン経験

スマホアプリのデザイン経験

UI/UX、要件定義、デザイン検証

副業求人/案件の探し方

副業の求人/案件の探し方には、以下のようなものがあります。

  • クラウドソーシング
  • 知人からの紹介
  • 副業紹介サービス

クラウドソーシングは、自分のライフスタイルに合った案件を選び、サイト上で受注することができるため手軽な方法となっています。しかし、求めるレベルの高い依頼もいくつかあるため自分のスキルに合っているか注意して確認しましょう。

Webデザインのスキルがあり仕事を探していることを周知しておくと、友人の企業から依頼を受けるということがあります。SNSに自分の作品を載せてアピールすると、案件を獲得する可能性が上がるため、積極的に発信していきましょう。

副業紹介サービスとは、副業をしたい人と企業をマッチングさせるものです。自分の条件に合わせて最適な案件を提示してもらえるため、特に副業を始めたばかりの方に向いています。

未経験からWebデザインにの副業をするには

Webデザインは、専門的な知識を必要としますが、未経験の人がWebデザインで副業するにはどうすれば良いのでしょうか? 学習方法とWebデザインスクールについて紹介します。

Webデザインを学ぶ方法

Webデザインを学ぶ方法には、以下のようなものがあります。

  • 研修やセミナー
  • スクール
  • 独学

研修やセミナーは、不定期なうえに開催地が都市部に偏っている場合があるため、他の2つと組わせていくことになるでしょう。

スクールは、問題が起きた時にすぐに質問できる講師がいる点が最大のメリットです。また、最新の知識を講師から学ぶことができることは、進歩の速いIT業界において重要です。

時間が取れないという人は、自分のペースで独学することになります。現在は、Progateという充実したプログラミング学習サイトもあり、独学でもやる気があれば十分Webデザインを身に着けることができます。

公式HP:Progate

おすすめのWebデザインスクール

お金と時間に余裕がある場合は、スクールに通うのが失敗する可能性が低く効率的です。そこで、おすすめのWebデザインスクールを紹介します。

・CodeCamp

オンライン・通信タイプのスクールです。毎日7時から23時40分まで年中無休で開講しており、1レッスン40分のマンツーマン授業です。自分の学習スタイルに合わせて講師を選ぶことができます。

公式HP:CodeCamp

・TECHCAMP

教室に通うタイプのスクールです。月額制でデザインだけでなく、Webサービス開発やAIなどすべてのコンテンツが学び放題です。教室での学習が基本ですが、前日13時から22時まではオンラインで質問することができます。

公式HP:TECHCAMP

まとめ

今回は、Webデザインで副業をするメリットと求人/案件の探し方に加え、未経験がWebデザインの副業をする方法を紹介しました。

Webデザインでの副業には、日々の生産性の向上や将来の選択肢を広げるといったメリットがあります。案件やその探し方も自分にあったものが選べるため、始めやすいと言えます。未経験でも学習しやすい環境が整っているので、副業のハードルが下がっている今、ぜひ始めてみてはいかがでしょうか?

Offers」は、時代の変化や環境にあわせてスキルを磨きたい、そんな人にぴったりのサービスです。

いくつもの転職媒体を使って、企業を探し回るのはもう終わり。「副業」から始まる新しい働き方を実現します!

本業では経験できない、新しい環境/開発スタイルを経験しよう!



この記事をシェア

関連記事


副業・フリーランス

プログラミング

インタビュー

デザイン

お金

採用・組織

グルメ