パレートの法則って何?仕事の効率や利益アップに利用しよう

パレートの法則をご存知でしょうか。これはビジネスだけでなく、日常生活にも当てはめられる法則です。パレートの法則の意味や、当てはめられるケースをよく知ることで、仕事や人生に大いに活用する方法を紹介します。

Offers」は、時代の変化や環境にあわせてスキルを磨きたい、そんな人にぴったりのサービスです。「副業・複業」で、本業では経験できない、新しい環境/開発スタイルを経験しよう!

→「Offers」をもっと詳しくみる! かんたん60秒で副業を始めてみる

パレートの法則とは

ビジネスの場でよく目にするパレートの法則という言葉は、何を意味しているのでしょうか。活用できるよう、まずは意味を紹介します。

2:8の法則とも呼ばれる

パレートの法則は、別名『2:8の法則』や『パレート分布』として同じように使われることがあります。簡単に言うと、上位の20%が全体の80%を占めているという状態を表しています。

机上の論理や研究だけでなく、現実にある状況を元にして導かれた法則で、イタリアの経済学者であるヴィルフレド・パレート氏が提唱しました。

つまり、2割の優良な顧客があれば8割の売上げが確保でき、高い販売効果をあげることができるというものです。その他にも、品質や在庫の管理、マーケティングなどにも利用されており、経済だけでなく自然や社会現象にまで合致することがあります。

パレートの法則があてはまるケース

パレートの法則は『全顧客の2割が売上げの8割を生み出している』という法則なので、経営をコンサルティングしていく上で大きなヒントになります。

当てはまる例をあげてみましょう。

  • 全商品ラインナップのうちの2割が、全体の8割の売上げを占めている
  • 全従業員のうちの2割が、全体の8割の売上げをあげている
  • 仕事にかかった時間の2割で、成果の8割を生み出している

このような法則をふまえてビジネス戦略を練っていくと、何か手を打った時に、費用対効果が高くなるのです。例えば、全顧客の2割が売上げの8割を生むのなら、その2割の顧客に特別なサービスを行った方が効率が良いということになります。

パレートの法則の派生

結果の8割は全体の2割が生み出すという法則は、他にもさまざまな分野に派生して利用されています。どんなものがあるのでしょうか。

96:4の法則

パレートの法則は『2:8の法則』でしたが、これは、その2割の中にもさらにパレートの法則が存在するという理論です。全体を100と見た時、20%の内のさらに20%が『4』となります。

つまり、全体の4%が最も重要な要素で、そこにこそ集中して力を注ぐべきだというのです。

例えばこれを1日24時間に当てはめてみましょう。パレートの法則でいくと20%は5時間ですが、4%は約1時間になります。1日のうち最も重要なのは1時間であり、そこに集中できれば結果が期待できるというわけです。

2:6:2の法則

『2:6:2の法則』は、パレートの法則を基本にしてさらに『上位層2割:中間層6割:下位層』とした分布です。これは働きアリの法則と呼ばれることもあり、よく働くアリが2割、普通のアリが6割、あまり働かないアリが2割ということになります。

これはそのまま組織にも当てはめることができ、管理職やチームリーダーなど人の上に立つ役割の人に非常に役立ちます。どんなメンバーで構成しても、自然に2:6:2の法則が成り立ってしまうことを頭に入れることで、それぞれが活躍できるよう配置できるようになります。

パレートの法則の活用方法

パレートの法則が理解できたところで、それを活用する方法について紹介していきます。しくみを知った上で活用すれば、さらに効果が上がります。

生産性向上への活用

生産性を上げるため、日頃どのような工夫をしていますか?パレートの法則を活用して、時間の配分を考えてみましょう。

期限まであと5時間の仕事を頼まれたとします。5時間の2割は1時間です。そこで最初の1時間を使って仕事の全体像を作ります。パレートの法則によれば、この仕事の全体像は8割ができているということになります。

最初から順を追って進めていくより、2割の時間で全体像を作れば、8割方の仕事は完成するということになり、生産性の向上が期待できるのです。

営業やマーケティングへの活用

ビジネスにおいて営業やマーケティングは、直接売上げにつながっています。パレートの法則を応用して、戦略や施策を練ってみましょう。例をいくつかあげてみます。

  • 全体売上げの8割を占める2割の優良顧客を差別化し、そこに営業活動を集中させる
  • 全売上げの8割を占める2割の商品の販路拡大や広告活動をする
  • 全売上げの8割を売り上げる2割の営業担当者を差別化する

このような事例が考えられますが、つまるところ全体に仕掛ける無駄をなくし、2割に集中して対策をした方が効率が上がるということです。

ただし、2割に入らない商品や顧客、従業員を切り捨てるという意味ではありませんので注意してください。

サイト運営やアクセス分析への活用

パレートの法則を、サイト運営に当てはめると『Webサイトのアクセス・PVの8割は、2割のコンテンツによって成り立っている』ということになります。

Webサイト運営で重要視されるのは、アクセス数やPV数です。ここでもパレートの法則を当てはめることで、アクセス数の8割は2割のコンテンツしか見られていないという分析ができます。

アクセス数を上げたいならばコンテンツ全体に同じように労力を割くより、アクセス解析をしっかりと行った上で、収益の8割を担う2割のページを重点的に改良していくのが得策といえるでしょう。

パレートの法則の注意点

パレートの法則には注意点もあります。法則の扱い方を誤れば、ビジネスの失敗につながってしまうこともあるので、正しく理解しましょう。

下位8割は不要ではない

先ほども少し触れましたが、パレートの法則においては成績の良い上位2割の従業員にばかり目が行き、残り8割はあまり働いていないと思い込みがちです。しかしながら、この8割がいなくなってしまうと、上位2割の成績も下がります。

なぜなら、下位8割は上位2割をサポートしている場合が多く、上位2割はその分仕事に集中できているからです。上位2割が活躍するためには、下位8割の存在が必要なのです。

上位と下位の関連が重要

例えば、まったく同じ性能の車があったとしましょう。色展開は赤・黒・白の3色で、実際に店頭に足を運ぶ顧客は、赤い車を見て来た人が多くいました。

しかし、赤は格好いいけど自分が乗るには派手すぎる、黒は汚れが目立ちそうという理由で、最終的に多く購入されたのは白い車である、というケースも少なくありません。白い車が全体売上げの8割を占めている場合でも、赤は人の目を引く役割、黒は比較対象として存在し、白を選ぶための役に立っているのです。

このように、売れないからといって下位を切り捨てると上位まで売れなくなる可能性があるのです。

似ている法則や区別が必要な概念

パレートの法則と似た概念がいくつかありますので、混同しないためにも、それぞれの違いを押さえておきましょう。

ユダヤの法則

『78:22の法則』とも言われるのがユダヤの法則です。これは、宇宙の法則からくるすべてが数字で成り立っているという考えが元になっています。

例えば、人体の組成は『水78:それ以外22』、腸内の菌の割合は『善玉菌78:悪玉菌22』、地球の海と陸の比率は『海78:陸22』といった具合です。

ユダヤの法則と呼ばれるのは、ユダヤ人がこの法則を用いて『お金を貸したい人78:お金を借りたい人22』の割合を管理して銀行業で成功したからです。

パレートの法則に似ていますが、比率にする対象に優劣はありません。

ABC分析

ABC分析とは、重要度をA、B、Cの3つの段階に分けて分析することで、重点分析とも呼ばれています。多くの指標から重要視するポイントをピックアップし、優先順位を決めて管理する手法です。

在庫管理をするのに適していますが、売上分析やマーケティングといった経営の場面で使われています。ABC分析を取り入れることで、力を注ぐべき商品が分かるようになり、ビジネスに有利になります。

パレート最適

こちらもパレート氏の名が付けられた考え方です。端的に言えば、資源が無駄なく配分された状態が『パレート最適』となります。

例えば、電車の7人掛けシートに6人しか座っておらず、他の人が立っている状態は、あと1人座れるのでスペースが無駄になっているばかりか、誰かが犠牲になっていることになります。

6人が少しずつ詰めて、7人掛けのシートに7人が座れた状態になると、パレート最適の状態になります。しかしながら、パレート最適の状態であっても、それがベストの状態であるとは限らない点は注意が必要です。

パーキンソンの法則

イギリスの歴史・政治学者、シリル・ノースコート・パーキンソン氏が提唱した法則で、内容は以下の2つです。

  • 第1法則:仕事の量は、完成のために与えられた時間をすべて満たすまで膨張する
  • 第2法則:支出の額は、収入の額に達するまで膨張する

第1の法則を分かりやすく言うと、期限を決められると、例えその前に仕上げられる仕事でも、期限までかかってしまうということです。時間内に終わらせることを目標にするのではなく、達成ポイントをもっと前に置けば効率よく仕事が進められます。

第2の法則は、貯金ができない人を思い浮かべるとよく理解できます。給料をすべて使い切ってしまえば、収入が増えても貯金はできません。貯金をするには、収入に見合った支出をコントロールしなければならないということです。

ロングテールの法則とは

パレートの法則とは異なる面に注目する概念として、『ロングテールの法則』があります。これは、特にインターネットマーケティングで活用度が高い法則です。

パレートの法則との違い

ロングテールの法則とは、一部の人気商品の売上額よりも、あまり売れない商品群の売上額の方が高くなる現象のことです。売上げをグラフにした時、売れない商品群が長い恐竜のしっぽのように見えることから、ロングテールと呼ばれるようになりました。

パレートの法則は全体の売上げの8割は上位2割の商品によって占められているというものですから、ロングテールの法則はそれに相反しているとも言えます。

実際にインターネット通販などのビジネスでは、あまり売れない商品群の売上げが全体の半分以上を占める例もあります。実店舗など、売り場面積が限定されるビジネスとは異なり、インターネットでは、あまり売れない商品を際限なく増やすことができるからです。

ロングテールの法則の活用例

例えばAmazonの通販サイトでは、売っていないものはないのではないかと思うほど何でも売ってあります。中には、誰が買うの?と目を疑うような商品もあるでしょう。

それでもAmazonが成功していることには、ロングテールの法則が関係していると言えます。ニッチな商品を大量に販売することで、ロングテールのしっぽを長くし、売り上げを伸ばすことができるのです。

売れ筋商品は、時代が変われば売れなくなってしまうことが多いものです。一方ロングテールの場合は、大量のニッチな商品群で構成されていますから、時代の変化に左右されにくく、安定性があるというメリットもあります。

両者とも活用していこう

相反しているように見える二つの法則ですが、両者ともうまく活用していくことができます。

パレートの法則では、いずれ上位2割の顧客が減る可能性もありますので、下位8割の顧客の一部を上位2割にするための努力が必要です。いずれ上位2割になるかもしれない顧客が、ロングテールの中にいると考えられます。

だからこそ、両者ともうまく活用していくことが大切なのです。パレートの法則ばかり取り入れると、上位2割が離れていった時に困ることになりますし、ロングテールの法則ばかりでも劇的な売上げの拡大は望めません。

それぞれのデメリットを補い合うかたちで、活用していきましょう。

勉強におすすめの書籍

それでは、パレートの法則をもっと深く勉強するためにおすすめの本を紹介します。ビジネスだけでなく、人生のさまざまな場面にも役立つかもしれません。

人生を変える80対20の法則

リチャード・コッチ氏が書いた本で、24カ国語に翻訳され、20年以上世界中で読まれているベストセラーです。パレートの法則をビジネスだけでなく人生にも当てはめる考え方を教えています。

80対20の法則を知っているかどうかで、仕事だけでなく人生も大きく変わる可能性を示してくれる本で、法則を実践するためのアプローチもしてくれます。パレートの法則を学ぶ入門編にぴったりです。

  • タイトル:人生を変える80対20の法則
  • 価格:1944円(税込)
  • Amazon:商品ページ

まんがでわかる 人生を変える80対20の法則

こちらはリチャード・コッチが記した『人生を変える80対20の法則』をまんが化したものです。

パレートの法則を応用してビジネスや人生を楽しく成功に導く指南書が前者であれば、それを原作に分かりやすくオリジナルストーリー化したのが本書です。

祖母から駄菓子屋を継いだ主人公を通して、なぜお店がうまくいかないのかを考え、実践するストーリーとなっており、パレートの法則がより分かりやすくなっています。

  • タイトル:まんがでわかる 人生を変える80対20の法則
  • 価格:1404円(税込)
  • Amazon:商品ページ

ロングテール

副題に『売れない商品を宝の山に変える新戦略』とついた、クリス・アンダーソンの著作です。彼はロングテールの法則の提唱者として知られる人物で、デジタル界で知らない人はいないでしょう。

彼が実際に経験してきたビジネスの中で探求してきたことが書かれており、市場の特徴やニッチビジネスについて分かりやすく説明されています。例も多く掲載されており、インターネット販売が劇的に売上げを伸ばした背景も理解できます。

  • タイトル:ロングテール
  • 価格:886円(税込)
  • Amazon:商品ページ

80対20の法則を覆す ロングテールの法則

パレートの法則でいう上位2割を、下位8割が超えるという、ロングテールの法則を提唱した本です。著者は菅谷義博氏で、ロングテールの法則を解説した日本で初めての本です。

パレートの法則を覆し、ロングテールへの提唱を詳細な取材を通して紹介しています。それだけではなく、Webマーケティングで成功するためのシステム作りにも言及し、新しい時代のビジネスを示唆しています。

  • タイトル:80対20の法則を覆す ロングテールの法則
  • 価格:2430円(税込)
  • Amazon:商品ページ

まとめ

パレートの法則は、ビジネスだけでなく自然現象や社会現象、人の人生にまで当てはまる『2:8の法則』です。全体の8割は上位2位が占めるという法則は、一見身も蓋もないようですが、現象として見てみれば面白いほどさまざまな場面で当てはまります。

ただ、やはりそれがすべてではなく、法則を活用したビジネス展開や戦略のほか、これを逆手にとった施策など、成功への道筋はひとつではありません。

似た法則や概念をも知ることで、より考え方の幅が広がり、多くの場面で活用できることでしょう。パレートの法則を上手に利用して、全体の売上げや集客、仕事の効率アップなどに活かしてください。

Offers」は、時代の変化や環境にあわせてスキルを磨きたい、そんな人にぴったりのサービスです。

いくつもの転職媒体を使って、企業を探し回るのはもう終わり。「副業」から始まる新しい働き方を実現します!

本業では経験できない、新しい環境/開発スタイルを経験しよう!



この記事をシェア

関連記事


副業・フリーランス

プログラミング

インタビュー

シニアレベルを2名採用!現場の負荷を軽減した採用活動、その打ち手がOffersだった

700万ダウンロードを突破し、コスメの口コミアプリとして急成長を続ける「LIPS」。これまで正社員や業務委託問わず、各専門性をもったエンジニアが集うことでグロースを続けてきた。そんな同社のハイス...

インフラとフロントエンドの3名を採用! Hotspringが考える採用方針と旅行サービスの未来とは

旅行予約サービス『こころから』を運営するHotspringは、今後の旅行業界の変化を見据えたプロダクト開発を推進している。これまでリファラルやTwitter採用を行ってきた同社が、なぜOffer...

フロントエンジニアの採用に成功!複業採用の秘訣はコンシェルジュの伴走と、独特な1on1にあった

AIチャットボット市場で圧倒的なシェアを誇る「HiTTO(ヒット)」を展開するHiTTO株式会社。今後さらなる顧客満足の向上に向けて、自社プロダクトの強化を加速していく。そこで重要になるのが開発...

専任CSメンバーがサポート。わずか1ヶ月半で、採用難易度の高いリードクラス2名の採用に成功!

女性限定コミュニティに注力する株式会社SHEでは女性の「自分らしい生き方」の実現を目指し、クリエイティブスクール「SHElikes」に加え、美容領域「SHEbeauty」や金融領域「SHEmon...

デザイン

お金

採用・組織

グルメ