CMSはWordPressが世界トップ?機能の魅力と注意点を解説

世界中に無数に存在しているウェブサイトでは、WordPressと呼ばれるCMS(コンテンツ・マネジメント・システム)が使われているものが多くあります。WordPressが選ばれる理由とはなんでしょうか?その魅力と注意点を解説します。

Offers」は、時代の変化や環境にあわせてスキルを磨きたい、そんな人にぴったりのサービスです。「副業・複業」で、本業では経験できない、新しい環境/開発スタイルを経験しよう!

→「Offers」をもっと詳しくみる! かんたん60秒で副業を始めてみる

WordPressとは何か

WordPressについて深く掘り下げる前に、WordPressの基本的な情報を解説します。

オープンソース型のCMS

まずWordPressの特徴の一つとして挙げられるのは、『オープンソース型のCMSである』ということです。オープンソース型とは、簡単に言うとソースコードが無償で公開されているシステムのことです。

世の中にはコードが公開されているシステムと、公開されていないシステムがあります。公開されていないシステムはコードがわからないので、開発者以外の人が修正や改変などを行うことはできません。

しかしWordPressのように無償で公開されていると、コードがわかるので、誰でもコードを改変、修正し、自分の使いやすいデザインに作り替えることも可能なのです。しかもその際に料金が発生しないので、よりたくさんの人が利用できるというメリットもあります。

トップのシェア率

無償で公開されているシステムはいろいろありますが、その中でもWordPressは、世界トップシェアを誇る、代表的なCMSです。

WordPressというと、個人のアフィリエイトサイトに使われるイメージも強いですが、大手広告代理店『博報堂』の公式サイトやZOZOで有名な『スタートトゥデイ』の公式サイトでも採用されています。

使い方が簡単

WordPressがこれほどまでに支持されている理由の一つとして、『使いやすさ』が挙げられます。使い方が直観的にわかるようなデザインになっており、ウェブサイト制作に詳しくなくても、すぐに思い通りのサイトを作成できるのです。

またプラグイン機能によって、現在あるWordPressの機能を拡張させて使うこともできます。

WordPress以外のCMSとの違いは何か

ここからは、WordPressが他のCMSに比べて優れている特徴や、違いを紹介します。

テーマと呼ばれるテンプレートが豊富

WordPressは『テーマ』と呼ばれるテンプレートを利用することで、さまざまなデザインのウェブサイトを簡単に作れます。

WordPressは利用者が多いので、他のCMSに比べると明らかにテーマの種類が豊富です。HTMLCSSなどの言語に詳しくなくても、高品質なサイトを作りやすいと言えます。

テーマはビジネス目的のものから個人サイトで使えるものまで幅広く用意されているので、自分の目的にあったテーマを選んで使いましょう。

なおテーマは無料のものと有料のものがあります。個人で手軽にサイトを作りたい場合には無料のもので十分ですが、有料のものは機能が充実しているので、商用のサイトを作る際は、有料のものがおすすめです。

多種多様なプラグインが存在

WordPressには、多くのプラグインがあり、これによって機能を拡張させることも容易にできます。プラグインはWordPressが公開しているものだけではなく、WordPressユーザーが公開しているものもたくさんあるので、選択肢も豊富です。

これによって自分で難しいコードを作らなくても、高い機能を持ったCMSを構築できる仕組みになっています。

SEOに長けている

WordPressが多くの商用サイトで利用されている最大の理由は、なんといってもSEOに強い、ということが挙げられるでしょう。

WordPressでは、長年内部対策を研究し続けてきた経緯があります。その成果もあり、Googleでの検索結果で上位に上がるのはWordPressのサイトが多いのです。

SEOに強いということは、それだけ多くのアクセスがあり、売り上げアップなどの効果が期待できます。

MovableTypeとの比較

ここまで紹介してきたように、WordPressはCMSでは圧倒的なシェアを誇っています。しかしそのような中でも、一部の人達から支持されているCMSがあります。それが『MovableType』です。

ここからは、WordPressとMovableTypeはどう違うのか、検証していきます。

動的生成と静的生成

WordPressとMovableTypeの違いとしてよく言われることの一つに、『動的か静的か』というものがあります。WordPressは動的なサイトを生成し、MovableTypeは静的なサイトを生成するのが基本です。

動的なサイトというのは、閲覧者に合わせて表示内容が変わるなど、コンテンツを柔軟に変化させるサイトのことです。このようなサイトはサーバーの負荷が多くなり、動作が重くなりやすいのが弱点と言えます。

一方、静的なサイトは、変化させることなく決まったウェブページを表示させるものです。MovableTypeは静的なサイト生成になるので、動作が重たくなりにくく、アクセスが集中しても耐えやすい構造と言えます。

MovableTypeはライセンス購入が必要

そして両者最大の違いは、やはり『WordPressは無料』『MovableTypeは有料』という点でしょう。MovableTypeの利用者よりも、圧倒的にWordPressの利用者が多いのは、無料であるから、と言っても過言ではないでしょう。

MovableTypeを商用としてライセンス購入するには、10万円ほどの費用がかかります。このことでかなり敷居が高くなっているのです。しかし、その分サポート体制が充実しているので、何かトラブルがあった時にも対応してくれます。

しかしMovableTypeにも、『無償個人ライセンス』と『開発者ライセンス』という無料のライセンスがあるので、個人でも手軽に利用可能です。しかし原則としてアフィリエイトには利用できません。

WordPressの注意点

メリットが多いWordPressですが、注意すべき点がいくつかあるので紹介します。

狙われやすく、脆弱性対策は必須

WordPressはオープンソースになっていてコードがわかるため、どこに弱点があるのか発見されやすく、そこを狙ったアカウント乗っ取りや、大量のデータを送りつけてサーバーダウンさせるなどの攻撃が多いのが弱点です。

そのためWordPressを使う際は、セキュリティ対策をしっかりと施すことが大切です。最低でも以下のことはしっかり行いましょう。

  • アカウント名やパスワードは、わかりにくいものにする
  • 常に最新のものにアップデートしておく
  • 使っていないプラグインは削除する
  • セキュリティ対策用のプラグインをインストールしておく
  • 重要なファイルに外部からアクセスできないようにしておく

スキルが問われる

個人用のブログ制作程度なら、公開されているテーマを使って作るだけで良いのですが、企業用の本格的なサイトを作るのならば、それなりの知識が必要になってきます。

例えばHTMLCSSなどの言語は知っておいたほうが良いですし、ウェブデザインの知識もあるとなお良いでしょう。WordPressはすぐに始められるのが魅力ですが、高品質なサイト作りには、専門的な知識が不可欠です。

まとめ

今や世界中のサイトで利用されているWordPressは、多くのテーマとプラグインなどを活用することで、集客力の高いサイトを手軽に作れる便利なツールです。

会社やお店のサイトを一層魅力的なものにしたいと考えているなら、一度WordPressを試してみてはいかがでしょうか。

Offers」は、時代の変化や環境にあわせてスキルを磨きたい、そんな人にぴったりのサービスです。

いくつもの転職媒体を使って、企業を探し回るのはもう終わり。「副業」から始まる新しい働き方を実現します!

本業では経験できない、新しい環境/開発スタイルを経験しよう!



この記事をシェア

関連記事


副業・フリーランス

プログラミング

インタビュー

CTOが採用にコミット。短期間で効率的にリードクラスのエンジニア2名を採用できた理由とは

2020年にヤフーとの業務提携を発表したマイベスト。今後さらなる事業成長のための開発を推進するために、ハイスキルのエンジニアが必要不可欠に。スピード感が求められる中、同社が意思決定したのが業務委...

eKYC市場の「API商社」として100社以上の導入。少数精鋭のエンジニアドリヴンだから進められる事業推進と開発の魅力とは

日本で唯一のeKYC対応のデジタル身分証アプリ「TRUSTDOCK」と本人確認API基盤を提供する株式会社TRUSTDOCK。顧客は金融業界や人材業界、エンタメ業界まで広がっている。近年は福岡市...

「業務委託→正社員」を視野に入れてアプリエンジニアの採用に成功。人気アプリ運営会社の採用事情とは?

1,000万DLを突破した人気音楽投稿アプリ「nana」を運営する株式会社nana musicは、2021年1月にDMMグループから独立し、第二創業期を迎えようとしている。これまで外部リソースを...

複業転職でリードエンジニアを採用成功。PMF前のスタートアップが実践する複業転職の秘訣とは

従業員オンボーディングを仕組み化し、新たなメンバーの入社体験を向上させる従業員オンボーディングSaaS「Onn(オン)」を手掛けるワークサイド。スタートアップにおける採用の大きな障壁となるのは優...

デザイン

お金

採用・組織

グルメ