ブランドサイトの目的は何?求められる役割やアクションについて

世の中には多くのブランドがあり、ウェブサイトを運営しています。それぞれにブランドイメージをきちんと伝えるための、様々な工夫があります。そもそもブランドサイトの目的とは何でしょうか。その役割やアクションを含めて解説します。

Offers」は、時代の変化や環境にあわせてスキルを磨きたい、そんな人にぴったりのサービスです。「副業・複業」で、本業では経験できない、新しい環境/開発スタイルを経験しよう!

→「Offers」をもっと詳しくみる! かんたん60秒で副業を始めてみる

ブランドサイトとは

自らのサービスやイメージを世の中に伝えるために、多くのブランドはウェブサイトを解説して運営しています。しかし中にはブランドサイトの本来の目的を理解していないケースがあり、サイト自体がうまく機能していない場合もあります。

インターネットの発達に合わせて、ユーザーのブランドサイトに対する評価は厳しくなっています。ブラントサイトの成功がビジネスの成功を左右するとも言えますから、ここでは企業が抱えている様々な課題を含め、ブランドサイトについてその目的や役割についてお伝えします。

企業が抱える課題

多くの企業が抱える課題として、そもそも自社のブランドが世の中に十分認知されていないことが挙げられます。ブランドが手がけるサービスに対する需要があったとしても、そのブランドの存在自体を知られていなければ、顧客は購入にたどり着くことができないのです。

また、ブランド自体は認知されているものの、そのブランドがどのようなサービスを手がけているのか正しい理解がされていないケースがあります。自らの存在を知られているにもかかわらず、消費者を上手に自らのサービスに導くことができないのです。

ブランドサイトの目的や役割

ブランドサイトの目的は、顧客にブランドの存在を知ってもらうことだけではなく、その企業がどんなサービスを提供しているのか、ユーザーに分かりやすく正確に伝え、サービスの購買に至るまでの流れを促進することです。

ブランドのイメージやサービス内容を正しく伝えることができれば、顧客は商品やサービスについて愛着を持ち、利用し続ける『ロイヤルティ』を抱きます。ブランドサイトには、自らのブランドの価値を顧客に伝える重要な役割があるのです。

用語や意味について理解しよう

ブランドサイトの目的を達成するためには、サイト運営者がそのサイトの役割をきちんと認識しておく必要があります。そのためにはKGIやKPIといったサイト運営における専門用語やその意味について正しく理解しておきましょう。

コーポレートサイトやECサイトといったサイトの種類ごとに目的も異なります。ここでは重要な用語をいくつか紹介し、大切なポイントをお伝えします。

コーポレートサイトやECサイト

『コーポレートサイト』とは、その企業が自らの情報を発信する場所としての役割をもつサイトです。業務内容や業績、会社の理念や提供しているサービスの内容など、企業に関する情報を伝える役割を果たしています。

一方『ECサイト』とは、企業が商品を販売するサイトです。商品購入から決済まで行えるシステムが導入されているので、売り上げに直結するサイトと言えます。目的は売り上げを伸ばすことであり、目的を達成するために多くの顧客から満足してもらえるECサイトを運営する必要があるのです。

KGI

KGIとは、『Key Goal Indicator』の略で、日本語では『重要目標達成指標』と訳されます。ブランドサイトが自らの目的や役割を果たすための判断指標になる、具体的な数値目標としてKGIは使われています。

ウェブサイトの種類によってKGIの使われ方は異なります。コーポレートサイトであればメールマガジンの目標登録者数、ECサイトであれば商品の売り上げ目標を、KGIとして明確に示すのです。

KPI

KPIは、『Key Performance Indicator』の略であり、『重要業績評価指標』と訳されます。KGIがブランドサイトの目的を達成のための具体的な数値目標を表すのに対し、KPIはその数値目標を達成する過程の進捗状況や達成度合いを数値化したものになります。

例えば、KGIが『半年以内に売り上げ30パーセントアップ』と設定されるのに対し、KPI は『1カ月のサイト閲覧人数を1万人以上にする』とより具体的な目標に分類して設定されます。KGIを達成するための要素としてKPIが設定されるのです。

達成すべきブランドアクションとは

ブランドサイトの目的は、サイトを訪れるユーザーに理想的な行動をとってもらうこと、つまり『ブランドアクション』です。企業はブランドアクションを達成するためにサイトを構築し運営する必要があります。

サイト運営において達成すべきブランドアクションを具体的に解説します。

ブランド認知やベネフィットの理解

サイト運営者は、商品を提供するブランドの詳細や、商品を購入することで得られる価値『ベネフィット』について十分理解していないユーザーに対し、認知度を高める施策を実行します。

ブランドに対する認知度を高めて、サービス購入後のベネフィットを理解してもらうために、KGIやKPIを設定するのです。

ブランドの信頼

理想的なブランドアクションを実現するためには、ブランドに対する『信頼』を獲得する必要があります。ブランドイメージに合ったサイトデザイン、適切な情報量や情報の正確性など、信頼を構築するために必要な要素はブランドによってさまざまです。

お客様のレビューやブランド名検索数をKPIとして設定することで、ブランドの信頼につながるアクションプランへつなげることが可能となります。

優位性やロイヤルティの向上

ユーザーにブランドの価値を伝えることができたとしても、うまく自社のサービスに誘導できず競合他者へ流れていく場合があります。自社のサービスの『優位性』を高め、ブランドの『ロイヤルティ』を向上させる必要があるのです。

具体的には、第三者機関の証明を掲載して優位性を高めるという方法があります。ユーザーの投票やコメント、実体験などをサイトに掲載することで、ブランドのロイヤルティ向上につなげるというのも、よく行われている手法です。

ECサイトとの統合について考えよう

ブランドサイトとECサイトはそれぞれ役割が異なるので、これまで両者は別々に作られていました。しかし近年、アメリカをはじめ多くの企業が両者を結合したサイトを採用し、売上を伸ばしているのです。

日本でも少しずつ増えてきているブランドサイトとECサイトの結合について、メリットとデメリットをお伝えします。

統合のメリット

結合の一番のメリットは、ユーザーの利便性の向上です。これまでは、ブランドサイトで情報を獲得したユーザーは一旦サイトを離脱し、ECサイトにログインして購買へ至るという2つのアクションが必要でした。

しかし両者を結合することでユーザーの手間を省き、情報収集から購入に至るプロセスを効率化できるというメリットがあります。利便性が増すことで、売上を向上させることが可能なのです。

統合のデメリット

結合にはメリットがある一方で、特定のユーザーを離脱させてしまうというデメリットもあります。余計な情報に触れたくないユーザーはサイトを不便と感じて離脱する可能性があり、購買の機会を逃してしまう恐れがあるのです。

サイトを構築する側も、あらゆるユーザーの意図を汲み取りながらサイト設計する必要があるため、両者を結合したサイト制作には手間や時間がかかるといったデメリットもあります。

まとめ

効果的なブランドサイトを製作するためには、現在ブランドが抱えている課題を正確に把握する必要があります。ブランドによって課題の内容は多様に存在し、それぞれの課題に応じて適切にサイト構築することが大切なのです。

課題を解決したブランドサイトは効果的に機能し、売上やアクセス数の増加につながります。ビジネスを成功させるためにも、自社のブランドサイトの目的や役割を明確に理解し、数値目標を意識しながら運営しましょう。

Offers」は、時代の変化や環境にあわせてスキルを磨きたい、そんな人にぴったりのサービスです。

いくつもの転職媒体を使って、企業を探し回るのはもう終わり。「副業」から始まる新しい働き方を実現します!

本業では経験できない、新しい環境/開発スタイルを経験しよう!



この記事をシェア

関連記事


副業・フリーランス

プログラミング

インタビュー

シニアレベルを2名採用!現場の負荷を軽減した採用活動、その打ち手がOffersだった

700万ダウンロードを突破し、コスメの口コミアプリとして急成長を続ける「LIPS」。これまで正社員や業務委託問わず、各専門性をもったエンジニアが集うことでグロースを続けてきた。そんな同社のハイス...

インフラとフロントエンドの3名を採用! Hotspringが考える採用方針と旅行サービスの未来とは

旅行予約サービス『こころから』を運営するHotspringは、今後の旅行業界の変化を見据えたプロダクト開発を推進している。これまでリファラルやTwitter採用を行ってきた同社が、なぜOffer...

フロントエンジニアの採用に成功!複業採用の秘訣はコンシェルジュの伴走と、独特な1on1にあった

AIチャットボット市場で圧倒的なシェアを誇る「HiTTO(ヒット)」を展開するHiTTO株式会社。今後さらなる顧客満足の向上に向けて、自社プロダクトの強化を加速していく。そこで重要になるのが開発...

専任CSメンバーがサポート。わずか1ヶ月半で、採用難易度の高いリードクラス2名の採用に成功!

女性限定コミュニティに注力する株式会社SHEでは女性の「自分らしい生き方」の実現を目指し、クリエイティブスクール「SHElikes」に加え、美容領域「SHEbeauty」や金融領域「SHEmon...

デザイン

お金

採用・組織

グルメ